« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005.05.30

写真撮影

 今日は仕事をしている姿を写真に撮られる機会があった。
 今日だけに限らずいつも風体には殆ど気を遣わない質なのだが,特に今日は,二日酔いということもありギリギリの時間まで寝ていた。家を出た後に,髭を剃るのを忘れていたことに気がつき,もういいかと半分思いつつも思い直して戻ったという有様だった。髪もボサボサに近かったのかもしれない。服もその場にあったものを,急遽,寄せ集めにして着ていたようなもの。
 まあ,いつもとそれほど変わらないが。
 今日の撮影はたまたまだったとのことで,前もって予告があったわけではなかった。
 そんな状態で撮影された写真がどのような場面で用いられるのかすら把握していない。
 被写体が元々大したことがないのに,上記有様。益々出来映えは期待できない。
 できるだけ,小さくして用いて欲しいものだ(笑)。

10078

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来客

昨日は,来客があった。
大人と子供,あわせると20人以上?
狭い部屋によくぞ入ったものだ。

大勢の客人を迎えるに当たり,大掃除&整理。
客人が来て頂かないことには部屋がきれいにならない(笑)

しかし,今日あたり,苦情が来ることは覚悟しなければならない。
ご迷惑をおかけ致しました。

二日酔い。辛い。
今日の朝が早いのでセーブをしたのではあるが。

10077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.29

ホルンの6重奏

昨日のジョギングの後遺症?やはり体が痛い。日頃の不摂生を実感せざるを得ない。

昨日の夕刻
 イベントでやっていたホルンの6重奏を聴きに行った。狭い空間であったこともあり,かなり良い響きだった。ホルンを聴いたという気分になった。
 ただ,下の子供を連れて行ったのは不覚だった。音が大きすぎだの,眠たいのだの・・・・結局,残念ながら途中でリタイア。
 喜ぶかと思ったが,判断ミスだった。

 昨日1日かけて書面を書き上げようとしたのだが未だに終わらない。平成12年からの案件でもあり,今まで書きためたものを接ぎ貼りするだけでも大仕事。その上,新たに埋め込まなければならない事項も多々あり。
 〆切目前なのだが,めどが立たない。
 明日は,客人が来ることから,作業の続行は厳しい。
 そればかりか,準備のための早起きすらあやしい状況となってしまった。
 ・・・・・・・

10067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.27

久々のジョギング

完成させなければならない書類がいくつかある。
しかし,PCの前に座っても同じ姿勢を続けていられない。
こんなときはあかん。
諦めも肝心。
早めに帰宅。
いつ以来かのジョギング。
ようやく約4km。
しかし汗を少しかくと体も生き返る。
久しぶりのジョギングはなかなかええもんだ。
明日から再起。

また時間を無理にでも作って
チャレンジせねば。

10061

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早く帰って寝ればいいのに

仕事場に戻ったものの
思考能力が回復不能。
色々とデスクの前にあったが,
読んでも頭の中に入ってこない(深刻)。
やむなく車の川を渡って,アルコールの世界。

・・・・・
今思えば,早く帰って寝ればいいのに。
今頃帰宅ではあきまへん。・・・・・
しかし,意識があるだけましか・・・

昨日こなすべきだった分
今日やるしかない!

10056

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.26

心構えの必要性

まあ,我ながら上出来だったか。
ちかれた・・・・・
あとは評価の問題。
行き着くところまで行くことになるのや。

いずれにせよ
やはり心の余裕を持たせておくことは
大事なこと。

別の件
上の良い結果がかえってきた。
めでたしめでたし。
これはここで打ち止めかな。

10054

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1つ踏ん張り所

今日は1つの区切り。
しっかりいかねば。

10047


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.25

明日の準備が完了

ようやく明日尾準備が完了。
重たいのが2つもあると
さすがに容易くはない。
更に,時間があると
少しでも手をかけたくなり,
余計に時間がかかってしまう。
1回限りのものなのに,とは思ってしまうが,
なかなか割り切れる性分でもない。
結局,いつもこの時間帯になる。
やはり,自転車操業。

さて,風呂入って一息ついて寝るとしよう。
6時の起床までまだ時間がある。

10040

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.23

鳥が鳴き始めたか

外は白み始めたようだ。
そんな時間になってしまったが,
サテ寝るとするか。
1時間チョイは寝れる。
今週をクリアせねば。
1つの山か。

10023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.22

東花園が準急停車駅に

 近鉄奈良線の東花園駅に来春から準急が停車するとのこと。
 あのあたりでは,いつ瓢箪山が準急停車駅になるのかと,大昔に話のネタにされていた。しかし,瓢箪山駅は,乗降客は多いものの,奈良駅方面に向かう列車にとっては,瓢箪山駅を過ぎると急な登りとなり且つカーブにさしかかるということから,停車駅とすることが難しいと聞いたことがる。
 その信憑性はともなく,そうなのかと思わされた記憶がある。
 個人的には,準急停車駅が増えることは,大阪方面へ赴くに,時間が更に要することとなるのであまり歓迎できるといった気持ちにはなれなかったというのも正直なところ。
 この度は,新たに停車する駅が,瓢箪山駅でなくて,東花園。
 時代の流れなのか。
 それはともかく,従来停車しなかった駅に停車させる傾向。
 拡大する一方。

 少し前の記事にはなるが,永らく近鉄奈良線を利用していた者としては関心事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公園

ztpsh0005.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜道の徘徊

ztosh0004.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜風に

寝るかと思ったが
独りふらっと深夜の公園
ベンチにころがり
スニーカー脱いで風を感じれば
謂うこと無し。

池からきこゆる魚の跳ね音
鳥ノ鳴き声
木の葉のざわめき
救急車のかすかなサイレン。


ztlsh0003.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.21

働きました

しかし,なかなか難しい。
考えれば考えるだけ深みに。
終われない・・・・・
早々に終わらせる予定が・・・・・
そうも行かぬ


一息
マーラー『交響曲第2番「復活」』
小澤征爾指揮
サイトウ・キネン・オーケストラ
良い演奏です。
ライブで聴きたい!!!

いつ買ったのかわからないが,
さがしていたら見つかった。
時々そのようなCD等がある

この曲は,大昔にラジオで聴いたときに
何じゃこれ。。。。。で終わった。
その後,小澤征爾のドキュメンタリーを観て
いい曲じゃないと・・・・
音楽家でなかった人が,この曲に感動して,
大枚をかけてこの曲のみの指揮者を志したとか
色々といわくのある曲。

聴けば,
30才台のマーラーの率直な気持ちが表れた曲のように思える。

今日は早く寝るに限る。
こなすべきことは明日続行。

10007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.20

10000突破

10000を超えた。
キリ番を自ら踏むことが出来なかったのは少し残念かも(笑)
それはともかく,
ご来訪いただいている皆様
ようこそお越し下さいました。
主に管理人自らのために作っているものではありますが,
訪問いただいている方にとっても
何かの参考等になりますれば,
望外の喜びです。
また,お寄り下さいませ!

10001

ちなみに
ブログのアクセスログは
12072

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.19

「亡き王女のためのパヴァーヌ」(大阪フィルハーモニー交響楽団第388回定期演奏会より)

大阪フィルハーモニー交響楽団
第388回定期演奏会
5月19日(木) 
指揮:井上道義
会場:ザ・シンフォニーホール
ラヴェル/スペイン狂詩曲
ラヴェル/左手のためのピアノ協奏曲 ニ長調
  (独奏:菊池洋子)
ラヴェル/組曲「クープランの墓」
ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ
ラヴェル/「ダフニスとクロエ」第2組曲

ラベルづくしのプログラム。
生で聞くのはすべて初めて。
オーケストラを駆使した曲の数々
各曲毎に言いたいことあり。
だが,1曲だけ取り上げる。
『亡き王女のためのパヴァーヌ』
思い入れのある曲
しびれそうになり
泣きそうになった。

9993

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふう・・・・

ようやくまとめの書類1つでけた。
あとは見直しか。

9987

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.17

335万人

 総務省の発表によればブログ開設者が今年3月末で約335万人が開設し,2007年3月末には約782万人に倍増する見込みとのこと。
 
9979

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひととき(ベートーベン「田園」byフルトヴェングラー&ベルリンフィル)

期限間近となっている最終のまとめの書類を作成しなければならない。
さすがに難敵。
簡単にはいかない。

フルトヴェングラー指揮ベルリンフィル演奏による,
ベートーベンの田園(第6シンフォニー)。
録音が元々古いし(当時の演奏会場での生録音とのこと),ダイソーで買ってきた100円のCDゆえ音質はとても悪い。
それでも曲の雰囲気はつかめる。
第5楽章,ぐいぐいと引っ張る引っ張る。
圧感は,ラスト。
それまでとはがらりと変わり
極端なまでにテンポが落とされる。
頭を音が巡る瞬間。

さて風呂入って寝るか・・・
昨夜は3時に寝て6時起き
途中電車等で仮眠をしたものの
寝不足
・・・・・・・・・・・
まだしばらく覚悟せねばならぬ。
・・・・・・・・・・・

9974

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.16

衣替え

家が狭いものでシーズンものの服は実家に置いてもらっている。
のはよいのだが,取り替えようと思うと取りに行かなければならない。
昨日,ようやく入手できた。
今日から,夏バージョン。
朝6時頃は冷んやりとしていていたが,昼になると夏服でも厚いほどになった。
今日,冬物であればやばかった。

昼から良い結果を一つ頂いた。
ありがたいことである。

9969

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほっとするひととき(ベートーベンのヴァイオリン協奏曲byパールマン)

 イツアーク=パールマンのソロによるベートーベンのヴァイオリンコンチェルト。
 1986年11月に録音されたCD。
 指揮は,ダニエル=バレンボイム,オーケストラはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。
 この録音は,パールマンとベルリンフィルの初顔合わせのものだとのこと。
 パールマンのヴァイオリンの輝かしい音,伸びやかな曲想そして深い思惑。
 格別の味わい。
 彼の奏でる音楽は彼の人柄そのものと,友人が述べていたことがあったが,まさにそうなのだろう。

 昨日は,どうしても至急に対処せざるを得ない件にて夕刻より夜8時過ぎまで仕事上の打合せ。その前はマンションの理事会。いずれもそれなりの目的は達したのでそれはそれで良かったのだが・・・・・・せわしない。
 ・・・・・・・・・・・
 そんな夜には,このCD。
 あとは風呂入って寝るだけ・・・
 
9963

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.15

教員免許を失効した教員数

毎日新聞社の都道府県・政令市教委に対するアンケート調査の結果,
「全国の公立小中高校などで,わいせつ・セクハラ行為で教員免許を失効した教員が,教育職員免許法の改正(03年1月)後から今年3月までの2年3カ月で,250人を超えた」
ことがわかったとのこと。

しかし,エライ数だ。

さらに,上記アンケートによれば次の通りだったとのこと。

わいせつ行為で懲戒処分(免職、停職など)とされた教職員数
(「非公表」とした宮崎県と横浜市を除く)
04年度134人  

警察に逮捕・送検者数
(「非公表」とした栃木県、大阪市を除く)
02年度49人
03年度54人
04年度55人

教職員から性的被害に遭った子供の数
(02年度〜3年間)
自分が勤務する学校の児童・生徒
370人
自校以外の18歳未満
92人
栃木県は「数字も被害者の人権にあたる」として公表しなかったそうだ。
仮に,正確に報道されているとすれば,栃木県の回答内容は,たぶん万人に理解不能であろうとしか言いようがない。回答内容からうがって察すれば,栃木県では,被害者数が異様に多いか,それとも杜撰な扱い故に数が異様に少ないかのいずれかであることが推察させるとしかいいようがない。

いずれにせよ,他人事ではかたづけられない結果であるところ,子の親でもあり尚更である,

毎日新聞社記事

9954

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.14

ICキャッシュカード

 スキミングの記事が気になっていたところ,通りがかった銀行にICキャッシュカードのパンフレットが置かれていたので内容を確認
 その銀行のものによれば

1.手数料(1,050円)
 発行時及び5年毎の更新時
2.現金引き出し方法
 ICチップによる引き出し
 磁気ストライプによる引き出し
3.1日の引き出し限度額
 ICチップ・・・・・・300万円
 磁気ストライプ・・・当初0円に設定
   300万円まで設定変更可)
   他行ATM引き出し・デビットカード利用を含む。
   (デビットカード利用まで含まれるので要注意)
4.引き出し可能ATM
 ICチップ・・・同行に設置のICチップ対応ATMのみ 
 磁気ストライプ・・・従来同様
 
 採用に際しては,検討が要だ。
 発行手数料が無料の銀行もあるようであり,昨今の銀行による補償の強化を考えると,少なくとも発行手数料が低額化或いは無料化の方向にはなるだろう。従って,今,費用をかけて焦って変更する必要があるかどうか。
 反対に,スキミングや盗難等の被害にあい且つ預金者に落ち度があった場合には,補償額が減額されることを考えると,手数料は目くじらを立てるほどの費用とは言い得ない。
 個々人の判断に委ねられるところか。

 しかし,余談ながら,銀行のパンフレットって,何故わかりにくいものなのだろうか・・・・・。何回か読み返して,ようやく上記が理解できた。 

 9950
 あと50で10,000か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パラソルの向こうの空

あと1時間30分の時間待ち。
PCを持ち出し、町中の屋上にて思案。
されど進まず(笑)ztish0001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホールレスの多いところならでは

難波のとあるビルにて
洗濯ですか・・・・・zthsh0000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.13

ソニーバイオの不振(今こそSDカードを採用して欲しいね)

「ソニー大凋落、バイオ大不振…国内シェア5位に」と報じられている。

 個人的には,ソニーのパソコンは良い製品だと思う。
 以前使用していたC1も斬新で良い製品であった。
 それでも今やソニーの製品を購入しない。
 ひとえに,SDカードが使用できないからである。
 今やデジタルカメラやビデオ,携帯電話,オーディオ機器等色々な機器間でデジタル情報をやりとりする機会が増えている。
 その媒体のスタンダードは,今やSDカードである。
 デジタルカメラではコンパクトフラッシュカードを用いているものが多々存在したが,今や大衆仕様の新製品からは駆逐されてしまったのではないだろうか。
 そのような時代に,メモリースティックを維持することは時代錯誤であろう。
 メモリースティックの先駆けとしての位置づけ及びソニーの自負は理解できるが,だからといって不便なものを購入しようとする人が多いとは思えない。
 SDカードが使用できない限りソニー製品を今後も購入することは無いだろうと言わざるを得ない。
 苦境である今こそ,ソニーの決断のしどころだと思うのだが。

 9942

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.12

夢の宇宙旅行

 6カ月から8カ月の訓練を経て,ロシアの宇宙船「ソユーズ」で地球を出発し,地球の周囲を回る国際宇宙ステーション(ISS)を訪問し1週間滞在して,地球に戻ってくる。
 その費用は21億円とのこと。
 来年のツアーのために日本人1人が手続き中とのこと。
 夢の宇宙旅行・・・・
 ・・・・・単なる「夢」ですね,私にとっては。

 9930

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みどりの日が移動するとのこと

2007年から
4月29日:「みどりの日」→「昭和の日」
5月4日:「国民の休日」→「みどりの日」
となるとのこと。
5月13日の参院本会議で成立する見通しのようだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車操業であることについて

 力を抜けば,それはそれでこなせるのだろうが,より良きものを目指して時間を費やしている結果なので,已むを得ないと前向きに評価するか。
 それとも,直前まで放置しているが故に,結果的にそうなっているだけに過ぎないと評価するのか。

 どちらでもあるのか?

 9918 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.11

京都はもっと暑かった

この時期にこれほど暑いとかないまへんなあ・・・・

自転車操業継続中

9913

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.10

松山もあつうござんした

早く帰れるかと思いきや、別件の打ち合わせが入り、また、最終。
帰ってからすべき明日の準備・・・大変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.09

管制官の復職

羽田空港の管制官が,2期の飛行機に,閉鎖中の滑走路への侵入を指示していたことが問題となったが,問題のあった管制チームのうち,誤指示に直接は関与していなかった13人について,業務再開を認めるとのこと。
 これらの人も,滑走路を閉鎖されていることは全く失念していた。つまり,たまたまその時点で受け持つべき飛行機が無かった故に誤指示を行わなかったというのに過ぎないのだろう。
 そういう意味では,誤指示をした者とどの程度異なるというのだろうか。
 同人らは,実技試験で管制技術に問題がないことが確認されたとのことであるが,多くの人命に関わるところ,問題なのは管制技術ではないはずなのだが。
 今度これらの者達が大きなミスを行ったときには,復職を許可した上司達も責任をとる覚悟が当然に出来ているということと考えざるを得ない。

9901

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.08

南阪奈道路:初チャレンジ

 今日は仕事関係のゴルフに参加。
 練習もしていないし,最近はコースにも出ていないことを考えると,参加することはおこがましいという気もあるが,楽しく参加できればそれはそれで。
 今年初のゴルフ。
 天気は多少の曇りがちで風は微風。
 絶好のゴルフ日和。
 スコアは,予想よりはまし。
 決して公言は出来ないし,満足というものではないが,練習も本番も行かないことを思えば,この程度でおさまって安堵というところ。
 場所は,太子町のあたり。
 当初は場所を聞いただけで,行くのに時間を要するなぁとの感。
 しかし,昨年(平成16年3月)一部開通した「南阪奈道路」を利用することによって,かなり短時間で行くことが出来るようになった。
 往復とも片道が40〜50分というのはかなり楽。
 兵庫県の吉川のあたりのゴルフ場に赴くと,片道は,高速道路を用いても行きで1時間以上,帰りとなると2時間以上を要してしまう。
 大概寝不足で参加し,ゴルフ疲の後に2時間以上の運転は,自動車運転の機会がそうあるわけでもない私にとっては至難の業。
 40分程度の運転程度で済むことは捨てがたい。
 道が出来て便利になることは嬉しいことである(ここでは損得等の経済的効率性の観点はさておく)。
 但し,カーナビのデータが古く,新しい道のデータが入っていない。
 近時は,慣れた道しか利用しないので,古いデータでも特に問題がないのだが,不慣れで且つ遠方に行く際には困ることがある。
 今日も,行きは高速の表示を見ていれば降り口まで特に問題はなく,高速の出口からはカーナビが案内してくれる。
 しかし,帰りに,高速の入口まで辿り着くのは,簡単でないことがある。今日も,道に迷い危うく奈良県にまで行きかけてしまった。
 データの更新をする必要性を実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

制限速度の客観的根拠ってあるのだろうか?

 今回のJR福知山線の事故で速度制限違反があったことが指摘されている。
 しかしながら,そもそも速度制限とは何を根拠に決定されているのであろうか?
 速度制限を決定する,客観的な実験や研究に基づくものなのであろうか。
 もし,そうでないのならば,速度制限があったことが直ちに事故につながったとは言い得ないであろう。
 また,制限速度を守っていたら転覆事故が起こらないとも言い得ないことになる。
 鉄道だけでなく,自動車についても同じことを思う。
 高速道路等の制限速度はどのように決められているのであろうか。
 特に,制限速度が厳しく設定されている阪神高速道。
 (渋滞等の場合を除き)制限速度を遵守して走行している車両はどのぐらいあるというのだろうか?
 これらが真に危険であるならば,そのような速度制限違反の行為が起こらないような物理的なシステムがとられていなければならないはずだが,そのようなシステムが存在するとは思えない(スピード違反をした者に後々,反則金や罰金を課すだけではすまされない話である)。
 鉄道と自動車,違う点が多々あるということは理解できる。
 しかし,高速道路等で速度制限が遵守されていないことが大半であるという社会的実態を考えるならば,鉄道でのスピード違反の意味が今ひとつ伝わってこない。
 即ち,単に,(何の基準もなくだいたいで決めた)基準をオーバーしたに過ぎないというのか,本当に転覆等の危険があるものなのか。
 自動車の場合と同じと考えてよいのか否か。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.07

土曜日のおきまり

 土曜日の夕方は,特に用事が無い限り,下の子の求めに応じてキャッチボールやミニ野球等を行っている。
 キャッチボール等といっても,まだ小学校低学年であるため,柔らかいボールを用いてのものだが。
 近くの公園でいつもの通り遊んでいると,公演に居合わせた1人の子が参加を求めてきたこともあって,2人の子供vs1名の大人。
 結構走らされました。
 日頃,運動をしていない身にとってはきつい。
 しかし,こんなことを無理にでもしなければ,運動不足になる一方。
 それを思うと,誘ってくれることに感謝をすべきか。
 いつまで誘ってくれるのかは未知だが。

 だが,明日,久々のゴルフということを考えると。ちょっと,がんばりすぎた感は否めない。
 どうなるか。

 9887

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同窓

京都から戻り子供達を迎えた後は,
高校時代の吹奏楽仲間との飲み会へ
1年ぶり
高校卒業以来お会いしていなかった先輩とも久々のご対面
酒がすすみすぎてしまいました。


存じなかったのですが,
写真集などを出しておられるという女流棋士坂東香菜子さんは,友人の姪に当たるとのこと。
身近なところに色々な人がいるものです。

9876

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.05

アイス(ほうじ茶&抹茶)

アイス(ほうじ茶&抹茶

追記)
抹茶アイス等は見かけることが多くなったが,ほうじ茶アイスは初物。
結構香ばしくてよろしおます。

今回の京都は,時間切れ故に,ここまで。
キャンプから帰ってくる子供達を迎えに大阪へ急いで戻る。

ゴールデンウイーク中ということで,相当の人混みを予想したが,思っていたほどの混雑ではなかった。
暑い1日だったが,緑の世界を十分に体感することが出来たことは嬉しい限り。
次回は,紅葉のシーズンか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牡丹

牡丹

二尊院にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小倉山二尊院

小倉山二尊院

追記)
正式名称:小倉山二尊教院華台寺
本堂右に釈迦如来像,左に阿弥陀如来像の二本尊が安置されていることから二尊院とのこと。
現在は天台宗に属しているようだが,浄土宗の開祖である法然上人が中興の祖となるようだ。
こちらのブログに詳しく紹介されている。

CIMG2679

CIMG2680


CIMG2683

| | コメント (0) | トラックバック (0)

抹茶@大河内山荘にて

抹茶

一息

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が別荘と言えたらいいがね(笑

我が別荘と言えたらいいがね(笑


追記)
CIMG2670

CIMG2672

CIMG2674

CIMG2675
「持仏堂」・・・最初に建てられた建造物とのこと。
ここで瞑想にふけっていたとのこと。

CIMG2678


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大河内山荘

大河内山荘

追記)
丹下左膳役等で有名であった映画俳優大河内傳次郎氏(1898〜1962)が作った別荘。
この別荘は,昭和6年(1931)から建設に取りかかられたとのこと。

「粋」である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹林

竹林

追記)
嵯峨野を題材としたドラマなどでよく見かける竹林
テレビを観ながら,あのようなものはどこにあるのだろう,観てみたいものだと思っていた。
細い道へ何気なく入っていくと,竹・竹・竹・竹。
壮観。


CIMG2665

CIMG2667CIMG2668

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯豆腐

湯豆腐

冷も旨い。
うまい豆腐は醤油がいらん。

追記)
昼ご飯は,京都といえば湯豆腐かと思い,雰囲気のありそうな店へ。
「竹むら」
知らなかったが,1962年創業の老舗だそうで,雑誌等でも結構紹介されているところらしい。
全品がそろっているという「松コース」を食す。

CIMG2662

とうふ好きにはたまりまへん。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

満開

満開

天龍寺前にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝厳院

宝厳院

碧美

追記)
臨済宗大本山天龍寺の塔頭寺院であり,寛政2年(1461年)に室町幕府の官領細川頼之により創建されたとのことで,江戸時代の名所案内「都林泉名勝図会」にも掲載されていたようである。
140年間の沈黙を破って平成14年から公開されているようだ。

椅子に座り,ただ空間を感じるのみ。
それで満ち足りる。

CIMG2659

CIMG2658

CIMG2655



| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶景

絶景

ボート遊びお勧め

追記)
かなり奥まで行くことが出来る。
そして奥に行くほど景色が良くなる。
かなりお勧めの遊び!

CIMG2649


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は嵐山・嵯峨野

今日は嵐山

晴天なり

追記)
古都シリーズ
奈良に引き続き京都の嵐山・嵯峨野へ
嵐山は20年ぶり,嵯峨野は初。
京都にはよく行っているものの,何も見ていない自分を実感。
事前に,どこを観る等事前の予定はたてず,思いついた場所を観ることに。

写真は「渡月橋」
考えもしなかったことだが,東西方向に架けられた橋が多い京都で南北方向に架けられた橋とのこと
参照:gooの地図

CIMG2638


| | コメント (0) | トラックバック (0)

早朝の時間

朝5時半はさすがにひんやりとしている。
しかし,町がまだ活動を始めていない静けさの中で,鳥の声を聞くことはなんとなくすがすがしい。
サマータイム制が導入されると6時半となる。
これだけ明るいのなら,悪くないか。
夏至の頃には,日本でも午後8時頃まで明るくなるのか。
そのとき,どんな感想を抱くのやら。

9862

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.04

痛快マジックコメディ「よん様の心配御無用」byよしもとザ・ブロードキャストショウ

 午前一杯,先般出した課題の添削を行い,午後は,一息。
 大阪・道頓堀の浪花座跡地に出来た「サミー戎プラザ」の6階にある「道頓堀ゑびす座」にて 「よしもとザ・ブロードキャストショウプロデュース公演 Vol.9」の観劇。
 「道頓堀ゑびす座」は,「サミー戎プラザ」内にある「道頓堀極楽商店街」にあるのだが,「道頓堀極楽商店街」に入るのが一苦労。連休中ということもあるのだろうが長蛇の列・・・。
 こんな状態となっているいることなど思いもせず,いつもながらに時間に余裕を持たず家を出たものなので,建物に辿り着いた段階で,到底開演時間(14:30)には間に合わない状態。しばらく並んでみたが,どう考えてもアカンので,列を仕切っているお兄さんに事情を話したところ,降りる用のエレベーターに乗せていただき,なんとか間に合った次第。
 ついているというのかどう言えばよいのやら。
 演目は「痛快マジックコメディ『よん様の心配御無用』」(高畠清:作,鈴木健之亮:演出,瀧川一紀:ゲストマジシャン)。
 この劇団開設以来初めてのドタバタ喜劇とのこと。
 三枝雄子さんも,染次郎さんとの夫婦役で,浪花女房のいい味を出していた(笑)。
 おもろい,おもろい。
 こんな路線もいけるじゃないですか!
 今日は,まだ午後7時半からの公演があり,明日もやっているとのこと。
 この連休中に,道頓堀界隈に出没している方にはお勧め!
9858

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道頓堀極楽商店街にて

道頓堀極楽商店街にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.03

夜の興福寺

夜の興福寺

今から帰り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レストランにて

レストランにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良ホテルにて

奈良ホテルにて

食事だけだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浮見堂

浮見堂

光に映える

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山藤

山藤

大木に沿う藤をみると藤原氏の由縁を実感する。

追記)
大木(天皇家)があっての藤(藤原氏),大木(天皇家)の命脈を断つことなくそして大木(天皇家)にまとわりついて,そして大木のまわりで美しく高貴な花を咲かせる。
「藤」
よくぞ考えられた「家の名」である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウイークとは思えない

ゴールデンウイークとは思えない

静けさ

追記)
子供達が5月3日から3日間の予定でキャンプに出かけてしまった。
ということもあって,昼から京都に遊びに行くことも考えたが,
行くまでに時間をかかること及び人混みが予想され
行き先を奈良に変更。
大にぎわいの大仏殿を避けると,その余は余り人がいない。
歩く距離もあり,緑も多く,ぶらっと行くには非常に良いところである。

京都とまた違った風情があり。
絶対にお勧め。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

砂ずりの藤

砂ずりの藤

追記)
春日大社には,山藤や藤棚があり,藤が多いなぁとは感じていた。
家に帰って調べてみると,春日大社は,藤原氏の氏神とあった。
納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春日大社

春日大社

追記)
刻まれた文字を見ると,「慶長」,「天保」等江戸時代に献じられたものも多数見られた。
また,樹齢800年の杉は,鎌倉時代の絵巻物にも描かれているものであるとか。。。
歴史を感じざるを得ない。

初穂料500円を要するが,本殿の近くまで参拝をしたほうがよい。
貴重な文化財の維持に対する貢献だと思えば500円程度の出費,惜しむべきものではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたしゃ、わらび餅

わたしゃ、わらび餅

ちょっと休憩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二月堂休憩所

二月堂休憩所

雰囲気二重丸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二月堂

二月堂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春日野園地

春日野園地

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良散策

奈良散策

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頑張りを期待せねば!!!

最終の知識の仕入れが約15年前。
その前の主なネタの仕入れが約5年間。
はるか大昔。
記憶の衰えと共に,どこかへと旅だった???・・・・
という私のレベルより,今の者が低くて良いわけがない。
将来に基礎が身に付くことは,稀なこと。
今この時に
一層,二層,どころか15層ぐらいの頑張りが必要だろう。
基本的なことを!!!!!!
難しことは,基本がなっていなければクリアできない。
そうでなければ,
食ってはいけないし
他人様に迷惑がかかる。
俺でもそうなのに。

9845

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.02

連休の合間はやはり6時起き

やはり、休みではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.01

五月人形(鎧兜)の登場

今日も引き続き家のことを
まず,鎧兜を飾り
CIMG25502

ベランダのテーブルのニス塗り(2度塗り)
掃除機
フローリングの拭き掃除
等々・・・
特にフローリングの拭き掃除は体力勝負。
体力が落ちてますね・・・
このままではあきまへん。
買い物に行きたいが,降雨のためどうにもならない。
このようなときは,自転車では身動きがとれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水間鉄道会社更生法申請

 大阪の南(貝塚市)にある「水間鉄道株式会社」が会社更生法を申請したとのこと。
 負債は140億円とのことだ。
 バブル期に多大の不動産投資等を行いそれが裏目に出たこと等が原因のようだ。
 一度は乗ってみたいとは思っていたが,大阪に住みながら,機会が無く今日に至っている。
 会社更生ならば,鉄道自体は残ると言うことだろうか?

9831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »