« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月

2004.05.29

Quipu


"Quipu"『風まかせ スロー・ラブ』
vo.前田祐希 p.shezoo tb.深堀瑞穂 g.b.松井秋彦 ds.高井 亮が,7:00pmから大阪"街山荘"にて

大阪の街中にある趣あるログハウスで,たっぷりとQuipuサウンドにしたってきた。
ライブの後は,いつものごとくQuipuの面子を交えての懇親会?があり,楽しいお話しあり,酒あり,食べ物あり,三味線あり,クラッシックギターあり,日本の唱歌あり・・・・・
色々ハプニングあり!

Quipuは,この先,レコーディングがあり,新たなリリースも出る予定とのこと!

楽しみじゃ!

6170

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.28

メーリングリスト

必要があってYahoo!groupのメーリングリストを新たに開設したが,昨日投稿分は約6~9時間遅れでの配信。
・・・・・・・

リアルタイムの配信がありがたいものの,無料だからそこまでは無理かも知れませんが,上記のような遅れでは,ちょいと話になりませんなぁ。

日本テレコムの買収に3400億円も要したことの反動?(笑)

6165

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.26

ほうほうの体で・・・

仕事場を出るときには,
シャッターが既に閉められていたというのに
帰宅しても,
まだやるべきことがあるというのは
辛いことだ。

ブツブツ言っていても始まらない。

今朝も気合いを入れて起きねばなるまいし・・・

6137

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.25

募金活動

 最近,外に出ることが多く携帯電話の利用する機会が増えてきた。当然,使用料金も馬鹿にならず,土曜日に,料金プランを変更してきた。外でも色々することが増えたと考えればいいことかもしれないし,どこでも掛けなければならない即ち拘束されると考えれば悪いことなのかも。

 街に出ると,募金活動が盛んだ。毎度色々な,募金活動が行われている。私も,小学校の3年間,緑化運動(緑の羽根)の募金活動を行ったことがある。「緑化運動にご協力お願いします。」と1日声を大にすることは大変なことだった。そのうち「ろっかうどんごきょうりょくねがいます」と意味不明のことを口走っていた者がいたことを思い出す。
 募金活動をされている人たちは色々な思いがあって行っているのだろう。但し,その元締めとの思いが一致しているかどうかわからない。今,街で行われている募金活動をみて募金をしようと思うものは極めて少ない。募金活動の実態が全くわからないからだ。どのような者が責任をもって行っているのかわからないものがほとんどである。社会的に著明な団体の活動でさえも,募金がどのように使われるかをはっきりと示しているものは殆どない。善意のお金を集める以上,経費にどの程度使用されるのか等の事項は,明らかにすべきものだと思う。
 かつて友人が,街で募金活動をしている人をみてこうつぶやいた。「それだけお金が必要なら,募金活動を行っている時間中,アルバイトでも行ってそのバイト代を寄付すればいいのに。その方が確実だと思う。」募金活動の趣旨は,お金を集めるだけではないことは重々承知している。社会には色々な問題が潜んでいることを世間に明らかとするという効果も小さいものではない。しかし,友人の意見には,妙に感心したものである。
 一生懸命活動をしている人達を見ると,考えることは色々である。

6127

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.23

1日が終わった

今日は,12時からぞろぞろと来客あり・・・・

酒も飲み飲み・・・色々食べて・・・時間が経過
それだけではなく
音楽やフリマも楽しみつつ・・・
みなで持ち寄りの自作たこ焼き等
ワイワイと
なんとか1日が終了。

夜に,A-SHOWというお兄さんのブルース系のライブがショットバーであり,飲み会を追い出されたおいちゃん3名で,何気なしに行った。事前予想を裏切ってなかなか良かった。
MCの大阪弁もつぼにはまっていた。
歌も聴かせるものをもっていた。
6月には「シカゴ・ブルースフェスティバル」にも呼ばれているらしい。
こういうものが近場で聴けることが嬉しい!

次がまた楽しみだ!

お開きになった直後 阪神が赤星のタイムリーにて逆転勝利!
言うこと無し!

6109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片づけ

今日は,子供等の関係で沢山の方が見える(人数不明・・)予定なので準備。
兜もようやく片づけ。
鯉のぼりはもう少し泳がせておくことに・・・

Webサイトの方もちょいと手直し。

6099

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.22

プロコフィエフ(続)

印象に残ったものについて

「ロメオとジュリエット」シェイクスピアの有名な戯曲を元に作曲された曲は数多存在するがその中で№1と言える作品である。バレエ用の曲でリズミカル。全曲演奏は2時間を超えるので,組曲や抜粋の形で演奏されることが多い。ZnZn氏が開設されているサイトのMIDIをご参照あれ,曲は「タイボルトの死」。この曲は,高校時代だったと思うが,セルジュ=チェリビダッケ指揮のロンドン交響楽団の演奏をライブで聴いたことがある。圧感。言葉がなかった。

Symphony1番・・・古典交響曲と言われているもので,古典の巨匠ハイドンのスタイルを追求して書かれたもの。耳にもなじみやすく演奏の機会もそれなりにあるようだが,彼の個性を感じることは難しい。

Symphony2番・・・1番とは全く異なる。前衛的な曲。最初,なんじゃこれ?と笑いがこみ上げた曲である。ライブで聴ける機会は無いのではないだろうか。何度か聴くと味わいが出て来て,さすが天才は違うと感じさせられるところが楽しい。

その他のSymphony・・・・5番が最高傑作といわれるが,個人的にはあまりそのような感じを受けたことがない。演奏に恵まれていないのかも知れない。7番は,それなりの個性をうかがうことが出来且つなじみやすい作品である(青少年向けの番組向けに作曲されたと記憶しているのだが)。7番のエンディングには2パターンがあるが,もの悲しく終わるパターン(コーダ部分が無いパターン)の方が個人的には好き。

ピアノConcerto1番・・・・音楽院の卒業作品として作曲されたと記憶している。好き嫌いはともかくとして,音楽家としての進むべき道が(個性が)はっきりと示された曲であり,こいつはただ者でないと感じさせる逸品。ZnZn氏のサイトご参照
その他,多数のピアノ用の作品がある。ピアノを鍵盤楽器的というより打楽器的に使用する用法が印象的。 ZnZn氏のサイトのMIDIご参照,曲はピアノソナタ7番の第3楽章

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sergei Sergeevich Prokofiev

プロコフィエフ

革命前のロシア生まれのこやつは,ただものではない。
私の記憶するところでいうと,音楽院の卒業演奏のテーマは元来モーツアルトのピアノConcertoと決まっていたところ,自作のピアノConcerto(1番)を演奏して卒業していったらしい。これだけの自負心を持てることが素晴らしい。

その後も,個性の強い曲を作り続けた。
こやつの作品は・・・聴けば,これはプロコの作品だなと思える・・・・そこがすばらしい!!!

今日は,テレビで第2番のピアノConcertoの演奏が放映されていた。初めてきいた曲だが,彼らしい個性の強い曲で嬉しいね!
しばらくはまりそうだ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通念

といっても。。何らかの概念ではない。

頭から離れないフレーズ?

たった今で言うならば,シベリウスの第5Symphonyの第4楽章のテーマ。

いかにもフィヨルドの氷河をイメージとした単純で且つ深いフレーズ。
音名で言うならば,ホルンによる深い音によるが極めて単純な,ドソド,シソシ,ラソラ,シソシ・・・・というフレーズ。それに旋律が乗っていくのだが,なんといえない重さがある。
 行ったことがない世界であるが,なんとなく北欧の風景が浮かんでくる・・・・

 今,「座右のゲーテ」という本(新書)を読んでいる。ゲーテという,ドイツ最大の詩人でありながら,宰相という世俗的な一国の政治的実力者を経た人を取り上げた本であったことから興味がわいた。筆者について購入前は,特に関心は無かったが,よく見れば「声に出して読みたい日本語」等で評判の人【齋藤孝氏】だった。

 その中に著者が,それまで関心の無かったクラシック音楽に触れたきっかけが記載されていた。その章は「趣味というものは,中級品ではなく,最も優秀なものに接することによってのみつくられるものだからなのだ。」というものだ・・・・・
 個人的に経験に即していうならば,私個人もクラシック音楽が好きになってしまっている。クラシック音楽そのものが尊いとも最も優秀とも言えないと思っている。しかしながら,それを演奏する奏者と相まってすばらしいものとなる。これは個人的感想で言えば疑いがない(演奏者をそこまで導くということは,作品自体にその力があるということにはなるが)。
 今思えば,私が,この世界を好きになったのも,エアーチェックの世界とはいえ,聴き始めの段階で精神性に溢れた素晴らしい演奏に触れたからと思える・・・・
 但し,一流とは難しい表現かも知れない。個人的に言うならば,ことを問わず本質的な事項と言えるかも知れない。そのような本質的なもの触れると,それは虜になってしまう世界だと思える。
 そのような世界にどれだけ触れることが出来るのか・・・
 チャレンジあるのみなのだろうか。

6077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.21

一昔前

今日目覚めると,高校生時代等にチャレンジした曲(吹奏楽コンクールの課題曲)の数々が流れてきた。

自分が吹いていた楽器の指使いが,断片的に思い出され,勝手に指が動く。
     ・・・・・・・・・・・・・


あんときは,あんときだったねえ。




良い想いではほとんどないかも知れない。
でも思い出すときりがない。
また,今の自分を考えると,とても大事な時期だった。

6062

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.18

同期をとるのはやはり簡単ではない。

 フォルダの同期をとる(つまり同じ内容のコピーを作る)ことは,以前にも書いたが,ミスを生じやすい。致命的ミスの例を挙げれば,Cドライブにあるファイルのぎっしりつまったフォルダ(例えば,作成済み重要)のコピーをDドライブに作成しようとしたときに(Dドライブには,コピーを入れるために,同名で且つ空白のフォルダを予め作っておく),次のような指示を出してしまう場合である。
 ¥D¥作成済み重要>¥C¥作成済み重要 
 この指示は,Dドライブにある(全く空白の)作成済み重要フォルダの内容にあわせて,Cドライブにある作成済み重要フォルダの内容を書き替えるという指示である。従って,空白であるDドライブの状態にあわせて,Cドライブも空白になってしまう。つまり,Cドライブに存在していた全てのファイルが削除されてしまう。
 今回,私は,次の2種類の指示を出していた。
  ¥C¥作成資料>¥F
  ¥D¥保存用資料>¥F
 初回のバックアップ時に数時間を要するのは仕方がないとして,2度目以降の(上書きによる)バックアップの際にも,何時間も要し奇異に感じていた。2回目以後は,1回目のバックアップ時以降に作成或いは変更されたファイルだけが対象となるはずであり,極めて短時間にて同期が終了しなければおかしい。当初は,DVDの特性によるものかとも考えていた。しかしよく考えれば・・・
 ¥C¥作成資料>¥Fの作業によって,Fドライブには「作成資料」というフォルダが作成される。その後に実行される,¥D¥保存用資料>¥Fの作業によって,上記作業によってFドライブに作成された「作成資料」はDドライブにある「保存用資料」と内容が異なるので,「作成資料」が全て削除された上「保存用資料」が作成される。
 後日,同期を取ると,Dドライブに残されている「保存用資料」はCドライブにある「作成資料」と内容が異なるので「保存用資料」が全て削除される。そして改めて「作成資料」が作成される。更に,その後に実行される,¥D¥保存用資料>¥Fの作業によって,上記作業によってFドライブに作成された「作成資料」は,Dドライブにある「保存用資料」と内容が異なるので「作成資料」が全て削除されその後「保存用資料」が作成される。・・・・・
 これが,延々と繰替えされる・・・とても時間がかかるはずだ(笑)

6028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.16

ケータイ「メモ撮り」

久々に,本を読む気になり,新書を3冊購入。
その1冊が,山田雅夫著『ケータイ「メモ撮り」発想法』<光文社新書>
携帯電話の写真機能は,私もそれなりに利用していたが,かなり徹底した利用について書かれていた。
要点は,メモ感覚で何でも写真として残す。例えば,名刺や新聞記事やそれこそ目につくもの何でも。
確かに,手書きで残すより簡便。
手書きのメモの場合には,すぐにペンが見つからないとか(私の場合,サトラップとして携帯ボールペンをつけているからこの点はあまり問題がない,見栄えは良くないが,かなり便利)書いた紙がどこかに行ってしまうとかの問題点があるが,このような問題点は回避できる。
読んでいてなるほどと思わされたので,最寄りの店で,携帯電話のメモリーを買ってしまった。いつもの衝動に駆られた行動。今後どこまで使いこなせるのやら。

家に戻ると,ついでに携帯電話の機能のチェック。携帯電話の取扱説明書を探し出してきて読もうとするが,分厚すぎて全部を読むことは到底無理。また,多機能すぎて使いこなせない(覚えることも不可能)。しかし,いくつかの点では役に立つ発見があった。
 さらに,最近携帯電話への情報の蓄積が著しいので,(前にも触れたが,紛失時のことも考えて)再度セキュリティーについても検討を加えた。ちょいとは安心できるようになったかも。

手軽に使える携帯電話だが,使いこなすのはそれほど手軽ではない(笑)

5994

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.14

三社祭

どこの3つの神社の祭かと思い、晩飯のために入った古いカツレツ屋で、後の二つの神社はとたずねると、???。更に詳しく聞くと、浅草神社にまつられている3つの神様のお祭りとの説明(笑)。思い込みはアカンネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大提灯

たたまれています。
神輿が通るからね。
k3edvc00141_i.jpg

| | コメント (0)

行ってしまった

k39sh0128.jpg

| | コメント (0)

みこし

数がすごい
k36sh0127.jpg

| | コメント (0)

焼きたての

煎餅。
さっきの揚げ餅のほうが旨かった。
揚げ餅お勧め!
k35dvc00125_i.jpg

| | コメント (0)

浅草

浅草に来るのは10数年ぶりだね!
賑やかな祭があると聞いて駆け付け。
cdsdvc00115_i.jpg

| | コメント (0)

揚げまんじゅう

とのこと
   浅草にて
cdnsh0124.jpg

| | コメント (0)

今日は三社

祭だ!
    浅草にて
cdmdvc00086_i.jpg

| | コメント (0)

東京メトロ

切符売場を見渡したが営団のものがみあたらん。東京メトロなる見馴れぬものが。東京地下鉄株式会社になり愛称もかわったそうな。時代錯誤の前の社名、結構気にいっていたのに(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は

早朝6時30分東京向発に乗らねば!
不良していて、家から間に合うやら・・・・
cdddvc00071_i.jpg

| | コメント (0)

2004.05.12

昨日は

必死の思いで朝6時に起きて京都に。

久々に顔見ると嬉しいね。

しかし色々と大変やな。

でも試練もいるからね。

5955

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.11

京都は大阪に比べて緑が多いね。この時期はとみに感ずる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく

なすべきことが終わった・・・

さて・・・風呂入って寝るか。

また,早起きして・・
5ヶ月ぶりのゼミだ。

気合いを入れていかないといかんね。

5945

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.08

夜の公園

練習諦めボール購入?。
帰りがけ店で食べるかと思いきや、
帰りがけの公園ベンチにてアルコール付きの晩飯。
酔は適、風は快、心は静。
一眠りが最高か?
だが何故か未だ仕事が残っとる。
帰らねば?!
でもいつになるやら?
67gdvc00069_i.jpg

| | コメント (0)

割引券

仕事に出かけてくる途中。
現像に出していた写真の受領に行った。
かなりの量だったところ,割引券の持参を忘れてしまっていた。
痛いが仕方がないかとも考えていた。
割引券が無いことを伝えると,店員さんから,先に電池でも買って頂ければそのときに割引券をつけることができますので・・・っと。
なるほどねえ。と,フィルムを購入。

CD分がロハになった。ラッキー。

まあ,もっと言えば,それなら何も買わずとも割引券をいただければもっと言うことはないが(笑),それは相手もお商売だからやむを得ないか。
割引券を使わない場合よりはかなり安くなっているし,不満は全くありませんけどね(笑)!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.07

腹へった

短すぎる。一日は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.06

GW

GWとは名ばかりで,
全く楽しめず。
子供と遊ぶ機会も全くなかった・・・
どないなってんねん(苦笑)

昨日一つ何とか書面のめどをつけて
・・・ほとんど休憩無くしてほぼ1日がかり
やっとまた一つ書面を片づきそうなとことまで辿り着いた
(これもほとんど休憩無くして丸1日半がかり・・・・)
(まだ見直しがある・・・・)
とはいっても,5時半寝が3日続いていてようやくこの有様
明日からは,通常の時間帯に戻さなくてはならない・・・

スケジュールをよく確認してみると,殺人的。

今日提出及び打合せの資料が手つかず。・・いつするねん・・・
月曜日期日の書類(提出期限1週間前)・・・手つかず。
金曜日期日・・・・提出期限は・・・・手つかず。

どれも重たい件ばかり(丸1日以上かかりそうなものばかり・・・・・・

怖ろしや・・・・

5896

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.05

しんど~

一昨夜から重たい書面を2通・・・・

なかなかめどが立たない・・・

ゴールデンウイークの残りも書面との格闘で終わるか。

5885

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.04

不具合

ワープロソフトは,一太郎シリーズを使っている(現在,一太郎13)。
MSワードも併用して利用している。ワードも機能的には優れたものがあるが(但し,使い方はあまりわからない),何しろ基本である文章作成及び文章の出来映えは,一太郎の方が勝っている(但し,文書作成は慣れの問題もあるが)。

一太郎で文章を作成するものの,世間で汎用性のあるソフトはワードなので,他人に文章を送付しなければならない場合には,一太郎で作成した文書をワードに変換して送付したりしている(一太郎13には,ワードに変換して保存する機能がある)。
また,ワードで受領した文章に手を加えるときは,一太郎にて編集して,それを再度ワードに変換している。

ソフト間の互換性は極めて重要なことだ。しかし,現実には,頭の痛い問題が起こる。

最近,プレゼンテーションソフトであるMSパワーポイント(2003)も用いるようになったが,このパワーポイントで作った文章を一太郎に移行するのが困難である。
パワーポイントで作成した文章をコピーして一太郎に貼り付けると,ある時点で,一太郎が突然終了してしまう。まさしく突然に。
何度やっても同じ結果となる。

パワーポイントの同じ箇所をコピーしたものをワードに貼り付けても問題は発生しない。

そのため一太郎に直接貼り付けるのをやめて,ワードに貼り付けた上で一旦保存し,それを一太郎で読もうと試みるも,一太郎は終了してしまう。
それではとワードに貼り付けた上で,フォントを変換し,且つ,文章全文を選択した上でコピーをして,それを一太郎に貼り付けようとしたが,やはり,一太郎は終了してしまう。

一太郎13を,最新のアップデートモジュールでアップデートしても同様である。

わけワカメの世界。

MSの陰謀なのか,ジャストシステムの力不足なのか(両方だろうと思うが・・・),ユーザーにとっては不便な限りである。

こうやって,より有益なソフトを捨てて,MS製品を使わざるを得ないというMSの思うつぼという現実が生まれている・・・・。
1社独占・・・・・怖ろしいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.03

収穫物

家人が帰宅!

子供達がとってきたもの・・・
えんどう豆(大量)とアサリ(超大量)&ハマグリ(少々)

採ってきたのはいいものの,
しばらく,食卓では,豆と貝が続きそうだ。
それを考えると・・・・


他にも,茶摘みもしてきたそうだが(オレは茶摘みは生まれてこの方したことがないのに),これは実家で蒸してもらっているとのこと。持ち帰りは次回だそうな・・・

5862

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家事

家人が実家帰り中。本日は,急遽,潮干狩りに行っているらしい。一緒に行けば良かった・・・・

家に残された者には,家事が待っている。
炊事,洗濯等々・・・・出来ないながらもせざるを得ない。
毎度思うが,結構重労働。

昨日は,ランドリーラックなる物(洗濯機の置いてある場所に設置する物らしい・・・)の組み立てを行った。組立料を支払えば業者がやってくれたらしいが,それを節約したとのことで,誰かがやらざるを得ない。
簡単かと思いきやそうではなかった。そもそも既に洗濯機が収納されているせまいスペースにあとからそれなりにカサの張る物を入れ込むことはかなり困難なことだ。
一旦組み立てた物を,再度分解したりしながら試行錯誤の末ようやく設置することが出来た(結局,組立説明書の通り組み立ててしまうと使い勝手が極めて悪くなるため,一部を改変する等して組み立てた方がいいことが判明した)
節約した組立料と組立に要した時間を考えると,割に合わない作業だったが(笑),人任せにせずに,自分で取り組むことは,それなりに発見や工夫等があって面白くもある。

写真(2つの写真を合体させたもの)の左側部分は,組立部品の明細。右側部分は,パーツ(部品)が入れられていた袋。
袋には,番号がつけられていて,組立説明書には,どの袋の物を使うかが順序立てて記載されていた。
これはとても便利なことだった(これがなければ更に時間を要したと思う)。
このような配慮はありがたいね。

しかし,写真の合成や編集は結構簡単なことだ。写真に写されている内容の信憑性については慎重に判断しないとダメだね。常々思う。
このような改竄の可能性を考えて,信用性を確保するという意味では,アナログでのデータの保存[アナログ機器による録音や撮影等]も大事なことです。写真フィルムやアナログ録音テープ自体を改竄することは楽なことではないのでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.02

5月の準備(2)

ようやく鎧兜のセッティングを終えた。
鯉のぼりやひな人形に比すれば,セッティングにそれほど時間を要しないのだが,それでも,出すとなると一手間なので,なかなかその気にならなかった。

縁起物でもあるし,さすがに5月に入ってしまうとそうも言っていられないのでセッティングとあいなった。
かわいい孫のために買ってくださった,ご両親の気持ちもあるし。
孫のために色々とそろえないといけない立場も大変だと思う。私は,将来それだけのことをしてあげることができるだろうかと思わないではない。

何はともあれ,準備は終わった。

5842
(先にも書いたように,鯉のぼりの画像が復活してよかった・・)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

危なかった・・・・・・

インターネット上のディスクの使用可能容量は限りがある。
そのため,時々,FTPソフトを使用してインターネット上のディスクの内容を一旦全て消去し,その後に,再度,アップロードすることを行っている。こうするとインターネット上に貯められている不要なファイルを除去することが出来る。

ところで,今回も一旦インターネット上のファイルを全て消してしまったのだが,その際に,画像を格納するためのフォルダのバックアップをとるのを忘れていた。
そのため,ここ雑記帳の画像類が全て消し去られてしまっていた。

途方に暮れていた。

しかし,意図的にバックアップをとることは,忘れていたものの,誤ってバックアップをとってしまっていた。もちろん,意図して残したものではないために,全然予想もしなかった場所に格納されていたことがわかった。不幸中の幸いであり,この偶然のおかげで,画像を復元することが出来た。

何が,幸となるかわからぬものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.01

久々に本体の手直し

リンク集のうち「調査」と「律令」についてちょいと追加するとともにリンク切れを多少修正。

他にもリンク切れはあり,更に追加したいものもある。
また構成等にも手を加えたい。

しかし全てをやるには,チョイと時間が足らない・・・


5837

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に本体の手直し

リンク集のうち「調査」と「律令」についてちょいと追加するとともにリンク切れを多少修正。

他にもリンク切れはあり,更に追加したいものもある。
また構成等にも手を加えたい。

しかし全てをやるには,チョイと時間が足らない・・・


5837

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »