« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006.07.31

帰阪

30日午後11時30分頃ようやく帰宅。
戻ってくると,やはりホッとする。
狭いながらも・・・・・なんとかやらですね(笑)。

今年は,色々な都合から,旅行には行かない或いは行ってもお盆と考えていた。
しかし旅行会社にいってお盆の料金を確認すると予想以上の値段。
その他の時期であれば2回分ぐらい行けそうな値段になっている・・・・
その上,混むことは目に見えている
行かないことも考えたが,子供も大きくなると一緒に行ってくれなくなるだろうし
と考えると,行けるときに行っておくしかない。
ということで,既に入っている予定を他の人に代わってもらえるかを確認しながら日程調整をはかると27日からの4日間は何とかなることが判明。
ということで予定を押し込んだ。
出発の前日までバタバタ。
帰ってきてからもしばらくバタバタとならざるをえない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PMF

圧倒的
ペトルーシュカと
チャイ5

満足

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.30

沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館

とうとう最終日


追記)
Cimg6240

      Cimg6261

    Cimg6250

 Cimg6255_2

             Cimg6270


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.29

ひ,との闘い

日との闘い
Cimg6149

 Cimg6161

火との闘い(ガラス細工工房にて)
Cimg6171

    Cimg6180


闘いの終息
  Cimg6219
     Cimg6127

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.28

魂の洗濯

魂の洗濯

ただし紫外線との闘いでもあり


追記)
Cimg6106_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.27

オフ

オフ


追記)
     Cimg6048 
           Cimg6049到着が遅く今日は泳げず
       Cimg6059

Cimg6073

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏本番

先日,子供が見つけてきたセミの子(写真右・・・抜け殻)
朝見ると,無事羽化して成虫に(写真左)
羽化の過程を見たかったのだがそれは次の機会に

Dvc50264

家の外からは,クマゼミの声のシャワーが
その中に混じって夏を満喫しているに違いない。

夏を満喫する前には
やっておかなければならないことも多い。
思い当たる節は,それなりに手を打ったが
完了には届かず。

あと,思い当たるところでは1つ
これ,ちょいと気が重い。

35963

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.25

今宵のための準備中ですね

今宵のための準備中ですね

天神祭ですな


追記)
Dvc50304
   
  Dvc50302  

     Dvc50305

  Dvc50313 

        Dvc50309 

   Dvc50311 何故か天狗・・・・

  Dvc50307


  今年は花火の音を聴くまでもなく退散(残念)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今から帰ると

今から帰ると

あまり考えても


追記)
役員会後の懇親会
5時半から飲んで
2次会へ・・・・・
久々のカラオケ有り・・・
お開きになって,
帰ればよいのに,一人で更にもう1件
さらに歌いに(お酒もありましたなあ・・・・・)
声も枯れ
タクシーを拾う前に写真
(翌日,画面を見て,そういえば携帯で写真を撮ってそのまま投稿したような記憶があるなあ・・・・)


いま,追記をするにあたって
夢遊病?かと思わせる行動を見直して・・・・
更にあきれているところ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.23

雨?!せっかく

今日は午前中仕事場で打ち合わせ。お互いの都合で日曜日しかないときもある。
昼からは歩いてでも帰ろうか(昨夜は久々にジョギングをしたので今日は走れません・笑)と思いきや、
外に出ると

・・・・ごはんたべて思案中

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

店から出てくると小雨
行けるとこまで頑張ることに


追記)
約2時間で無事到着・・・・
・・・・・・・足が軟弱であることを再認識
もっと機会を設けないといけませんねえ・・

    Dvc50295
   (子供の頃,アーケード街というのはなんとなく不思議な空間でした,活気もあったし,しかし今やさびれているところが大半・・・・・・)


  ついでに 
    夜のジョギングコース
     Dvc50281
      路面電車の軌道敷内
      夜も遅くなると路面電車の本数も少なく
      自動車の通りも少なくなる
      そんな折には,真ん中を悠々と走ることが可
      但し,安全確認にはかなり気を遣いますがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.22

夏祭り

一番近くにある神社の夏祭り。
散歩の途中に寄る。
こんじんまりとしていて
いい感じ。

Dvc50277_1  Dvc50275  Dvc50279  Dvc50278

夏がいつのまにやら進んでいる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エクスプレス予約

東海道新幹線を乗車するときに便利だというJR東海の「エクスプレス・カード」のエクスプレス予約
これが今日(7月22日)から,JR西日本のJ-WESTカード(エクスプレス)会員も利用が出来るようになった。
実際に利用するためには登録が必要とのことなので,今日登録。

ポイントのたまるスマートイコカを利用するためにJ-WESTカード(エクスプレス)会員になっていたが,より便利な機能が増えるならば,年会費がかかることも納得がし易くなる。
但し,東海道新幹線は殆ど利用することがないので,実際に利用する際には,使い方を忘れてしまっているだろう・・・・
それが問題(笑)

35671

追記)関連
2005年3月11日(金)ICOCA
2006年2月1日(水)大阪市地下鉄にて(icoca)
2006年3月9日(木)ICOCA(イコカ)とSMARTICOCA(スマートイコカ)
2006年4月18日 (火)紛失に備えた番号等の管理が必要(pitapa利用のリスク)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mostly Classic

新聞は(いわゆる)反動?産経新聞を購読している。
社の考え方が出る部分については,どうかと思う部分があるが
他社に比較すると,全般的には読みやすいこともあることから続けている。
(自宅で日経を読みたいとまでは思わないし,朝日の社説など読みたいとは全く思わないし・・・・・・)

産経新聞社が発行しているクラシック音楽専門誌(月刊)に
「Mostly Classic」がある。
創刊の頃は無料で配られていたものであるが,内容を充実化させるために有料化になったと記憶している。
有料化になった以後も気にはなっていたが,雑誌等あまり読まない質なので,「勿体ない」と思って購読をしていなかった。
今般,新聞購読者は半額(500円)になるとのことで嫁さんが試しに買ってみたとのこと。
6月13日に亡くなられた指揮者岩城宏之氏の特集記事が掲載されていることも1つの理由。
読んでみるとかなり充実した内容。
来月以降も購読を続けてみる気になった。

特集を見て岩城氏のアグレッシブな活動を再認識。
元気づけられる。
負けていられないね。
と思わすにはいられない。

35654

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Googleマップ

Google(グーグル)マップ
サテライトの詳細度がアップしましたね。
先日何かで目にしたことからチェックしてみましたが凄い。
というよりココまで世界中から見られてしまって良いのでしょうかとも思わずには。

35633

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.21

センスの悪い人

偶然というのはおそろしい
また,センスの悪い人に当たってしまった。
他にも沢山いるのに・・・・なんで同じ人ばかりに・・・

悪い人ではないのだが,
メリハリがなく且つ感性がアカン点
致命的
とても困る。

また,関心は薄れ
ぶんやさんが2名

それはともかく
一つクリアした。
少しホッと。。

ということもあって
今日は散髪へ
(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「夢からさめて」@ザ・ブロードキャストショウ

三枝雄子さんが所属しておられるザ・ブロードキャストショウの舞台

第30回 大阪春の演劇まつり参加作品
「夢からさめて」
が次の通りあるとのこと。

7月28日(金)19時
7月29日(土)15時/19時
7月30日(日)13時/17時
会場:森ノ宮プラネットホール

吉本新喜劇の座付作家・村上太が、今回の公演のために書き下ろしたウエスタン・ドタバタコメディ。新進気鋭の女流シナリオライターの空想の世界で繰り広げられる抱腹絶倒のラブストーリー。

とても面白そうなので是非とも見に行きたいのだが・・・・・・・
・・・・・ううううう。
すんまへん・・・・
(事情はそのうちこのサイトで明らかとなるでしょう)
ということで,せめてアナウンスだけでもということで・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かれいどすこーぷ(前田祐希さん)ライブ情報

