« 多宝塔 | トップページ | ベルティーニ指揮のマーラー3番 »

2005.09.11

単純であることのすばらしさ。

郵政民営化。
多分ほとんどの人にとってはどうでもよいことだろう。
民営化?何が悪いことなの?
その民営化が阻止された。
なぜ,そんなどうでも良いことが変えられないの?
この1点のみに賭けた小泉首相の感覚。
これが誰にでも身近で身を切られる案件ならこのようなことにはならなかったであろう。
野党は誤ったことは主張していなかったと思うが,方法論あるいは感覚に長けていなかった。
これからの政治。
どのようなことが起こるのか。
新たな時代の始まりでもある。
但し,良きものとなるか悪しきものとなるか。
見えない。
CIMG3573

11262

|

« 多宝塔 | トップページ | ベルティーニ指揮のマーラー3番 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単純であることのすばらしさ。:

« 多宝塔 | トップページ | ベルティーニ指揮のマーラー3番 »