« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005.02.28

ようやくお雛様お出まし

CIMG2111

 早く飾り付けをと思っていたもののなかなかかなわず。
 この度,ようやくかないました。
 やはり華ぎますね。
 しかし,大きな雛飾りを出しているところは,大変な手間をかけていることでしょう。
 そのようなものになると,スペース的にも,時間的にも私には無理でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実験(検索)

この投稿は,どのような言葉がどの程度,「検索」に引っかかるかの実験のためのものです。
単語はランダムに選択しています。
さて,結果はどうなるやら。

スポーツ,サッカー,野球,タレント,アイドル,グラビア,男優,女優,映画,読書,コンピュータ,写真,ランキング,ニュース,犯罪,裁判,芸能,国際,ドル,相場,株価,大阪,京都,東京,名古屋,万博,検索,ラグビー,ライブドア,フジテレビ,法律,郵便局,

| | コメント (0) | トラックバック (0)

療養補償給付不支給処分取消請求事件(最高裁判例)

判例 平成16年09月07日 第三小法廷判決 平成12年(行ヒ)第320号 療養補償給付不支給処分取消請求事件

『要旨:ヘリコバクター・ピロリ菌に感染し,慢性十二指腸かいようの既往症を有する労働者が業務遂行中に発症したせん孔性十二指腸かいようが業務上の疾病に当たるとされた事例』

続きを読む "療養補償給付不支給処分取消請求事件(最高裁判例)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディスカッション

ディスカッションに接する機会があった。

参加者皆それなりに問題意識をもって取り組んでいた。
しかし,最初はよいが,その後は余り掘り下げがない。
単なる繰り返しだけなら,最初のインパクトを薄めてしまう。
更なる,展開があってこそ,それまでのものが生きてくる。
新たな展開は,それなりの素材を必要とする。
実感。
そして自戒。

9074

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.27

アクセスカウンターの仕組みは?

 アクセスカウンターを,ウェブサイトだけでなく,ブログにも表示させるようにしたところ,(当然のことなのだろうが)ブログへのアクセス(検索サイトからのアクセスも含む)を反映して急激に数が増加した。
 この数字は,実態からあまりにもかけ離れすぎているので,アクセスカウンターの表示をブログにおいては表示されないように削除した。結果,元に戻った。
 アクセスカウンターは,それが設置されているページへのアクセス数を反映するようだが,どのような仕組みになっているのだろうか・・・・
 色々な仕組みを考える人。凄いなあと正直思わされる。
 知らないことが出来る人は羨望の対象。
 しかし,それはある一定の知識を持っている人々にとっては極めて容易いことかもしれない。
 反対に,容易そうでも,極めて高度な技量等を要するものかもしれない。
 見極める,眼力が欲しい(笑)

 ある時に,建物の改装のためにPCを移設することが話題となったことがある。ここに設置されているPCは,水冷式であり移設にはどうのこうの,更には移設のためにはどうのこうのと言って,多額の費用の見積もりを出していた人がいた。
 多分,こちらには,PCの知識が全くないだろうとたかをくくっていたのだろう。
 しかし,PCの立ち上げ及びLANの構築等ぐらいは自らできるし,どの程度の作業かぐらいはわかる。また,今や水冷式のPCなど市販で売り出されているほどであり,あまりに高額の話を言うのであれば,新製品を買えば済む。
 その点を指摘してあげると,それ以後,バカみたいな話を言ってこなくなった。
 人を煙に巻く知識の使い方は,よろしいものではない。
 巻かれないための知識も必要。
 
9068

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書類閲覧等請求事件(最高裁判決)

判例 平成16年10月04日 第二小法廷判決 平成14年(受)第1289号 書類閲覧等請求事件


『要旨:清算の結了した株式会社の利害関係人は,商法429条の規定に基づき,同条後段所定の保存者に対し,同条前段所定の帳簿及び重要な資料の閲覧又は謄写の請求をすることはできない』

続きを読む "書類閲覧等請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス数について

月曜日(22日)から日曜日(27日)の朝7時35分現在までのアクセスは1871と表示されているが,その大半は検索の結果引っかかったにすぎないもののようだ。それも,機械がある言葉を自動的にピックアップして検索をかけているものと思われる。
因みに,検索ワードランキングでみると10位までは次の通り。

1 タレント 578
2 万引き 490
3 万引き告白 300
4 万引き タレント 102
5 告白 56
6 万引き告白 タレント 28
7 タレント 万引き 27
8 筆界特定制度 15
9 万引き 告白 タレント 13
10 万引き告白: 10

 一定の言葉に異様に反映していることが見て取れる。そして,閲覧実績を全く反映していないことも理解できる。
 考えれば,色々な目的でアクセス数を増加させたい方々は,このようなヒットしやすい言葉を該当ウェブにちりばめることにより,アクセス数を表示上増加させたりしているのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.26

雪の2月26日

 今日は二日酔いのためほぼ1日家に。
 外から戻ってきた家人が言うには,雪が降っていたとのこと。
 ちらほらだったそうだが。  

 そういえば今日は2月26日。
 2・26事件が発生した日。
 そのときは,大雪が降っていたはずだ。
 その事件は1936年のこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9000か・・・・

9000を自ら踏んだね(笑)

 ブログの部分にもアクセスカウンターを表示させるようにした。
 とはいっても,正確には,ウェブサイトのカウンターを表示しているだけで,ブログへの訪問者数を正確に表示しているわけではないのだが。
 HTMLの編集等が出来ないので,この種のイメージ画像等を表示させることは出来ないと思っていたが,リストの項目のタイトル部分にHTMLを記入すれば可能なんだね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

配当表に対する異議申立て却下決定に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件(最高裁決定)

判例 平成16年10月01日 第二小法廷決定 平成16年(許)第5号 配当表に対する異議申立て却下決定に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件


『要旨: 破産者が株式会社である場合において,破産財団から放棄された財産を目的とする別除権につき,破産者の破産宣告当時の代表取締役に対してした別除権放棄の意思表示は,特段の事情の存しない限り,無効である』

続きを読む "配当表に対する異議申立て却下決定に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件(最高裁決定)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.25

あるタレントの万引き告白(続)

2月19日の記事に引き続いて

 警視庁少年事件課が窃盗容疑で事情聴取していたと報道されている。
 警察庁の幹部は,「わざわざテレビで話しているものを見過ごすわけにはいかない」と話している,とのこと。
 「雉も鳴かずば打たれまい・・・・」ということか。
 いずれにせよ,過去のことではあるし,前向きで頑張って欲しいものだ。

8979

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株主総会決議不存在確認,株主権確認請求事件(最高裁判例)

判例 平成16年07月08日 第一小法廷判決 平成15年(受)第1259号 株主総会決議不存在確認,株主権確認請求事件

『要旨:約10億円の純資産を有する株式会社の代表取締役等が当該会社の全株式を合計2億円で売却したことにつき詐欺による取消し又は錯誤による無効が認められないとした原審の判断に審理不尽の違法があるとされた事例』

続きを読む "株主総会決議不存在確認,株主権確認請求事件(最高裁判例)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パイプオルガン

パイプオルガンつながりでもう一つ。

もう15年以上も前になってしまうのか・・・・・・
初めてで且つ唯一のヨーロッパ旅行
色々素晴らしかったが特に2つを挙げると
1つには,街並み。
夏のシーズン。花に満たされた街々は日本的感覚からは美しすぎました。
そして,もう一つは,教会で聴くパイプオルガンの音。
教会付設のパイプオルガンは来日することがない。
どうしても聴きに行かなくてはならない。
いや,この音を聴きに行くだけでも値打ちがあるほど。
ウイーンのミハエル教会のオルガンは,とてもとてもまろやかな美しい音色でした。
それに比して,ウイーンのシュテファン大聖堂の大オルガンの音は凄まじい。
ヨーロッパの巨大な教会で鳴らされるオルガンの音は身震いさせられるほどのもの。
この日は,日曜日だったことからか,朝には,沢山の鐘の音が鳴らされていた。
夢のような日だった記憶が今でも残っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

印象的なパイプオルガン,しかし・・・・・???

TBありがとうございました。盛り上がっていますね!

展開の始まりに響くパイプオルガンの音。
何とも印象的ですね。
あれを聴いただけで,「オペラ座の怪人」ってわかるインパクト。

しかし,
オペラ座・・・・・・・?
パイプオルガン・・・・・・?

「大聖堂の怪人」ならオルガンの音でぴったりなのでしょうが。
実際にはパイプオルガンを備えたオペラ座ってどれだけあるのでしょうか?
それが標準?
オペラ座の実情をあまり知らない者なので・・・・・
(既に,同趣旨の書き込みがあればすいません・・・・・そこまではチェックしていませんでしたので)

8973

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.24

損害賠償請求事件(最高裁判例)

判例 平成16年09月07日 第三小法廷判決 平成13年(受)第164号 損害賠償請求事件


『要旨:看護婦から抗生剤の点滴を受けた患者が点滴開始直後にアナフィラキシーショックを発症して死亡した場合において医師にあらかじめ看護婦に対し投与後の経過観察を十分に行うこと等の指示等をすべき注意義務を怠った過失があるとされた事例』

続きを読む "損害賠償請求事件(最高裁判例)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オペラ座の怪人(映画)

 先の日曜日は,映画「オペラ座の怪人<The Phantom of the Opera>」を観に行った。嫁さんと久々の映画。1870年頃の映像美と相まって,アンドリュー・ロイド=ウェバー:Andrew Lloyd Webberの音楽が良かったねえ。フルオーケストラを用い且つウェバー自らが指揮をとっているとのこと。ツボを心得た旋律,耽美的なハーモニー。耽美。
 怪人を演じるジェラルド・バトラー:Gerard Butlerやクリスティーヌ役のエミー・ロッサム:Emmy Rossumやラウル役のパトリック・ウィルソン:Patrick Wilsonも吹き替えなしでの熱演。特に,ジェラルド・バトラーは,バンドで歌っていた経験はあったようだが舞台で歌った経験がなかったようなのに言うことのない素晴らしい出来だった。
 映画は,見終わってスカッとする内容のものではない。気は重たい。
 しかし,観たという実感のある映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.23

不当利得返還請求本訴,同反訴事件(最高裁判決)

判例 平成16年10月14日 第一小法廷判決 平成16年(オ)第992号 不当利得返還請求本訴,同反訴事件


『要旨: 民法900条4号ただし書前段と憲法14条1項』

続きを読む "不当利得返還請求本訴,同反訴事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.22

売掛代金請求及び独立当事者参加事件(最高裁判決)

判例 平成17年02月22日 第三小法廷判決 平成16年(受)第1271号 売掛代金請求及び独立当事者参加事件


「要旨: 動産売買の先取特権者は,物上代位の目的債権が譲渡され第三者に対する対抗要件が備えられた後においては,目的債権を差し押さえて物上代位権を行使することができない」

続きを読む "売掛代金請求及び独立当事者参加事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坊ちゃん列車

CIMG2099

ちょうど時間が合いました。

今日は,携帯電話を自宅に忘れての出張。
テレカもない。
・・・・テレフォンボックスもあまり見かけない。
時間もわからない・・・・・
時計を持たない身としては,一番辛い問題。
但し,この点は,デジカメがフォローしてくれた。
何でも代役がきくものだ(笑)

今日は,1件仕上がった
と思ったら,
また次の1件が・・・・・・

8945

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チンチン電車

CIMG2097

松山の市街といえば,これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CIMG2095

世の中を渡る際には,壁がつきもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下界へ

CIMG2089

緑はホッとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松山城(天守閣は改装中・・・)

CIMG2074

せっかく来たのに残念。
次の機会は,天守閣からの眺めを!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青空

CIMG20651234
今日はいい天気。
風は冷たいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松山城へ

CIMG2064
朝,ひと歩き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空の上から

CIMG2061瀬戸内海・・・・・連絡橋も光っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西国際空港がんばってほしいものですね!

