« 2003年6月 | トップページ | 2003年8月 »

2003年7月

2003.07.28

のんびりと(舞洲にてBBQ)

梅雨明けということもあり日曜は昼から,家族で,北港の舞洲に野外のバーベキューをしに行った(しにいったといっても食材込みの楽チンコース)。
良い食材ではないが,広々とした外で自分らで焼いて食べるのは格別。ビールもうまい!

その後は広場でボール蹴り&バッタ採り。

子供が相手してくれなくなった後は,ジョギングコースでひと汗。
舞洲には1周約3キロほどのコースが整備されていて(磯コース・・・但し,途中で費用倒れのためか整備未了の箇所があり草むらとなっている),舞洲の北側から観る神戸側の眺めは絶景。

多少風もあることもあって,明石海峡大橋までくっきり。
そのような中をちょこちょこ走るのはそれはそれは気持ちがいい。と,いいつつ1周でダウン。

ビールの飲み過ぎ&食べ過ぎには気をつけましょう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.07.26

あれから1年が・・・

再訂板として一応の仕上げを行ったのが昨年の7月27日。
それからまる1年を終えようとする今日(7月26日)
たまたま時間があったので最近までに撮影した写真を付け加えて手直し。

しかし,あっという間の1年
あっというまではあったが。仕事の合間等を縫ったりして,何となくあちこちをフラフラとしていたようだ。

ただ,ホームページを充実させるにはほど遠いのが実状である。写真頼みというのは反省点?(笑)

ともあれ
皆様,今後ともご指導の程よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて

だし、仕事にでもいくとするか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.07.25

祭り(天神祭)

今日は天神祭り・・・・といっても

何ら関係がない(涙)

とはいってもがポンポン鳴っている中で仕事をしているのは馬鹿らしい。

チャリでうろうろしながら帰るとするか。

追記)久しぶりに間近で花火を観た。
雄大・勇壮・麗美・・・・感嘆。

人混みの中,顰蹙は承知の上で(ムムム),機動力のある自転車にて行ったのが幸いだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.07.24

国民年金

国民年金は,未加入者を含めると,適用対象者の4割が保険料未納となっているとのこと・・・・

おいおい・・・
ちゃんと年金払ってくれるんだろうねえ。
そもそも,4割も払っていない制度なんておかしすぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.07.21

2度目(発表の機会も2度目なら)

今日は上の子のヒップホップの2度目の発表会。先日のものと同内容。前回はあまりいい出来じゃあなく心配したが今回はかなり頑張っていた。子供の進歩は早い・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待ち時間(オープンテラスの店にて)

朝早くに子供を送り、待ち時間。この時間帯なかなかいい店があいていない。やむなくコンビニで本を買って駅前の店でお茶。オープンテラスにて、外を行き交う人の流れの観察と読書

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.07.20

内蔵カメラ(パソコン)

モバイル用パソコンにはカメラが内蔵されている。
しかし,OSをMeからXpにバージョンアップしてからキャプチャーボタンを押しても起動しない状態となっていた。
多分,OSとの相性が悪いため,カメラが使用できなくなったものとあきらめていた(OSの変更により使用できなくなったソフトや周辺機器が多々あったのでその一つの例と思っていた)。

ところで,どんなプログラムが入っているのかを眺めて色々いじっていたところカメラ機能は使用可能であることがわかった。

だからといって,何を撮るかといわれると・・・
何だろうか・・・
(PC内蔵故・・・・・使用しにくい・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.07.19

ガ~ン(松任谷由実のコンサートに・・・)

けうは、ゆ~みんのコンサートのはずじゃった。しかし、会場にて明後日のチケットであることが判明。オオボケ。きちんと予約したはずだが・・・。明後日はどうにもならない予定があり、泣く泣くチケットを知人にあげました。・・・十分に活用してくだされ(涙)。

追記)このままでは帰れないと,急遽,映画を観に行くこととなり「CHICAGO」を観てきた。ショウビジネスと法廷物を掛け合わせたミュージカルだが,凝った出来だった。さすがショウビジネスの国アメリカの映画だった。映画のストーリーも良くできたものであるがそれ以上に感心したのは,俳優の演技力。目でものをいう表現力,ダンスの凄さ,・・・・
そのあとは,飲みに行き(笑)。更にその後は練習をかねて,1時間で帰る予定にてカラオケに行って,延長2回。3時間の練習タイムを終えて(・・・いっこうにうまくならないし,古い曲しかわからず・・・・)2時に帰宅。まあ,埋め合わせには十分になったか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.07.18

区切り(博多の仕事が片づいた)

博多での仕事がかたづいた。まあまあの結果にてやりとげてホッとするとともに、行く機会がなくなり残念でもある。

追記)
今回は姪浜のお豆腐屋さんを観に行く機会がなかった(残念)
次の機会には必ずや・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.07.15

窓外(京都の窓から)

9階の部屋から見える京都はやはり狭いと感ずる。しかし取り囲む緑の山々はホッとなごませる。美しい風景。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.07.14

どさまわり

今週もばたばた
月曜・・大阪・神戸・滋賀(帰るの大変なので京都泊まり・・)
火曜・・京都・北陸(日帰)
水曜・・大阪・奈良・大阪
木曜・・滋賀・大阪
金曜・・大阪・福岡・・・・

旅芸人のようじゃ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.07.13

早くも

顔面ボロボロの状態・・・
見るも無惨(元々だという噂も聞こえてくるが・・笑)
おそろしや・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手直し

久々に訪問者があったようなので
BBSを夏向けに手直し。

しかし,このBBSは機能的にあまり出来がいいとは言えない・・・他のところのを使いたいが・・・

全く知らないところを使うこともためらわれる(来訪者の個人情報の保護がどの程度なされるものかわからない)。
やむなく,大手プロバイダーならちょいとはましかと思ってこれを使っているが・・・
なんとか改善して欲しいものだ・・(苦笑)

写真は,かなり前に行った「黒四ダム」
そのときはその勇壮さと優美さに圧倒されただけであったが,最近,本(NHKプロジェクトX[ジュニア版]4巻)にて,このダムの建設のことを知った。
7年をかけて昭和38年に完成したということだが,壮絶な工事だったようだ。考えてみれば(俺の物心がついた頃でさえたいした自動車等は未だなかったが,それ以前の工事),線路や道路もない豪雪地帯のあんな山奥(ここ,標高1350m)に重機等の機材や資材を持ち込むことだけ考えただけでも想像を絶する。率直に,先人の偉業に敬意を表し,そして多くの人々のために亡くなられた方々には改めてご冥福をお祈りしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.07.11

無事には・・・(日焼け)

無事には帰ってこれなかった・・・・(苦笑)
背中,腕,顔面・・・・
痛い・・・

子供達も悲惨・・

今日は,寝れるのだろうか・・・・


(追記)
何度も目が覚めたが,寝ることは出来た。
しかし,体・・・痛すぎ。
今日は,何も出来そうにない・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.07.10

浄化(海水浴へ)

車で2時間半ぶっ飛ばして
海水浴
暑さ真っ盛りのときから2時間ばかり海につかり,
心と体の消毒。
心地よい疲れですなぁ。

泳ぎは殆どダメだが(何しろ幼稚園,小学校及び中学校にプールが無かった,近くにひょいと行けるところもなかった・・・)
まあ何とか浮かんでいるぐらいにはなれたので
プカプカと平泳ぎと横泳ぎで・・・

しかし,カップルや学生の集団をみると
よろしおますなぁ・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こわい 怖い 子わ~い?

連れ合いと小学生になる娘が先日2回目のUSJに行ってきた。
(因みに,俺は1度も行ったことがない・・・ブツブツ)

娘は,ほとんどのアトラクションが怖くて中に入れなかったとのこと。一緒に行った,同学年の友達は平気だったとのこと。

連れ合いは,せっかく行っても何も入れなかったことから,最初は怒っていたそうだが,よく考えれば,USJのアトラクションはおどろおどろしい物が多くて,小学生には怖くて当たり前・・・平気で乗っている子供のほうが大丈夫なの?って思ってしまったとのこと。

確かに。俺が子供の頃なら到底ダメだったろうに・・・・

怖い,痛いという"感覚"等が鈍っているのは・・・ゲーム(最近のはやけに切った貼ったがおおいからのう・・・・)を始めとする仮想空間での世界に慣れ親しんでしまっているからか?

怖いねえ・・・・
中学生がとんでもない犯罪を犯す昨今・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.07.07

I WHISH

今までどんな願いをどれだけかけ、どれだけかなったのか。
よくわからんが、また願うんだろう。
残り少なった今宵だが雲間のを見つけるとするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やられてもた・・・

このままではいかんと思い
昨日は10キロほど走ったが。
ちょいと膝をやられてしまった。トホホ。
無理は,するものではない。
ちょいと体重を落とさないと
ジョギング
もままならない。


階段の下りのつらいこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.07.06

最終公演(エレクトラ)

NHK交響楽団の初代音楽監督を務めたシャルル・デュトアの最終公演がテレビでやっていた。
曲目は,R.シュトラウスの歌劇「エレクトラ」の演奏会版の後半。

R(リヒャルト).シュトラウスは,一般に知られたウインナワルツの作曲家のヨハン=シュトラウス父子と名はよく似ているが全く別人である。
オーケストレーションの素晴らしいというか極めて難しい曲(素人ではなかなか演奏できないような曲らしい)を書いたドイツのその筋では著明な作曲家(当時は著明な指揮者)である。

「エレクトラ」とは,色々な本等で難しい曲とは指摘されていたことは知っていたが・・・
音の洪水。凄い曲。

しかし,大編成のオーケストラ・・・
本当の歌劇バージョンのときにオーケストラピットに入るようには思えない。

それにしてもエエ曲じゃ(但し,初心者にはちょいと勧められない曲じゃが・・笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.07.05

逃避

よくあることだ。
どうしてもやらんとあかんことがあっても
手が着かず。
例えば,本を読んでいる。ボーっとしている。

しかし,その後にはやり遂げている。


はずなんだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.07.04

モバイル

先日ドコモショップでデモ用のドコモ505で写真を撮ってみたがきれいじゃのう。さすが100万画素というだけある。
だんだん,電話でなくなってくる。
そういえば,今日は携帯の電卓機能を使ってしきりに計算している人がいた。俺は,スケジュール機能を結構重宝しているし。
ホント,電話というだけのものに留まらない。
新しいのを見ると,またまた欲しくなりますなぁ。
しかし,まだ買い替えるわけにはいかないのだが。

欲しいと言えば
VAIOのC1重宝しているのだが(大きさ及び手触り感は最高の機種なのだが),何しろ反応が鈍すぎ。色々手を加えてきたがそれでもやはり不満が残る。
ビクターのインターリンク(機能性及び大きさや重量的には非常に優れているがちょいとチャちいことは否めない)やパナソニックのレッツノート(新型はDVDも格納されているし駆動時間も長そう,但しリンクケーブルが使えないのが私的には不満・・・)がなかなかそそられるものがある。これらはかなり反応も早い。
まあ,もうちょいグレードアップしてから考えたいものだ。

問題は,先立つものなんだが・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.07.01

腕時計

時計を腕にまとわりつかせるのが好きでないため,
いつもは腕時計をしていない。

携帯電話に時計がついているのでそれほど不便も感じない。

ただ,携帯電話は充電が必要である。
しばらく充電する機会が無いときには困る。
仕事場には何日も寄らないことがあるし,また自宅では目覚ましとして利用するため夜間の充電の機会を逸してしまうことがある。

時と場合によるが,電話がなくても,さほど不自由とならないことが多いが,時間がわからないと困ることは多い。

今日は,電池切れ寸前だったことから,ドコモショップを探し出して急遽充電。

助かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜参観

日曜日は,下の子の幼稚園の日曜参観があった。
牧師(学院長)のお話しがあり,海外で急遽日本の歌を歌って欲しいと求められたときに何の歌を歌いますかという話題があった。先生ら一行は,当初色々意見がでたが,最終的には「故郷」を歌ったとのこと。歌詞も楽譜もないところで皆が歌える曲というものはそうないかもしれない。

「うさぎ追いし,かのやま,こぶなつりし,かのがわ~」で始まる「故郷」は,以前取り上げた「朧月夜」と同じ作詞家高野辰之,作曲家岡野貞一になるものである。
このコンビになる曲としては,他にも「紅葉」(秋の夕日に照る山紅葉~),「春が来た」(春が来た,春が来た,どこに来た~),「春の小川」(春の小川は,さらさらいくよ~),「日の丸のはた」(白地に赤く~)
と,日本の情緒を代表するとも言えるような作品を数多く生みだしている。

ところで,はじめて知ったことだが,この二人は,熱心なクリスチャンだったそうだ。そして,これらの曲が出来た背景には賛美歌があるとのこと。
そうなのか・・・・
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年6月 | トップページ | 2003年8月 »