« 2003年9月 | トップページ | 2003年11月 »

2003年10月

2003.10.31

更新

トップの画像を,空(金剛山にて)から海の絵に変更

3720になっていますね・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.28

ケーキ(ゼミ生からのお祝い)

今日は教え子達に誕生日祝いをしていただきました。
うれしいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.27

とうとう(阪神タイガース:日本シリーズ)

終わってしまいましたねぇ。
最後には,実力のある方が勝ったということで・・・

相手方にとって魔の甲子園で,阪神ファンにはちょいといい夢を見れたのが幸いと思わないと(DH制の問題もあるが)。

今シーズン楽しませてもらいました。
来年の更なる飛躍を期待するとしましょう!
次は,また18年後ということがないように!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.25

「ショパンの夕べ」(ピアノ:藤原由紀乃)


 昨夜(24日)は,藤原由紀乃さんのピアノリサイタル「ショパンの夕べ」(ザ・フェニックスホール《梅田新道東南角・ニッセイ同和損保フェニックスタワー内》)を聴きに行ってきた。
 タイトル通りオールChopin作品のプログラム(四つのマズルカop.17,幻想曲ヘ短調op.49,ノクターンホ短調op.72-1,ノクターン嬰ハ短調遺作「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」,ノクターンハ短調遺作,ソナタ第3番ロ短調op.58)
 その演奏は,ピアノによって奏でられる詩というより藤原さんの心の中か・・・何とも言えず叙情的・耽美的であり,しかしながら力強いもの。

 藤原さんの演奏を最初に聴いたのはラジオだった。少なくとも15年以上も前のことである。海外で活躍中の新進演奏家の1人として番組に登場されていた。ベートーベンの変奏曲を演奏されていたと記憶している。力のこもった演奏をする人だなあ,また,あまり見かけない何となく古風な名前の持ち主だなあ,とそんな印象が脳裏に。しかし,それ以後,その名前を見かけたり演奏を聴くという機会は皆無だった(以前は,暇な生活のため四六時中ラジオで音楽を聴いていたが,そうそう暇でもなくなってくるとラジオも聴かなくなってしまった)。
 4年前のある日,藤原さんがフェニックスホールにてリサイタルを開くという記事が目に入った。たった一度ラジオで聴いただけだったが,アッと思し,即座にチケットを購入。
 リサイタルに赴いて,彼女のプロフィールを初めて知った。
 1986年20歳でフランス・パリのロン・ティボー・コンクールで第1位グランプリを受賞とのこと。クラシック音楽に関心のない人は何のことかわからないかもしれないが,ロン・ティボー・コンクールといえば,チャイコフスキー・コンクール,ショパン・コンクールと並ぶ世界3大ピアノコンクールの一つである。そんな大それたコンクールでの優勝者とは・・・。
 しかし藤原さんは,大きな賞を得たにもかかわらず,演奏活動を減らさざるを得なかったようである。容態が悪化した身よりのない恩師の看護にあたるためとのこと。そんな生活を送っていた彼女だが,1999年,生活の本拠をそれまでのミュンヘンから日本に移したようで,私が目にしたのは,日本での本格的活動を再開してまもなくの頃だったようだ。それ以来大阪での演奏を楽しみにしている。
 http://www12.ocn.ne.jp/~yukino/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3勝目!!(阪神タイガース:日本シリーズ)

 今日は,ピアノリサイタルを聴きに行っていたため,その間,テレビを見ることが出来なかった。リサイタル中も気になることがあり,休憩時間には,imodeを利用して点数の確認。5回裏の時点で1対2で負けているとのこと・・・ショック。
演奏が終わった時点で再度確認すると,7回裏3対2・・・やった逆転しているじゃない。
 これは,一刻も早くかえってテレビを見なければ!
 電車で帰ると,途中情報は入らないし,家に着いたときには試合が終わっている可能性が高いと見込まれた。
 無謀なことに,タクシーでの帰宅を敢行!途中ラジオは聴けるし,早いし,言うこと無し・・・・ではなくて,痛い出費は伴うが・・・・
(連れ合いには・・・・・電車のある時間帯にタクシーで帰宅とは何事!との当然の非難を受けることに・・・・・)

 最後のシーンを観ることは叶った。
 無駄な出費ではなかった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.23

・・・・いい日だったかな・・・今日も?

尾道から帰ってきて・・・・やはりテレビ。

今日は,いい調子かと思い。ケーキを食べながらワインでいい気分。

しかし,いつのまにやら追いつかれ,そればかりか絶体絶命。
酔いもどこへいったやら,ドキドキはらはら。
単なるオーディエンスとして観ているだけでいたたまれない。
監督業をする人の気持ちはどんなものなのだろうか。

しかし,絶体絶命の淵から,蘇らせる力。
甲子園は恐ろしい場所だね。

終わってみれば,このうえもない誕生日祝い(感謝感激)。

最後にはなりますが,直接,電話或いはメールでお祝いの挨拶をいただきました皆様。ありがとうございました!
この場を借りて御礼を!

よい(酔い?)誕生日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来てみたものの(尾道)

再度,尾道に来てみたものの
相手方が来ない。
為すすべもなく帰途に。
なんのこっちゃ・・・

しかし,こっちも寒くなってきたねえ。
今度来るときは,冬。
どうなっているのだろうか。


(尾道から福山に向かう各停内より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は・・・だそうな

電信電話記念日
津軽弁の日

1849西園寺公望(公爵・政治家・元首相),1871土井晩翠(詩人・英文学者),1881ピカソ(画家・スペイン),1927鈴木瑞穂(俳優),1932渡辺美佐子(女優),1940ペレ(サッカー選手・ブラジル),,1948岸ユキ(タレント),1955坂口良子(女優),1956渡辺真知子(歌手),1958神津カンナ(作家),1971矢部浩之[ナインティナイン](タレント)・・・・

なんばん朝顔(Thorn Apple)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬交響楽団

クラシック音楽を聴くことが趣味なので,その名前は以前から知っていた。その名前は結構現れる。
それほど都会とは思えない「群馬の楽団が何故?」という思いは以前からあった。

今日は,早々に寝るはずだったがウダウダしているうちに時間が経ち,たまたNHKのプロジェクトX(再放送)を観てしまった。

取り上げられたのは,以前から何故?と思っていた「群馬交響楽団」(の前身)。
その生まれは,終戦直後(日本の交響楽団の中で、NHK交響楽団に次ぐ歴史を持つとのこと)。メンバーは,終戦直後の食うか食わずの状況下,苦難に耐え,小学校巡り等の移動音楽教室にて食いつなぎ,その中で地道に音楽へ感心を持つ層を広める活動を続け,今の名声の獲得はその結果であるとのこと。
また,道を切り開いたのはメンバー各人のすさまじい努力であることは勿論のことであるが,その根源は,故丸山勝廣氏の尽力及び人間性によるところが大であったこと等が取り上げられていた。
このような人間の文化的財産といえる地方楽団が今後どのように発展していくのか。
興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.22

今日は・・・・・いい日?

今日は,朝4時起床にて仕事の準備を進め。
徳島に赴いて仕事。

まあまあの結果か。
危惧する点もあったが何とかクリアできた?・・・・

大鳴門橋から観る鳴門海峡の海の流れ,明石海峡大橋からみえる明かりに心うかれ,湾岸線のバスの車窓から見える試合開始間際の甲子園球場に心を躍らせる。
ラジオを持ち込んでいるらしい乗客が早々に点を取られたとの会話を行っている。早!自宅へと。
家につくと同点。息詰まる投手戦。重苦しい試合運び。

それでも最後には望んでいた結末がやってきた!!!

やるべきことは多々あれど,それらはちょいとさておいて

今宵は,安眠・熟睡か・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.20

整理術本「書斎がいらないマジック整理術」

ボナ植木著、講談社+α新書「書斎がいらないマジック整理術」

書店で目について何気なしに購入。整理術の本は,今までにも何冊か読んだ経験がある。
しかし,私の机上と部屋は依然として雑然。
著者は,マジシャンのナポレオンズの1人とのこと(悪いが,予め判っていたら手品本かと思い購入しなかったかも)。
・小さいメモ帳の利用法(私も以前利用していたが,ここ数年は利用をやめていた,いざというときにペンが無くて利用できないということもあったがその解決法があり,今回思わず実践)
・日記のつけかた(検索を主目的とするもの)
等結構使えそうな事柄が記せられていた。
ご参考までに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.18

断腸の思いで・・・

というほどではないかも知れないが・・・
飲み会を早々に引き揚げてきて

阪神が負けたとの報・・・・・・・

その後,ラグビーのワールドカップの(録画かな・・)
テレビを見て。
負けたけど,フランス相手に,面白い試合を!
日本も,かなり実力が付いたと思える試合。
先は,まだまだ遠そうだが
それを乗り越え近々何とかと思わせる。

明日は!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都のあとは

函館から&姫路からの放浪者と尼崎にて遭遇。
京都から,思ったよりは早く合流でき,充実。
ただ,明日予定があり早めに退散せねばらならないのは残念。

昨晩は,ヨシモト・ブロードキャスト・ショウの演劇公演におじゃま。
いつもながら,生きた人の演技する世界はミステリアス&ワンダフル。

明日もやっているので,観に行かれる方はぜひとも!
(天王寺近くの一心寺シアター「倶楽」にて開演中・・・・)


追記)
ザ・ブロードキャストショウ プロデュース Vol.5 「メリークリスマス Mr.チャーリー」
公演日:2003年10月16日(木)~19日(金)
会場:一心寺シアター倶楽
脚色 吉村一風 
演出 鈴木健之亮 
振付 星すばる
音楽 松川純('beergarden group)
キャスト
染次郎・三枝雄子・華野もか・上田かつ臣・上野ユウコ・岡崎哲也・加藤竜治・北 ゆかり・たかはしみほ・玉垣裕司・野中三枝子・芳賀めぐみ・原田千里・松本友宏・小松和義
オーディションユニット(ダンス&アクト)
板井那実・立花千香・平井美果・宮本明美・藤本陽子・増山弥生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パバーヌ

今日は,説明会に呼ばれている。
さて,ちょいと挨拶しなければならないそうだが,何を喋ればよいのやら。まあ,電車に乗ってから考えるとしよう。

説明会にいく前に,仕事場に寄って何だかんだと。

周りには誰もいないので,PCで音楽を流しながら。

「亡き王女のためのパバーヌ」(ラベル作曲)が流れてきた。

高校時代のクラブ活動の想い出の1曲。
色々あったからなぁ。
あの時代は,今の自分にとって無くてはならない時代であったことは間違いない。
考え方の或いはものの見方の一大変革期?
でも,戻りたいかと言われれば・・・・


話は変わるが・・・3500を超えたね(3502)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.16

シーズン

遠足の児童が沢山乗っていて、次の駅でもさらに乗り込んでくる。皆、どこにいくのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.15

ウダウダしていると

仕事が妙にたまってある時一気につけが回ってくる。
眠い・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.12

久々に高校時代の

クラブの仲間と飲み会。昔を知る人たちとのひととき。なんとも言えず、色々と楽しかり。こういうのは何といってもやめられまへん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.11

複合機

①昨年10月に新たに入れたPCはUSB2の接続が可能。
②従来あったプリンターとスキャナーは,WindowsXPに適合しておらず使用が出来なくなった。
③自宅は狭いのでプリンターとスキャナーを別々に購入しても置いておく場所の確保がたいへん。
以上の3要素を考えて,プリンター等を至急に購入しなければならないもものが,次ぎに購入する機種は,プリンターとスキャナーの両方使用できる「複合機」で且つ「USB2」接続の出来るものと決めていた(USB2にこだわったのは,情報の転送速度が速いためであり,転送速度が早いほうがスキャナーに要する時間が短縮される)。

そのような機種も早々に売りに出されるかと思ったが,,そのような機種はなかなか売りに出されない。

そのため,自宅で印刷するのは苦難の連続。
自宅で印刷するためには,旧PCをなんとか騙し騙し使用するしかなかった。
だが,両PC間の情報伝達が困難であった。
旧PC及び新PCいずれも外付けのフロッピードライブが不調。
メモリースティックは,アダプターが自宅に置かれていないため片方が使用不可。
インターネットを介してのファイルの伝送をも試みるが,旧PCがインターネットメールを出来ないように設定しているために不可(設定の解除方法は失念・・・)。
必要な情報をホームページにアップして,それを介して情報の伝達をはかる方法をも考えたが,暗証番号が何番だったか忘れてしまいあえなくとん挫。

結局,大事な書類を印刷すら出来ないことがあり,そのために,極めてたいへんな事態に陥ったこと少なからずあり。

しかしながら,本日,ようやく日本のメーカー製の,USB2接続が出来且つそれなりに満足できるスペックを有する複合機が販売されることとなり,私は,それを早々に購入することと成った。

接続したところ・・・なんとか印刷は出来る雰囲気!

嬉しいの一言!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイルの同期

先日,ファイルの同期に失敗してしまった。
更新元と更新先を逆にしてしまい,いつのマニやら作成済みのファイルが消滅してしまっていた。
消滅してしまったファイルが何であったのかもわからない。
恐ろしい事態。
かなり古いがバックアップを取っていたので多少なりとも復元を行った。

今日は,同期ソフトの設定のやり直しをかなり慎重に行った。
フォルダ名も,更新先なのか更新元なのかわかりやすいように付け替えた。例えば,自宅作成(モバイルへ同期用),モバイル作成(モバイルと仕事場へ同期用),モバイル作成(モバイルから自宅へ同期用)等色々試行錯誤が続く。

ついでにマイクロソフトのアウトルックの情報(スケジュール,連絡先等)をモバイルのPCから自宅のPCにのインストールすることもチャレンジした。
アウトルックの情報を同期するソフトを持ち合わせていないので,外部から情報をインストールする形にて対処している。
仕事場のPCの情報をモバイルPCに持っていくことは今までも出来ていたのだが,モバイルのPCの情報を自宅のPCに持っていくことがかなり以前から出来なくて苦悩していた。
設定の問題であることは想像できていたが,その方法がわからず,考えながら色々チャレンジしたが全くうまくいかなかった。

昨日も,同期ついでに,再度チャレンジしたのだが,かなりの時間を費やしたが,驚くことに最終的には出来てしまった。
出来てしまえば,簡単なことなのだが,今まではインストールするファイルが誤っていたことが判明した(理由は不明だが,ちょいと思いつかないファイル名になってしまっていた)。
色々設定を調べていくうちに,ちょいとひらめきがあり,道が開けた。
ひらめきは何もしないと生まれない。しかし,何かと苦労をしているとぱっと出てくることがある。
この瞬間って,嬉しいの一語に尽きる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.10

Chopin

今日は,娘が習っているピアノの先生が出る機会があるとのことで,宝塚市内のホールへ。

皆,上手いわ・・・・
(娘のピアノの先生もムチャ上手かった・・・
ラフマニノフ[Rakhmaninov]の超技巧的な曲を難なく引きこなしていた・・・)

我が娘,家でほぼ練習もせずに堂々とレッスンに行っているのが実態であることを思うと(俺が聴いても練習していないことがわかる程度・・)・・・・・なんとお詫びして良いやら・・・

話変わって,
色々な作曲家の曲を聴いていて思ったが,ピアノという楽器のみを考えた場合,無くてはならない唯一の人は誰?
といわれると,
それはやはり,
ショパンしかいないね。
何度でも再認識させられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一息

約2年かかった(それでも筋からいうと短い方か・・・)件が
本日というより昨日終りを迎えた。

最終的には,ほぼ目的を達したことは,何よりであった。
いつもこうあって欲しいものだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.09

知事(カリフォルニア州)

カリフォルニア州の州知事選挙でアーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Schwarzenegger)氏が当選したとのこと。
同氏の知名度を考えれば当選についてはそれほど意外なことではない。日本でも芸能関係者が知事になった例はあることだし。
ただ,更にアメリカ的だと思えたのは,シュワルツェネッガー氏は少なくとも成年になるまではオーストリア人であったかと記憶しているが(現在はアメリカ国籍?)そのような外来の人でも知事として選出されるということ。ちょいと日本では考えられないことと思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.08

人畜有害。
無害選別。
評価簡単。
意味深長。
単純酩酊。
思考不可。
嗜好婉曲。
頭内桃空。
熟睡忘却。
希望聖人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.06

よく寝た・・・

昨日は仕事関係のゴルフ。
ここ半年クラブを握っておらずおっくうであったが,行かねば。
練習は,前日のみ。さっぱり・・・・
本番当日は,早起きにてゴルフ場へ。

秋晴れの絶好のゴルフ日和。悪い成績は,腕以外に考えられないプレイ環境。
成績は予想通り悪かった。しかし,ショットは思ったよりは悪くもなくまだ復帰の余地はあるか。

ゴルフは目指せ90台復帰(どんな成績だかわかってしまうね

マラソンは目指せ4時間台復帰

練習しない俺にとってはいずれも至難の業?

帰宅後は眠たくて倒れ込み,5時に家について即ベッドへ。断片的に目が覚めたものの起きたのは7時・・・・・
日頃よほど運動不足?

(奈良行き電車内のモバイルPCにて・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.04

賑やかなり

多数の企業が半期決算を迎えた後最初の金曜日。ふとどんなものだろうかと思い、飲み屋に。今日はいつもと違い繁盛しているとのこと。・・・いい兆しなのか? ◇携帯からの書込み◇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.03

爽快

昨晩は心地よい音楽と久々の十分な睡眠。あとは、ばりばり頑張るだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Quipu 」&「Euro-Vox」関西ツアー

「Quipu 」&「Euro-Vox」関西ツアーの初日に乱入。

関西初お目見えの『フルメンバー』の演奏を目の当たりに(感謝感激)!!!
ノリノリのメンバーの演奏が山ほど聴けて,天国・極楽・阿鼻叫喚。
ボーカルの天使様に至っては,ハードな熱演&あとあとのスケジュールを考えて,お酒を控えられるという前代未聞の珍事発生!!!!!!!!!!!・・・・・(気合い十分)
反対に,[関西人になりた~い]関西人帰化神聖中のsheezooさんは,飲んでましたなあw
他のメンバーの方々はそれぞれのスタイルで・・・
それはともかくメンバー全員,今宵は,今日&日頃の行状の反省?をかねて全員寺にこもるそうな。
明日からは,煩悩の抜けた更にクリアーなサウンドが聴けるのかも・・・・(笑)
請うご期待!

関西ツアーは,まだ始まったばかり。
機会を無理矢理作ってでも,フルメンバーの熱演を聴きに行くべし!!!!!

http://www.bremen.or.jp/deborah/yuki_schedule.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.10.02

ビジネスシューズ

 社会人になった頃は,固い革靴が格好いいのだろうと思い,リーガル等を買い求めて履いていた。ところが,カチンコチンですぐに足が痛くなる。購入当初は,足にマメ(肉刺)やタコ(胼胝)はできるは,靴擦れはできる。それでも,絆創膏を貼って痛みをこらえ何とか靴をなじませて履いていた。しかし,ようやく慣れた頃には,靴はくたびれて買い換えが必要になる。そうなると,また苦しいことがやってくる。このことの繰り返し。更に,固い靴は,歩くと疲れるのが早い。
 こんなことが何年も続いた。
 ある時,こんなことの繰り返しではいけないと思い,ソフトシューズを履くようになった(履くにはスニーカーが一番いいのだが,さすがにスーツにスニーカーとまでは踏み切れない)。
 色々なメーカーの靴を試した。ソフトであっても靴擦れの出来るものや,ソフトであるだけに靴の痛みが早いとか色々な問題があった。
 色々なチャレンジの結果,今のところ,ecco社のものが気に入っている。履いた当初から,全く違和感がないし,長期間はいてもそれほど型くずれしない。
 お奨めの一品である。
    (大和高田行きの電車にて・・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年9月 | トップページ | 2003年11月 »