今年初の関西空港。
がらがら。
9時以降の朝の国内線の出発予定はわずか13本。
(少なくとも8時台の出発はなかったようだ。)
ほぼ行き先は固定されている。
関空と伊丹(大阪国際空港)が分断されていて不便。
ハブ空港を目指したものの,足元から崩れている。
今後は,神戸にも空港が開港する。
個人的には,関空は利用しやすいので有り難いのだが,
今のままでは,じり貧?
中部国際空港に負けないでがんばって欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

執行停止決定に対する許可抗告事件(最高裁決定)

判例 平成16年05月31日 第一小法廷決定 平成16年(行フ)第3号 執行停止決定に対する許可抗告事件

『要旨:退去強制令書の収容部分の執行により被収容者が受ける損害は,当然には行政事件訴訟法25条2項に規定する回復の困難な損害に当たらない』

続きを読む "執行停止決定に対する許可抗告事件(最高裁決定)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪がはやっているようで

上の子のクラスは学級閉鎖とのこと。
気をつけなければなりませんなあ。

8940

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.21

不当利得金返還請求事件(最高裁判決)

判例 平成16年10月26日 第三小法廷判決 平成16年(受)第458号 不当利得金返還請求事件


『要旨: 不当利得返還請求訴訟において不当利得返還請求権の成立要件である「損失」が発生していないと主張して請求を争うことが信義誠実の原則に反するとされた事例』

続きを読む "不当利得金返還請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.20

ソフトウェア4本購入

仕事用ばかりというのが難点。
楽しみようというものではない。.
不便解消・便利追求のためやむを得んのだが、果たして元がとれるのやら?

全くの新規は,PDFファイルをOCRするソフト。
仕事場には,ファイルをPDFフィルに変換する機器がある。
但し,その機器で作成したPDFファイルには,テキスト情報が埋め込まれていない。
そのPDFファイル中の文章を利用しようとすれば,一々打ち込む必要がある。
作業が面倒。これをちょいと楽にするために,OCRソフトを購入。
試してみたところ,もとのPDFファイルの状態が悪かったからだろうと思うが,識字率はあまりよくなかった。それでも何とか使用には耐えそうではある。

他には,CD等をPCに保存するソフトや,他のヴァージョンアップ版。

役に立ってよ!期待しています。

8927

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.19

映画「生きてこそ」の生存者の所持品が見つかる

映画「生きてこそ」の生存者の所持品が見つかる

この映画,映画館に見に行きましたね。
シューベルトのアベマリアが流れていたのが印象的でした。
雪山で色々あって72日間生き延びた後の人生。
いいものだったと願いたいですね。.
やはり,生きていなくてはと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あるタレントの万引き告白

先日,帰宅後ご飯を食べながら,バラエティー番組(日本テレビ系)を見ていた。
その中で,ある若手のタレントが,万引き(窃盗)歴を明らかにしていた。
万引きにて店をつぶした(かもしれない)等の内容であった。

こんなことを,単なる遊びの番組で告白して大丈夫なのかな?と思った。
当該タレントが,勇気のある者なのか単なる無分別者なのかは知らない。
単に,出演の機会とカネに目がくらんだだけかもしれない。
ただ,我が身に返るだけのことだから,それはそれだけのことだろう。

万引きは犯罪であり,許されざることである。
それにより本当に店が倒産していたとすれば,ただごとではない。
他人の人生を破滅させてしまったということになる。
しかし,それは小学生の頃のことだったようであり,もし今現在,当該タレントが,本当に真面目に社会人として活躍しているというのであれば,小学時代のことを以て今の本人を非難する必要もあるまい。
なお,小学生であったという本人には,刑事上或いは民事上を問わず法律上の責任が発生する余地はない。
かつて失敗を犯したが,反省し,それを乗り越えて来た人は,正当に評価すべきである。

放送局の関係者。論外。
バラエティー番組の視聴率をかせぐために,犯罪歴を,面白可笑しく披露させることに何の意義もない。
万引きによって被害を受けた方のことをどのように考えたのだろうか?
テレビ関係者の感覚がおかしいだけのこと。
見ていて,この番組は長続きしないだろうと感じた。
番組が終わった後,番組の制作責任者はどうなるのだろうか?
自戒があればよいが,反省もなく,他の番組を作り続けることがあれば,怖ろしいことである。

この件が多くのブログ(ウェブログ)等で取り上げられている。
米国では,ブログの力により看板番組でさえも中止を余儀なくされる時代になっている。
インターネットは,多数の一般市民に,発言の道具を与えるものである。
記事の投稿等が極めて容易なブログは,それに拍車をかけるものである。
今までは,マスメディアの非行に対して,電話やFAXでの抗議しかでき得なかった視聴者が,自らの意見を公開する場を持ち,その場を用いて,マスメディアの非行を指摘し是正に導くことができるとなれば,それは大きなことである。

しかし,情報垂れ流しの,インターネットの世界。
人を容易に破綻に陥れることも可能となる道具でもある。
当該タレントの家族情報等色々な情報が錯綜しているようである。
一旦氾濫した情報は,二度と戻すことが出来ない。
誤りを認めたマスメディアは謝罪ぐらいは行うが,インターネットは,謝ることもない。反省することもない。

8917

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカー合宿

下の子が,泊まりにて,サッカーの合宿に行ったそうな。
外はかなりの雨。
どうしているのだか。

8915

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪フィルハーモニー交響楽団第385回定期演奏会(フランスの作品)

ここのところ〆切続き。1月にぶらぶらしていた反動か。
2月に入ると,土日も,仕事場続き。

ちょいと,息抜き。
木曜日2月17日夜
今年初のコンサートへ。

大阪フィルハーモニー交響楽団の第385回定期演奏会
場所: ザ・シンフォニ−ホール
指揮: 阪 哲朗
チェロ独奏: アリソン・エルドリッジ
曲目: シャブリエ/歌劇「グヴァンドリーヌ」序曲
サン=サーンス/チェロ協奏曲 第1番 イ短調 作品33
フランク/交響曲 ニ短調

指揮者の阪氏は,大フィルの定演に初登場とのこと 
その指揮は,明瞭。オーケストラの制御が上手い。
彼は,1995年「第44回ブザンソン国際指揮者コンクール」の優勝者とのこと。
(1959年の第1位は小澤征爾氏)。
ヨーロッパのオペラ劇場で活躍されているようであり,オーケストラに求める,響きと歌が美しい。
オフィシャルサイト
いいねえ!

シャブリエ/歌劇「グヴァンドリーヌ」序曲・・・・・
全く知らない曲。
多分,その名すら聞いたことがない人が殆どと思われる。
このような曲を取り上げることが出来るのは
指揮者の阪氏がヨーロッパの歌劇場で活躍されている由縁であろう。
良い曲!
いかにもオペラの曲らしく,ハーモニーは綺麗。旋律は華麗。
このような曲がまだまだ沢山埋もれているのだろうと思うと,死ぬまでに聞くべき曲は多いのだろうと考えさせられる。
フランクのシンフォニーの第2楽章の旋律も。・・・こちらは侘びしく,いいねえ。
ただし,この曲が全体として成功しているかといわれると,個人的には何とも言い得ないが。

追記:
金曜夜(正確には土曜日)久々に飲みに行った帰りのタクシー内で,酔いに委せて途中まで記していたが,酔っぱらいの行状故に,中途でアップされていた。
さすがに,意味をなしていないものであったので加筆(笑)。
木曜日は,コンサートが終わると,余韻にしたる間もなく,自宅にて朝5時まで,〆切を過ぎた仕事にとりつかれた。何とか金曜日夕刻に提出。
他にも,共同作業中の件のたたき台を送信し,10時頃逃走!
上記の通り,1人で久々に北新地に繰り出して,いっぱい。
今週末はとりあえずウダウダ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.15

23時間半は

辛い
いつもと寝る時間はあまりかわらない。
なぜ、これほどに眠いのかと思ってしまうが?
起きたのが朝1時半だったことを思うと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.14

宮里選手ら,第1回ワールドカップで優勝!

 日本女子ゴルフ界の宮里藍選手と北田瑠衣選手の日本チームのペアが,女子ゴルフの国別対抗戦第1回ワールドカップで通算3アンダー,289にて優勝し初代女王となったとのこと。
 昨季,10代で日本のゴルフ界初の1億円プレーヤーとなった宮里選手は,まだ19歳(北田選手は23歳)。最終日の前半には5バーディーを奪ったとのこと。凄い活躍。
 日本の女子ゴルフの勢いは留まるところを知らない。
 土曜日夜には,フェニックスバードのマスターと,凄いねーと話をしていたのだが,まさか優勝にまで至るとは。
 私がやっている草刈りとは雲泥の差(苦笑)。

8852

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.13

債務不存在確認,貸金等請求事件(最高裁判決)

判例 平成16年07月09日 第二小法廷判決 平成16年(オ)第424号、平成16年(受)第425号 債務不存在確認,貸金等請求事件

天引きのあった場合についての判断

続きを読む "債務不存在確認,貸金等請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミステリー「愛したい、殺したい」

そういえば,
三枝雄子さんが出演されるお芝居が来月あるそうな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月26日3:00〜7:00〜
3月27日12:00〜3:00〜6:00〜
2005の公演予定
よしもとザ・ブロードキャストショウプロデュース公演 Vol.8
ミステリー「愛したい、殺したい」
大阪ミナミ法善寺「トリイホール」
大阪市中央区千日前1-7-11 上方ビル4F
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以前,ここのホールで,同じお芝居が演じられたときに,三枝さんも出ておられた。
今回は,そのときとは役回りが異なるようだ。
どんな役になるのか,ワクワク。

トリイホールは,それほど大きくはないが,4方向が観客席となっている。
座る位置によって,観る劇の楽しみ方が変わるのかも。
ということは,複数回観に行かねばならないのか(笑)
それほど大きくないため,役者さんの演技を目前で観ることが出来る。
臨場感,緊迫感あり。
観客に取り囲まれた,狭いホールで演じる役者さん達はどのような心境なのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.12

損害賠償,民訴法260条2項による仮執行の原状回復請求事件(最高裁判例)」

判例 平成16年04月27日 第三小法廷判決 平成13年(受)第1759号 損害賠償,民訴法260条2項による仮執行の原状回復請求事件

『要旨:雇用者の安全配慮義務違反によりり患したじん肺によって死亡したことを理由とする損害賠償請求権の消滅時効は,死亡の時から進行する』

続きを読む "損害賠償,民訴法260条2項による仮執行の原状回復請求事件(最高裁判例)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少子化対策で保険適用や一時金増額検討(厚労省)

報道によれば,
 「厚生労働省は,現在は医療保険が使えない出産費用の保険適用や,出産時に支払われる一時金30万円の増額などを検討することを決めた。」とのこと。

 出産及び育児には,何だかんだと費用がかかる。
 出産について言うならば,入院して出産したものの費用を負担しきれない方もいる。
 正常分娩については,現行保険適用はない。確かに,正常分娩は病気ではなく,異常なことでもない。言ってみれば,自然の流れである。しかしながら,現代においては,医師等の関与なしに出産というものは考えられなくなっている。産後の褥婦及び新生児のフォローを考えれば,入院は不可避である。
 このようなことから必然的に発生する大金を,退院時に一括して現金で払えというのはかなり酷な話である。

 ひどい場合には,出産直後に行方が判らなくなってしまう母子もいる。
 入院に際しては,氏名住所等を記さなければならないが,そのような場合には,虚偽の氏名・住所が記されていることが多く,どうしようもない。
 事前に本人を確認しようにも,このようなケースでは,大概,生まれる直前に病院に飛び込んでくるので,余裕がない。
 病院が事実上費用を負担せざるを得ないことになる。

 子供が減っていることが叫ばれて久しい。
 ゆゆしき問題である。
 出産や育児に対する国のフォローは,もっともっとあらねばならない。
 2006年提出の予定の医療制度改革法案の一貫として予定されているらしいが,そんな悠長なことを言っていないで,直ちに実施すべき問題である。
 
8835

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由

ブールデル作
大同生命保険前9kxsh0007.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靭公園

9kwsh0006.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勇者に栄光あれ

大国貞蔵作(大正13年)
大阪市西区の靭公園にて9ktsh0003.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはりワードは使えたものじゃない!

昨日,久しぶりにMSワードでの文章作成を試みた。
なにしろ,まわりはMSワードが隆盛。
外部の者と共同作業等を行う際には
MSワードを使用せざるを得ない。

今までにも何度か記していることだが,
文章の並びが整わない。
等々
イライラさせられる。
全く理解不能としか言いようがない。
途中で断念。
慣れの問題というレベルではない。

ワードで途中まで作った文章を,
一太郎で開いて
続行。
一太郎にも不満が無いわけではないが
基本的な点は
ワードとは比べものにならない。

個人的に最も多く使用するソフトは
インターネット関連のソフトを除けば
ワープロソフト。
その多用するソフトの使用で
フラストレーションが異様にたまるようでは困る。
使用頻度を考えれば
MSワード以外に,
一太郎を導入する費用は
全く惜しいものではない。

このようなソフトが,
片隅に追いやられているとは
嘆かわしいことである。

MSワードは
文章校正程度にしか役立たない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.11

道頓堀川

お洒落になりました
しかし
この時間チャリは寒すぎ。9kqsh0000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土地明渡請求事件(最高裁判決)

判例 平成16年07月13日 第三小法廷判決 平成14年(受)第1459号 土地明渡請求事件


『要旨: 時効による農地の賃借権の取得については,農地法3条の規定の適用はない』

続きを読む "土地明渡請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指定番号第1号

大阪市
保存樹
くすのき
難波神社にて9kpsh0012.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の心斎橋

人が多い。
アジア各国からの旅行者も多い。

さて今週末も3日とも仕事場かねぇ。9kosh0011.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.10

北朝鮮,核兵器製造肯定

報道によれば,
 北朝鮮外務省のスポークスマンは,米国の敵視政策に対抗して自衛のための核兵器をつくったことを,本日(2月10日)公式に表明したとのこと。、
 ろくでもない話。
 これで経済制裁に直につながるのか。
 経済制裁は,宣戦布告であるなどと言う国家。
 我が国の存亡がかかっている深刻な事態。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相続権不存在確認請求事件(最高裁判決)

判例 平成16年07月06日 第三小法廷判決 平成15年(受)第1153号 相続権不存在確認請求事件


『要旨: 共同相続人間における相続人の地位不存在確認の訴えは固有必要的共同訴訟である』

続きを読む "相続権不存在確認請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.09

最後まで諦めも油断もあかんね。

今日のサッカーの試合見てると感ずるね!!
こっちも負けてられないね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訴訟救助決定に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件

判例 平成16年07月13日 第二小法廷決定 平成16年(行フ)第4号 訴訟救助決定に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件


『要旨: 訴訟上の救助の決定に対し,訴訟の相手方当事者は,即時抗告をすることができる』

続きを読む "訴訟救助決定に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謝罪広告等請求事件(最高裁判決)

判例 平成16年07月15日 第一小法廷判決 平成16年(オ)第911号 謝罪広告等請求事件


『要旨: 謝罪広告を掲載することを命ずる判決は,その広告の内容が単に事態の真相を告白し陳謝の意を表明するにとどまる程度のものである場合には,憲法19条,21条に違反しない』

続きを読む "謝罪広告等請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.08

不覚「見るだけだから、大丈夫」

京都行き。
7時に家を出ることを目論でいた。
だが目が覚めた時点で既に7時をまわっている。
家人に、起こしてもらうように頼んでいたのだが。
家人言う。
起こしたが、返事が「今日は見てるだけだから大丈夫」だったとのこと????
???心あたり無し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.07

国籍確認請求事件(最高裁判決)

判例 平成16年07月08日 第一小法廷判決 平成12年(行ヒ)第149号 国籍確認請求事件

『要旨:内地人女性の嫡出でない子であって国籍法(昭和25年法律第147号)の施行後に朝鮮人男性により認知されたものは,平和条約の発効によっても日本国籍を失わない』

続きを読む "国籍確認請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福塩線

もう来ない駅でしょうね。9kmsh0010.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サラ金の看板(岡山駅)

岡山駅にて待ち時間10分程あり。
外を眺めると中心街方向にめだって見えるのは、
色とりどりの多数のサラ金の看板。
日本では駅前に個性はないが、こんな個性はいらんね。
景気が回復し、一掃される日が近くであってほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新大阪駅工事中

9klsh0009.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.06

天神坂

9kksh0008.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバックスパム

@ニフティーのココログにおいて次のお知らせが
「2005.02.04
レスポンス低下の不具合について
ご利用の皆様
日頃より、ココログをご利用いただきましてありがとうございます。
2005年2月1日より2月4日の12:00まで、下記のような現象が発生しておりました。
1) ココログのページが表示されるまで時間がかかる
2) ログインが遅い
3) 記事の投稿ができない など、ログイン後の操作時にエラーメッセージが表示される
大量のトラックバックスパムによるアクセスが集中したことから、システムが高負荷になり、著しくレスポンスが低下したことが原因でございます。
現在は、トラックバックスパム対策を強化し、復旧しております。」

このサイトにさえもTBスパムがやってくる。
現在,生活において重要な位置を占めている
コンピューターシステムをも危うくしてしまう行為。
このような行為を行う者に対しては厳罰がしかるべきである。
他方,何らかの意図を持って
スパムを行う者が現れることは避けられない。
極端な例がテロ行為でもある。
特に,多数の会員を抱えるサイトでは
あらゆる異状行為でも耐えられる
システムの開発が急務である。
インターネット時代となると
プロバイダーの社会的責務は
重い。


追記)2月9日
スパム関連での報道
『米国の企業がスパムメールの削除に費やす時間は,金額に換算すると年間約220億ドルに相当する』とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イエズス会

イエズス会といえば
日本にキリスト教を伝えた(1549年)
フランシスコ=ザビエルが属していた教団

今でも現存するのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古時計

9kjsh0007.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大正時代のビル

9kish0006.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御堂筋

9khsh0005.jpg

追記)11:30
土日は仕事をしたくないというのが本音だが(笑)。
片づけなければならないことがたまっていると已むを得ない。
先週に引き続き土日も。

運動不足著しいため
自転車で来たいと考えているが
なかなか実践することは難し。
先週の土日に引き続き,
この日曜日も来ることができ得た。
この程度じゃ運動不足の解消には
ほど遠いだろうが,
何もしないよりはましだろう。

日曜日の朝になると,難波,心斎橋あたりも
空いている。
自転車では普段通れない道にて
店を眺めることは
一興。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.05

損害賠償請求事件(最高裁判決)

判例 平成16年06月01日 第三小法廷判決 平成12年(行ヒ)第125号 損害賠償請求事件

『要旨: 地方公共団体の長が地方自治法96条1項5号に規定する議会の議決が得られなかった1個の工事請負契約を議会の議決を要しない規模の3個の工事請負契約に分割して締結したことについて,これを適法とした原審の判断に審理不尽の違法があるとされた事例』

続きを読む "損害賠償請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地代減額確認請求事件(最高裁判決)

判例 平成16年06月29日 第三小法廷判決 平成15年(受)第751号 地代減額確認請求事件

『要旨: 建物の所有を目的とする土地の賃貸借契約において,3年ごとに賃料を消費者物価指数の変動等に従って改定するが,同指数が下降しても賃料を減額しない旨の特約が存する場合であっても,賃料増減額請求権の行使を妨げられることはない』

続きを読む "地代減額確認請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貸金請求控訴事件(福岡高裁判決)

H17. 1.27 福岡高等裁判所 平成16年(ネ)第752号 貸金請求控訴事件

H17. 1.27 福岡高等裁判所 平成16年(ネ)第752号 貸金請求控訴事件

『判示事項の要旨:利息年133.3パーセントを超える消費貸借契約について貸付けの態様等を考慮して,利息の合意のみならず,消費貸借契約自体も公序良俗に違反するとして無効とした事例』

続きを読む "貸金請求控訴事件(福岡高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シューベルト/即興曲第3番

ブレンデルが最後に取り上げた曲がこれだった。
シューベルト(Schubert)作曲の即興曲第3番変ト長調作品90-3,D899
幻想的な美しい曲である。
初めて耳にしたときに,この世界にはこんな綺麗な曲があるんだと強く感銘を受けた。

中学時代の音楽の教諭(男性)は,必ずしも教科書にとらわれる方ではなかった。
通常,音楽の時間のレコード鑑賞では,教科書に記されている曲がかけられるのだろう。
小学時代はそうだった。
しかし,中学では,先生が良いと思う音楽をかけてくださった。
そのときの1曲がシューベルトのこの曲であった。
他にも授業中にご紹介頂いたのが,
モーツアルトのピアノコンチェルト23番イ長調K.488
ベートーベンの交響曲第5番(いわゆる運命)等であった。
現在,音楽に接する時間は乏しいものの,一番良く聴く音楽はクラシックである。
その一つのきっかけは,この先生との出会いであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルフレート・ブレンデル

風呂上がり,
明日は打合せがあるため寝ようと思ったものの,
ちょいとだけと思いテレビをつけてしまった。
アルフレート・ブレンデルのドキュメンタリー。
『ピアニスト・アルフレート・ブレンデルの芸術』

・・・・・・・寝れない

アルフレート・ブレンデル(Alfred Brendel,1931年生)は,存命のピアニストの中で最高峰であろう。
風貌はどこのおっちゃんやねん,なのだが,
その演奏は力強く,範をはずさず,知性に溢れ且つ崇高な精神力が感じられる。

かいま見える彼の考えはただものではない。
私には,到底無理な感性。
関心の対象は極めて広い。
古代から現代,洋の東西を問わず。
このような意欲・興味が偉大な芸術家を育てているのであろう。

今彼が特に関心を抱いているのはモーツアルトのピアノソナタとのこと。
「モーツアルトは,芸術家には難しくて,子供には簡単すぎる。」という誰かの言葉を引用していた。
他の機会に,あるバイオリニストが,子供の時にはモーツアルトが上手に弾けたが,大きくなってから弾けなくなった旨のことを言っていたことを思い出す。
偉大なヴィルトーゾであったホロビッツも
晩年は,モーツアルトに関心を抱いていたことが思い出される。
その域に達した人は,最後には,神の領域の人であるモーツアルトに行き着くようだ。


2時半か・・・・・・
打合せに間に合うだろうか・・・・
そのあとの書面作成に際しては思考力があるだろうか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界一周のヨットレース

世界を1周するヨットレースが,4年に1度行われているとのこと。
この5日にトップが87日10時間余でゴールとのこと。
今までの記録を6日も縮めたとのこと。

世の中凄いレースがあるものだ。
人間の体力・気力。

8753

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.04

審決取消請求事件(最高裁判決)

判例 平成16年06月08日 第三小法廷判決 平成15年(行ヒ)第265号 審決取消請求事件


『要旨: 他人の肖像又は他人の氏名,名称,その著名な略称等を含む商標について商標登録を受けるためには,商標登録の査定の時において当該他人の承諾があることを要する』

続きを読む "審決取消請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不当労働行為棄却等命令取消請求事件(最高裁判決)

判例 平成16年07月12日 第二小法廷判決 平成15年(行ヒ)第109号 不当労働行為棄却等命令取消請求事件


『要旨: 労働組合の組合員は,労働委員会に対し,使用者が労働組合法7条3号の不当労働行為を行ったことを理由として救済申立てをすることができる』

続きを読む "不当労働行為棄却等命令取消請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民事関係手続の改善のための民事訴訟法等の一部を改正する法律案要綱(法務省)

民事関係手続の改善のための民事訴訟法等の一部を改正する法律案要綱

第一  民事訴訟法の一部改正
 一  電磁的記録による管轄の合意等
 二  電子情報処理組織による民事訴訟手続等の申立て等及び督促手続
 三  過料の裁判の執行
 四  債権者に対する仮執行宣言付支払督促の告知方法
第二  非訟事件手続法の一部改正
 一  非訟事件における電子情報処理組織による申立て
 二  公示催告事件
 三  過料事件
第三  民事執行法の一部改正
 一  裁判所内部の職務分担の合理化
 二  執行官による援助請求
 三  不動産競売手続
 四  少額訴訟債権執行
 五  扶養義務等に係る金銭債権についての強制執行の特例
 六  罰則
第四  施行期日等

なお,概要  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセスのカウント数

このウェブサイトは,従来型のウェブサイトの右フレームにウェブログ(いわゆるブログ)を表示させる形態を採用している。
左側のフレームにある,アクセスカウンタ(@ニフティーのもの)ーは,確か3年前頃に設置したものである。
現在数は,8741である。
このアクセスカウンターは,アクセスしてくるアクセスポイントの変更がない限り新たなカウントがなされない(いつぞやに書いたことだと思うが)。
従って,同一パソコンから何度アクセスしても,その間に,他のアクセスポイントからのアクセスがない限り,アクセス数は増加しない。
全く無名のこのページにアクセスする人は私以外には,それほど多くはないので,カウント数はそれほど増加しない。

他方,ブログの方は,アクセスしてくるアクセスポイントが変更したか否かを問わず,その画面を開いただけで,カウントされる。
極端な例で言うと,開いている状態で,更新ボタンをクリックしただけで,カウントされる。
また,ブログを対象とした検索サイト等からのヒットに対してもカウントするように思える。
更に言うと,投稿した内容が表示される他の場所(ウェブサイト)も多いようで(pingの機能によるものでしょうね),他のウェブサイト(例えば,ライブドア社のウェブサイト等)からリンクにてアクセスして来られる方もおられるようだ。
だから,カウント数の増加は,上記のアクセスカウンターの比ではない。

今年の1月19日(水曜日)からアクセス数が計算されている。
週間のアクセス数は,次の通りである。
1月19日から1月23日(日曜日) 590(実質5日)
1月24日から1月30日(日曜日) 439
1月31日から2月4日(木曜日午前1時段階) 813

インターネットの世界は,色々とつながっているんだと実感する。

しかし,よくわからんのが,「現在の累積アクセス数」と「週間の合計数の合算」との関係。
現時点の累積アクセス数は1689と表示されている。
これは,上記の週間の合計数を合算した数字と合致していないのである(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.03

節分

今日は早めに帰宅して,豆まき。今年も,沢山豆を食べました(笑)。

明日は立春。温かくなるそうだ。

8739 ←ちょうど「ハナサク」(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会計帳簿閲覧謄写,株主総会議事録等閲覧謄写,社員総会議事録等閲覧謄写請求事件(最高裁判決)

判例 平成16年07月01日 第一小法廷判決 平成15年(受)第1104号 会計帳簿閲覧謄写,株主総会議事録等閲覧謄写,社員総会議事録等閲覧謄写請求事件

『要旨:
 1 商法293条ノ6の規定に基づく会計帳簿等の閲覧謄写請求における当該請求の理由を基礎付ける事実の立証の要否(消極)
2 株式の譲渡制限のある株式会社において,株式を他に譲渡しようとする株主が,株式の適正な価格を算定する目的でした会計帳簿等の閲覧謄写請求は,特段の事情が存しない
限り,商法293条ノ7第1号所定の拒絶事由に当たらない』

続きを読む "会計帳簿閲覧謄写,株主総会議事録等閲覧謄写,社員総会議事録等閲覧謄写請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刑法等の一部を改正する法律案要綱(法務省)

刑法等の一部を改正する法律案要綱

第一  刑法の一部改正
 一  有期の懲役及び禁錮
 二  刑法の罪の法定刑等
  1  わいせつ、姦淫及び重婚の罪(第二十二章)関係
  2  殺人の罪(第二十六章)関係
  3  傷害の罪(第二十七章)関係
  4  窃盗及び強盗の罪(第三十六章)関係
 三  国外犯処罰
第二  刑事訴訟法の一部改正
 一  公訴時効の期間
 二  いわゆるビデオリンク方式による証人尋問
第三  組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律の一部改正
第四  暴力行為等処罰に関する法律の一部改正
第五  附則
 
施行日 平成17年1月1日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.02

底はすぎた?

昨夜の今頃は駅近くの温度表示は1度だった。さぶかった。今日は4度とのこと。かなりまし。昨夜がこの冬一番の寒さであってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民法の一部を改正する法律案要綱(法務省)

民法の一部を改正する法律案要綱

第一 保証債務に関する規定の整備
 一  保証契約の方式
 二  貸金等根保証契約の保証人の責任等
 三  貸金等根保証契約の元本確定期日
 四  貸金等根保証契約の元本の確定事由
第二  表記の現代用語化等
第三  施行期日等

なお,概要
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

否認権行使請求事件(最高裁判決)

判例 平成16年07月16日 第二小法廷判決 平成13年(受)第1797号 否認権行使請求事件

『要旨: 債権譲渡人の支払停止又は破産の申立てを停止条件とする債権譲渡契約に係る債権譲渡は,破産法72条2号に基づく否認権行使の対象となる』

続きを読む "否認権行使請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律の一部を改正する法律案要綱(法務省)

債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律の一部を改正する法律案要綱

第 一 趣旨
 法人がする動産の譲渡及び債務者の特定していない将来債権(以下「債務者不特定の将来債権」という。)の譲渡の対抗要件に関しても、民法の特例等を定めるものとすること(第一条関係)。
第 二 定義
第 三 動産の譲渡の対抗要件の特例等
第 四 債権の譲渡の対抗要件の特例等
第 五 登記所
第 六 登記官
第 七 動産譲渡登記
第 八 債権譲渡登記
第 九 延長登記
第 十 抹消登記
第 十一 登記事項概要証明書等の交付
第 十二 登記事項概要ファイルへの記録等
第 十三 概要記録事項証明書の交付
第 十四 債権質への準用
第 十五 破産法等の適用除外
第 十六 行政手続法の適用除外
第 十七 行政機関の保有する情報の公開に関する法律の適用除外
第 十八 行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律の適用除外
第 十九 審査請求
第 二十 行政不服審査法の適用除外
第 二十一 手数料の納付
第 二十二 政令への委任
第 二十三 施行期日等
  
なお,概要

| | コメント (0) | トラックバック (0)

所得税更正処分取消請求事件(最高裁判決)

判例 平成17年02月01日 第三小法廷判決 平成13年(行ヒ)第276号 所得税更正処分取消請求事件

 『要旨:受贈者が贈与者から資産を取得するために要した付随費用の額は,受贈者が同資産を譲渡した場合に所得税法60条1項に基づいてされる譲渡所得の金額の計算において,同法38条1項にいう「資産の取得に要した金額」に当たる』

続きを読む "所得税更正処分取消請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.01

所有権移転登記手続等,更正登記手続等請求控訴,同附帯控訴事件(最高裁判決)

極めて判りやすい判決内容ですね。
しかし,共同相続人全員でないと銀行預金等解約ができない実務tの関係を考える必要あり。

判例 平成16年04月20日 第三小法廷判決 平成15年(受)第670号 所有権移転登記手続等,更正登記手続等請求控訴,同附帯控訴事件

『要旨:共同相続人甲が,相続財産中の可分債権につき,権限なく自己の相続分以外の債権を行使した場合には,他の共同相続人乙は,甲に対し,侵害された当該債権の自己の相続分につき,不法行為に基づく損害賠償又は不当利得の返還を求めることができる』

続きを読む "所有権移転登記手続等,更正登記手続等請求控訴,同附帯控訴事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

取立債権請求事件(最高裁判決)

会社の破産宣告によって,当然に取締役を退任すると思っていましたが,違うのですね・・・・・

判例 平成16年06月10日 第一小法廷判決 平成12年(受)第56号 取立債権請求事件

『要旨: 有限会社の破産宣告当時に取締役の地位にあった者による放火が火災保険約款の免責条項所定の「取締役」の故意による事故招致に当たるとされた事例』

続きを読む "取立債権請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

離婚請求本訴,同反訴事件(最高裁判決)

「判例 平成16年06月03日 第一小法廷判決 平成14年(受)第505号 離婚請求本訴,同反訴事件

「要旨:
 1 離婚の訴えの原因である事実によって生じた損害賠償請求の反訴の提起及び離婚の訴えに附帯してする財産分与の申立てについては,控訴審においても相手方の同意を要しない
2 原審の口頭弁論の終結に至るまでに離婚請求に附帯して財産分与の申立てがされた場合において,上訴審が原審の判断のうち財産分与の申立てに係る部分について違法があ
ることを理由に原判決を破棄し,又は取り消して当該事件を原審に差し戻すとの判断に至ったときと差戻しの範囲』

続きを読む "離婚請求本訴,同反訴事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海環状道関連情報非公開処分取消請求事件(最高裁判決)

判例 平成16年06月29日 第三小法廷判決 平成13年(行ヒ)第9号 東海環状道関連情報非公開処分取消請求事件

『要旨: 環境影響評価書等が公表され,対象事業につき既に都市計画変更決定がされていたなど判示の事実関係の下においては,上記各文書の成案前の案は,情報公開条例所定の非公開事由(事務事業の意思形成に著しい支障が生ずると認められる情報が記録された公文書)に当たらない』

続きを読む "東海環状道関連情報非公開処分取消請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子公告制度の導入のための商法等の一部を改正する法律案要綱(法務省)

電子公告制度の導入のための商法等の一部を改正する法律案要綱


施行日平成17年2月1日

第一  商法の一部改正
 一  株式会社についての電子公告制度の導入
  1  電子公告の許容
  2  電子公告の方法
  3  短期的な公告の中断があった場合の取扱い
  4  定款の記載事項
  5  登記事項
  6  電子公告調査
  7  その他
 二  貸借対照表の公開の方法の見直し
 三  株式会社の各種債権者保護手続における個別催告の省略等
 四  合名会社・合資会社の合併の際の債権者保護手続における個別催告の省略等
 五  その他
第二  商法中改正法律施行法の一部改正
第三  有限会社法の一部改正
第四  株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律の一部改正
第五  担保附社債信託法の一部改正
第六  農業協同組合法の一部改正
第七  証券取引法の一部改正
第八  公認会計士法の一部改正
第九  弁護士法の一部改正
第十  司法書士法の一部改正
第十 一 土地家屋調査士法の一部改正
第十 二 行政書士法の一部改正
第十 三 投資信託及び投資法人に関する法律の一部改正
第十 四 税理士法の一部改正
第十 五 中小企業団体の組織に関する法律の一部改正
第十 六 商業登記法の一部改正
第十 七 社会保険労務士法の一部改正
第十 八 金融先物取引法の一部改正
第十 九 保険業法の一部改正
第二 十 資産の流動化に関する法律の一部改正
第二 十一 新事業創出促進法の一部改正
第二 十二 弁理士法の一部改正
第二 十三 中間法人法の一部改正
第二 十四 特定目的会社による特定資産の流動化に関する法律等の一部を改正する法律による改正前の特定目的会社による特定資産の流動化に関する法律の一部改正
第二 十五 施行期日等  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

管理職選考受験資格確認等請求事件(最高裁判決)

最高裁判決からの引用

判例 平成17年01月26日 大法廷判決 平成10年(行ツ)第93号 管理職選考受験資格確認等請求事件
『要旨:
1 地方公共団体が,公権力の行使に当たる行為を行うことなどを職務とする地方公務員の職を包含する一体的な管理職の任用制度を設け,日本国民に限って管理職に昇任することができることとすることは,労働基準法3条,憲法14条1項に違反しない
2 東京都が,管理職に昇任すれば公権力の行使に当たる行為を行うことなどを職務とする地方公務員に就任することがあることを前提とする一体的な管理職の任用制度を設け,日本の国籍を有することをその昇任の資格要件としたことは,労働基準法3条,憲法14条1項に違反しない』

続きを読む "管理職選考受験資格確認等請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »