« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005.03.29

判例 平成17年03月29日 第三小法廷判決 平成15年(受)第1590号 車両通行妨害等禁止請求事件

最高裁判所ウェブからの転記

判例 平成17年03月29日 第三小法廷判決 平成15年(受)第1590号 車両通行妨害等禁止請求事件
要旨:
 通行地役権者が承役地に車両を恒常的に駐車させている者に対し車両の通行を妨害することの禁止を求めることができるとされた事例

内容:  件名 車両通行妨害等禁止請求事件 (最高裁判所 平成15年(受)第1590号 平成17年03月29日 第三小法廷判決 一部棄却,一部破棄自判)
 原審 大阪高等裁判所 (平成15年(ネ)第18号)

主    文
1 原判決のうち,上告人の通行地役権に基づく道路の目的外使用の禁止請求に関する部分を次のとおり変更する。
(1) 第1審判決を次のとおり変更する。
ア 被上告人は,神戸市a区b町c丁目d番185及び186の土地の東側に接する同町c丁目d番1の土地上に車両を恒常的に駐車させて,上告人による幅員2.8m未満,積載量2.5t以下の車両の通行を妨害してはならない。
イ 上告人のその余の請求を棄却する。
(2) 上告人の原審で拡張した請求を棄却する。
2 上告人のその余の上告を棄却する。
3 訴訟の総費用は,これを3分し,その1を上告人の,その余を被上告人の負担とする。

続きを読む "判例 平成17年03月29日 第三小法廷判決 平成15年(受)第1590号 車両通行妨害等禁止請求事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早寝早起き

久々に早寝早起き。
ちょいと体調よろしくないときは早く寝るしかない。
9453

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.27

三枝雄子さんが出演するミステリー「愛したい,殺したい」を観てきた。

昨日は,午後3時からは,お芝居を観に。
よしもとザ・ブロードキャストショウプロデュース公演 Vol.8
ミステリー「愛したい,殺したい」
場所は,「トリイホール」。

いつもながら,人が演じるのを観ていると考えさせられることは多い。
自ら体験したものでないことを,あたかも自らが体験したことのように表現し且つそれを見ている人に納得させること。
自らの実体験を適格に表現し伝えることですら難しいのだから,役者に要求されるものって,どんなことなのだろうか。
ダブルキャストともなれば,更に,どうなるのだろうか。
特に1日に大役を2つもこなすとなれば。
三枝雄子さんの二役を観てみたかった。
しかし,私の勘違いで今回それはかなわなかった。
次回こそ!
過去ログ
9430

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「愛したい,殺したい」を観てきた。

昨日は,午後3時からは,お芝居を観に。
よしもとザ・ブロードキャストショウプロデュース公演 Vol.8
ミステリー「愛したい,殺したい」
場所は,「トリイホール」。

いつもながら,人が演じるのを観ていると考えさせられることは多い。
自ら体験したものでないことを,あたかも自らが体験したことのように表現し且つそれを見ている人に納得させること。
自らの実体験を適格に表現し伝えることですら難しいのだから,役者に要求されるものって,どんなことなのだろうか。
ダブルキャストともなれば,更に,どうなるのだろうか。
特に1日に大役を2つもこなすとなれば。
三枝雄子さんの二役を観てみたかった。
しかし,私の勘違いで今回それはかなわなかった。
次回こそ!
過去ログ
9430

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Quipuのツアー”春風にのって・・・”が始まっています。

 昨夜は,大阪市大正区にある「sunset2117」にて。
 大阪ドームの川向かいに位置。
 運河に浮かんだ船が店になっていて,その2階がライブ会場。
 川越しに大阪ドームが見える。
 また,大阪環状線を流れゆく電車の灯が川面にゆれてとても幻想的。
 そんな場所で,Quipuのフルメンバーによるライブ。
 いうことおまへん。
 コロナビールで体の中を清め。
 音楽でほっこり。
 CDで聴くのとはやはりちゃいまんなぁと思いつつ。
 家に帰って再度CDを聴くと,これもまたよろしいなあ・・・・
 まだ,ツアーは続きます
 他の会場も,是非とも聴いてみたい場所だ!
 よろしければではなくて,都合がよろしくなくても無理して行くべしですなあ(笑)
CIMG2344
 9428

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.26

これからQUIPUのライブ

どんなものになるやら。e9dsh0000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心斎橋人の川

遊びのダブルヘッダー。二ツ目に向い移動中。e9ash0000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.25

またとまった。

人身事故のため電車が来ない。3月末の金曜日の夜。冬のような寒さのホームには人、人、人。途方に暮れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブドアvsニッポン放送:保全異議決定

H17. 3.16 東京地方裁判所 平成17年(モ)第3074号 保全異議申立事件

◆H17. 3.16 東京地方裁判所 平成17年(モ)第3074号 保全異議申立事件

事件番号  :平成17年(モ)第3074号
事件名   :保全異議申立事件
裁判年月日 :H17. 3.16
裁判所名  :東京地方裁判所
部     :民事第8部


平成17年(モ)第3074号 保全異議申立事件
(基本事件 平成17年(ヨ)第20021号 新株予約権発行差止仮処分命令申立事件)

決        定
   債権者     株式会社ライブドア
   債務者     株式会社ニッポン放送
主文
1 債権者と債務者間の東京地方裁判所平成17年(ヨ)第20021号新株予約権発行差止仮処分命令申立事件について,当裁判所が平成17年3月11日にした仮処分決定を認可する。
2 異議申立費用は債務者の負担とする。

続きを読む "ライブドアvsニッポン放送:保全異議決定"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブドアvsニッポン放送 東京地裁仮処分決定

H17. 3.11 東京地方裁判所 平成17年(ヨ)第20021号 新株予約権発行差止仮処分命令申立事件


◆H17. 3.11 東京地方裁判所 平成17年(ヨ)第20021号 新株予約権発行差止仮処分命令申立事件


事件番号  :平成17年(ヨ)第20021号
事件名   :新株予約権発行差止仮処分命令申立事件
裁判年月日 :H17. 3.11
裁判所名  :東京地方裁判所
部     :民事第8部


平成17年(ヨ)第20021号 新株予約権発行差止仮処分命令申立事件
    決          定
          債権者     株式会社ライブドア
          債務者     株式会社ニッポン放送
  上記当事者間の頭書事件につき,当裁判所は,債権者が本決定の送達を受けた日から5日以内に,債務者のために金5億円の担保を立てることを保全執行の実施の条件として,次のとおり決定する。

     主          文
 1 債務者が平成17年2月23日の取締役会決議に基づいて現に手続中の新株予約権4720個の発行を仮に差し止める。
 2 申立費用は債務者の負担とする。

続きを読む "ライブドアvsニッポン放送 東京地裁仮処分決定"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

25.55%の実質年利

 消費者金融業者プロミスのウェブサイトによれば,フリーキャッシングつまり利用目的を定めない借入については,借入可能額が1万円〜300万円とされていてその実質年率が25.55%とされている。
 実質年利25.55%の返済を1年かけて行うということは,次の場合と同等の負荷であることを示す。
 即ち,100万円を年初に投資してそれを1年間運用して1年後に25万5500円の利益を獲得する。年末に,1年間の運用で得た利益25万5500円全額と元金100万円の合算額全額である125万5500円を返済に充ててようやくチャラになる,というものである。
 つまり利益率25.55%以上の高利益を獲得できる事業を行わない以上,返済でき得ない借入であるというのがその実態なのである。
 今時,利益率25.55%を超えるような事業などそうざらにあるものではない。
  消費者が,それに類するような高利益獲得状況にあるとは考えられない(給与も右肩上がりではない)。
 それでは1年間の運用益が25万5500円に満たない場合はどうなるか。結局,その足らずの穴埋めのために新たな借入を行わざるを得なくなる。これの繰り返しで,借金が雪だるま式に増えていく。
 このように実質年利25.55%という金利は極めて重たい(因みに,現在の公定歩合は,0.10%であり,今日現在の無担保コールの金利は0.001%に過ぎない,日銀)。
 従って,よほど稼ぐことの出来る仕事を行っている者しか借りることができ得ない性質のものなのであるが,よほど稼ぐことの出来る人は,このような異常な高金利の資金を必要としない。
 ところで,三井住友銀行には,カードローンがある。借入金の使途は特に限定されていない(その点,上記のフリーキャッシングと同様である)。同銀行のウェブサイトにおいては,カードローンのお借入限度額が30万円・50万円であれば年利 17%,限度額100万円・200万円なら14%,限度額300万円なら12%とされている(これでも異常と言えるほど高い金利であるが,消費者金融に比すればまだしも低い)。 
 合理的な判断能力を持った人を基準に考えれば,借入に際しては,金利が低い方が選択されることが通常である。従って,三井住友銀行グループが用意している借入を選択しようとする人がいるとすれば,まず,カードローンの利用を選択する方が常識的なことと言えよう。
 それにも関わらず消費者金融を選択をせざるを得ないというのは,より低金利であるカードローンが借入限度額を超えていて更に追加で借り入れることができ得ない場合や,そもそもカードローンを利用できる経済的信用性のない場合ということになろう。
 このような立場の方が,上記のような実質年利25.55%という異常な金利の支払いに耐えられるはずがないのである。
 即ち,借入者をして破綻に至らせる可能性が極めて高いものと言わなければならない。
 このような事業が,「三井住友銀行グループ」の事業であることが明言されているのである。
 仮に,消費者の立場を考えて,真に,計画的な利用を勧めるというのであれば,この種の高金利の貸付事業などそもそも行うべきとは思えないのである。

 9395

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地に堕ちた三井住友ブランド

 深夜にテレビをつけていると消費者金融業を営む「プロミス株式会社」のコマーシャルが放映されていた。
 「三井住友銀行グループ」と記されていた。参考
 目を疑った。
 消費者金融業を営む会社に対して良い印象は抱いていない。消費者金融業者が行ってきた過去からの実感である。
 財閥系である「三井」と「住友」のブランド名が付されているとは,嘆かわしいというのが正直な気持ちである。
 プロミスに対する信用性を上げようとするための戦略だろうが,私にとっては,「三井住友」のブランドを貶めるものにしか映らない。
 どれだけの人が好意的にこの宣伝を見るのだろうか?
 背に腹は変えられないのだろうが,「三井住友」経営陣に,このあたりの感覚が欠如していると感じられることは,「UFJ」問題の際の無様としか思えない対応と機を一にしているのであろう。

9389

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.24

逆戻り

寒い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H17. 3.23 東京高等裁判所 平成17年(ラ)第429号 新株予約権発行差止仮処分決定認可決定に対する保全抗告

H17. 3.23 東京高等裁判所 平成17年(ラ)第429号 新株予約権発行差止仮処分決定認可決定に対する保全抗告

事件番号  :平成17年(ラ)第429号
事件名   :新株予約権発行差止仮処分決定認可決定に対する保全抗告
裁判年月日 :H17. 3.23
裁判所名  :東京高等裁判所
部     :第16民事部
結果    :抗告棄却
原審裁判所名:東京地方裁判所
原審事件番号:平成17年(モ)第3074号

主文
1 本件抗告を棄却する。
2 抗告費用は債務者の負担とする

続きを読む "H17. 3.23 東京高等裁判所 平成17年(ラ)第429号 新株予約権発行差止仮処分決定認可決定に対する保全抗告"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.23

公文書のネット上での閲覧(国立国会図書館)

報道によれば
 国立公文書館は,所蔵する歴史公文書のうち約180万画像をインターネット上で閲覧できるようにするとのこと。運用時期は4月からとのことだ。
 毎年,画像の登録を増加させ,所蔵する公文書全体を網羅することを目指すとのことだ。
 手軽に公文書にアクセスが出来るようになるというのだから,素晴らしいことである。
 今まで日の目を見なかった膨大な資料を利用した研究が,今後,益々盛んになるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.22

卒業式

CIMG22722・・・・全員で撮れなかったのが残念。

もう一つ持っていたゼミが関係する卒業式が昨日行われた。
2年間楽しく過ごせたが,それだけ皆の為になることが出来たかと考えると。
無事務めることができたことは嬉しいことである。
今後,色々な道を歩んでいく人達と共に時間を共有できたことは,少なくとも自らにとっては,大きなことであった。
これで,担当する学部のゼミはなくなった。
寂しくもある。

CIMG2328

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.20

ピアノ発表会

子供達のピアノ発表会。
下の子は,初のピアノ発表会になった。
グルリット(Cornelius Gurlitt,1820-1901)作曲の「マーチ」(「こども音楽会」より)
CIMG2207
上の子は,
ブルクミュラー(Johan Friedrich Franz Burgmüller,1806-1874)作曲の「貴婦人の乗馬」(「25の練習曲 Op.100」より25 Etuden op.100-25 "La chevaleresque" )
CIMG2216

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あやとり

近鉄あべの橋前e98sh0002.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.19

大阪人の証拠品

大阪ではヤハリ一家に一台の必需品
タコ焼き器e95sh0003.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくら

sakura2005

公園の近くにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーム(子供作)

なかなかよくできとります。e93sh0001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はるみ

きよみとポンカンを掛け合わせたものらしい。ほどよい酸味をともなった甘さ。e92sh0000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.17

マーラー:交響曲第6番「悲劇的」(大阪フィルハーモニー交響楽団)

 3月17日(木),大阪フィルハーモニー交響楽団の第386回定期演奏会に足を運んだ。
 連夜のコンサートになる(昨夜は朝3時まで仕事したので許してね・・・・)
 場所は,ザ・シンフォニーホール,指揮は大植英次氏
 曲目は,マーラー作曲の交響曲第6番イ短調 「悲劇的」
 マーラー(Mahler,Gustav 1860・・・ 1911年)という作曲家の名は,多少クラシック音楽に興味がある方でないと馴染みがないかもしれない。
 指揮者として一世を風靡した人であるが,多数の交響曲を遺していることでも有名な後期ロマン派に属する作曲家でもある。
 作曲された当時,彼の交響曲は殆ど理解されなかったようだが,近年は,取り上げられることが非常に多くなった。
 何しろ音楽性は並はずれている。
 和声,対位法,転調等あらゆる音楽的技法を駆使し,優美でロマンティックであり,激しく,複雑で,壮大な曲を遺した。
 今日演奏された第6シンフォニーもひときわ壮大な曲。
 特に第4楽章は音の洪水。
 演奏時間は全体で1時間を優に超える。
 曲の副題が示すように決してハッピーな終わり方ではない。 
 この曲をまともに聴くと,しばらくは音はもう良いわと思えるほど濃密な曲である。
 マエストロ大植が大フィルの音楽監督に就任して2シーズン目の最期の定期演奏会を飾るにふさわしい曲かもしれない。
 この曲を以て東京にも殴り込みをかけるとのことである
 マエストロ大植のエネルギーは凄い
 その活動的な指揮は見ているものを納得させまた引き込む。全て暗譜である。驚異的なことである。
 そのカリスマ性に,まわりはついて行かざるを得ない。
 マエストロ朝比奈を失った大阪には,それを勝るものがあるとの期待がある。
 今,日本中のクラシックファンの中で,一番アグレシブにワクワクし得ているのは大阪のファンに違いない。
 大フィルも,語弊があるかもしれないが,かなり順応してきたように思われる。
 聴いていてどうかなあという怪しげな点も多々あるというのは正直なところだが,その熱意及び上を目指そうとする意気込みを肌で感じる。
 今日の演奏の最期の1音を聴いたとき,不覚にも涙が出そうであった。
 素晴らしい音楽に接することが出来たという満足感だろうか。

大阪フィルオーケストラ 公演スケジュール'0503

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入社式始まる。

 イトーヨーカ堂が,大手企業の先陣を切って東京都内のホテルで入社式を開いた,と報じられている。
 入社式を休むわけにはいかないだろう,ということは卒業式に出られない人もいるということか?
 もしもそうなら,社会は厳しいとの教育的効果もあるのかもしれないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語について

 昨日の午後,あるところで外国から来られた方を交えた意見交換会があり,顔を出した。
 関心のある分野についての情報収集が目的。
 参加者には英語に堪能な日本の方も多く
 一部英語でやりとりがなされていた。
 私としては,雰囲気でなんとなくわかる箇所もあるが,
 ほどんど理解不能(苦笑)
 通訳の方がいたので概ね問題はなかったのだが。
 ビジネスはともかく,自らの知見を広めるために英語ぐらいは出来たかったものだ。

 しかし,これでもまだましになった方だと思う。
 自らの大学時代までを考えると悲惨そのもの。
 外国語教育なんて受験のための暗号解読としか思えなかった。
 単語とイディオムの暗記勉強をした覚えしかない。
 英語の点数は良くなかった。
 コミュニケーションの手段だという教育を受けたような覚えがない。
 聞いたりしゃべったりということは殆ど覚えがない。
 (怪しげな教科書棒読みのカセットテープを聞かされたくらいか・・・)
 今思い起こしても,先生と呼べる英語教師はみあたらない。
 また,日常の生活において,英語でのコミュニケーションをとる必要性もなかった。
 大学卒業後のプータロウ時代。
 時間をもてあまし,また,ある必要性があり,NHKラジオの基礎英語から始めた。
 続基礎英語ぐらいまでしか辿り着かなかったが。
 しかし,今考えても,この時代がなければ,
 全く何も聞くことができ得なかったことだろう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.16

松井香織さんのピアノリサイタル(「ピアノ de オペラ」〜超絶技巧で奏でる魅惑のアリア〜)@ザ・フェニックスホール

 今日はリラックスついでに散髪。
 寒かった昨日までとはうって変わっての陽気にあわせて気晴らし。
 バタバタバタと仕事をこなして,途中下車のように宵にはピアノのリサイタルに。
 仕事場近くのザ・フェニックスホールへ。
 『フェニックス・エヴォリューションシリーズ36 「ピアノ de オペラ」 〜超絶技巧で奏でる魅惑のアリア〜』
 『名歌劇を彩るアリアや間奏曲に触発され,往年の巨匠ピアニストが生み出した超絶技巧作品の数々に,歌の国イタリアでキャリアを築いた若きホープが挑みます。』というフレーズに前から心惹かれていたが,都合をつけて,当日券を買い求めてふらふらと。
 演奏者は,「松井香織」さん
 確かな技巧。いずれも難曲ぞろいであるところ,全曲を弾く体力も凄い!
 技巧的だけでなく,しっかりとうたごころ。
 オペラの曲にうたごごころは命。
 休憩中にいつものとおりワインをも味わって
 心地良いひととき。
 また,同じような機会があることを期待したい!!!

■プログラム
ロッシーニ(ギンスブルグ編)/「セヴィリアの理髪師」より“私は町の何でも屋”
モーツァルト(ツェルニー編)/「フィガロの結婚」ファンタジー
ベッリーニ(タールベルグ編)/「ノルマ」より“清らかな女神”
ドニゼッティ(リスト編)/「ランメルモールのルチア」の回想
ビゼー(モシュコフスキー編)/「カルメン」より“ジプシーの歌”
ワーグナー(リスト編)/「トリスタンとイゾルデ」より“イゾルデの愛の死”
マスカーニ(シュルツ編)/「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲
プッチーニ(ミハショフ編)/「トスカ」より“歌に生き、恋に生き”
プッチーニ(アーロンソン編)/「トゥーランドット」より“誰も寝てはならぬ”
ヴェルディ(リスト編)/「リゴレット」演奏会用パラフレーズ

 夢の後は,現実の世界にて更なる奮闘・・・・・

9260

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェニックスホールにて

e91sh0000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復活

1週間に2回の泊まりの出張があり,また,連日4時頃まで起きているとさすがにあかん。
昨晩は早めに帰ってたっぷりと睡眠。
今朝は部屋も片づけた。
心機一転。

9253

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.15

1つ1つやっていくしかないか。

 連日,この時間帯にもなるとさすがに体が大変。
 かといってやらないわけにも行かない。
 また,色々のイベントも楽しまなくては。
 一歩一歩は前進しているのだろうが,
 先の難関は多い。

 9242

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.13

雪降る中の大阪城公園

e8ysh0034.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.12

昇級試験

 先般,下の子が空手の初めての昇級試験を受けていた。
 昨日,昇級との連絡があったとのこと。
 オレンジ色。
 まだまだ先は長いが,第一歩。

 9219

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネットでの宿泊予約

東京に持参したPCを利用して,インターネットで宿泊先の初予約。
利用したのは楽天トラベル。
案外すんなりといった。
早速,次の宿泊予定先も予約。
次回は携帯電話からのチャレンジが目標か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もっと背が高いかと思ったが

古歌にある富士の山ではないが、案外ずんぐり。e8xsh0033.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思わず右側に立ってしまう

エスカレーター
里が知れてしまう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おやすみなさい

e8lsh0021.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.11

ICOCA

確かに東京でも使えました。


追記)関連
2005年3月11日(金)ICOCA
2006年2月1日(水)大阪市地下鉄にて(icoca)
2006年3月9日(木)ICOCA(イコカ)とSMARTICOCA(スマートイコカ)
2006年4月18日 (火)紛失に備えた番号等の管理が必要(pitapa利用のリスク)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今回は、雨の東京駅か

花粉が少ないのはうれしいが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Quipuのツアー”春風にのって・・・”のスケジュール等

3/25(金)open7:00pm/start8:00pm 飯田「Canvas」
  TEL0265-53-6652/090-3587-9401
3/26(土)6:00pm 大阪「sunset2117」
  TEL06-6554-9670  
3/27(日)6:00pm 3/28(月) 2:00pm 岡山「ギャラリー栂」
  TEL0867-92-9817
3/29(火)7:00pm/7:30pm京都「CAFE INDEPENDANTS」
  TEL075-255-4312
3/31(木)7:00pm神戸「ROUGH RARE」
  TEL078-333-0808
4/1(金)6:00pm/7:00pm大阪「このむら(木野村)」 ・・・ HP 
  TEL:090-8389-8408(おーらいレコード)
4/2(土)4:30pm/5:00pm 奈良「ろくさろん」・・・・HP
  TEL0742-26-6936
4/3(日)1:30pm/2:00pm伊賀「山本工房」・・・・HP
  TEL0595-43-2121 
Quipu:
 vo.前田祐希 p.shezoo tb.深堀瑞穂 g.b.松井秋彦 ds.高井 亮
のツアーが上記の通り行われるとのこと!
 フルメンバーでの登場。嬉しい限りです。
 なお, ご参考までに,場所等について私が勝手に検索してリンクを貼りました。誤りがあるかも知れませんので(電話番号等は一応見比べましたので問題はないと思うのですが),念のために電話等で再度ご確認されたし。

前田祐希さんのスケジュール
「Deborah World」
Quipu「両手いっぱいの風景」 newCDアルバム now on saleとのこと!

是非ライブへ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒胡麻豆腐

近所に出来た豆腐屋にて購入とのこと。
e8esh0014.jpg
遅い時間の晩御飯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.10

平成17年03月10日 第一小法廷判決 平成16年(行ヒ)第278号 消費税更正処分等取消請求事件(最高裁判決)

判例 平成17年03月10日 第一小法廷判決 平成16年(行ヒ)第278号 消費税更正処分等取消請求事件

要旨:
『法人が税務検査の際に適時に提示することが可能なように態勢を整えて帳簿書類を保存していなかった場合は,青色申告の承認の取消事由である法人税法127条1項1号に該当する事実がある場合に当たる』

続きを読む "平成17年03月10日 第一小法廷判決 平成16年(行ヒ)第278号 消費税更正処分等取消請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成17年03月10日 第一小法廷判決 平成13年(オ)第656号、平成13年(受)第645号 建物明渡請求事件(最高裁判決)

判例 平成17年03月10日 第一小法廷判決 平成13年(オ)第656号、平成13年(受)第645号 建物明渡請求事件

『要旨:
1 所有者から占有権原の設定を受けて抵当不動産を占有する者に対して抵当権に基づく妨害排除請求をすることができる場合
2 抵当権に基づく妨害排除請求権の行使に当たり抵当権者が直接自己への抵当不動産の明渡しを請求することの可否
3 抵当権者は,抵当不動産に対する第三者の占有により賃料額相当の損害を被るものではない』

続きを読む "平成17年03月10日 第一小法廷判決 平成13年(オ)第656号、平成13年(受)第645号 建物明渡請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 平成17年03月10日 第一小法廷判決 平成14年(受)第1565号 土地明渡請求事件(最高裁判決)

判例 平成17年03月10日 第一小法廷判決 平成14年(受)第1565号 土地明渡請求事件

『要旨:土地の賃借人が,土地を無断で転貸し,転借人が同土地上に産業廃棄物を不法に投棄したという事実関係の下では,賃借人は,賃貸借契約の終了に基づく原状回復義務として,上記産業廃棄物を撤去すべき義務を負う』

続きを読む " 平成17年03月10日 第一小法廷判決 平成14年(受)第1565号 土地明渡請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

判例 平成17年03月10日 第一小法廷判決 平成14年(受)第1954号 賃料請求本訴,同反訴事件(最高裁判所)

判例 平成17年03月10日 第一小法廷判決 平成14年(受)第1954号 賃料請求本訴,同反訴事件

「要旨: 賃借人の要望に沿って建築され他の用途に転用することが困難である建物について3年ごとに賃料を増額する旨の特約を付した賃貸借契約が締結された場合において賃借人のした賃料減額請求の当否を判断するために考慮すべき事情』

続きを読む "判例 平成17年03月10日 第一小法廷判決 平成14年(受)第1954号 賃料請求本訴,同反訴事件(最高裁判所)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無事?生還

早く帰ろうと思ったのに!e83sh0003.jpg

結局飲んで帰って・・・こんな時間に・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北新地にて

時代は知らぬところで変わる。
e82sh0002.jpg

・・・・・・対応ムズカシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.09

智枯れた

昨日ハードに打ち合わせ。
今朝も続行。別に何をお話いただくではない。
冷静に対応できること,相手のペースに巻き込まれないこと。
心構えが出来ていると,動じることはない。
最期に,思惑通りの助け船にて,無事閉幕。

快心

しかし,非常に疲れた。

大阪に帰って,いっぱいやりたいところだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大街道

e81sh0001.jpg

松山の繁華街も,この時間だと人通りも殆どなく。
って・・・・・明日(今日だ・・)の仕事は大丈夫なのやら・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.08

タケノコの天ぷら

春ダネ。

打ち合わせ終了後の一人酒。
素材がいいよ。e80sh0000.jpg

季節の薫りがたまらん! 
 @松山市内の銀次郎にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊丹空港にて

e7zsh0013.jpg

飛行機が飛び立つのをみるとやはりワクワクする。
そういう気持ちの人達が,沢山集まっている。
伊丹の展望デッキ,綺麗になったのは良いのだが飛行機からは離れてしまったことはちょっと残念。
離れたのには,色々な意味があるのだろうとは思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖かくなりました

袴や振袖姿もチラホラ。
春。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.07

政治ニュースの入手先(ロイター)

報道((ロイター)によれば
 「米国のインターネット調査会社が行った調査によれば,『昨年,米国では、政治ニュースの入手先として、インターネットがラジオを抜いた結果が出たとのことであり,ブロードバンド利用者の間では、インターネットが新聞と並んだ』とのこと。」
 リアルタイムにより近い文字媒体であり且つハイパーリンクや検索機能故に関連情報を得やすいインターネットの方に分があることは自明かな。
 あと,信頼に足る情報がインターネット上に増えたということか。
 報道記事もRSS形式で配信され,多くの人に届けられることが進んでいる今ならば,更に,端的な結果となっていることだろう。
 たま,政治ニュースだけに留まるものでもない。
 
 9152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再審却下決定に対する抗告審の取消決定に対する再抗告審の取消決定に対する特別抗告事件(最高裁決定)

判例 平成16年09月17日 第三小法廷決定 平成16年(ク)第545号 再審却下決定に対する抗告審の取消決定に対する再抗告審の取消決定に対する特別抗告事件


『要旨:再審請求を棄却した抗告審の決定に対する再抗告は,民訴法332条所定の即時抗告期間内に申し立てなければならない』

続きを読む "再審却下決定に対する抗告審の取消決定に対する再抗告審の取消決定に対する特別抗告事件(最高裁決定)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦艦大和の最期にまつわる話

 昨日の法要に来ていただいた住職からうかがった話である。

 戦時中,駆逐艦に乗船されておられたとのことである。
 戦争末期,沖縄に上陸した米軍に対抗する手段として,戦艦大和を沖縄沖に派遣して米軍に損害を与えるという作戦が実行に移された。
 生きて帰ることは想定されておらず,いわゆる特攻であった。
 なお,ミッドウエー海戦等で日本軍が致命的な敗北を喫し,その能力が極端に低下していることは知らされていたとのことである。
 住職は,戦艦大和に随伴して沖縄に赴く駆逐艦に乗船されておられたとのこと。
 燃料は,片道分のみ(但し,資料によれば往復分がつまれていたというものもあるようである)。
 当時,日本軍の作戦は,米軍に筒抜けとのことで,また制空権は完全に米軍に握られていた。
 行き着くまでに多数の米空軍の攻撃を受けてどうにもならなくなったとのこと。
 乗っておられた駆逐艦は,船尾が爆弾でやられて身動きがとれなくなり,その後,前方が魚雷にやられて沈没に至ったとのこと。
 沈没まえに退艦命令が出たために,海に飛び込んだとのこと。
 その後,5〜6時間ほど立ち泳ぎや浮遊物に捕まったりで命を長らえ,夕刻に捜索に来た友軍に運良く救助されて一命を取り留めたとのこと。
 沈没後も,戦闘機からの機銃掃射の嵐だったとのこと。
 機銃掃射或いは泳ぎ疲れて命を落としたものは多数にのぼったとのこと。
 飛び込むのが遅かったり,泳ぎが下手な者は船から余り離れることが出来ず,沈没した船から流出する重油をかぶらざるを得ず,このようになるとほぼ助からなかったようだ。
 泳げない方々を助けようにも,各々が自らのことで精一杯で,それどころでなかったとのこと。
 友軍の捜索は,米軍の攻撃を避けるために夕刻にずれ込むことになったとのこと。
 それも,再来襲の危険及び闇になると捜索自体が出来ないことから,短時間のものだったようだ。
 そのため,救助され得なかった者も少なからずいたようだとのこと。
 このような中で生還できたことは奇跡的なことかもしれない。
 作戦が完遂されていれば,当然,命は無かったものと考えられる。
 住職は,救助されたときには負傷していたとのことであるが,救助された後も直ちに本土に戻されることはなく,他の救助された者とともにどこかの小島にしばらく隔離されていたとのことである。
 勿論,戦艦大和が沈没したとの情報が,国民に知られることを防ぐための措置である。
 なお,その戦艦大和は,弾薬庫が被災し,ごく短時間に沈没したとのこと。
 最後の手段である戦艦を4月7日に失い,その後有効な手段が全く無いにもかかわらず,軍部はそれ以後も鹿児島から特攻機を飛ばし続けた。
 住職は,このことを特に嘆いておられた。
 既に確定していた敗戦が,正式に受け入れたのは8月15日である。
 ある程度の事実関係等は記録等で理解していたが,実際に体験をされた方の話を聞くと,感じ方は大きく異なる。
 戦争が終わったのは1945年。
 よく考えれば,今年はその年から数えて60年目にあたる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.06

日曜夜の堂島川

e7xsh0011.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満中陰の法要

 数えで99歳にて亡くなった祖母の満中陰の法要がいとなまれた。
 しかし,満中陰という言葉を耳にするものの,その意味は,よくわからなかった。
 調べてみると,仏教には「四有」という考え方があり,それぞれ「生有」(人が生まれる事),「本有」(生まれてから死ぬまでの間),「死有」(人が死ぬ事),「中有」[中陰](死んでから次の生に向かうまでの間)というそうだ。「中有」にあたるのが49日であるとのこと。
 亡くなった方は,49日間六道(一切の衆生が善悪の因果によって転生する世界で,地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人道・天道からなるとのこと)輪廻の間をさ迷い49日目に次の運命が決まるとされているようだ。「忌」明けは,死者の六道輪廻が終了し六道の何処かに生まれ変わることを意味し,忌の汚れが除かれたことを祝う行事とのことである。
 故人のために追善供養がなされるのであるが,追善供養の意味もよく知らなかった。その意は,生きている人が,故人のために冥福を祈る等により善行を積み,その功徳が,故人が成仏等の際の資(たす)けになるとのことのようだ。言ってみれば,亡くなった方の善行に,更に生きている人が善行をもってプラスアルファする事のようだ。
 仏教に関する言葉或いは風習は,周りに未だ沢山残されているがその意味等は殆ど分からない。生活に根付いたものであることを考えると,少なくとも基礎的な考え方ぐらいは,少なくとも知識として身につける必要があることを実感する。
 今日は,天気予報等によれば雪もあるかと思われたが,思っていたより暖かかった。故人の功徳がなせる技か。
合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RSSリーダー(glucose)

RSSリーダーなるものが便利だというのでチャレンジしてみた。
色々あるようだが,それらの優劣が全くわからない。
まず手始めにということで
「glucose」を利用してみることとした。
ニュース記事を拾ってくれる点は便利そうだ。
しかし,まだまだ未知。
glucose news/weblog platform

9145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

e7wsh0010.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総代会決議無効確認等請求事件(最高裁判決)

判例 平成16年10月26日 第三小法廷判決 平成14年(受)第973号 総代会決議無効確認等請求事件


『要旨: 信用金庫の理事を信用金庫法38条所定の手続によることなく解任することはできない』

続きを読む "総代会決議無効確認等請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.05

ココログのコンパネ不具合?

コンパネ内の表示
 ご利用可能なディスク容量: 100 メガバイト
 ご利用中のディスク容量: 0 メガバイト (0.00%)

使用中がゼロ?
・・・・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

啓蟄

 今日は24節気のうちの「啓蟄」(けいちつ)とのこと。
 パソコンばかり触っていると体がつらいので,夕刻,子供と公演でキャッチボール等。
 啓蟄の言葉の意味は,冬ごもりの虫が春の陽気に誘われて土の中から顔を出すということらしいが,陽気とはほど遠く寒い日だった。
 虫が出てきている形跡も・・・・なかったね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寂しいブランコ

事故があったのか?
残念。e5qsh0009.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刑の執行猶予言渡取消決定に対する即時抗告棄却決定に対する即時抗告棄却決定に対する特別抗告事件(最高裁決定)

判例 平成16年10月08日 第二小法廷決定 平成16年(し)第214号 刑の執行猶予言渡取消決定に対する即時抗告棄却決定に対する即時抗告棄却決定に対する特別抗告事件


『要旨: 在監者の上訴申立てに関する刑訴法366条1項は,刑の執行猶予言渡しの取消請求事件についての特別抗告の申立てに類推適用される』

続きを読む "刑の執行猶予言渡取消決定に対する即時抗告棄却決定に対する即時抗告棄却決定に対する特別抗告事件(最高裁決定)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.04

公文書非開示処分取消請求事件(最高裁判例)

判例 平成16年09月10日 第二小法廷判決 平成13年(行ヒ)第118号 公文書非開示処分取消請求事件

『要旨: 決裁の手続が予定されている文書を作成する基礎となった文書が,同決裁手続の終了により,公文書公開条例が公開の対象として定める決裁等の手続が終了した文書に当たるとされた事例』

続きを読む "公文書非開示処分取消請求事件(最高裁判例)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.03

ガソリン史上最高値更新

 報道によれば,
 3月2日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)のガソリン先物相場にて史上最高値が更新されたとのこと。
 4月当限が1ガロン=1.4850ドルまで買われ2004年5月20日につけた史上最高値(1.4700ドル)を更新とのこと。
 原油も高騰しているとのこと。
 ガソリン等に頼る生活においては,大変な事態。
 ガソリン等の製油エネルギーからの脱却の時代が早く来て欲しいものだ。

9115

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傷害,業務上過失致死,同傷害被告事件(最高裁決定)

判例 平成16年10月19日 第三小法廷決定 平成15年(あ)第1346号 傷害,業務上過失致死,同傷害被告事件


『要旨: 高速道路上に自車及び他人が運転する自動車を停止させた過失行為と自車が走り去った後に前記自動車に後続車が追突して生じた死傷事故との間に因果関係があるとされた事例』

続きを読む "傷害,業務上過失致死,同傷害被告事件(最高裁決定)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上巳(じょうし)の節句

CIMG2116

3月3日雛祭り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.02

学級閉鎖

下の子のクラスも学級閉鎖となった。今日と明日がお休みとのこと。
寒い日が続く今日この頃,インフルエンザの脅威はまだ続いている。
気をつけなければ。


インフルエンザ猛威、3月も 15都県で最高レベル警報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログのディスク容量が3月1日から増量!

ココログの既存の最大ディスク容量が3月1日増量となったとのこと。
ベーシック 20MB→50MB
プラス   50MB→100MB
プロ    100MB→300MB
なお,今回の最大ディスク容量の増量をもって,ディスク容量の件を終了とするものではなく今後 3ヶ月をめどに,順次対応を行う予定とのこと。

現在の使用実績は,増加前のベーシック分にも満たない。
しかし,写真も投稿している身としては,増量は気分的にありがたい。
ギガ時代に突入しているところもあるが,ココログはどのように変貌を遂げるのか。

9100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

損害賠償請求事件(最高裁判例)

判例 平成16年09月07日 第三小法廷判決 平成15年(オ)第975号、平成15年(受)第1030号、1031号損害賠償請求事件

『要旨:
1 代用監獄である警察署に勾留中の被疑者について「接見等の指定に関する通知書」を発した検察官が留置担当官から弁護人が接見の申出をしたことの連絡を受けて約40〜45分後又は約34分後に接見指定をしない旨の回答をしたことが違法とはいえないとされた事例
2 代用監獄である警察署に勾留中の被疑者について弁護人から接見の申出を受けた留置担当官が接見を開始させた直後に接見を中断させた措置が違法とはいえないとされた事例』

続きを読む "損害賠償請求事件(最高裁判例)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『一太郎等関連製品の「ヘルプモードデザイン変更モジュール」を3月2日よりダウンロード提供開始』とのこと

 一太郎・花子関連製品の「ヘルプモードデザイン変更モジュール」を3月2日(水)よりダウンロード提供開始

 開始日 :2005年3月2日(水) 11:00
 概要 :以下の製品のツールボックスの「ヘルプモード」ボタンを違うデザインに変更。
 対象製品:
 製品名         対象Ver
 一太郎     9/10/11/12/13/2004/2005
 花子      9/10/11/12/13/2004/2005
 ATOK     12/13/14/15/16/
 三四郎     9/2005
 一太郎 for Linux
との案内がなされています。

 別に,ジャストシステム社の回し者ではございませんが,日本語ワープロに接する時間が長いという方は,MSワードより,はるかにお勧めのソフトが「一太郎」。
 長時間の使用中,少しでもストレスが減った方が自らのため!
 一太郎で作成して,MSワードで保存することも出来ます。 

9093

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.01

損害賠償,仮執行の原状回復等請求事件(最高裁判決)

判例 平成16年10月15日 第二小法廷判決 平成13年(オ)第1194号、1196号、平成13年(受)第1172号、1174号 損害賠償,仮執行の原状回復等請求事件


『要旨: 水俣病による健康被害の拡大につき国及び熊本県が損害賠償責任を負うとされた事例』

続きを読む "損害賠償,仮執行の原状回復等請求事件(最高裁判決)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »