« ライブ | トップページ | 場所が変われば »

2004.07.08

大阪フィルハーモニー交響楽団第380回定期演奏会(ブルックナー/交響曲 第8番)by大植英次


大阪フィルハーモニーオーケストラの第380回定期演奏会に行ってきた。
場所:ザ・シンフォニーホール 指揮:大植英次
曲目:ブルックナー/交響曲 第8番

通の人がこの取り合わせを見ると,きっと,時代の流れを感じるに違いない。
大フィルの生みの親である故朝比奈隆氏といえば,ブルックナーの交響曲の世界的指揮者であった。そのブルックナーの交響曲の中で第8番といえば最高峰。大規模なオーケストラを必要とするし,演奏時間は1時間20分を超える。
プログラムによれば,大フィルは22回のこの曲の演奏経験があるとのことだが,全て朝比奈氏指揮によるとのこと。
今回,大植氏がこの曲を演奏することは,一つの時代が完全に終わり次の時代となったことを内外に明確に示す大イベントなのである。

熱演だった。途中,過去の呪縛から逃れ個性を示そうとするマエストロに対して,オーケストラがその意に沿うことができないと思われる箇所も見受けられたが,全体的には充実したものだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回,またもや手配が遅くなり,チケットの入手は危機的状況だったが,何とか第1ビオラ奏者の目の前のかぶりつきの席を入手することができた。はつらつとした指揮と弦楽合奏の重厚なアンサンブルを十分に楽しむことが出来た。その分,金管楽器のサウンドがはっきりとしなかったことは残念。贅沢できれば,1日はかぶりつきで,もう1日は真ん中で聞くことが出来れば言うこと無し。故朝比奈氏の誕生日となる明日のコンサート,行けなくて本当に残念。
・・・・・・・・・・
飲み代ばかりに投資?するのもどうかと思い,代わりにささやかながら文化に用いることにした。正会員となり,今回初めてプログラムに名前が載っていた。ちょいとうれしいことかな・・・

6595

|

« ライブ | トップページ | 場所が変われば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪フィルハーモニー交響楽団第380回定期演奏会(ブルックナー/交響曲 第8番)by大植英次:

« ライブ | トップページ | 場所が変われば »