« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月

2004.07.31

地下鉄(大阪市)

英語でのアナウンスって今までやっていたっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.21

ようやく復活

仕事場のPCが,昨日から異常。

起動途中で停止してしまう。
セーフモードにもなかなかならないような有様。
事態は深刻。
昨晩は,昼頃から夜11時まで取り組んだが解決不可。

本日は,業者に来てもらったが,ハードディスクの故障ではないかとの意見。メーカーの修理部門に来てもらう必要があるとの意見。なお,修理業者は,かなり混んでいるようで,来てもらうまでには何日か要するようだ。
さすがにハードディスクがいかれていれば,私では,対応のしようがない・・・・待つしかないのか・・・・・・

とは,思ったものの,OSは途中までは起動するし,時々ではあるがセーフモードで起動することもあった(スイッチを入れてから5~10分ほど経過するとセーフモードにて起動することがあった)。このようなことはもしもハードディスクが壊れているとすれば,考えにくい現象である。また,ハードディスクは回転しているようだし,その回転音は聞く限りでは特に問題があるようには思えない・・・・

本当にハードディスクの問題?との大いなる疑問があったことと,PC買い換えとなると相当手間がかかることもあり,出来る限り自力でのチャレンジをせねばならない,と思い,今日も,仕事場に戻ってきてから試行錯誤。

先ほど,システム復元の方法がようやくわかり,セーフモードでチャレンジ。
涙・・・復活!

人の意見は鵜呑みに出来ない。

6702

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.20

懐かしの

ボンネットバス
jlcsh0152.jpg

| | コメント (0)

興福寺

国宝東金堂
jlbsh0151.jpg

| | コメント (0)

説明書

jl7sh0150.jpg

| | コメント (0)

興福寺

国宝五重塔
jl6dvc00263_i.jpg

| | コメント (0)

2004.07.19

各地

今まで色々な地に行っているが,沖縄は,今回,初訪問の地。

記録がてらに,初めて赴いた時期を(通過のみは含まない)。

北海道(大学時代・・ほぼ1周),青森県(高校時代・・修学旅行),岩手県(高校時代・・修学旅行),宮城県(研修時代),秋田県(高校時代・・修学旅行),山形県(未踏),福島県(社会人時代),茨城県(研修時代),栃木県(研修時代),群馬県(研修時代・・・尾瀬がきれいでした),埼玉県(研修時代),千葉県(研修時代),東京都(大学時代),神奈川県(研修時代),山梨県(中学時代・・修学旅行),長野県(社会人時代),新潟県(社会人時代),富山県(大学時代),石川県(大学時代),福井県(社会人時代),岐阜県(社会人時代),静岡県(中学時代・・修学旅行),愛知県(小学時代),三重県(小学時代・・伊勢志摩かな),滋賀県(小学時代),京都府(小学時代・・嵐山かな),大阪府(生まれながら),兵庫県(小学時代),奈良県(幼稚園時代・・今は無きあやめ池遊園地かな),和歌山県(小学時代・・白浜かな),鳥取県(小学時代・・砂丘かな),島根県(社会人時代・・・夜行電車に乗りたくて出雲大社に・・・その翌年結婚することになったので効果あり?),岡山県(プータロウ時代),広島県(プータロウ時代),山口県(プータロウ時代・・・新下関駅の待合いで一夜),徳島県(小学時代),香川県(未踏),愛媛県(未踏),高知県(社会人時代),福岡県(プータロウ時代),佐賀県(社会人時代),長崎県(研修時代),熊本県(プータロウ時代・・駅の待合いで寝てた),大分県(プータロウ時代),宮崎県(プータロウ時代・・駅の待合いで寝ていると2度の職質),鹿児島県(プータロウ時代),沖縄県(社会人時代・・・今回)

今回,沖縄に行けたことで,残された県は,香川,愛媛,山形。

6681

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.18

読書

ボーっとする時間。ほぼ,1日読書。

京都陰の権力者達
 読売新聞京都総局
京都に蠢く懲りない面々
 湯浅俊彦・一ノ宮美成・グループK21
関西に蠢く懲りない面々
 一ノ宮美成・グループK21
いずれも講談社+α文庫

15~10年ほど前に出されたものの復刻版的なものである。
この種の類の本の性質としてどの程度信用できるかという問題はある。それはともかくとして,その時代を過ごして来た1人として,自らに見えていなかった世界を興味深く楽しんだ。
世の中には,色々ある。
鵜呑みにしてはいけないが,ありうる社会だということは,色々な意味で理解をしておかなければならない。

しかし,心に余裕の無い本ばかりを読んでいる。自戒。

6679

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.13

いたい,そしてかゆい

子供の休みの関係で,早めの海行き・・・
今年は,目先を変えて,飛行機利用。
たぶん,行き先を変えることが出来るのは最後のチャンス。

さすがに日差しが厳しい。
あとは,
例年通り,風呂にはいるのもつらい状態・・・

飛行機を利用するツアーは,10日~2週間前に予約しないといけないとは。。。。そんなことはつゆ知らず。
そのため,まぎわに,全て個別での調達・・・・・
無事に行けて,何事もなく帰ってくることが出来て,
何より。

6643
(また,photoを後日アップしたいが,デジタルは携帯電話のものしかない・・・・アナログ写真派故に手間がかかる・・・まあ,一部は別館のものをご参照)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うみぶどう

df8sh0149.jpg

| | コメント (0)

豪華

df7sh0148.jpg

| | コメント (0)

df6sh0147.jpg

| | コメント (0)

文化が違うね

df5sh0146.jpg

| | コメント (0)

df4sh0145.jpg

| | コメント (0)

2004.07.12

サンセット

df3dvc00271_i.jpg

| | コメント (0)

2004.07.11

エメラルド

dezdvc00262_i.jpg

追記)沖縄の海はホント綺麗だった。

| | コメント (0)

2004.07.10

場所が変われば

軍用地!!!
80qsh0142.jpg

| | コメント (0)

2004.07.08

大阪フィルハーモニー交響楽団第380回定期演奏会(ブルックナー/交響曲 第8番)by大植英次


大阪フィルハーモニーオーケストラの第380回定期演奏会に行ってきた。
場所:ザ・シンフォニーホール 指揮:大植英次
曲目:ブルックナー/交響曲 第8番

通の人がこの取り合わせを見ると,きっと,時代の流れを感じるに違いない。
大フィルの生みの親である故朝比奈隆氏といえば,ブルックナーの交響曲の世界的指揮者であった。そのブルックナーの交響曲の中で第8番といえば最高峰。大規模なオーケストラを必要とするし,演奏時間は1時間20分を超える。
プログラムによれば,大フィルは22回のこの曲の演奏経験があるとのことだが,全て朝比奈氏指揮によるとのこと。
今回,大植氏がこの曲を演奏することは,一つの時代が完全に終わり次の時代となったことを内外に明確に示す大イベントなのである。

熱演だった。途中,過去の呪縛から逃れ個性を示そうとするマエストロに対して,オーケストラがその意に沿うことができないと思われる箇所も見受けられたが,全体的には充実したものだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回,またもや手配が遅くなり,チケットの入手は危機的状況だったが,何とか第1ビオラ奏者の目の前のかぶりつきの席を入手することができた。はつらつとした指揮と弦楽合奏の重厚なアンサンブルを十分に楽しむことが出来た。その分,金管楽器のサウンドがはっきりとしなかったことは残念。贅沢できれば,1日はかぶりつきで,もう1日は真ん中で聞くことが出来れば言うこと無し。故朝比奈氏の誕生日となる明日のコンサート,行けなくて本当に残念。
・・・・・・・・・・
飲み代ばかりに投資?するのもどうかと思い,代わりにささやかながら文化に用いることにした。正会員となり,今回初めてプログラムに名前が載っていた。ちょいとうれしいことかな・・・

6595

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.04

ライブ

難波での用事を終え,アメ村にたむろする色々な人々を観察しながら,四ツ橋にある厚生年金会館へ・・・・
無いかもとの不安を覚えつつ,テクテクと。
目的地に着くと,当日券はあった。
そのウキウキ感で,開演間近まで,大阪市西区新町あたりを探索。

今日のお目当ては「熱帯JAZZ楽団(Nettai Tropical Jazz Big Band)」

オルケスタ・デ・ラ・ルス(光のオーケストラの意)のリーダーだったカルロス菅野氏が結成したバンドで今年は9年目とのこと。
毎年1度大阪に来ているのだが,なかなかタイミングが合わずに,久しぶりに行くことが出来た。

ラテンのノリの楽団で,理屈無し。
お客さんは(終わりが近づくと特に)立って踊り出す。
2階席だったが,前の人が立つためステージが見えないので,一緒に立って踊(笑)・・
といってもサルサダンスは記憶がないので適当なフリ・・・端からは観られたものではないとは思うが,顔見知りは隣に座っている同期のおいちゃんなので,まあええやろう・・・(笑)
(サルサダンスも,かつて一度,酔っぱらい状態下で練習したことはある[はずだ]が,元々の運動神経のなさと,酒のため・・・全く記憶無し・・・・因みに,カントリーダンスも覚えようとしたことがあったが,同様の理由で,記憶無し)。
何事にも覚えようとするのが,酒を飲んだときというのがそもそも間違ったこと・・(自爆)

話は戻るが,日本人のバンドでありながら,デ・ラ・ルス時代も含めて,海外経験があるなんてそれだけでも凄い。そればかりかニューヨークのマジソンスクエアガーデンの演奏経験があったり,日本の年末の紅白歌合戦への登場があったり,うらやましい限り。
なお,南米では,各地で数万人が集まったそうで,暴動寸前となったところでは警備の者が発砲する事態にもなったとのこと(身の危険を感じる状態だったとのこと・・・),世界の状況は凄かったらしい・・。海外には,国際詐欺プローモーターもいるそうだし・・
話のネタは尽きないようだ・・・
そういう話を聞くと音楽は,国境のない,凄いものと改めて思わされる。
そういうメンバーの1人が,高校時代にオレの横で楽器を吹いていたかと思うと。世の中は狭い・・・

来年は10周年。
また夏に必ず来る!
乞うご期待!!!!!!
熱帯ジャズ楽団のライブは,いいよ! お勧め!!!

6546

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.03

用事があって町中に出て来たらバーゲン始まって最初のウイークエンドとあってすごい人。景気はいいのかねえ。 用事をおえ。さてこれからライブの当日券狙い。ゲットデキルやろか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »