« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005.07.31

今日も焼酎の水割り

一息
昨年沖縄で買ってきたグラスにて。CIMG2900
焼酎を。

朝早くチャリ
仕事場では倉庫にて段ボールの整理。
チャリ帰りで
戻ってきて20分ほど久々のジョギング。

チャリ帰りの途中
久々にアメ村通過。
夏休みの日曜日のアメ村は近寄りがたい雰囲気。
どこの世界だんねん・・・

10747

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜朝の自転車

寝苦しい夜の後だが
早朝外に出て,自転車をこぐと爽快。
日曜日朝7時頃の心斎橋筋には,徹夜遊び帰りの若者とカラス族のあんちゃん。
一晩中遊び続けるその元気さと不健康さがうらやましい(笑)
その中をチャリで駆け抜け
車の殆ど走っていない御堂筋の側道を全速力で逆送。

今日も頑張りましょう。

10737

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.30

焼酎の水割り

一息
CIMG2899
昨年沖縄で買ってきたグラスにて
焼酎を。

暑い日が続くと,屋上ビアガーデンでと行きたいところ。
しかし,あのような場所に1人ではつまらん(笑)

家でゆっくりと,美しいグラスでいただくのもおつなもの。

10733

| | コメント (0) | トラックバック (0)

約200通

第1弾は約200通
それにプラス材料とするものをほぼ同数
ちかれた(智枯れた)・・・・

明日も仕事場・・・
明日は倉庫にたまった書類の整理(破棄対象の選別)
・・・・・

10731

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レトロな

ドアノブとドア
趣はあれどスペアキーを作ることもかなわず、結構不便ではあるのだが。mg3dvc30037_i.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニコンポで音楽を

インターネットからダウンロードしてきたものをPCで聴いているだけではさすがに忍びない。
特に,小さいパソコンであるR−3では聴いていても全く臨場感がない。

附属のソフトで変換してSDにコピー。
4月に買ったミニコンポで聴くことができるようにした。
CIMG2486
インターネットからダウンロードした曲を聴くことがあまりなかったことから今まで機会がなかったからわからなかったのだが,ネットからダウンロードしたものにもかかわらず音質は極めて良い。
皆が,CDを買わなくなることが改めて実感でき得た。
但し,使用機器がミニコンポ,やけにうるさいクマゼミの声,時々走る電車の音という環境であることは十分に考慮しなければならないのだが。

そういえば昨日次のように報じられていた。
「携帯音楽プレーヤーの著作権補償、結論先送り・文化審
 デジタル録音機器などの販売価格に著作権料相当分を上乗せする「私的録音録画補償金制度」の見直しを論議していた文化審議会の法制問題小委員会(主査・中山信弘東大教授)は28日、予定していた意見集約を行わず、結論を9月以降に先送りした。」(NIKKEINET)

米アップルコンピュータの「iPod」など携帯型音楽プレーヤーを新たに課金対象に含めるかどうかが焦点となっているだ。
賛成派意見
「現実に音楽などの複製に使われている」
「携帯プレーヤーは2万曲も録音でき、権利者が失っている利益は計り知れない」
「私的複製の制限については、ベルヌ条約(著作権に関する国際条約)にも記載されており、日本でHDD/フラッシュメモリオーディオなどに関する補償金制度がないのは条約違反ですらある」

反対派意見
「音楽の録音など以外の用途にも使え、語学練習にしか使っていない人などから補償金を取るのは不公平」
「インターネット経由で音楽を受信して購入する「音楽配信」の利用者にとっては、二重の支払いになる。受信した音楽を携帯プレーヤーに入れると、音楽購入費と補償金の両方がかかる。」
「補償制度そのものに問題がある。それを議論せず、拡大するのは不適切」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10番目の惑星

「米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所は,7月29日に太陽系10番目の惑星を発見したと発表した。」と報じられている(今年の1月8日には発見されていたようだ)。
 新惑星は冥王星(直径約2300キロメートル)よりやや大きいとのこと。太陽と地球の距離よりも最大97倍離れたところに軌道があるという。

冥王星より大きいとなると,小惑星とは言い得ないので,れっきとした惑星として扱うことになるのだろう。
冥王星の外の惑星。何と命名されるのだろうか。
また,占星術に与える影響はいかん(笑)

かつて読んだ本にノストラダムス等昔の占星術師は偉かったと書かれていたのを思いだした。
その当時は,冥王星ばかりか海王星も発見されていなかった。
それにもかかわらず正確な星占いができ得ていたとのこと(笑)
占星術において,冥王星人なるものがあるように,惑星の影響は大きいと書かれていたことを読んだことがあるが,10番目の惑星の影響が今まではなかったのやら。

10725

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.29

バイロイト音楽祭の大植氏指揮による「トリスタンとイゾルデ」のダウンロード方法について

大植氏が指揮をするトリスタンとイゾルデ(バイロイト音楽祭のもの)は
「バルトーク・ラジオ」なるハンガリーのサイトからダウンロードすることが出来ます。
一番左の数字が時間帯(24時間表示)を示し,一番左にあるものが月曜日の分だそうです。
その月曜日の16時から21時の分に目的の音楽が入っています。

私の場合次のようにしてダウンロードしました。
「Ha」を左クリックして音楽を「windows Media Player」で再生させる。
再生中に,左上の「ファイル」をクリックさせて「メディアに名前を付けて保存」を選択する。
これにより拡張子mp3のファイルをダウンロードすることが出来ました。

なお,ご参考として

10720

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリスタンとイゾルデ(バイロイト音楽祭)

コメントにあるようにご紹介いただいたサイトで,大植英次が指揮したものをダウンロード。
全部を聴くとなると4時間ほど要するのでとりあえず冒頭の部分と終わりの部分を。
良い曲ですね。すばらしい演奏ですね。
映像も欲しいですね。
きりがありません。
・・・・・

追記)
検索しているとこのような記事を見つけました。
読売新聞のインタビュー記事
いいですねえ・・・・

追記2)
上記のインタビュー記事から引用
『ドイツの精鋭で作るバイロイト祝祭管弦楽団の楽団員代表だったトランペット奏者のジークフリート・ゲーテルは、大植が指揮するハノーバーの楽団員。大植の存在をワーグナー家に知らしめたのも彼だったが、昨年、病で亡くなった。
 〈亡くなる1週間前に見舞いに行ったら、「マエストロが来るから」と全身につけていたチューブを取り外し、服装もきちっとしていて……。「トリスタン」のスコア3冊にサインをしてもらった。「これであなたの心を一緒に持っていける。できるなら見てほしい」とお願いしたのですが〉』

ハノーバーの楽団員のマエストロに対する尊敬の念は並々ならぬものである。
ドイツ人気質なのか。
大阪の人はこれを超えねばならない!

10713

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.28

修理されてかえってきました(PC)

液晶画面の修理完了。
DVC30036
火曜日に宅配業者が取りに来て,2日後の木曜日には修理されて手元に戻ってきている。
非常に対応が早い。驚き!
しかし,7万円強(現金引換払い)は痛い。

10696

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう少し

mg1sh0016.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここは??

住んでいるところとは違う。
また
目的地まで歩かねば

追記)
飲みに行ってきました。
7時頃から飲み始めて12時半頃まで???
ラーメンも食べてしまいました・・・・
タクシーの中では自宅近くでウトウトしてしまったようで,気がつけばかなり行きすぎていました。
戻って・・・・
というのもなんとなくシャクで
降りてトボトボと・・・
自宅にたどり着いたあとは??
朝気がつけば・・・・
畳の上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.27

一息

朝6時起
今期は一度も遅刻なくして終了
持っていた出番一通り終えた。
ホッとすると共にあれもやっておけばとも思う。次の機会にはということで(笑)
という前に大きな仕事が残っている。マダマダ楽にはならん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.25

祭のあと

mfzsh0014.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラッキーボール(スマートボール)

天神祭にてmfxsh0012.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天神祭3

mfwsh0011.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天神祭2

音炸裂mfvsh0010.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天神祭

mfush0009.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あーあ,やってまった!液晶画面破損

土曜日(7月23日)
マウスのコードを引っかけてしまい,お気に入りのパソコン(レッツノートCR−3)をデスクの上から落下させてしまった。
アッと思ったときには既に遅し。
液晶画面がやられてしまった。
CIMG2861
本日,カスタマーセンターに問い合わせたところ,落下等による液晶の破損は保証の対象外とのこと。
聞けば結構要してしまう。また,要らん費用がかかってしまう。
それでも早く修理して頂かなければ。
この使い勝手には勝てません。
しかし,モバイルパソコン。どうしても破損等のリスクは高くなる。
データのバックアップがマメに必要・・・・・再度痛感。

10653

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極楽浄土(テレビの世界)

昨夜・・・午前2時頃から?
「平等院」の創建当時の復元を目指したNHK特集が放送されていた。
創建当時の色彩等が,CGにて復元されていた。

極楽浄土の世界。
今の古色蒼然とした平等院とは全く異なる世界。
色彩美。
かなり昔にシンガポールで見たヒンズー寺院が思い起こされる。
阿弥陀仏の周りに位置する絵。
極彩色。
門には極めて貴重な朱漆た用いられているとのこと。
絶頂期の藤原氏の力を結集した宇治の極楽浄土の世界。
極彩色。
極彩色。
当時の人は,この世に表された色鮮やかな極楽を目前にし,
きっと真に憧れたのであろうことは想像に難くない。
今回の映像で納得。

テレビの世界ついでに

「マルコムX」という映画が放送されている。
黒人運動指導者である「マルコムX」の生涯を監督スパイク=リーが映像化したもの。
当時は結婚前であった妻から見に行こうと誘われた最初の映画。私はさすがに,マルコムXがどのような人物かざくっとわかっていたが,妻は全く知らなかったようだ(よく,以降と言い出したものだ・・・笑)。
あまりにも重い内容の映画に,終演後,驚いていたことを思い出す。
久しぶりに見ているのだが,今見ている限りでは・・・・その各シーンにほとんど覚えがない。
今日は,寝なければ・・・・
また,一度じっくり見る機会が必要だ。

10649

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.24

かっこよろしおます大植英次

情熱大陸。
言うこと無し。
大阪人の人間として負けてられへん。

PS
大植氏が
この世の1つの最高峰と言われる
バイロイト音楽祭で
ワーグナー作曲
「トリスタンとイゾルデ」に挑むのにあとわずか。
曲が曲。
半端な曲ではない。
どんな出来なのだか。
聞くことがことが出来ない我が身が,
残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最初の一走り

確かに速い
明日の仕事道具をとりに試し運転
足は辛いmfssh0008.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいチャリ

難しい
チョイトそこまでのお遣いには不向き?
スピードもかなり出る気をつけねば
さらに問題は
私以外の家族が乗ることは無理そうであること
私だけの思いに走ってしまった結末はいかん・・・・mfpsh0007.jpg

追記
古いチャリは,ストッパーが駄目になり,サビも出て限界。
マンション住まいにとって,自転車は多く保有することは難しい。
なんとか調和のとれるものでなければならない。
ここ数ヶ月何カ所か店をまわった。
折りたたみ
段速
チェーンカバー
の3つの条件を前提に色々と探し回ったが,条件に沿うものは見つからず。
今回,この自転車は速いですよという売り文句に,見た目がそれなりのものという点に負けて
折りたたみ及びチェーンカバーは譲歩。

乗ってみると確かにギアーの調子は良い。
速い。
周りの自転車を抜いていくことは容易い。
自動車や人の殆どいない日曜日だからということは大きいだろうが。

優れたものは優れている。
当たり前のことだが,優れたものに出会えることはとても嬉しい。
但し,チューニング・・・・
感心は出来るが,専門的すぎて私には対処できない点が多く
とても悲しくもある・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H17. 7.13 大阪地方裁判所 平成15年(ワ)第9907号 損害賠償請求事件

◆H17. 7.13 大阪地方裁判所 平成15年(ワ)第9907号 損害賠償請求事件

事件番号  :平成15年(ワ)第9907号
事件名   :損害賠償請求事件
裁判年月日 :H17. 7.13
裁判所名  :大阪地方裁判所
部     :第4民事部

判示事項の要旨:
 原告会社の従業員(事業本部運営本部長)であり,その後取締役となった被告が,上司の指示に基づき,会社の経営上何ら必要がないにもかかわらず会社の取引先に対して無償の資金援助をし,その結果会社に対して約1億8600万円の損害を与えたことについて,これが雇用契約上の誠実義務や取締役としての善管注意義務及び忠実義務に違反するとした上,会社に対する退職金債権はないとして相殺の抗弁を排斥し,会社が求めた損害賠償請求を認容した事例

続きを読む "H17. 7.13 大阪地方裁判所 平成15年(ワ)第9907号 損害賠償請求事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高裁判例 平成17年07月22日 第二小法廷判決 平成16年(受)第443号 親子関係不存在確認等,相続回復,土地所有権確認等請求事件

判例 平成17年07月22日 第二小法廷判決 平成16年(受)第443号 親子関係不存在確認等,相続回復,土地所有権確認等請求事件
要旨: 遺言書作成当時の事情,遺言者の置かれていた状況等を考慮することなく遺言書の記載のみに依拠して遺言書の条項の解釈をした原審の判断に違法があるとされた事例

内容:  件名 親子関係不存在確認等,相続回復,土地所有権確認等請求事件 (最高裁判所 平成16年(受)第443号 平成17年07月22日 第二小法廷判決 破棄差戻し)
 原審 大阪高等裁判所 (平成14年(ネ)第3896号)

続きを読む "最高裁判例 平成17年07月22日 第二小法廷判決 平成16年(受)第443号 親子関係不存在確認等,相続回復,土地所有権確認等請求事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高裁判例 平成17年07月22日 第二小法廷判決 平成16年(行ヒ)第343号 審決取消請求事件

判例 平成17年07月22日 第二小法廷判決 平成16年(行ヒ)第343号 審決取消請求事件
要旨: 登録商標「国際自由学園」が商標法4条1項8号所定の他人の名称の著名な略称を含む商標に当たらないとした原審の判断に違法があるとされた事例

内容:  件名 審決取消請求事件 (最高裁判所 平成16年(行ヒ)第343号 平成17年07月22日 第二小法廷判決 破棄差戻し)
 原審 東京高等裁判所 (平成16年(行ケ)第168号)

続きを読む "最高裁判例 平成17年07月22日 第二小法廷判決 平成16年(行ヒ)第343号 審決取消請求事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.23

5対3

セントラルの勝ち
14安打と11安打
まあイロイロ楽しみました

追記)
阪神のメンバーの多くが出場し,眼前で活躍する,言うことのない世界。
真摯なファンの多い甲子園球場の脅威。
いつ見ても素晴らしく怖ろしい。
他チームの人は戦々恐々だろうが,この時ばかりは,セリーグに属する人にとっては心強い味方???

新庄
絵になりますな!
1人で,チューメイトを協力に向かわせ,審判を協力させ,そして球場を沸かせることが出来る。
逸材。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風船

mfosh0006.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オールスターゲーム

甲子園球場にてmfnsh0005.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早朝

ラッキー
不良mfish0003.jpg

来られた方を交えた楽しいひととき。
美味しい魚等をいただき,
その後は,久々のカラオケ,ゲーセン,ボーリングそして再度お酒の世界。
ひどいことにゲーセン中に財布を遺失・・・・
熱中には注意!!・・・酒が入ったときは特に!!!
(酒飲んで・・・ボーリングをすることももってのほか??・・・・ってたまにあることだが・・・)
財布のないことに気がついたのは,ボーリングを3ゲーム終了後。
・・・・・・・・・・頭の中は
空白
諦められない諦めの思い。
軽率。

念のために窓口で確認をとったところ
奇跡
お金もそのままで預けられていました。
こんなことがあり得るのは日本だけかも知れません。

嬉しすぎて?
その後,飲める店を探して徘徊。
阪急東通りの,危険地帯をクリアして,正直そうな?アンちゃんのお薦めの店に。
お勧め通り,良い店でした!
ぼったくりかと思いきや・・・・・
それもなし。

ほぼ意識のないままに帰宅。
それでも風呂には入っていたようです。
タクシーに乗ったときには既に明るく。
というのが写真。

まあ・・・・
まだなんとか元気ということでしょうや・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.21

ボロボロ

一生懸命準備はすれど
馬鹿げたやつはどないもならん。
異様に疲れた・・・・・

PS
その馬鹿げたやつとの顔合わせは馬鹿げた結果か。
いやになる。
まあ,その馬鹿げたやつは,その後の人生には苦労しているらしいが。
当然のことだが。
その馬鹿げたやつともお別れになる!!!!!!!!!!
どうにもならんやつに対しては
雪辱など考える余地はない・・・・
接点を無くすだけ。

10600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目詰まり

昨日1件が終わった。但し,後日引換に200枚以上の紙が送られてくるが。それをやっつけなければならない。
今日は4人。
準備の続きは2時間ほど寝てから・・・

10598

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.20

最高裁判例 平成17年07月19日 第三小法廷判決 平成17年(行ツ)第73号 選挙無効請求事件

判例 平成17年07月19日 第三小法廷判決 平成17年(行ツ)第73号 選挙無効請求事件
要旨:
 衆議院小選挙区選出議員の選挙に係る選挙訴訟係属中に当該選挙において当選人となった議員が辞職したことにより選挙訴訟の訴えの利益が失われる場合

内容:  件名 選挙無効請求事件 (最高裁判所 平成17年(行ツ)第73号 平成17年07月19日 第三小法廷判決 破棄自判)
 原審 東京高等裁判所 (平成15年(行ケ)第551号)

続きを読む "最高裁判例 平成17年07月19日 第三小法廷判決 平成17年(行ツ)第73号 選挙無効請求事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高裁判例 平成17年07月19日 第三小法廷判決 平成16年(受)第965号 過払金等請求事件

判例 平成17年07月19日 第三小法廷判決 平成16年(受)第965号 過払金等請求事件
要旨: 貸金業者は,債務者から取引履歴の開示を求められた場合には,特段の事情のない限り,信義則上これを開示すべき義務を負う

内容:  件名 過払金等請求事件 (最高裁判所 平成16年(受)第965号 平成17年07月19日 第三小法廷判決 破棄差戻し)
 原審 大阪高等裁判所 (平成15年(ネ)第3348号)

続きを読む "最高裁判例 平成17年07月19日 第三小法廷判決 平成16年(受)第965号 過払金等請求事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高裁判例 平成17年07月15日 第二小法廷判決 平成16年(受)第1611号 第三者異議事件

判例 平成17年07月15日 第二小法廷判決 平成16年(受)第1611号 第三者異議事件
要旨: 第三者異議の訴えの原告の法人格が執行債務者に対する強制執行を回避するために濫用されている場合には,原告は,執行債務者と別個の法人格であることを主張して強制執行の不許を求めることは許されない

内容:  件名 第三者異議事件 (最高裁判所 平成16年(受)第1611号 平成17年07月15日 第二小法廷判決 棄却)
 原審 東京高等裁判所 (平成16年(ネ)第727号)

続きを読む "最高裁判例 平成17年07月15日 第二小法廷判決 平成16年(受)第1611号 第三者異議事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高裁判例 平成17年07月15日 第二小法廷判決 平成15年(行ヒ)第250号 非公開決定処分取消請求事件

判例 平成17年07月15日 第二小法廷判決 平成15年(行ヒ)第250号 非公開決定処分取消請求事件
要旨: 1 土地開発公社が個人から買収した土地の買収価格に関する情報が名古屋市公文書公開条例所定の非公開情報(所得,財産等に関する個人識別情報のうち通常他人に知られたく
ないと認められるもの)に当たらないとされた事例
2 土地開発公社が個人に対して支払った建物,工作物,立木,動産等に係る補償金の額に関する情報が名古屋市公文書公開条例所定の非公開情報(所得,財産等に関する個人識
別情報のうち通常他人に知られたくないと認められるもの)に当たるとされた事例

内容:  件名 非公開決定処分取消請求事件 (最高裁判所 平成15年(行ヒ)第250号 平成17年07月15日 第二小法廷判決 一部破棄自判,一部棄却)
 原審 名古屋高等裁判所 (平成13年(行コ)第8号)

続きを読む "最高裁判例 平成17年07月15日 第二小法廷判決 平成15年(行ヒ)第250号 非公開決定処分取消請求事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高裁判例 平成17年07月15日 第二小法廷判決 平成14年(行ヒ)第207号 勧告取消等請求事件

判例 平成17年07月15日 第二小法廷判決 平成14年(行ヒ)第207号 勧告取消等請求事件
要旨: 医療法(平成9年法律第125号による改正前のもの)30条の7の規定に基づき都道府県知事が病院を開設しようとする者に対して行う病院開設中止の勧告は抗告訴訟の対象となる行政処分に当たる

内容:  件名 勧告取消等請求事件 (最高裁判所 平成14年(行ヒ)第207号 平成17年07月15日 第二小法廷判決 一部破棄差戻し,一部棄却)
 原審 名古屋高等裁判所金沢支部 (平成13年(行コ)第18号)

続きを読む "最高裁判例 平成17年07月15日 第二小法廷判決 平成14年(行ヒ)第207号 勧告取消等請求事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.19

昨日梅雨が明けたそうな

更に暑い日が続きそうだ。

仮名
泉南
ラウンジ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.18

変遷(めがねについて)

眼鏡の変遷。手前のものほど新しい。
小さくなるとともに世界も狭くなった。mfesh0011.jpg

3代前の眼鏡と新しい眼鏡の比較。
DVC20384
レンズの大きさが全く異なる。
3代前の眼鏡は度が低いため今でも結構使用しやすい。
また見える世界が広い・・・この度改めて実感
2代前の眼鏡から1代前の眼鏡に代えるときには,大きな違和感があった。
見える範囲がこれだけなのと?
なれればそれまでのことだが。
今回の眼鏡は,見える世界が更に狭まった。
考えようによっては,その範囲に集中できる,ということか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

月曜日分のラスト

昨日もPC前の時間が長く,体がパニック。
体を動かすため,夕方,子供達とプールへ。
私にとってこの夏初プール。
体がすっきりするかと思ったが,かえってだるくなりダウン。
今朝は4時起き。5時半頃から20分程度ジョギング。
この時間帯はさすがに涼しく気持ちよし。

旗日に仕事というのもかなわん。
しかし,今日で月曜日分2つが終了。
とはいっても,月曜日分についても大きな仕事が残っている。
それをとうとうやっつけなければならない時期が来てしまった。
また,顔合わせが亡くなることは寂しくもあるが。

さてPC前での膨大な作業時間との戦いか。

10568

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休日ダイヤ

ウッカリしていた。危ないところだった。平日とは時間が違い早く出る必要あり。
祝日なのに休みでないところがつらい。
さて祇園祭明けの京都はどんなのだか。
祭明け。来ない者もいるかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.16

歩いた・・

自転車のスタンドが壊れてしまっていて,自立しなくなってしまっている。
かなり前からの症状で,今までだましだまし使ってきたが,さすがに限界のようだ。
ということで,近所で自転車をそれなりに扱っていそうな店まで徒歩で。
約20分ほどの場所へ。
しかし,その店では思うようなものが見つからず。
自転車を断念して,スニーカーをさがすことに。
スニーカーも内底に穴が空いていて,歩くと足の裏が痛くなる状態。
DVC20284
歩きやすいことからスニーカーを日頃履いているのに,何のことはない。
今日は,思い切って,スニーカーを探しに。
何軒か見てみたが,気に入ったのは見つかれど,私にあうサイズが無い等・・・
なかなか決まらず。
最後の店でようやく決定。
なお,この店でも,店頭に並んでいる気に入ったものが多少大きなサイズだったので,ワンサイズ小さいものがあるかを店員に尋ねたところ,店頭に出ている現品しか無いですと言われ,決断に時間を要した。
大きすぎるクツは,歩いていると足がくたびれてくる。迷った。
それでも,履けないほどの感触ではなかったので,どうするべいかと・・・・悩悩悩
その後,よく見れば新品があり且つワンサイズ小さいものもあります!との,研修中との名札のついた先ほどのの店員の声。
・・・・・早よ。。言ってよな・・・

自転車はダメだったが,スニーカーは見つけることが出来た。
かなり歩いたが,気分的には良し。

10554

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人気の店は

行列。
串かつはやりだね
ジャンジャン横丁
通過するだけの私にとっても羨ましいかぎり。zuish0008.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

児童公園で

煮炊きはあかんやろ。
だが肝心の子供の姿、見当たらず。zuesh0004.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切実ですな

散歩途中に発見zucsh0002.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.15

最高裁判例 平成17年07月14日 第一小法廷判決 平成16年(オ)第1653号、平成16年(受)第1799号 売掛代金請求事件

判例 平成17年07月14日 第一小法廷判決 平成16年(オ)第1653号、平成16年(受)第1799号 売掛代金請求事件
要旨:
 被告が,抗弁として主張する弁済の事実に対応する書証を提出しているものと誤解していることが明らかであるにもかかわらず,裁判所が,同抗弁に係る立証等について釈明権を
行使せずに同抗弁を排斥したことには,釈明権の行使を怠った違法があるとされた事例

内容:  件名 売掛代金請求事件 (最高裁判所 平成16年(オ)第1653号、平成16年(受)第1799号 平成17年07月14日 第一小法廷判決 破棄差戻し)
 原審 名古屋高等裁判所 (平成16年(ネ)第49号、421号)

続きを読む "最高裁判例 平成17年07月14日 第一小法廷判決 平成16年(オ)第1653号、平成16年(受)第1799号 売掛代金請求事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メガネが・・・

下の子が触っていると壊れてしまったとのこと・・・・・
たしかオーストリア製とかで気に入っていたのだが(涙)
世の中が見えないのも??辛い。
@携帯zuash0000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しかったあとには苦労有り

いつものことだが,
なかなか終わりませんね。
風呂入って。
一旦寝るとしよう。

10536

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.14

最高裁判例 平成17年07月14日 第一小法廷判決 平成16年(受)第930号 損害賠償請求事件

判例 平成17年07月14日 第一小法廷判決 平成16年(受)第930号 損害賠償請求事件

要旨:公立図書館の職員が閲覧に供されている図書の廃棄について不公正な取扱いをした行為が当該図書の著作者の人格的利益を侵害するものとして国家賠償法上違法となるとされた事例

内容:  件名 損害賠償請求事件 (最高裁判所 平成16年(受)第930号 平成17年07月14日 第一小法廷判決 破棄差戻し)
 原審 東京高等裁判所 (平成15年(ネ)第5110号)

続きを読む "最高裁判例 平成17年07月14日 第一小法廷判決 平成16年(受)第930号 損害賠償請求事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高裁判例 平成17年07月14日 第一小法廷判決 平成16年(行ヒ)第4号 審決取消請求事件

判例 平成17年07月14日 第一小法廷判決 平成16年(行ヒ)第4号 審決取消請求事件
要旨:
 商標登録出願についての拒絶審決に対する訴えが裁判所に係属している場合に,分割出願がされ,もとの商標登録出願について指定商品等を削除する補正がされたときには,その補正の効果が商標登録出願の時にさかのぼって生ずることはない

内容:  件名 審決取消請求事件 (最高裁判所 平成16年(行ヒ)第4号 平成17年07月14日 第一小法廷判決 破棄自判)
 原審 東京高等裁判所 (平成15年(行ケ)第83号)

続きを読む "最高裁判例 平成17年07月14日 第一小法廷判決 平成16年(行ヒ)第4号 審決取消請求事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カトリック北野教会にて

弦楽器演奏のひとときzu8sh0000.jpg


大阪の茶屋町の直ぐ北側にある協会で行われた弦楽器だけのコンサート。
いずれも初めて耳にする曲ばかりであった。
バリエール作曲
チェロとコントラバスの為のデュオソナタ
ズビンデン作曲
バッハへのオマージュ作品44
ボッケリーニ作曲
2台のチェロのためのソナタ ハ長調
イザイ作曲
無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番バラード作品27
コダーイ作曲
ヴァイオリンとチェロのためのデュオ作品7
ロッシーニ作曲
弦楽のためのソナタ第3番ハ長調

ズビンデンの作品
コントラバスのための独奏曲でバッハ(BACH→ハ長調で読むとシ♭,ラ,ド,シ)をモチーフにした作品。バッハの名前をモチーフにした作品はいくつかある。1969年の作品であり技巧的にもかなりの難曲。コントラバスのソロの曲がそうそう多いわけでもないだろうしコントラバスの独奏に接する機会はそう多くないだろうと思われることを考えると,このような演奏の機会に巡り会えるとは貴重なことである。
コダーイの作品
聴けばコダーイの室内楽(?)とわかる作品
新たな世界を開こうとする意欲的な作品ワクワクさせられる
またヴァイオリンの方が秀逸であった。
あるオーケストラのコンサートマスター(いわゆるコンマス)を務める方とのこと。そのテクニックと音色に堪能させられた。
イザイの作品
超絶技巧の曲であるという知識はあったがいかにもであった。但し,バッハの作品を意識したものというだけあって,端正な作品である。名手による演奏を是非とも生で聴いてみたい。強く思う。
ロッシーニの作品
ヴァイオリン2台とチェロ,コントラバスというあまり見かけない編制の作品。コントラバスが入ることにより響きに重厚感が。意外。生演奏だけに尚更。心地よい。

場所について:
梅田の一等地にある教会。
教会自体はこじんまりとしていてアットホームな感じを受ける。建物もの見る限り豪華なものという感じを受けない。
しかし,敷地は結構広い。・・・・・資産価値となれば・・・
世俗的な発想から逃げられないこの身(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大津駅にて

やけに暑い日
ホームの風が涼しい。
@携帯zu6sh0000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.13

1つ終了

ネタ作りに悩んでいたものが1つ終了。
評価等が残っているがネタは作成しなくても済む。

終わればホッと一息。
反面寂しくもある?
のやら・・・

しかし,今日の暑さただものではない。
外は熱風が吹き荒れている・・
10522

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結局,徹夜

課題2+1
ネタ1
ファイルのまとめ1

寝る時間がなかった。
久々の完全徹夜
電車で一休みするしかないね。
7月が終わるまでは楽でない日々が続きそうか・・・・

10515

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.12

完泳との連絡有り・・・!・・・よかった。

偵察隊(?笑)より連絡有り

300メートル完泳したとのこと・・・
泳ぎ終わったあとはフラフラ状態とのこと。

よく頑張りました!
おめでとう!

10504

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高裁判所判例 平成17年07月11日 第二小法廷判決 平成16年(受)第2134号 預金払戻,不当利得返還請求事件

判例 平成17年07月11日 第二小法廷判決 平成16年(受)第2134号 預金払戻,不当利得返還請求事件
要旨:
 相続財産である預金債権について一部の共同相続人が銀行からその相続分を超えて払戻しを受けても他の共同相続人に当該超過分を支払うまでは当該銀行には民法703条所定の「損失」が発生しないとした原審の判断に違法があるとされた事例

内容:  件名 預金払戻,不当利得返還請求事件 (最高裁判所 平成16年(受)第2134号 平成17年07月11日 第二小法廷判決 一部棄却,一部破棄自判)
 原審 札幌高等裁判所 (平成16年(ネ)第106号)

続きを読む "最高裁判所判例 平成17年07月11日 第二小法廷判決 平成16年(受)第2134号 預金払戻,不当利得返還請求事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高裁判例 平成17年07月11日 第二小法廷判決 平成15年(行ヒ)第353号 審決取消請求事件

判例 平成17年07月11日 第二小法廷判決 平成15年(行ヒ)第353号 審決取消請求事件
要旨:
 商標法4条1項15号違反を理由とする商標登録の無効の審判請求が除斥期間を遵守したものであるというためには,除斥期間内に提出された審判請求書に,当該商標登録が同号に違反する旨の記載があることをもって足りる

内容:  件名 審決取消請求事件 (最高裁判所 平成15年(行ヒ)第353号 平成17年07月11日 第二小法廷判決 棄却)
 原審 東京高等裁判所 (平成14年(行ケ)第370号)

続きを読む "最高裁判例 平成17年07月11日 第二小法廷判決 平成15年(行ヒ)第353号 審決取消請求事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高裁判例 平成17年07月11日 第二小法廷判決 平成14年(行ヒ)第181号 固定資産評価審査決定取消請求事件

判例 平成17年07月11日 第二小法廷判決 平成14年(行ヒ)第181号 固定資産評価審査決定取消請求事件
要旨:
 固定資産評価審査委員会の認定した土地の価格が裁判所の認定した当該土地の価格を上回っていることを理由として審査決定を取り消す場合には,当該審査決定のうち裁判所の認
定した価格を超える部分を取り消せば足りる

内容:  件名 固定資産評価審査決定取消請求事件 (最高裁判所 平成14年(行ヒ)第181号 平成17年07月11日 第二小法廷判決 一部破棄自判,一部棄却)
 原審 東京高等裁判所 (平成13年(行コ)第224号)

続きを読む "最高裁判例 平成17年07月11日 第二小法廷判決 平成14年(行ヒ)第181号 固定資産評価審査決定取消請求事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高裁判所判例 平成17年07月04日 第二小法廷決定 平成17年(し)第125号 控訴申立棄却決定に対する異議申立て棄却決定に対する特別抗告事件

判例 平成17年07月04日 第二小法廷決定 平成17年(し)第125号 控訴申立棄却決定に対する異議申立て棄却決定に対する特別抗告事件
要旨:
 電子複写機によって複写されたコピーである控訴申立書による控訴申立てが無効とされた事例

内容:  件名 控訴申立棄却決定に対する異議申立て棄却決定に対する特別抗告事件 (最高裁判所 平成17年(し)第125号 平成17年07月04日 第二小法廷決定 棄却)
 原審 福岡高等裁判所 (平成17年(け)第2号)

続きを読む "最高裁判所判例 平成17年07月04日 第二小法廷決定 平成17年(し)第125号 控訴申立棄却決定に対する異議申立て棄却決定に対する特別抗告事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校行事(遠泳)

早朝のベランダでのPC
涼しくて気持ちよろしい。

上の子は昨日から臨海学舎へ
雨降りで気の毒。
今日は,今のところ曇天。
このまま雨が降らず,
暑くなっていただきたい。
今日は許す!(笑)
風もおさまって欲しい。

本日,300メートルの遠泳とのこと。
完泳を期待しています。

今時,遠泳?
ということで批判もあるとのことだ。
しかし,私としては,そのような行事があってもいいと考えている。
私は,殆ど歩きながらといえどもマラソンに参加した経験がある。
遠距離を走るなんて,中学時代までの私ならあり得なかったことだろう。
高校時代,10キロを走らねばならない学校行事が毎年あった。
いきなり10キロは無理。
さすがに練習をせざるを得なかった。
やれば何とかなった。
このことが,その後もポツポツと走ろうかという気にもさせた。
何かの行事による動機づけ。
それも大事なことだと思う。

行事を続ける学校関係者のご苦労も大変なことだとは思う。
皆にとって,事故がないように,無事に終わることを
祈っている。

しかし,来年度泳ぐ距離は
1キロだそうな・・・・・

とか書いているうちに
雨が降りだした・・・・

やんでね!

10501

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.11

バタンQ

今日は眠すぎ。
早々にダウン。
おやすみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しんだあとにはやるべきことが待っている・・

昨日の朝から今までPCの前でよく頑張った。
それでもまだまだ処理すべきことがある。
しかし,限界。
あとは,目覚め後に。

10492

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.09

チェコ国立ブルノ歌劇場オペラ「カルメン」バレエ(「ボレロ」有り)

チェコ国立ブルノ歌劇場オペラ

ビゼー作曲:オペラ「カルメン」
平成17年7月9日(土)16:00〜
フェスティバルホール
演出/ラディスラフ・シュトゥス
指揮/ミラン・カニャーク
カルメン/ガリヤ・イブラジモヴァ(MS)
ドン・ホセ/エルネスト・グリサレス(T)
ミカエラ/イヴェッタ・タンネンベルゲロヴァー(S)
エスカミーリョ/イジー・スルジェンコ(Br)

男の運命を誤らせる魅惑的な女性の物語。
激しい作品であり,また,切ないお話である。
自由に生きること。
難しいことかもしれない。

特に声楽陣はなかなかの力量であった。
また,著明なオペラであり知った曲が多いことはそれだけでも親しみやすいものであった。ハバネラなどが始まる場面などは鳥肌もの。

スペイン舞踊である「ボレロ」(ラベル作)が同じく演じられた(4幕前)。
モダンな振り付けのものだった。
オペラとの整合性についてどうかなぁと感じる点が無いではなかったが,スペインを題材とした熱情的な愛という点では共通のもの。また,出来も秀逸。これだけでも十分に観る者を満足させるものであった。
モダンバレエやミュージカルも観たくなった。

気がつけば,今までに無いほど色々と聴いて観ている。
特に前もって計画したものではなく,たまたまの結果なのだが,忙しいときほど自分のための時間を作りたいという気持ちになる。

10477

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.08

熱帯ジャズ楽団ライブ(大阪:厚生年金会館芸術ホール)

10th Anniversary Tour
7月8日午後6時半から
大阪 厚生年金会館芸術ホールにて
クマゼミが鳴き出した真夏の日(笑)
その日に,
熱い時間。ラテンの世界。
いいタイミング!
陽気な音楽も嬉しいもの。
次の10年。どんな展開になるのやら。
楽しみ。

その後は,同期生とのコンパ。
久々の顔合わせ。
楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夏の蝉

クマゼミがもう鳴きだした。
早い!!!
@携帯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.07

大阪フィルハモー一交響楽団 第390回定期演奏会:指揮クリスチャン・ヤルヴィ

大阪フィルハモー一交響楽団第390回定期演奏会 7月7日(木)
指揮:クリスチャン・ヤルヴィ
アルヴォ=ぺルト作曲/交響曲 第1番 「ポリフォニック」(1963)
エルッキ=スヴェン・トゥール/交響曲 第3番
ストラヴィンスキー/舞踊音楽「火の鳥」 (1910年原典版)
(明日も同一プログラム)

最初の2曲は
ヤルヴィの故郷エストニアの作曲家による作品
2度と聞く機会が無い曲かもしれない。
生のオーケストラ演奏で現代音楽を聴くことが出来る機会はそう多くない。
その中でエストニアの作品となれば貴重このうえなし。

聞けば現代音楽(笑)
騒音にしか聞こえない人も多かったかもしれない。
周りでも寝ている方々が見受けられた。
しかし,私にとっては興味津々。
音の実験場。
こんなに楽しい機会はない。
目の当たりに見ることも出来るのだから。
古典も,とてもとても好きだが,たまに今日のような音楽を聴くと,
クラシック音楽の可能性はまだまだあると考えさせられる。

ヤルヴィの指揮は明瞭且つ野心的。
その指揮に,ストラヴィンスキーの野心作「火の鳥」は言うこと無し。
爽快。
難曲揃いの今日のプログラム。
それでもオケは力を発揮していた。
座席は前から4列目。
弦のアンサンブルにうっとりし,
細かいテクニックに,へぇ〜っそんな演奏法があるのかっと堪能。
今日の演目は,特に感じることが出来る類のものでもあった。

昨夜は,7時間ほど睡眠。
そして,今日は福井からの帰りに電車で1時間半ほど睡眠。
やはり体調万全で臨むと,音が全て聴こえてくる。
久々に満喫。

そのあとは,やはりやるべきことが・・・
昨日〆切のもの。
今夜も大変・・・・・・

DVC20281

10457

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンダーバード

今日は福井行き@携帯zu2sh0002.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.06

携帯電話忘れ・・・

たまに外に持ち出すのを忘れてしまう。
月曜日は京都
火曜日は松山・吹田
水曜日は京都
連日6時半頃に家を出ると,朝のバタバタが続き,忘れ物が生じる。

無ければ無いで一種の開放感。
但し,前にも触れたが,時計を兼ねているのでその点は不便。
(今日もデジカメで代用させた)
なお,万一,携帯電話に連絡を頂いた方がいたとすれば,
この場を借りてお詫び。

10449

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五色そうめん(松山にて)

昨日は「伊予さつま五志喜」を食す。
DVC20278

素麺を味噌だれにていただくもの。
醤油系統以外での初めての食感。
多少塩辛めのミソであり,濃い感もあるが,
なかなか美味。
お試しあれ。

10443

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.05

関西空港から松山へ

何回めの松山行きだか@携帯zu0sh0001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.03

デザインの復帰

2005_07_03_16_05

10418

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(医療事故関連)平成11年2月25日最高裁判所判決

一 医師が注意義務に従って行うべき診療行為を行わなかった不作為と患者の死亡との間の因果関係は、医師が右診療行為を行っていたならば患者がその死亡の時点においてなお生存していたであろうことを是認し得る高度のがい然性が証明されれば肯定され、患者が右診療行為を受けていたならば生存し得たであろう期間を認定するのが困難であることをもって、直ちには否定されない。
二 肝硬変の患者が後に発生した肝細胞がんにより死亡した場合において、医師が、右患者につき当時の医療水準に応じた注意義務に従って肝細胞がんを早期に発見すべく適切な検査を行っていたならば、遅くとも死亡の約6か月前の時点で外科的切除術の実施も可能な程度の大きさの肝細胞がんを発見し得たと見られ、右治療法が実施されていたならば長期にわたる延命につながる可能性が高く、他の治療法が実施されていたとしてもやはり延命は可能であったと見られるとしながら、仮に適切な診療行為が行われていたとしてもどの程度の延命が期待できたかは確認できないとして、医師の検査に関する注意義務違反と患者の死亡との間の因果関係を否定した原審の判断には、違法がある。

続きを読む "(医療事故関連)平成11年2月25日最高裁判所判決"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(医療事故関連)平成9年2月25日最高裁判所第三小法廷判決

判例 H09.02.25 第三小法廷・判決 平成7(オ)1205 損害賠償(第51巻2号502頁)

判示事項:
  一 医療過誤訴訟において鑑定のみに依拠してされた顆粒球減少症の起因剤の認定に経験則違反の違法があるとされた事例

二 医療過誤訴訟において鑑定のみに依拠してされた顆粒球減少症の発症日の認定に経験則違反の違法があるとされた事例

三 顆粒球減少症の副作用を有する薬剤を長期間継続的に投与された患者に薬疹の可能性のある発疹を認めた場合における開業医の義務

要旨:
  一 顆粒球減少症の副作用を有する複数の薬剤の投与を原因として患者が同症にかかった場合において、鑑定は、右薬剤はいずれも起因剤と断定するには難点があり、発症時期に最も近接した時期に投与されたネオマイゾンが最も疑われるが確証がなく、複数の右薬剤の相互作用により同症が発症することはあり得るものの本件においては右相互作用による発症は医学的に具体的に証明されていないとするにとどまり、本件において右相互作用により同症が発症したという蓋然住を否定するものではなく、証拠として提出された医学文献には同症の病因論は未完成な部分が多く個々の症例において起因剤を決定することは困難なことが多い旨が記載されているなど判示の事実関係の下においては、右鑑定のみに依拠してネオマイゾンを唯一単独の起因剤と認定することには、経験則違反の違法がある。

二 顆粒球減少症の副作用を有する複数の薬剤の投与を原因として患者が同症にかかった場合において、鑑定は、四月一四日より前の患者の病歴に同症発症を確認し得る検査所見及び症候がないこと並びに同日以降の患者の症状の急激な進行から推測して、発症日を四月一三日から一四日朝とするが、これは患者の同症発症日をどこまでさかのぼり得るかについて科学的、医学的見地から確実に証明できることだけを述べたにすぎないものであり、他方、同症発症を確認し得る検査所見及び症候がないのは医師が同症特有の症状の有無に注意を払った問診及び診察をしなかった結果にすぎず、患者の症状の進行が急激であったと断ずるには疑いを生じさせる事情も存在するなど判示の事実関係の下においては、右鑑定のみに依拠して発症日は四月一三日から一四日朝と認定することには、経験則違反の違法がある。

三 開業医は、顆粒球減少症の副作用を有する多種の薬剤を長期間継続的に投与された患者について薬疹の可能性のある発疹を認めた場合においては、自院又は他の診療機関において患者が必要な検査、治療を速やかに受けることができるように相応の配慮をすべき義務がある。

参照・法条:
  民法415条,民法709条,民訴法185条,民訴法394条

続きを読む "(医療事故関連)平成9年2月25日最高裁判所第三小法廷判決"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(医療事故関連)平成13年3月 13日最高裁判所第三小法廷判決・交通事故との競合

判例 H13.03.13 第三小法廷・判決 平成10(受)168 損害賠償請求事件(第55巻2号328頁)

判示事項:
  1 交通事故と医療事故とが順次競合し運転行為と医療行為とが共同不法行為に当たる場合において各不法行為者が責任を負うべき損害額を被害者の被った損害額の一部に限定することの可否
2 交通事故と医療事故とが順次競合し運転行為と医療行為とが共同不法行為に当たる場合の各不法行為者と被害者との間の過失相殺の方法

要旨:
  1 交通事故と医療事故とが順次競合し,そのいずれもが被害者の死亡という不可分の一個の結果を招来しこの結果について相当因果関係を有する関係にあって,運転行為と医療行為とが共同不法行為に当たる場合において,各不法行為者は被害者の被った損害の全額について連帯責任を負うべきものであり,結果発生に対する寄与の割合をもって被害者の被った損害額を案分し,責任を負うべき損害額を限定することはできない。
2 交通事故と医療事故とが順次競合し,そのいずれもが被害者の死亡という不可分の一個の結果を招来しこの結果について相当因果関係を有する関係にあって,運転行為と医療行為とが共同不法行為に当たる場合において,過失相殺は,各不法行為の加害者と被害者との間の過失の割合に応じてすべきものであり,他の不法行為者と被害者との間における過失の割合をしんしゃくしてすることは許されない。

参照・法条:
  民法719条,民法722条2項

メモ:なお,この内容と整合しないより新しい最高裁判所判決があるようだ。

続きを読む "(医療事故関連)平成13年3月 13日最高裁判所第三小法廷判決・交通事故との競合"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(医療事故関連)平成15年11月.11日最高裁判所第三小法廷・判決

判例 H15.11.11 第三小法廷・判決 平成14(受)1257 損害賠償請求事件(第57巻10号1466頁)

判示事項:
  1 開業医に患者を高度な医療を施すことのできる適切な医療機関へ転送すべき義務があるとされた事例
2 医師に患者を適時に適切な医療機関へ転送すべき義務を怠った過失がある場合において上記転送が行われていたならば患者に重大な後遺症が残らなかった相当程度の可能性の存在が証明されるときの医師の不法行為責任の有無

要旨:
  1 開業医が,その下で通院治療中の患者について,初診から5日目になっても投薬による症状の改善がなく,午前中の点滴をした後も前日の夜からのおう吐の症状が全く治まらず,午後の再度の点滴中に軽度の意識障害等を疑わせる言動があり,これに不安を覚えた母親が診察を求めたことなどから,その病名は特定できないまでも,自らの開設する診療所では検査及び治療の面で適切に対処することができない何らかの重大で緊急性のある病気にかかっている可能性が高いことを認識することができたなど判示の事情の下では,当該開業医には,上記診察を求められた時点で,直ちに当該患者を診断した上で,高度な医療を施すことのできる適切な医療機関へ転送し,適切な医療を受けさせる義務がある。
2 医師に患者を適時に適切な医療機関へ転送すべき義務を怠った過失がある場合において,上記転送が行われ,同医療機関において適切な検査,治療等の医療行為を受けていたならば,患者に重大な後遺症が残らなかった相当程度の可能性の存在が証明されるときは,医師は,患者が上記可能性を侵害されたことによって被った損害を賠償すべき不法行為責任を負う。

続きを読む "(医療事故関連)平成15年11月.11日最高裁判所第三小法廷・判決"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと1ポイント

ウインブルドン 女子決勝 
ダベンポートvsウイリアムズ いい勝負する。なんであんなところに打てるねん。
なんで,あんなん返せるねん・・・・・
試合時間は2時間半を超えた。
とうとうブレイク・・・
ヴィーナス・ウイリアムズ
あと1ポイント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.02

はよ仕事片付けて?!?

と意気込んで仕事場におももくも、サッパリ片付かない。

家に帰っても相当やらんとあかん。
今からまだまだとはかなり辛い。
@携帯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「義務」の反対語は何?

ある中学の入試問題。
「義務」の反対語を漢字2字で書きなさい。
考えてみた,
義務・・自らを拘束された状態
それの反対の状態といえば?非拘束?
ということは「自由」?
しかし,正解は
「権利」
言われればそうだ。
でもなんとなく違和感を感じる。
なぜだろう。

義務・・・
自らの意思に関係なく従わなければならない。
権利・・・
相手の意思に関係なく従わせることが出来る。
考えれば「権利」というのは凄いものである。
「権利」は国家権力との戦いで市民(国民・人民)が勝ち得てきたもの。
となれば「国の権利」?
というのは不可思議なもの。
しかし,観点を考えればどうなるか。
国には無制限の支配権があり,元来,何でもかんでも統治の対象となる者達に命じることができるものだという考え方があるとすれば,国が統治権を行使し得るのは国に権利が観念できる場合にすぎないという考えは反対の位置にある考えとなるのかも。

10404

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.01

7月

もうこんな時期に!
つれあいはスタンバイオーケーのようだ。
あなオソロシヤ(笑)
こちらは、その分さらに働かねばならぬ???@携帯ztysh0000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »