« 疲れた | トップページ | 最高裁判所判例 平成18年01月17日 第三小法廷決定 平成16年(あ)第2154号 建造物損壊被告事件 »

2006.01.28

オフ@3年越しの企画実現

3年越しの企画。
1昨年は直前に下の子が熱を出してキャンセル。
昨年は祖母の逝去によりキャンセル。
いずれも直前キャンセルのため高くつきましたがいずれも已むを得ない。

そして,今年ようやく実現。
オフをいただいて,北海道行き(サホロ)
子供達や私にとって初めてのスキー。
なお,私はスキー場に行った経験はあった。
しかし,まともに滑ろうとしたのはこれが初めて。
スクールに入り(ビギナークラス),ボーゲンの練習。
初日午前。転倒の連続。ビギナークラスの落ちこぼれ。
どうなることかと思った。
それでも,コーチのアドバイスを受けそして繰り返しの練習により多少の感覚がわかるに至る。
初歩コースであればなんとか倒れない程度には至った。
しかし,その程度が限界で上手に弧を描くというには至らない。また,停止もなかなか意のままにならず。
運動神経のそもそも鈍い者であることを考えれば,そうそう直ぐに上手く行くものではないと諦めざるを得ないか。
だが,子供。飲み込みが早い。
初めての経験なのに,上の子などは私の説明を聞いただけでものの数分でスイスイと弧を描いてしまう。
・・・・・・・・・簡単だそうな・・・・・・
それはともかく。
教えていただくということは大事なこと。再認識。

今日。皆,無事に帰宅。
何より。
しかし,足がだるい。
腕がだるい(転倒から起きあがるのに力を要したため?)
日頃の不摂生が身にしみる。
しかし,良い経験にはなりました。

CIMG4861 CIMG4846 CIMG4855

17931

|

« 疲れた | トップページ | 最高裁判所判例 平成18年01月17日 第三小法廷決定 平成16年(あ)第2154号 建造物損壊被告事件 »

あちらこちらへ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オフ@3年越しの企画実現:

« 疲れた | トップページ | 最高裁判所判例 平成18年01月17日 第三小法廷決定 平成16年(あ)第2154号 建造物損壊被告事件 »