« なんばパークスにて | トップページ | 鶴見緑地 »

2004.11.13

コンシェルジュ

土曜日は子供の送迎の関係で街中で1時間?1時間半程の時間をつぶさなければならないことがある。
そのようなときには街中をうろついたり,本を読むことにしている。但し,それほど時間があるわけではないので,本についてはできるだけざっと読めるものを。

「私はコンシェルジュ」阿部佳著(講談社2001年)
著者は,ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルのヘッドコンシェルジュ。
コンシェルジュという職業がありそのような方々がいるホテルがあることは知っているが,実際に利用したことはない。
どのようなことを実際に行っているのか興味が湧き,買ってみた。
お客のためにかなり広範囲のことをこなす必要がある職種であることがわかる。「20年ほど前に米国で知り合った鈴木さんを捜して。」,「和金(金魚の一種)をタイに持ち帰りたい。」等の要望にも応じるべくチャレンジとのこと(いずれも要望に応じ得たとのこと・・・素晴らしい)。
コンシェルジュ。ヨーロッパではかなり地位の高い職業だとのこと。私も,「僕の今の気分にぴったりの店は?」なんて訊ねてみたいものだ。
ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル。行き得るだろうか(笑)

しばらくはスタバで読んでいたが,気分を変えて街中で壁にもたれて読書。
待ち合わせの人も多い。
じっと待っている人。ウロウロする人。頻繁に携帯電話をチェックする人。様々。
思い起こせば,待たせたことも,待たされたこともあったものだ。
その頃は携帯電話がなく,ただひたすら待ち続け又は待たせ続けるしかなかった。
その間,お互い何を考えていたのやら。
携帯電話のある今。
待つときの想いはそのような時代と
一緒なのか,違うのか。

7942

|

« なんばパークスにて | トップページ | 鶴見緑地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンシェルジュ:

« なんばパークスにて | トップページ | 鶴見緑地 »