« 時間の使い方 | トップページ | ううう »

2004.08.30

NHKで蜷川幸雄演出『オイディプス王』のアテネ公演をやっていた。古代ギリシアのソフォクレス作の戯曲だ(・・・懐かしい・・昔,世界史で覚えた名前・・笑)
オイディプス王役が野村萬斎(狂言師),イオカステ役が麻実れい(元宝塚歌劇団)。
ニナガワ作品が高名であることは前から承知していたが,その作品を見たのは今回が初めてであった。
迫力のある造り。あの声の張りで2時間というのは想像を絶する。
主役はほれぼれとする出来であった。
東儀秀樹の音楽も秀逸であった。今まで聞いた彼の音楽の中で一番マッチしていたと感るものだった。
狂言や雅楽とギリシャの古典との交わり。
愉しい。

7077

|

« 時間の使い方 | トップページ | ううう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 時間の使い方 | トップページ | ううう »