« 大津はひんやりと | トップページ | 尾道探索 »

2006.03.09

そして,また尾道へ(「つたふじ」にてラーメンを)

 大津を離れ,京都から新幹線。
 ついた先は,尾道(新幹線の駅は,新尾道)。
 夕刻に仕事のため,それまでの間,再度散策。
 この日は,先ほども書いたように寒い日なので,コートがないとチョイと辛い,ということで羽織るものを駅前のショップで探すも,気に入ったものは見つからず。・・・・コート無しでぶらぶらするしかない。
 腹が減っていることも,寒さの一因と思い,まず腹ごしらえ。
 いつみても人が並んでいるので,以前から気になっていた尾道ラーメンの店へ。
 「つたふじ」本店
DVC40123
 既に昼食時は過ぎた2時前というのに,寒い中20分ほど店外で待ちました。
 入った店内をみると,カウンター席しか無く10人程度しか入れない。こりゃ,待つしかない。
 確かに旨い。DVC40124
 かつて寄せていただいた「朱華園」(2003年12月5日)とは,尾道ラーメンながらまた異なった味わい。他の数店でも食したことがあるが,行列が出来ている店は,確かに再度行きたくなるような味をしている。
 帰りがけにも,未だ人が並んでいました。DVC40125

|

« 大津はひんやりと | トップページ | 尾道探索 »

あちらこちらへ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そして,また尾道へ(「つたふじ」にてラーメンを):

« 大津はひんやりと | トップページ | 尾道探索 »