"かれいどすこーぷ"(前田祐希アンド松井秋彦
ファーストアルバム"Kaleidoscope"リリース記念ツアー
-夏がはじまる~旅の途中で-

7/24(月) 18:00/18:30 かれいどすこーぷ
 大阪狭山 そば屋”藍”tel:072-368-1982
7/25(火) 18:00/18:30 かれいどすこーぷ
 大阪狭山 そば屋”藍”tel:072-368-1982
7/28(金) /20:00  かれいどすこーぷ
 福岡 ”New Combo”tel:092-712-7809
7/29(土) かれいどすこーぷ
 熊本 ” Art-Plex”tel:096-352-7177
 『Street Art-plex Jazz』という町をあげての野外フェスティバル。
  シャワー通りスターバックス前17:30~18:10
  三年坂モリコ-ネ前19:10~19:50
7/31(日) 18:30/19:50 かれいどすこーぷ
 鹿児島 ”キャパルボ” tel:099-227-0337
8/3(木) /19:30 かれいどすこーぷ
 大阪”ESPACE446”tel:06-6245-0446

とのこと。
どれか聴きに行かなくては!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高裁判所平成18年4月25日判決(所得税更正処分等取消請求事件)

事件番号 平成16(行ヒ)86
事件名 所得税更正処分等取消請求事件
裁判年月日 平成18年04月25日
法廷名 最高裁判所第三小法廷
裁判種別 判決
結果 その他

原審裁判所名 東京高等裁判所
原審事件番号 平成15(行コ)7
原審裁判年月日 平成15年12月09日

判示事項
裁判要旨
1 納税申告手続を委任された税理士が税務署職員と共謀した上で虚偽の記載をした確定申告書を提出するなどして過少申告をした場合に,納税者本人において当該税理士の上記行為を容易に認識し得たということはできない以上,これを納税者本人の行為と同視することはできず,国税通則法68条1項所定の重加算税賦課の要件を満たすものということはできないとされた事例 
2 偽りその他不正の行為により税額を免れた国税に関し当該行為により免れた税額に相当する部分について修正申告がされたとしても,当該国税に更正すべき税額があるときは,国税通則法70条5項所定の期間内において更正をすることができる 
3 納税申告手続を委任された税理士が税務署職員と共謀した上で虚偽の記載をした確定申告書を提出するなどして過少申告をした場合に,過少申告加算税の賦課に関し国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があると認められるとされた事例

続きを読む "最高裁判所平成18年4月25日判決(所得税更正処分等取消請求事件)"

| | コメント (0)

最高裁判所平成18年4月25日判決(公金支出差止請求事件)

事件番号 平成16(行ヒ)312
事件名 公金支出差止請求事件
裁判年月日 平成18年04月25日
法廷名 最高裁判所第三小法廷
裁判種別 判決
結果 破棄自判

原審裁判所名 東京高等裁判所
原審事件番号 平成16(行コ)21
原審裁判年月日 平成16年07月20日

判示事項
裁判要旨
市施行の土地区画整理事業が違法であると主張して同事業のために支出された公金の返還及び同事業に対する公金支出の差止めを求める住民監査請求が請求の対象の特定に欠けるところはないとされた事例

続きを読む "最高裁判所平成18年4月25日判決(公金支出差止請求事件)"

| | コメント (0)

最高裁判所平成18年4月24日決定(再審請求棄却決定に対する即時抗告棄却決定に対する即時抗告棄却決定に対する特別抗告事件)

事件番号 平成18(し)82
事件名 再審請求棄却決定に対する即時抗告棄却決定に対する即時抗告棄却決定に対する特別抗告事件
裁判年月日 平成18年04月24日
法廷名 最高裁判所第三小法廷
裁判種別 決定
結果 棄却

原審裁判所名 大阪高等裁判所
原審事件番号 平成18(く)50
原審裁判年月日 平成18年02月23日

判示事項
裁判要旨
即時抗告の申立てを受理した裁判所は,刑訴法375条を類推適用してその申立てを自ら棄却することはできない。

続きを読む "最高裁判所平成18年4月24日決定(再審請求棄却決定に対する即時抗告棄却決定に対する即時抗告棄却決定に対する特別抗告事件)"

| | コメント (0)

最高裁判所平成18年4月20日判決(所得税更正処分等取消,国家賠償請求事件)

事件番号 平成17(行ヒ)9
事件名 所得税更正処分等取消,国家賠償請求事件
裁判年月日 平成18年04月20日
法廷名 最高裁判所第一小法廷
裁判種別 判決
結果 その他

原審裁判所名 東京高等裁判所
原審事件番号 平成15(行コ)188
原審裁判年月日 平成16年09月29日

判示事項
裁判要旨
1 納税申告手続を委任された税理士が虚偽の記載をした確定申告書を提出するなどして過少申告をした場合に,納税者本人において当該税理士の上記行為を容易に認識し得たということはできない以上,これを納税者本人の行為と同視することはできず,国税通則法68条1項所定の重加算税賦課の要件を満たすものということはできないとされた事例 
2 納税申告手続を委任された税理士が虚偽の記載をした確定申告書を提出するなどして過少申告をした場合に,税務署職員等から示された税額よりも相当低い税額で済むという同税理士の言葉を信じて調査確認をしなかったなど納税者本人に落ち度があり,過少申告加算税の賦課に関し国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があると認めることはできないとされた事例

続きを読む "最高裁判所平成18年4月20日判決(所得税更正処分等取消,国家賠償請求事件)"

| | コメント (0)

最高裁判所平成18年4月20日判決(損害賠償請求事件)

事件番号 平成17(受)530
事件名 損害賠償請求事件
裁判年月日 平成18年04月20日
法廷名 最高裁判所第一小法廷
裁判種別 判決
結果 棄却

原審裁判所名 東京高等裁判所
原審事件番号 平成16(ネ)2205
原審裁判年月日 平成16年12月15日

判示事項
裁判要旨
1 情報公開条例に基づき開示請求がされた公文書に虚偽の情報が記載されていた場合において県の担当職員が当該公文書の記載内容の真否を調査せずに当該情報が同条例の定める非開示情報に当たると判断したことが国家賠償法上違法とはいえないとされた事例 
2 情報公開条例に基づき一部非開示決定がされた公文書に虚偽の情報が記載されていた場合において実施機関がこの事実を知った後も同決定を取り消すことなく同決定に係る取消訴訟に応訴したことが国家賠償法上違法とはいえないとされた事例

続きを読む "最高裁判所平成18年4月20日判決(損害賠償請求事件)"

| | コメント (0)

最高裁判所平成18年4月20日判決(所得税更正処分等取消請求事件)

事件番号 平成15(行ヒ)217
事件名 所得税更正処分等取消請求事件
裁判年月日 平成18年04月20日
法廷名 最高裁判所第一小法廷
裁判種別 判決
結果 破棄差戻し

原審裁判所名 東京高等裁判所
原審事件番号 平成14(行コ)312
原審裁判年月日 平成15年05月15日

判示事項
裁判要旨
1 資産の譲渡に当たって支出された費用が所得税法33条3項所定の譲渡費用に当たるかどうかは,現実に行われた資産の譲渡を前提として客観的に見てその譲渡を実現するために当該費用が必要であったかどうかによって判断すべきである。 
2 土地改良区の組合員が同区内の農地を転用目的で譲渡するに当たり土地改良法42条2項に基づいて同区に支払った決済金等が所得税法33条3項所定の譲渡費用に当たるとされた事例

続きを読む "最高裁判所平成18年4月20日判決(所得税更正処分等取消請求事件)"

| | コメント (0)

最高裁判所平成18年4月18日判決(賃金支払請求事件)

事件番号 平成15(受)723
事件名 賃金支払請求事件
裁判年月日 平成18年04月18日
法廷名 最高裁判所第三小法廷
裁判種別 判決
結果 破棄自判
判例集巻・号・頁

原審裁判所名 大阪高等裁判所
原審事件番号 平成7(ネ)656
原審裁判年月日 平成14年12月27日

判示事項
裁判要旨
時限ストライキ等の争議行為のため受注を返上せざるを得なくなったことなどにより損害を被った生コンクリート製造販売業者がしたロックアウトが,争議行為に対する対抗防衛手段として相当であり,使用者の正当な争議行為と認められるとされた事例

続きを読む "最高裁判所平成18年4月18日判決(賃金支払請求事件)"

| | コメント (0)

最高裁判所平成18年4月18日判決(損害賠償請求事件)

事件番号 平成16(受)1147
事件名 損害賠償請求事件
裁判年月日 平成18年04月18日
法廷名 最高裁判所第三小法廷
裁判種別 判決
結果 破棄差戻し

原審裁判所名 福岡高等裁判所
原審事件番号 平成11(ネ)971
原審裁判年月日 平成16年02月17日

判示事項
裁判要旨
冠状動脈バイパス手術を受けた患者が術後に腸管え死となって死亡した場合において,担当医師に,患者に腸管え死が発生している可能性が高いと診断し,直ちに開腹手術を実施すべき注意義務を怠った過失があるとされた事例

続きを読む "最高裁判所平成18年4月18日判決(損害賠償請求事件)"

| | コメント (0)

最高裁判所平成18年4月14日判決(転付命令に対する執行抗告棄却決定に対する許可抗告事件)

平成17(許)33 転付命令に対する執行抗告棄却決定に対する許可抗告事件
裁判年月日 平成18年04月14日
法廷名 最高裁判所第二小法廷
裁判種別 決定
結果 破棄自判

原審裁判所名 東京高等裁判所
原審事件番号 平成17(ラ)116
原審裁判年月日 平成17年07月21日

判示事項
裁判要旨
委任者が委任事務の処理のために受任者に交付した前払費用についての返還請求権は,当該委任事務の終了前においては,券面額を有するものとはいえず,被転付適格を有しない

続きを読む "最高裁判所平成18年4月14日判決(転付命令に対する執行抗告棄却決定に対する許可抗告事件)"

| | コメント (0)

2006.07.20

無茶苦茶降ってる

無茶苦茶降ってる

まだ続くらしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連日の大雨

昨日の朝は大雨
近畿の北部は交通網が寸断されたようだ。
京都からの電車に乗っていると園部から先は運転を見合わせているとのこと。

大雨警報
下の子の林間学舎は中止に
上の子も臨時休校だったそうな。
林間学舎が中止になってショックかと思いきや
当人はのほほんとしている・・・・・・
??・・??

今朝も大雨。

35429

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.18

夜になってよく降る
梅雨の終わりが近い?

35301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.17

イスラームの世界地図@21世紀研究会編

「イスラームの世界地図」21世紀研究会編(文藝新書)2002年1月

ここ数年イスラム教について耳にする機会が増えた。
しかし,イスラム教については,かなり漠然とした知識があるだけで
殆ど何も知らないに近い。
それではすまされんだろう,ということで手にした1冊。

歴史的背景をふまえながら,
イスラムの教えが結構わかりやすく解説されてある。

そういえば,イスラム教,その根は,キリスト教やユダヤ教と同じもの。
同じ根から出たものが,争いのネタになっている。
神がこの世を創造したのだとしても,
人が神を創造したのだとしても
理不尽。

35252

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休日ダイヤ、祇園祭

休日ダイヤ、祇園祭

休日。ダイヤはいつもと異なる。また京都は祇園祭の山鉾巡行。
?いつも乗っている特急は大丈夫?
ひやりとしたが杞憂にて終わる。
なお、雨中、巡行があったらしい。いつぞやにはしっかりと見てみたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の風

朝の風

ここちよい。

やはり風は天然物がよい。

今日は、いつもどおりに、京都へ。
世間の休みは関係なし。
それはともかく。未だ資料出来ず。
移動中にやらねばなるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.16

日差し

日差し

キツすぎ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.15

久保田利伸ライブ

大阪城公園ホールにて

久保田利伸Concert Tour
“WE FOR REAL”

とてもファンキーなライブ。かわりまへんなあ。
それでもデビュー20周年とのこと。みえへんねー。
いい声してはりますなあ・・・・

Dvc50257
  (終演後の様子)

ライブのあとはOBPにあるビアホールでBeer。
喉を潤すには最高!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16分待ち

大阪環状線のとある駅にて
大阪の一番つまった路線の夕方5時代で
どんな田舎かと(笑)
なおその次は4分後。
どんな考えなのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッツノートR3用バッテリーパック

現在モバイル用として用いているPCはパナソニック製のCF-R3
もの凄く重宝している逸品である。
このPCが手元に来た時期を調べてみると,2004年11月 2日 (火)になる(関連記事1関連記事2)。
自分が考えていた以上に,長い期間の利用となっている。

最近は,バッテリーが3時間程度しかもたなくなった。
原因としては,起動させている常駐ソフトが多いことや,電源をほぼフル稼働させる環境にしていることもあるだろうが(あるだろうかどころか・・・かなり影響があるというのが実情かも?),やはり経年劣化が大きいだろう。
バッテリーは所詮消耗品であることだし。
ということで,一念発起,バッテリーを新規購入。
(CF-R3シリーズ専用バッテリーパック: CF-VZSU32U)

Dvc50259

ネットで検索したところ2万1000円程度(税込み,送料・代引手数料含む)で入手が出来た・・・・
マイレッツ倶楽部なら24,930円 (税込)とのことなのでちょいと割安。

最近,レッツノートにはR5が登場している。
色々と気になる点は多い。
しかし,じっくりと色々な項目を検討すると,新規購入に踏み切るには,あと一息足らない。
今使っている,PCも比較的快調でもあるし。

とはいいつつも,次の機種はいつ出るのやら・・・・・
気にはなる。

35105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.14

スポーツグッズの購入

打合せ後,
時間が間に合いそうだったのでスニーカー等の購入へ
9時まで開いている店は有り難い。
スニーカーやTシャツ,パンツ等を購入

帰ってきて,ちょいとジョギング。
靴の感触なかなかよろしい。
やはり,デザインより,
フィット感や足への負担の有無!

Dvc50252

35026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.13

空堀どーり商店街

空堀どーり商店街

これから近くで打ち合わせ
今の時間でも大阪は暑し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新尾道駅にて

新尾道駅にて

暑い暑い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.12

ポルトガル料理

ポルトガル料理

アサリと豚肉。
日本人にとって意外
しかしうまい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にいにいぜみ

この夏、初

@京都北山にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.11

台風がそれてよかった

上の子は今日から臨海へ
波の高くないことを祈りたい
1キロの遠泳
ガンバレ!

マモナク
ココログのメンテ開始の時刻。
最低でも48時間は、投稿オヤスミ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.10

2006年ワールドカップサッカー決勝@イタリア優勝!vsフランス

起きてきたのは開始15分頃
既にフランスが1点を獲得していた。
ジダンのPKだそうな。
イタリアは,その後,コーナーキックからの奇麗なゴール。
マテラッツィのヘディング。
その後は一進一退。しかし,スピードに勝るイタリアがボールの支配率約6割。
さて,後半戦どうなるか。

後半戦,16分イタリアヘッドでネットを揺らしたがオフサイド
その後,両方チャンスがあるもディフェンスは固い。

外では,鳥が朝の挨拶・・・・

膠着状態が続き
延長戦へ

始発電車も動き出した

延長後半
ジダン退場・・・きっかけはイタリアの選手のようだが,さすがに頭突きはあかんやろ。

最初の展開が早かっただけに,延長後半戦は動きが鈍い。
PK戦へ・・・

34713

追記)
PK戦開始
先攻イタリア
フランス2人目・・・・外してしまった・・・
全員決めたイタリアが勝利!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.09

追記もままならずのニフティ

今日のオペラ。最高!!!
とのことで書き込みたいが、最近、夜になると管理画面にアクセス不可。
昼間ですら遅い。
携帯からの書き込みも辛うじてできている程度。
携帯から書き込むと以下のメール返信が頻発に。

送信元: MAILER-DAEMON@app.cocolog-nifty.com
相手先ホストの都合により送信できませんでした。
Receiver's host can't accept your mail
宛先: secure@cocolog-l.rr.nifty.com

ニフティ、11日からサーバーの取換とのこと。そのため3日も書き込み等が不可になるようだ。
その後、劇的に改善していることを期待

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベッリーニのノルマ@イタリア・ベッリーニ大劇場日本公演

歌手陣
半端でない出来

追記)
ディミトラ・テオドッシュウ(ノルマ)
カルロ・ヴェントレ(ポリオーネ)
ニディア・パラチオス(アダルジーザ)
リッカルド・ザネッラート(オロヴェーゾ)
マリアーノ・ブリスケット(フラーヴィオ)
指揮/ジュリアーノ・カレッラ 
演出/ワルター・パリアーロ(2005年6月新演出)
管弦楽:イタリア・ベッリーニ大劇場管弦楽団
合唱:イタリア・ベッリーニ大劇場合唱団

Dvc50232


既に書いたように
この度の歌い手さん達
半端じゃない声量。
特に,ディミトラ・テオドッシュウ
迫力,テクニック,感情・・・・
そして静寂の響き
いずれもいうこと無し。
これまで聴いたどの歌手よりも素晴らしいものでした。

その他の歌手も
合唱も
オーケストラも
それこそ素晴らし過ぎ。

イタリアの曲らしく
表情豊か
ベッリーニのオペラ,初めて聴きましたが
よい!!
ただ,この作品
子の親としては思うところ多し。
涙もの・・・・

子供の友達の母親から,これを観に行かないのとの誘いがあったとのこと
情報通の方がおられるものだ
ありがたや

(この時間帯[10日午前5時過ぎ頃]になるとさすがに編集が可)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.08

「オーディション」(あなたは必要とされていますか?)@発起塾おおさか花組

今宵は,中高年ミュージカル劇団である「発起塾おおさか」(NPO法人発起塾)平成18年度「花組」公演を観劇。
場所はドーンセンター(大阪府立女性総合センター)7階ホール
午後6:30~

「オーディション」(あなたは必要とされていますか?)
作・演出:秋山シュン太郎

いつもと同様,最前列を陣取る孫たち。
今回はそれと並びで観劇(つまり,かぶりつき)。
大阪のものらしく,いつもと同様,おちゃらけ有り,落ちありの楽しい作品(そして,考えさせる作品でもある)。
やけにうける孫たち(笑)
出演している母(これは私にとって)は,最前列の賑やかな応援団に,元気づけられまたやりにくかったことであろう。

それはともかく,出演されておられる皆さん。
元気です。
はい。

34608

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.06

ショスタコービッチの15番

なんて寂しい曲
かなりの編成のオケを用いてこの空しさ
彼だから可能であり、そして彼だから許され曲。
いろいろな思いを持っていたであったろう苦悩の作曲家の最期のシンフォニーは
背筋の凍る曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第400回定期演奏会@大阪フィル

第400回定期演奏会@大阪フィル

さらに前身の関西交響楽団は125回とのこと
これからショスタコービッチの交響曲第15番
さてどんなだか?

Dvc50224

追記)
06.7.6(木)19:00
ザ・シンフォニーホール
大阪フィルハーモニー交響楽団 第400回定期演奏会
指揮/大野和士 
パーカッション/中村 功
曲目
モーツァルト:交響曲 第33番 変ロ長調 K.319
細川俊夫:打楽器協奏曲「旅人」
ショスタコーヴィチ/交響曲 第15番 イ長調 op.141

いずれも初めて聴く曲。
(モーツアルトは聴いた経験がきっとあるのだろうけど・・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良も久しぶりかな

奈良も久しぶりかな

小雨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.05

なんとかして乗り切った

昨日は大事なお客さんがあり、6時からアルコール。3件で終了は12時。
寝たのは2時頃
今日は6時に起きようとしたが、寝不足と二日酔い。
なんとか6時半に出て電話に乗って辿り着いた京都で9時から2時30分までほとんど喋り続け。
大阪に戻って打ち合わせ。
食は朝昼食べる気にならず夕方ようやくサンドイッチ。
なんとか予定をクリアして帰途に。
よくがんばりました。自業自得ではあるが(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.02

力尽きた@イングランドvsポルトガル

イングランドvsポルトガル
後半戦
ベッカムが交代で退き
ルーニーが些細なことで退場。
11人vs10人に
しかし,イングランド鉄壁のディフェンス
凄いスタミナ・・・・
攻撃もイングランドの方に迫力があった。
とても一人少ないとは思えない粘り。
驚嘆もの
後半を戦い抜き
そして延長も耐えた。

PK戦
イングランド
先に止められたが,
ポルトガルのミスが続き
一時は逆転。
しかし最後は
弱気の2人が止められて
ポルトガルが勝利。
強気の攻めで守り通したのだから
もっとスカッと行って欲しかった・・・・

34079

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.01

文章の評価

人の文章を見るに
良くできているもの
箸にも棒にもかからないもの
これらは比較的時間を要しない。

分かっているようで分かっていないもの
(考え方等不十分なもの・・・一貫性のないもの)
手間がかかる。
それなりのことを書けるのだから,今後改善される余地がある。
しかし,今のままではやはりどうにもならない。
手を加えることによって,気が付いて欲しいという思いが起こる。
しかし,
時間がかかる
なかなか先に進まない(苦笑)。

34018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »