« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月

2004.06.29

タクシー

移動が結構多くてタクシーを使うことも多くなっている。

昔は,タクシーなんて勿体ないということで,徒歩での移動も結構多用していた。
しかし,最近は色々・・・じゃなくて単になまくらになってきたのでそういうわけでもなくなってしまっている。
(その実,バタバタと時間に追われているというのもあるが)

タクシーの運転手も色々いる。
ひたすらとばす人。
ぶす~っとしたひと。
しゃべりかけてくる方。
まあ,楽しい話や色々な情報話ならいいが
単なる愚痴は辞めて頂きたい(笑)
タクシー業界も自由化による台数の過多。
景気が悪く利用者が減っている
という状況はわからんでもないが
あれこれ30分間,乗車時から降車時まで
延々と・・・・オイオイ
かなわんで・・・・
法定速度だし・・・・(謎)

6501

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.27

将棋

久々に,まわり将棋(ひょこまわし)をやってみた。
かなりルールはうろ覚えになっていたが,インターネットでルールを確認しながら挑戦。

インターネットは便利だ。
しかし,ルールにはかなりのバリエーションがあるようで,あちこちの人とするときは,ルールを予め統一しておかないと問題がありそうだね。

6487

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.26

問い合わせ

報道機関から事前に結果の見通しについての問い合わせがあった。

たぶん,当方に意図する結論となるでしょうと答えると困惑気味だった。

結果は,予期したとおりだった。
当然,何も報道されない。

最初は大々的に取り上げるものの,
報道機関の思惑がはずれると
放置。

報道機関
所詮そんな程度のもの。

6477

| | コメント (0) | トラックバック (0)

問い合わせ

報道機関から事前に結果の見通しについての問い合わせがあった。

たぶん,当方に意図する結論となるでしょうと答えると困惑気味だった。

結果は,予期したとおりだった。
当然,何も報道されない。

最初は大々的に取り上げるものの,
報道機関の思惑がはずれると
放置。

報道機関
所詮そんな程度のもの。

6477

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.23

ソニック見ッケ

小倉駅にて
5pbdvc00214_i.jpg

| | コメント (0)

2004.06.22

京都のよる・・・

夕方から会合が京都であった。
明日は,京都に早出のため,泊まることに。

会合が,早々に終わったこともあり,
飲みに・・・
と考えたものの

明日の準備をやっていない。

ホテルに早々に引き揚げて
準備中・・・・

早く仕上げて,
バーで飲むぞ!!

6442

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風6号

久々の台風通過。夏至といっても全く実感がわかず。

丁度,大阪にかかる12時半頃に,
打合せに向かうため外出。
ビルの前でタクシーを止めて事なきを得たが・・・
雨は半端でなかった。
打合せの間の台風の状況は不明。
5時過ぎに打合せを終えて出てくると,
雨は相変わらず降っていたものの風はあまり感じず。

後で聞いてみても,あまり風はたいしたことが無かったようだ。
大過なくて何より。

つれあいの誕生日だったが,
バタバタしていて十分に時間がとれず。
どうなってしまっているのやら。
まあ,台風の件もあるから,
日曜日に前もって家族で食事を済ませているし,
当日は,花を買ってきたし・・

とはいうものの,
やはり早く帰ってきたかったものだ。

相変わらずバタバタ・・・

6438

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.18

説明

他の人に理解してもらうように話をすることは
簡単なようで簡単ではない。

他の人の説明が理解できずに,悩んだあげく
理解するために来られた方に
わかるような説明が出来たときには
充実感はある。

その人のペースを無視するわけにはいかないが,
その人のペースに乗るだけでもいけない。
このバランスがなかなか微妙で
誤ってしまうと
かえこじれてしまうかも知れない。

相手がどのようなことを考えているかを
慎重に探りながらの駆け引き。



6400 キリ番!を踏んでしまった・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色々な分野

昨夜は京都にて,
私が携わっている分野とは異なる人達との会合があった。

いずれの方々も
現在,教鞭を執られていて,精神医療,建築,広告の専門家であった。

私の仕事柄,色々な分野の方々から話を聞く機会はあるのだが,仕事を離れて何だかんだと聴くことは,違った趣がある。

充実した時間を過ごせたことに感謝!

6387

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.15

大量に・・・

課題の〆切を今日にしていたところ・・・
当然のことだが
今日になってどどっと来た・・・(笑)

明日6時半には家を出ないといけないことを考えると
恐ろしいことだ。

さて,家に帰って,検討せねばなあ。

また寝不足が続く・・・

トホホ

6359

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.14

久しぶりにばっちり!

物事やはり準備が大切だ。
やるだけのことはやらないといかん。

旅行に行く前に,準備を行い。
本日も朝4時から準備に時間を費やした。

今日は,守りもきちっと出来た(相手の質問は予想の範囲内)。
責めもきっちりと出来た。
自分的にはいうこと無し。

こういう時が多々あると嬉しいのだがね。

6349

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.13

無事帰宅・・・


昨日は,天橋立を横目で見ながら(運転中のためじっくりと見れなかったのが残念)
知人の別荘へ(5家族が集合)

眼前に広がる田圃で子供達は蛙取り。
現在の住まいの近場には田圃はほぼ皆無。
実家のまわりに多数あった田圃等も現在はほぼ失われてしまっている。
たまにこのような環境にかえると懐かしさを感ずる。

今日は,ボートに乗って海釣り。
船酔いをする私としては勘弁願いたいが,子供が乗りたがっている以上1人で逃亡するわけにもいかない。
翌日は,シビアな仕事があり,自宅に戻ってからもその準備をしなければならないことを考えると,後に引く船酔いによる不快感及び日焼けによる倦怠感は避けなければならず,厳しい選択・・・

結局,外洋に出ることは断念し,湾内でキス釣りをすることとした(外洋組は85cmにもなる見たこともなく大きな鯛を釣り上げて来た。その場面を見ることが出来ず残念)。

船が泊まると,ゆーらゆら。
あかん・・・・やはり・・・
それでも,子供の釣りために,えさのゴカイを針につけたり,釣った魚をはずしてやったりの作業から逃げることは出来ない。
2時間,何とかやり過ごした。
しかし,以前小舟に乗った際に,ひどい船酔いにかかっていた子供が,釣りをするとなると全く船酔いにかかっていなかった。
凄いものだと感心しつつ,また誘われたらどうしようかと悩みが増える。

釣りの後,強引に2時間ほど睡眠をとることとした。
船酔いの後遺症もなく,釣った魚の料理を皆と共に楽しんで(つり上げたキスの天ぷらはことさら旨かった),車を飛ばして無事に帰還。

さて,チョイと寝て,明日の準備だ!

6345

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮津の朝

0aydvc00167_i.jpg


追記)後の台風の後には,海岸の様子は一変。

| | コメント (0)

丹後にて

子供の小学校のつきあいの関係で
京都北部の宮津。

眼前に広がった海がまぶしい。


写真は別館に

6340

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.12

今の住まいは便利だが

こういう風景は無いからねえ。
0awdvc00159_i.jpg

追記)丹後の宮津にて。

| | コメント (0)

2004.06.11

ケウモ

京都の川沿いでワイワイ。涼しく鴨川。またまた大阪行きの最終。たどり着くやら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.09

リフレッシュ

仕事柄,座っていることが多い。
座るのも長時間になると楽なものではない。
電車の長時間の移動もなんとなく窮屈。
デスクにてパソコンのキーボードを長時間打っていると尚更だ。
しかし,締切を考えるとやらざるを得ない。苦痛。

また,飲む機会が続くと,なにか体にたまってくる。
飲むのが好きな俺にとっては,特に。

今日は早く帰ってきて,添削を行っていたが限界。
こんなときはアカン

久々にジョギング。いつ以来のことか。
トロトロながら8キロほど走ってくると気分爽快。

風呂上がりに,酎ハイをぐいといって・・・・

さて,続きをやるとするか!


6300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.07

コーヒーでできた氷。
氷が溶けてもアイスコーヒーが薄まらない。
0aqdvc00141_i.jpg

| | コメント (0)

2004.06.06

あますい(尼崎吹奏楽団創立40周年記念第40回定期演奏会)

今日は,午前中,事務所に出て仕事をした後,あますいのメンバーに誘われたコンサート(尼崎市にある「アルカイックホール」)を聴きに行ってきた。

通称「あますい」。「尼崎市吹奏楽団」の愛称(?)である。
ブラスバンド(正確にはウインドアンサンブルかな)をやっていた人間にとって「あますい」と聴けば,ビビビとくるかなりのブランドである。

今回は,「創立40周年記念第40回定期演奏会」とのことだった。

さすがにレベルの高い演奏。久々に,ウインドアンサンブルのライブを堪能した!

ほとんど知らない作曲家の作品が多数取り上げられていたが楽しめた。特に,オランダ人の作曲家という「デ・メイ」による曲(ザ・ウインド・イン・ザ・ウィロウズ[たのしい川べ])は,ウインドアンサンブルの響きを上手く使ったもので,なかなかの作曲だった。

更に言うと,
コンサートの中間部は,外囿祥一郎(Sho-ichiro Hokazono)氏 のユーフォニアムリサイタルであった(マルチェロ作曲コンチェルト[原曲:オーボエ協奏曲」,ブートリー作曲モザイク,武満徹作曲3月の歌・・・等)。
たまげた!Euphoniumの豊かな音色を十分に用いて,且つ,卓越したテクニック。
外囿氏は,イギリスで"Euphonium Player of the Year"受賞の受章経験があるとのこと。
イギリスといえば,金管バンド(金管楽器だけから成るバンド)の王国であり,金管楽器の奏者は,それこそ超一流の素晴らしい人がぞろぞろいる国。そこでの?1は正しく世界1と言える。

月とすっぽんとはいえ,一時期Euphoniumをかじっていたものとしては,嬉しい限り。マイナーな楽器である,Euphoniumに光が当たることはいいねえ(笑)
楽器の音色の関係上,ライブがお奨め・・・


さ?て
魂の洗濯の後は,また,現実の世界。
仕事の続きが待っている。
しかし,仕事をも頑張るから,他のことも楽しみに出来ると思わねばね(笑)

6271

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は京都で

学生との飲み会。仕事を終え、大阪から1時間遅れで合流。ボーリングを終えたあと最終の各停にてようやく大阪に戻り。つなぎの電車はない。雨降り。鍵もない。ヤバイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.04

流石

金曜日!
グリーンと最終のつなぎのない列車,以外満席
wfzdvc00133_i.jpg

| | コメント (0)

皇居

東京はやけに警備が厳重だ。
何かあるのかねぇ。
uwgdvc00072_i.jpg

| | コメント (0)

品川か

よ~ねた。富士山が見れなかったのは残念だか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大三輪

昨日夕刻,打合せに奈良県の桜井に行ってきた。

桜井といってもピンと来なかったが,
打合せ場所に近づくにつれて,
電車が耳成山の間近を抜けていく

そうだそうだ
ヤマトの国があった地域だ。

打合せ場所の近くでは,三輪山が。
古代日本の信仰及び政事の中心地。

こんなところにあったんだね。
地図を見れば,古代日本史に出てくる地名が山ほど!

次の機会には,余裕を持って探索したいところだ・・・
ただ,いつのことになるやら。


既に頭もボケボケ・・・・思考遅滞・・・・
暗証番号がなかなか思い出せなかった。
・・重症だ
(笑・・・・・ってられない)

6245

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.03

次々と

ようやく一つやるべきことを終えた。
だが,よく考えれば,次々と控えが待っている・・・
考えるとキリがない。
一つ一つやっていくしかない。

ここのところ,早出が多いが,かといって寝る時間はいつもより連日遅い。ここ数日は,2~4時間睡眠が続いている。
最近,電車での移動が多いが,ここ数十年無いほどよく寝ている(笑)まあ,ありがたいことだ。

思えば,高校時代は,クラブ活動で結構ウダウダしていたことから帰りの電車も遅くなることが多かったが,座ることが出来ず,つり革を持ちながら,睡魔に負けて足がカクンとなることがあった。
また,座ると,乗り過ごしてしまうことがかなりあった。
今は,そこまでの状態になることが無いことを思えば,まだ,たいしたこと無いのかもね(笑)

6230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »