« 傘マークがあるとわかりやすい | トップページ | 平穏無事 »

2006.02.15

「体内時計の遺伝子,朝の作動が重要」

「体内時計の遺伝子,朝の作動が重要」(理研チームが発表)と報じられている(読売
報道によれば,
「ほぼ24時間周期のリズムを刻んでいる哺乳類の「体内時計」は、異なる時間に働く16個の時計遺伝子によって制御されているが、朝に働く遺伝子のオン・オフ(活性・停止)が正常に作動しないと、周期リズムが消滅してしまうことを、理化学研究所などの研究チームが突き止めた。』
『16個の時計遺伝子のうち9個は、朝の時間帯に働く。同研究所発生・再生科学総合研究センターの上田泰己チームリーダーらはこれまでの動物実験で、「朝型」遺伝子を働かなくすると、昼や夜に働く時計遺伝子にも影響し、細胞全体の周期リズムが消えてしまうことを確認している。』
このたび『細胞の周期リズムが消えることが判明。研究チームは、朝型の時計遺伝子の「オン」「オフ」の正常な切り替えが、細胞の周期リズムを保つうえで非常に重要であると結論付けた。』
とのことである。
指摘されている「朝の時間帯」とはいつのことを示すのだろうか。日が昇ってからということだろうか?
となれば,暗いうちに起き出す,というのは細胞の周期リズムを保つうえではどうなのだろうか??

20015

|

« 傘マークがあるとわかりやすい | トップページ | 平穏無事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「体内時計の遺伝子,朝の作動が重要」:

« 傘マークがあるとわかりやすい | トップページ | 平穏無事 »