« ふい | トップページ | 中田喜直氏 »

2003.05.22

校歌

そういう人はめずらしいのか。

歌詞はあやふやだが
曲としての校歌は,私が卒業した小学校から大学までのものをすべて覚えている。

自校以外にもいろいろな機会に他の学校の校歌に触れる機会があるものの,歌詞及び曲の両方にオッというものはまずない。

母校のものは,それぞれ名作とは言えないがそれなりにじんとくるものではあった(中学校のものはかなり良い線のものだが,高校時代のものは最悪・・・・・音楽性の皆無の作品・・・・・それでもそれなりに好きではあったが・・・])

次の校歌に接する機会があった。

詩は,さわやかで。曲も淡々とした美しさを語るもので,いわゆる校歌らしくない(但し,その校歌の歴史は古い)。

古い曲であるが,歌詞(竹中育作詞)は,もちろん曲(中田喜直作曲)も秀逸。校歌芸術作品の中ですばらしいものの一つと確信を持って言える。

この歌
(聴くためには Real One Playerが必要です)。


|

« ふい | トップページ | 中田喜直氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 校歌:

« ふい | トップページ | 中田喜直氏 »