« 会議が2件 | トップページ | 耐震偽装問題における販売会社の近時の行動 »

2006.01.31

高数値となっているSystem Idle Processは不具合の現れ?

 パソコンの反応が鈍い等のとき,Ctrl+Alt+Delを同時に2度押して「Windowsタスクマネージャー」を起動させ,「プロセス」のタブをクリックしてその時点で稼働しているソフトを確認してみる。
 そうすると「System Idle Process」のCPU稼働率(占拠率)が極めて高いことが確認される。
 因みに「Windowsタスクマネージャー」の「パフォーマンス」のタブをクリックして確認するとCPUの稼働率(占拠率)はそれほどでもない。
 となると,「System Idle Process」なるソフトが闇で動いてPCに異様な負荷を与えているのではないか?これがPCの不具合の原因では?と疑ってしまう。
 しかし,調べてみると,「System Idle Process」は,いわばCUPの空きを示すものとのこと。例えば,98との数値となっていれば,CPUはまだ2%しか働いておらず,残り98%の使用が可能ですよ,といったようなことを示しているようだ。
 何でも早とちりはいかん。
 では不具合の原因はなんなのだ??

18240

|

« 会議が2件 | トップページ | 耐震偽装問題における販売会社の近時の行動 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219649/50022579

この記事へのトラックバック一覧です: 高数値となっているSystem Idle Processは不具合の現れ?:

« 会議が2件 | トップページ | 耐震偽装問題における販売会社の近時の行動 »