« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006.02.28

大津への道すがら

iPod早速活躍中w0jsh0027.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.27

とうとうiPodを

先日あるかたがお持ちだったところうらやましくて。
急遽買いに。
外出先では,たいがい頭の中で音楽がなっているか,町の音をぼーっと聞いているか(人の会話は聞かない),何も考えていないか,寝ているか,本を読んでいる。
だから,機器を持ち歩いて音楽を聴くといったことはどちらかというと避けていた。
かつては,カセット(ウォークマン),MD等をつかっていたこともあるが,殆ど使用しないでいつのまにやらお払い箱となってしまっていた。
さて,この度はどうなるか。
w0gsh0025.jpg
60G
一生懸命,音楽を注ぎ込んでいます。
しかし,まずPCの容量がもたない・・・笑
どうしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪らしいのはこちらか

先ほどより東へ方向変更w0dw0csh0024_i.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北堀江を抜けて南へ

てくてくと

今宵は風が冷たしw04sh0019.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.26

評価(採点)

 難しい。
 ソルトレークオリンピックでのフィギュアスケートの採点基準のあいまいさについて批判があった。その結果として生まれた新基準。技術を一つ一つ分解して,それに点数(加点・減点)を付して,その合算値で勝敗を決するものへと変更された。
 客観的な判断ができるものとなったということだけは言える。あとは,各項目設定の仕方或いは各項目毎の加点及び減点理由の妥当性ということになろう。但し,この方法の是非については意見が色々あるようだ。
 なお,このような採点方法は,フィギュアスケートにおいては技術的な項目を列挙することが出来且つその個々の項目の評価が可能であることから成り立つものである。
 従って,このような採点方法が,他のいかなる競技においても流用できるというものでもなかろう。
 音楽のコンクール等での採点などはどのようなものなのであろうか(このような舞台裏について書かれた著作をいくつか拝読したことはある)。ミスについては評価はわりあい簡単かも知れないが,それ以外のマイナス面や積極な面については,それらを個々細分化した上で各数値化することがかなり困難な部類に属するのだろうと思う。それでも,審査員の耳には一定のレベルというものが経験的に確立しているのだろう。そのため,1位無しの2位や1位2位無しの3位というものが生じるのだろう。

 本日は,他人のディスカションを聴いてそれを評価する役回りだった。或テーマに関する他人間の議論を聴いて,その評価を数値化するということも難しい。前もってある程度の心構えのライン築いておくものの,十分にはほど遠い。というより,何が飛び出すのかわからないものについて厳密に細分化しその点数を事前に定めておくことは不可能だし,また,無理矢理に作った基準を形式的に適用することは妥当でない場合が多いのだろうと思う。
 よって,自らの経験・感性等を元にした主観的要素が大きくなることは避けがたいと言わざるを得ない。
 それでも以前にも書いたように,評価が複数いる場合には,その各評価者の評価結果が似たようなものとなっていることが極めて多いのが実情。その理由を口で具体的に説明することは難しい。実際の世界を通して,知らずのうちに各人にスタンダードが身に染みついているということなのだろうか。
 いずれにせよ評価する役回りは自分としては出来る限り,逃げたいものではあるのだが。

21436

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨中の古都

ひさかたぶりの鴨川
結構な雨足にあわせて流れる水も駆け足。

急いで乗ったタクシーではアイ・キャント・ストップ・ラビング・ユー
いいねえ。9ndsh0007.jpg

追記)
京阪出町柳駅にて。
さすが受験シーズン。DVC40039 
駅員さん達の心配りがいいね。DVC40036

DVC40023

DVC40022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.25

太陰暦と太陽暦との間の変換(サイトの紹介)

 季節感を伴う生活を味わおうとするならば暦は太陰暦が太陽暦よりはるかに優れていると思う。
 しかし,(太陽)太陰暦は月の朔望の周期(平均29.530589日)を基準とするため,1年が13ヶ月の年が発生したりする(閏月:約3年に1度)。そのため,周期的な生活を重視し或いは長い目で考えると太陽暦がはるかに優れている。
 それはともかく,太陰暦で表記された日付を太陽暦に変換あるいはその逆の計算をしてくれるサイト(by代々木ゼミナール石野良和氏)である。
 季節感を感じるときにはべんりな道具かも知れない。
 (太陽)太陰暦等の考え方についてはこのサイト(「舊暦」)が参考になる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

日和

とてもよい天気
今日は屋内はもったいない。
@近くの茶店で開催されたマンションの理事会帰り
輪番の役目もあと少し9n1sh0000.jpg

追記)
公園にて
飛行機雲が誕生する場面DVC40011
DVC40016 
池の中の太陽DVC40020

公園には,
本を読む人
ジョギングをする人
歩く人
ボール遊びの人
将棋をする人
アコーデオンを弾く人
遊具で遊ぶ人
砂と戯れる人
単に日光を浴びる人
昼寝をする人
カップル
家族連れ
1人たたずむ人
等々
・・・暖かい日差しは有り難い。
   DVC40021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『風と共に去りぬ』(Gone With the Wind)(デジタル・ ニューマスター版)

昨夜は,仕事を早々に切り上げて映画館へ。


『風と共に去りぬ』(Gone With the Wind)(デジタル・ ニューマスター版)を観てきた。

「よかった。」

 たまたまこの映画が上映されていることを知った。
 原作が出版された1936年から70周年を迎える2006年という記念の年に,デジタル 処理により修復され,1939年の公開当時のままで上映されるとのこと。
 テレビ等で観たことのあるこの作品を映画館で観たかった。デジタル処理されて良い画像になっているというのだから尚更なこと。
 どうしても観てみたかった。
 更に調べると,夜の時間帯に観ることが出来るのは昨夜の金曜日がラスト。
 昨夜は,体調が思わしくなく且つ睡眠不足でためらいもあったが,この期を逃せば次ぎいつ見ることが出来るのか?という思いが足を映画館に運ばせた。
 途中休憩の10分を含めて約4時間(スタート18:50,エンド22:55)の超大作。体調のことも忘れてのめり込み。この作品を真剣に観た最初の機会となった。
 この映画の出来たいきさつ,時代考証の甘さ,いかにもアメリカ作品という批判はあれどもその作品の価値を全く損ねるものではない。観て良いと感動できるものであればそれでよいのだと思う。
 良い映画というのはどの映画でもそうだと思うが,観る年齢毎にその感想は異なってくるものだと思う。今回は,今の私の年なりに思うことも多々あった。
 力強く生きることの大切さ。そして,思いの食い違いのもどかしさ。色々思うことは大きいものだった。 
 観るべき作品だとは思う。しかし,映画館の館内がガラガラだったのは寂しい限りである(その分,周りに邪魔されることなく観れたのではあるが)。
 時間があれば3/3までにあと2回は観てみたい。

「梅田ブルク7」にて
上映時間 231分
2月25日〜3月3日
いずれも10:00-14:05

公開:1939年
製作:セルズニック・インターナショナル / M-G-Mスタジオ デビッド・O・セルズニック
監督:ビクター・フレミング
原作:マーガレット・ミッチェル
脚本:シドニー・ハワード
撮影:アーネスト・ホラー
音楽:マックス・スタイナー
出演:
スカーレット・オハラ
 :ヴィヴィアン・リー(Vivien Leigh)
レット・バトラー
 :クラーク・ゲイブル(Clark Gable)
アシュレイ・ウィルクス
 :レスリー・ハワード(Leslie Howard)
メラニー・ハミルトン
 :オリヴィア・デ・ハヴィランド(Olivia De Havilland)

第12回アカデミー賞(10部門獲得
作品賞
主演女優賞
助演女優賞
監督賞
脚色賞
撮影賞
美術賞
編集賞(カラー)
特別賞
科学・技術賞
室内装置賞
なお,音楽も,映画にぴったりの凄く印象的且つ感動的で極めて良くできた作品だと思うのだが,ノミネートすらしなかったと聞いた覚えがある。わからないものである。

公式Webサイト

21266

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.24

70年前の総天然色映画見ます

約4時間
大丈夫だろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Picasa (Google社が無償配布しているソフト)

 Google社が無償配布している写真や画像を整理・編集・共有するためのソフト(なおご利用は自己責任にて)

 利用してみたところ,何でこんな画像があるのと思わされる画像が引っかかってくる(笑)

 そのウェブサイトに掲げられた紹介文は次の通り。
 「Picasa はご使用の PC上で、すべての画像を素早く整理、編集、共有できるソフトウェアです。 Picasa を起動するたびにすべての画像の保存場所が自動的に検索され、フォルダ名とともに日付ごとに区切られたアルバムに整理されるので、忘れていた写真なども含め、あらゆる写真を見つけ出すことができます。 ドラッグ アンド ドロップでアルバムを編集したり、ラベルを作成して新しいグループを作ることもできます。 Picasa を使えば、画像は常に整理された状態になります。
複雑な編集も Picasa を使えばワンクリックで修正したり、さまざまな視覚効果を持たせたり、画像を共有することができます。 画像を友達にメールで送ったり、プリンタで印刷したり、ギフト CD やブログへの公開に使用したりすることができます。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Googleの特殊機能(結構役立ちます)

Googleには結構便利な利用例が紹介されている
以下はその抜粋。

【イメージ検索 日本語版】 
画像検索

【電卓機能】
5+2*2
2^20
ルート-4
大さじ 1 を cc で

【通貨換算】
1000 円を米ドルに
ブラジルの通貨をマレーシアの通貨に
5 英ポンドを韓国のお金に
2.5 USD/ガロンを JPY/リットルで

【PDF ファイルの検索】
PDF ファイルを含まない特定の結果を表示するには,検索ボックスにキーワードの後に,スペースを空けて,「-filetype:pdf」と入力

【キャッシュ リンク】

【関連ページ】
「関連ページ」リンクをクリックすると検索結果と関連したページを自動的に検索

【リンク検索】
例 link:www.google.com
Google のホームページにリンクしているすべてのページが表示される。

【I'm Feeling Lucky】
検索結果の最高位にあがったWebページが自動的に開く。

【キーワード候補】
入力されたキーワードに関連するより一般的な表記を自動的に表示。

【荷物検索】
ヤマト運輸株式会社の荷物の配達状況が検索可
検索例:ヤマト 99999999999

【会社情報検索】
検索ボックスに「会社情報」と「探している企業名」を入力

【株価検索】
検索ボックスに「株価」と「探している企業名」を入力

【辞書検索】
検索ボックスに「英和」又は「和英」と「調べたい単語」を入力

【路線検索】
検索ボックスに「乗り換え」と「乗車駅名」と「下車駅名」を入力。「乗車駅名」と「から」と「下車駅名」でも検索可

【ローカル検索】
検索ボックスに「検索キーワード」と「住所」または「地名」を入力

21218

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川静香選手ナンバー1,村主章枝選手よかったと思ったのに・・

荒川選手凄かった。出来ることを選択しながらの最高の演技。
村主選手も荒川選手に負けずに非常によい出来だと思ったのに,何故という思い。残念。

オリンピックが始まる前,荒川選手は,今までの問題点を全て洗い直し,コーチを変え,音楽を変えそして臨んだオリンピック。そしてその結果を出した。金メダル!
偉いとしか表現しようがない。
本当におめでとうございます。

21146

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安藤美姫選手頑張りました。

目覚ましをかけて,起きてテレビをつけたところ丁度安藤選手の演技が始まるところ。

必ずしも調子が良くないにもかかわらず,周囲の期待は異常に高い。
相当なプレッシャーの中での演技。
私なら,それに真正面から向き合うなどできなかったでしょう・・・・
それを思えばとても凄いこと。
でも,メダルに手が届く方というのは,それに打ち勝つのでしょうから,より想像できない世界。

21143

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.23

黒部ダムライブ映像

黒部ダムのライブ映像
まだ雪深い世界なのですね。
このような映像を見ると,雪深い山中にこのような巨大な構築物を本当によく造ったものだと改めて驚嘆させられます。
夏の美しい時期にまたいってみたいものです。
(因みに,左の小さな写真の一つは黒四ダムです。)

なお,ライブ映像の配信時間は7時30分〜17時00分とのこと。

関西電力の黒部ダムオフィシャルサイトより

21044

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windowsのパスワードを自動的に発見するソフト

 Ophcrackというソフトは,WindowsのAdministratorのパスワードを簡単に解読してしまうソフトウェアとのこと(やじうまWatch
 パソコンをほぼ常に持ち歩いている者にとって紛失時の対策は大事なことであるが,その対策の一つであるパスワードが容易に破られるようでは困ったことである。
 上記blogには対処法(Windows でパスワードの LAN Manger ハッシュが Active Directory とローカル SAM データベースに保存されないようにする方法)が紹介されているのですが私にはチャレンジ不能。
 ・・・かないまへんなあ・・・

21027

PS
対処法についてチャレンジ不能と書きましたが,方法には2つがある。
一つはレジストリの変更であり,これには手を出せない。というより,もしものことを考えると手を出したくない(下手をするとパソコンが動かなくなってしまう)。
もう一つはグループポリシーの利用であり,これは選択だけで良いことになる。よって,これなら私にでも手が出せるので一度チャレンジをしてみることとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

送金指示メールを問題にした議員が辞職?

報道によれば「ライブドアの送金指示メール問題で、メールの信ぴょう性の立証が困難になったことで、議員辞職もやむを得ないとの意向を周囲に伝えていることが23日、分かった。」と報じられている。
「メールの信ぴょう性を裏付けることができず、引責は避けられないと判断したとみられる。」

公の場で,人様のことを悪し様に指摘しておきながら,そのネタとなる情報の信憑性の裏付けが出来ていなかったということですか。
仮に上記報道内容が真実であるのならば,極めて加減な根拠で,一般私人の名誉を著しく害することが明かな行動に出たことになり極めて悪質と言わざるを得ませんね。なお,名誉を毀損することに思いがいたらなかったとすればそれだけで論外。
報道内容が正しければ,辞任しての出直しではなくて,政治家としては引退すべきだと個人的には思います。
なお,名誉を侵害された方の名誉を回復させて,そして被害者が受けた損害の補填をする等すべての責任を果たした上で,その後のことを考える必要があるはずです。


追記)
問題となっていた議員は,今までにも色々と問題を起こして懲罰動議の対象となっていたようですね。
とうとう決定的なボロを出したということのようですね。
公然と人に迷惑をかけて何とも思わない人が休養?
俸給は受領できるのでしょうか?
そうであるならば馬鹿げた話だといわれても仕方がないでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.22

カーリング

ちょうど良いところのカナダ戦から,ダイジェスト版を見ていた。
このオリンピックの競技いくつか観たが,
今のところ,一番感動できた競技。
スキップの小野寺さんがいうように
明日も
明後日も
競技をしていただきたかった。
観たかった!

20835

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.21

携帯サイトのクーポン

プリントアウトせずとも、携帯でページを表示して呈示するだけで割引等を受けることができるんですね。
知っておくとお得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.20

大阪へ(アーバンライナーで)

久々に近鉄特急。9mzsh0005.jpg

追記)
新幹線で戻ることも考えたが,名古屋から新大阪は1時間弱。その前に京都駅に停車する。よって,ゆっくりと寝ることがかなわない。
名古屋に向かうときは,寝入ってしまって名古屋駅を乗り過ごすことのないようにとの緊張の連続。
帰りぐらいゆっくりとしたい。
近鉄特急だと名古屋から大阪まで約2時間強。途中八木駅に停車するが,それまでには約1時間半ある。これぐらいの時間があればより寝やすい。座席のリクライニングの状態も,新幹線と比較すると優れていた。
なかなか良い選択だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の日

荷物があるときに便利なキャスター付きのバッグも雨の際には不向き。
さらにショルダーバッグに傘。身動きは取りにくい。
このような状態で改札にて、傘を素早くたたみ、ポケットから定期いれを取り出してその中から定期券をサット出して機械に通すことをなかなか容易にはいかない。
目前で電車は行ってしまった。
残念
対処としては早く家を出るか荷物を思い切って減らすかに尽きるか。
せめて改札がIC対応であれば時間のロスが減ってはいたのだが。
より早期の運用開始を望むばかり。

追記)
上記の傘を名古屋に行くまでに失ってしまった。
雨はやんでおらず,やむなく名古屋で購入・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

契約書作成上の留意事項(名古屋)

商事法務:債権管理実務研究会 
◎名古屋《月例会》 平成18年2月20日実施
「契約書作成上の留意事項」(3時間)
 講師:平井利明(弁護士)
 
 商事法務メールマガジン(20060201)

  平井利明のメモ
 

|

2006.02.19

ブログの女王

 「今や芸能界で“ブログの女王”といえば、真鍋かをりではなく彼女のことをいいます」(アイドル評論家)
ということが書かれていた。
 眞鍋かをりさんといえばblog「眞鍋かをりのココだけの話」で有名な方である。先ほど覗いてみると,今でもトラックバックの数がだいたい1000を超えている(2000を超えるものもある)。
 そのようなblogを超えるものはどのようなblogなのやら。
 記事によれば,新ブログの女王は中川翔子さんというタレントとのこと。彼女が連載しているオフィシャルBLOG「しょこたん☆ぶろぐ」が大人気とされている。
 更新の頻度が半端ではなさそうである。日常あるがままを頻繁にアップしているようである。そのことが読者を身近に感じさせて人気の理由となっているようだ。
 色々なタイプがあるということは興味をそそられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「瞬!ワード」によるランキング

@niftyのトップページを眺めていると
「今、この瞬間、最も検索されているキーワード 」というコンテンツがあった。
「瞬!ワード」というものを利用しているらしい。
そのコンテンツの説明によれば,
『検索キーワードをリアルタイムで集計、急激に検索回数が増えているキーワード&サイトをピックアップ、ランキング表示するものです(特許出願中)。』
とのこと

「2006/02/19 14:00〜2006/02/19 15:00 の 瞬!ワード」
1位:立命館
2位:週刊ポスト
3位:トリノオリンピック
4位:IPAT
5位:モンスターハンターポータブル
とのこと

5位・・PSP用のソフトらしいが個人的には関心がない。かつてはゲームをやったが最近は全くのご無沙汰。
4位・・ネットを用いた投票システムとのことだそうな。JRA等が利用しているとのこと。勉強になった。
3位・・理解可。というより,トップでないところが悲しいというべきか。
2位・・興味深いネタがあるということでしょうか?
1位・・何で?

しかし,インターネットの世界,次々と色々なサービスが出てくるものである。

20570

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街角のポスター

タクシーの車窓から街を眺めていたとき。
店頭のポスターが目に入った。


 一瞬も
    一生も
       美しく


せっかく生きているんだから
色々な意味で,そうあらねばと。
妙に納得。


なお上記は資生堂のコーポレートメッセージ。
近時,コーポレートメッセージを英語で流すところが多い中,簡潔明瞭に日本語で示されることは,私には斬新に映り,かつ,心にしっくりとくる。

20558

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.18

さてと大阪へ帰ります

雷鳥にて9mwsh0003.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井市街

路面電車
市街からは雪もほぼ無くなっている


今日も市内で新しい件の打ち合わせ。
このところこちらに来る機会が増えましたね。
また日帰りになるが。9mtsh0002.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.16

礼を失する客達@大阪フィルの定期演奏会にていつも思うこと

大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏会をいつも楽しんでいる。
しかし,演奏が終わるといつも憂鬱だ。
拍手の途中でかえる連中が多すぎる。
そりゃ数人ならやむを得ない用事等がるのだろうと理解できるが,その数,半端でない。
演奏している方々に対して礼がないというか,残っている者にとっても迷惑千万。不愉快そのもの。
そんなことにも気がつかない連中が多いのが現実。
嘆かわしい。

20260


| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅三小路なる食べ物街

こんな通りが中央郵便局横に出来てあるんですね。
通過だけですがね。9mrsh0000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これからブルックナーの7番

大フィルの定期演奏会
1曲目は武満徹の作品ノスタルジア
休憩をさんでこれから大曲。ブルックナー作曲の第7交響曲
好きな曲なので楽しみだ。
なお、さすがに今日は休憩中のワインはやめた。9mpdvc30394_i.jpg

追記)
大阪フィルハーモニー交響楽団
第395回定期演奏会
指揮大植英次
武満徹作曲/ノスタルジア(1987)(独奏:長原幸太)
ブルックナー作曲/交響曲 第7番 ホ長調

追記2/21,0:25)
ノスタルジア
 空間を感じる美しい曲。かつて観に行った能が思い浮かんだ。だが,曲が何を語ろうとしているのかについては必ずしも理解が出来たわけではない。一度聴いただけでは不足なのだろう。同じく武満氏の手になる「ノヴェンバー・ステップス」を初めて聞いたとき(生で聴いたことがないのは残念),何やこれ?というのが率直な感想。しかし,その後も何度か聴くにつれ何とも言えない味わいを感ずるに至った。これと同じことやもしれない。

ブルックナー
 色々ブログを読ませていただくと色々な思いを抱いておられるようだ。それぞれについて共感する部分を覚えた。
 私個人としては?
 ビミョー(今風・・・)。
 演奏は,レベルの高まりを更に感じ,今後に対して益々の期待感を与えるもの。
 あとは好き嫌いの領域。その曲に対する個々人の思い入れの問題ということ。
 個人的には,第1楽章はもっと甘美的なとろけるような音で,またある時はもっともの悲しくあって欲しかった(このような感想を言えるということは,それだけ演奏のレベルが上がってきたことの裏返し)。第2楽章の弦楽器による濃密な主題。秀逸。この音・響き以外にはないだろうと思えるほど素晴らしく背筋もゾクゾクとした。これはそうそう聴けるものではないだろうと思う。やはりドイツ的な分厚く重めで美しい音楽が一番のお得意なのだろうと感じ入った。この曲全体を通して,指揮者の大植氏は,ブルックナーの音楽がもつ重厚感をいかにして造り出すかに力を注いでいたように見受けられた。いつも見られる軽快な身の動きをできるだけ控え,どっしりとした音楽を引き出そうとしていたように感じられた。第3楽章はきびきびとしてまた中間部との対比もはっきりしていて面白いものだった。第4楽章は途中までなかなかというところであったがなんとなくそのままで終わってしまった。どこが悪いというものではないのだろうが,感覚の問題なので何とも説明のしようがない。
 思うところ,この曲は,ある程度年齢のいった方が野心的に振らなければなかなか気に入るものにならないのかもしれない。そのような曲が何曲かは存在するように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪でも動画面付電車

東京ではかなり前からみかけられたがこちらでは初見
東京のものとはスタイルが違うね。9mmsh0003.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンネル多し

山陽新幹線はトンネルが多い。
エッヂでインターネット接続させても効率的でない。
断念。
尾道に着いた後チャレンジすることに。9mlsh0002.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラシック音楽のある店にて

昨夜飛び込みの店ではクラシック音楽の映像と音。
マスターの趣味だそうな。
特等席には故佐治敬三氏の写真。

飲み過ぎた(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3が1

昨日


複雑なところ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酔い人の世界

クラシックはたくさん堪能9mksh0001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.15

平穏無事

昨日は仕事場関係者からと飲み屋のママ筋からの郵送分をいただきました。
例年通り、平穏無事の日でした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「体内時計の遺伝子,朝の作動が重要」

「体内時計の遺伝子,朝の作動が重要」(理研チームが発表)と報じられている(読売
報道によれば,
「ほぼ24時間周期のリズムを刻んでいる哺乳類の「体内時計」は、異なる時間に働く16個の時計遺伝子によって制御されているが、朝に働く遺伝子のオン・オフ(活性・停止)が正常に作動しないと、周期リズムが消滅してしまうことを、理化学研究所などの研究チームが突き止めた。』
『16個の時計遺伝子のうち9個は、朝の時間帯に働く。同研究所発生・再生科学総合研究センターの上田泰己チームリーダーらはこれまでの動物実験で、「朝型」遺伝子を働かなくすると、昼や夜に働く時計遺伝子にも影響し、細胞全体の周期リズムが消えてしまうことを確認している。』
このたび『細胞の周期リズムが消えることが判明。研究チームは、朝型の時計遺伝子の「オン」「オフ」の正常な切り替えが、細胞の周期リズムを保つうえで非常に重要であると結論付けた。』
とのことである。
指摘されている「朝の時間帯」とはいつのことを示すのだろうか。日が昇ってからということだろうか?
となれば,暗いうちに起き出す,というのは細胞の周期リズムを保つうえではどうなのだろうか??

20015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.14

傘マークがあるとわかりやすい

エレベーターに表示があると便利9mjsh0000.jpg
現在通っている歯科の入っているビルにて(ヤハリ歯科は苦手)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.13

手ぶくろネタといえば

先日,新聞の朝刊に下の子が創った詩が掲載されていた。
手ぶくろを題材としたもの。
下の子が喋った内容を上の子が書き留めたものらしい。
なかなか笑いを誘うものだった。
何でも,人様に取り上げられていただけるものを創り上げるとはたいしたものだと率直に思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.12

手袋(ニューヨークシティーマラソンに際して配られていたもの)

CIMG5006
今となってははるか昔のことになる。
1998年のNYシティーマラソンに参加したときに無料で配られていた手袋。
さすがナイキ,太っ腹。
文が書かれていることは,後日気が付いた。
なんとなく趣のある文章で好きな内容。
ホンのたまにするジョギングの際,冬にはときどきつかっている。
結構長持ち・・・・・
10時50分がスタートタイム。だが,ホテルを出たのは早朝。
セントラルパーク沿いのホテルからスタート地点(スタッテン島)まで結構距離がある。
スタートの合図があってからスタートラインに到達するまでに10分程度を要した記憶がある。
それほど大人数が参加する大会。
にぎやかで良かった。

19720

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳の酸欠

寝不足・昼夜逆転の頭にとって
活字は辛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上村愛子さん残念・・・

よかったけどなあ・・・
セカンドのジャンプは一番良かったが。
だが,あんなに跳べばタイムのロスに繋がることは理解できること。
高くそして複雑な技を用いることはタイムの点からは不利?
なんとなく競技の趣旨がよくわからない。
モーグルというのは,やはりスピード競技ということなのだろうか?
しかし,上には上がある。
速いしなんであんなこぶだらけのところをスムーズに滑れるのだろうか・・・・
世界のトップのスキーのすばらしさ,初心者が見ていても感じることが出来る。

ジャンプの原田選手
とても残念・・・・

フィギュアペアショートプログラム
現在アメリカ代表となっている井上さん
精度の高い演技
見ていてほれぼれ

やはり寝不足必至。

19608

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「四人姉妹〜ダンスはガッツだ!!版〜」

昨夜は午後6時半から母が出演する芝居の観劇
子ども達(孫)は舞台の直ぐ目の前の席でかぶりつき。
大喜び。
演じる方はさすがに気になったそうだが。
・・・・・・・・・・
一心寺シアター倶楽プロデュース・発起塾協力公演
「四人姉妹〜ダンスはガッツだ!!版〜」
作・演出:秋山シュン太郎 協力:NPO法人発起塾
出演:全員50歳以上の方々
2月11日(祝)18:30
2月12日(日)15:00
・・・・・
コミカルでありまたシリアスというか深刻な劇
四姉妹の長女役の方の年齢は86歳。
1時間半に及ぶ劇にてその台詞の数は幾多にも及ぶ。
素晴らしいことです。
50歳を超えた方々集団。
そのパワーに唖然とさせられる。

19605

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.11

トリノ・オリンピック開会式

風呂から上がってくると既に始まっている。

この時間帯まで起きている予定ではなかったのだが,またもや夜更かし。
今夜は,許されて良いだろう。

追記)
イタリアの色彩感覚を豊かに用いた演出
比較的穏やかであり,過度の商業主義的色彩は無く,落ち着いて見ることが出来た。

昇るリングが五輪に連なるとは。不覚(笑)

入場行進
冬季史上最多の80カ国・地域の参加
といっても,選手1〜数人の参加国も多い。
ヨーロッパの諸国といっても大人数を送り込んでいる国というのはそう多いものではない。
冬の競技となると,雪・氷が必要であるし装備もそれなりに必要。
それだけでもある程度の金がかかる。
更に,それなりのレベルの選手となるためにはかなりの財力が必要となろう。
夏の大会以上に経済的な面の差がはっきりと出るのだろう。
冬の大会の国別の参加者数の違いは,オリンピックに賭ける国の意気込みの差。

日本の選手の活躍が見たいものである。
日本人だからという点もあるが,色々な番組から見えてくる個々の選手の今までの努力を考えると,全員にメダルを取って欲しい気持ちが起こるのが自然。
ただ,同じような練習は他の国・地域の方も同様なのだろうが。
人をしてここまで駆り立てる大会。
素晴らしいものでなくてはならないし素晴らしいものにしなければ。
無事に大会が終わって欲しいものである。

参加することに意義ありの大会。
雪には縁のない国や個人で頑張っている人達の活躍をも期待したい。
また,日本の選手も,仮に,メダルに届かなくても参加して良かったと思えるものであっていただきたいものだ。
このような大会が,世界の相互理解に貢献することを切に願う。

時間帯が時間帯であるだけに,入場行進の修了でダウン。
聖火を見ることが出来なかったことは残念。

19520

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.09

200円分の散歩(その2)

先日とは異なる経路5jysh0005.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯科医通院中(歯石除去)

 先日書いたように昨年末から歯科医通いをしている。
 今年に入って歯石除去。歯科医師に麻酔を注射していただいて,歯科衛生士のお姉様に歯石を除去していただく。
 麻酔をしていただいても時間が経てば結構痛いし。処置後,やはり痛く又違和感があって1日憂鬱。
 食事も旨くないし,そもそもあまり食べることが出来ない。
 今まで不摂生そして長期歯科通院無しのため歯石がかなり付着しているようでもある。ゴリゴリ・キーン・・・
 明日は,再度,歯石取り。
 前日は,あまり飲むこともままならない。
 気分爽快からはほど遠い。が,大事な歯のため,やるべきことはやっておかなければ。
 
 19368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの定期券

 何年かぶりに(電車の)定期券を購入
 以前は定期券を利用していた。しかし,5年前に現在の住処に引っ越してきたとき,都合により行きと帰りの電車ルートが異なっていた。そのようなことで定期券は不効率なので定期券の利用を止めてしまった。
 その後,往復のルートが同じとなったが何故か定期券を購入することが無かった。もうかなりの期間が経過するのだが。
 しかし,1日に同じルートを何回か往復したり,土日も電車を利用する機会が増えてくると定期券に魅力を。
 ということでこの度の購入に。
 これによって,更に家を出やすくなり,行動的になれるや?
 
19365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不眠のタネ

深夜番組
やけに面白く
或は
真に為になるもの
多し。
その時間帯になる前に寝るに限るのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.07

200円分の散歩

大阪に戻っての打ち合わせを終え。ボタン鍋を味わって。電車を途中でやめて散歩。200円分。歩けばそれなりの距離。
今宵は風も強く、寒い。めげそう。5jxsh0004.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目先をかえてモノレール

たまには違う道で
モノレールと地下鉄5jvsh0003.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた松山

CIMG4982 CIMG4983
風が強い日はかないません・・・
さて,松山での一仕事を終えてこれから大阪へ。
とんぼ返りで打合せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名は重く,芸は磨かれる

 NHKスペシャルにて,この度,(4代目)坂田藤十郎を襲名した三代目中村鴈治郎氏のドキュメント
初代坂田藤十郎といえば日本史の教科書にもその名があわれる名人であり,江戸の元禄期に上方で活躍した大役者。しかし,その名は3代で中断し,この度230年ぶりの襲名となるとのこと。他方,江戸歌舞伎の名跡市川團十郎が12代目になるのとは大きく異なることとなっているとのこと。
 引き継ぐ者がいなかったということは,その名を背負う者が現れなかったということでもありその名の重さを思わせる。
 藤十郎(鴈治郎)氏73歳。若い。
 その芸を追求する姿は驚異的。
 つい先日,米国の俳優マイケル・ダグラスが自らを語ったインタビュー番組が深夜NHKで放映されていた。その中で,専門家の指導を受けて映画撮影に臨んでいたことが語られていた。超一流の人がさらなる上を目指すための尽力。凄いと思わされていたところなのだが。
  上の人は,その役分を果たすために飽くなき道を行く人達でなければならないようだ。
 扶桑社文庫の「戦後史開封」に,戦後衰退の危機にあった歌舞伎を救ったとされるフォービアン・バワーズ氏のことが記されていて,そのときから歌舞伎というものに興味あり。近時,オペラにかぶりつきつつあるが,日本人として,日本の古典芸能にも関心を持ちたいとも思っていた。そのような折りの番組。益々興味が湧いた。
 昨年末から,車中で「だから歌舞伎はおもしろい」(富澤慶秀著・祥伝社新書・2005年10月)という本を読んでいる(色々な本を併行して読んでいるので,なかなか読み終わらないところが難点)。なかなか読みやすく,文章も優れている。
 時間がいくらでも欲しい。
 
19018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.06

力のない太陽

今日,午前中は雪。
暦の上では既に春なのだが,暖かさは未だに見あたらず。
太陽もなすすべがなさそうだ。
CIMG4980
奈良から戻る頃には雨(みぞれ)
重い荷物を家に持ち帰る前に,止んで欲しいものだ。

18961

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土壁

奈良市内にて
さて大阪へとんぼ返り5jush0002.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.05

金剛山へ

   5jtsh0001.jpg

追記)
今日は,子どもの要請を受けて金剛山頂に雪遊びに。勿論ロープウェイでの予定。
しかし,急遽,一念発起。登山口のバス停で降りて1人山頂に徒歩で向かうこととした。
なお,賛成者は他に無し(苦笑)。
防寒対策は十分だったが,山登りに向く服ではなくかなり難渋した。
少し歩くと汗びっしょり。また,歩きにくい。
それでもなんとか約3kmの道を終えるとやはり充実感・爽快感。
登山口付近には雪が見あたらなかったが,次第に雪景色にへと変貌を遂げてゆく。
なんとも不思議な感じ。
(上記の写真は,雪景色へと変わりつつあるところのもの)
CIMG4894
 CIMG4900

山頂にてCIMG4911午前10時20分頃
   CIMG4908
 CIMG4913
地面は凍り付いた部分が多くアイゼンが役立った。アイゼン初体験だがこれは役に立つ道具。皆がもっていることを理解。
CIMG4914
   CIMG4924
CIMG4926
 CIMG4928
  CIMG4933
   CIMG4945
    CIMG4950
      CIMG4954
CIMG4956CIMG4957
ちはや園地にて「新樹氷まつり」があり豚汁が配られていました。寒い日にはたまりません。旨かった。
そういえば,河内長野のバス停では超満員。次々と臨時バスが出されていた。バス内では座ることもかなわず。金剛山にこれほど沢山の人が向かっているのを見たのは初めてのこと。
CIMG4959
 薪で焚かれているストーブ。たまりませんなあ。
 しかし,山頂の園地には殆ど雪はなく,雪遊びを楽しみにしていた子どもたちにとっては少し期待はずれではあったが。

追記)過去の金剛山記事
金剛山 2005.11.23
近くの冬山 2005.01.10
山登り 2004.11.07
金剛山登山中 2004.11.07   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.5世代(3.5G)の携帯電話

 そろそろ携帯電話も買い換えたいと考えていた。次は,ムーバとFOMAの両方を使用できるものとしたいと思っていたのだが。
 しかし,先般(2006年2月1日)ドコモは高速データ通信規格「HSDPA」に対応した携帯電話を開発し,2006年度第2四半期に当該規格を用いたサービスを予定していることが報じられていた。従来の第3世代(3G)に比して3.5世代(3.5G)となるそうな。
 試作器では,従来のFOMAと比べて約10倍の下り最大3.6Mbpsという通信速度となるとのこと。
 夏頃まで,買い換えは待つべきということか?

18799

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.04

手直し

昨晩からは条項の抜き書き。
それに引き続き,今日は,別の個所の手直し。
資料の追加,プロフ等の修正。
考えればきりがない。

追記)
Webサイトの変更をモバイルPCで扱うことが出来るように設定
(FTP等)
これにより多少機動的になったか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.03

節分

冬の終わりの日
P1000396 P1000399 P1000402
しかし,明日から更に寒くなるとのこと。

18711

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.02

小澤征爾氏活動休止?

 指揮者の小澤征爾氏が健康上の理由で今年末までウイーン歌劇場の音楽監督としての活動をすべてキャンセルすることが発表されたとのこと(SANKEIWEB)。主治医が「過密なスケジュールと膨大な仕事量が原因で、4―5カ月の長期休養が必要」と判断したことが報じられている(SANKEIWEB)。
 しっかりと休養をとっていただくとともに,早期の快癒と復帰を切に願うものである。

18465

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.01

大阪市地下鉄にて(icoca)

ICOCAの使用が可能でした。
IC時代
どのカードをもつべきなのか。


追記)関連
2005年3月11日(金)ICOCA
2006年2月1日(水)大阪市地下鉄にて(icoca)
2006年3月9日(木)ICOCA(イコカ)とSMARTICOCA(スマートイコカ)
2006年4月18日 (火)紛失に備えた番号等の管理が必要(pitapa利用のリスク)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »