« ラ・トラビアータ(椿姫)@メトロポリタン・オペラ日本公演 | トップページ | 京都から仙台へ »

2006.06.13

やるべき時にやってしまわなければ・・・自戒@Wcup日本vsオーストラリアを観て

やるべき時にやってしまっておかなければ,あとあと苦境に陥る。
その実例のような試合でしたね。
オーストラリアのFWが背の高い3トップになると,とたんに日本の守備は崩壊。
背が高くて屈強な者達には体格で劣る日本は元々不利。
特に疲れのたまった終盤に並べられてしまってはどうにもならない。
名将ヒディンク監督の思うつぼというところでしょう。
そうなる前に,とるべき時に点を取らなければならなかった。
それなのにシュートばかりかパスの精度も悪く,得点につながらなかったとなれば,さすがにしんどいですね。
やるべき時に決めてしまっておかないと,あとあと自分に返ってくる。
自分への戒めにしなければ。

日本チーム。
あと2試合,この試合をバネにして,是非とも勝っていただきたい!

32470

|

« ラ・トラビアータ(椿姫)@メトロポリタン・オペラ日本公演 | トップページ | 京都から仙台へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やるべき時にやってしまわなければ・・・自戒@Wcup日本vsオーストラリアを観て:

« ラ・トラビアータ(椿姫)@メトロポリタン・オペラ日本公演 | トップページ | 京都から仙台へ »