« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006.08.31

気が付けば沢山あるものだ(諦)

8月末が〆切の仕事
督促の連絡等で
ぞろぞろ発見される・・・・・
重たいのやら,軽いのやら
とんでもないのやら・・・

(笑)・・・・
では済まされない。

今日中には到底終わりそうもない。
そうなれば諦めが肝心。

まあ
嫌になったので今日はちょいと早めに仕事場を出ます。

とはいえども
しばらくは苦難が続くか・・・

38452

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日午後3時に消滅(「思いつくままに」noteブック)

長らく利用してきた,@niftyの「noteブック」
これが今日の午後3時,サービス終了となる。

・・・・@niftyからの案内・・・・
【重要】noteブック終了のお知らせ
「noteブック」は、2006年8月31日(木)15時をもちましてサービスの提供を終了させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

2002年7月 6日 (土)~2005年1月14日 (金) まで「思いつくままに」という形で雑記帳として利用させて頂いた。
その内容はこのブログに既に反映されていて,今となっては特に見ることもないのだが,いざ無くなるとなると何となく感傷的になる。

なくなるといえば,ヨミウリのニュース配信サービスも本日を以て終了。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
読売ニュースメール
【重要なお知らせ】
ヨミークラブ(http://www.yomy.ne.jp/)は2006年8月31日に終了します。長年にわたるご愛顧とご支援、ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

38392


追記)
先ほど(14時52分頃)確認しましたら次のような表示が。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【重要】noteブック終了のお知らせ
「noteブック」は、2006年8月31日(木)15時をもちましてサービスの提供を終了させていただきました。
お客様には、ご利用いただき誠にありがとうございました。
今後ともアット・ホームページを宜しくお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さようなら
お世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアノ協奏曲第15番変ロ長調 K450(byモーツアルト)

ピアノ協奏曲第15番変ロ長調 K450(byモーツアルト) 
 この曲は,初めて聴いた「コンチェルト(協奏曲)」であり,また,初めてエアーチェックをしてカセットテープに録音した曲。ピアノは,アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(Michelangeli, Arturo Benedetti)。
 メジャーな曲ではない。モーツアルトの20番,23番,27番等の深いピアノコンチェルトと比べると(特に27番は美しすぎて哀しすぎる,最高峰はやはり23番?)単調な感もある。しかし,聞きやすくて明瞭で何となく心躍らせる心地良い曲。この曲に接したいきさつを除外しても,名曲だなあと感じ入る。ピアノなど弾けないにもかかわらず楽譜まで買い求めた(笑)
 かつて録音したテープはかなり前にダメになってしまった。それ以来長い間聴く機会がなかったこの名曲。
 あるとき,店頭でミケランジェリの演奏する輸入盤のCD(ライブ版)を見つけて思わず買ってしまった。それ以来時々耳にする。そのたびに良い曲だと再認識する。また,良い演奏である。大御所の彼(録音当初はこのピアニストがどのような者であるか等の知識は全くなかった・・・笑)は,きっとこの曲が好きだったのだろうと思う。

指揮: ガーベン(コード),演奏: 北ドイツ放送交響楽団
1. ピアノ協奏曲第13番ハ長調K.415(387b)
2. 同第15番変ロ長調K.450
(それにしても13番は,何度聞いても好きになれないねえ・・・)
ユニバーサルクラシック CD (1995/1/21)

Chichian氏のサイトに曲の詳しい解説がある。

38386

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.30

橋の上の夜風

橋の上の夜風

仕事帰りに
たまりまへんなあ。

涼しくなった。
気がつけば
8月も明日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井着

福井着


追記)
   Dvc60031

     Dvc60032
    平成20年には新幹線だそうな・・・
  Dvc60033
   ということなのだろうが
   あちらこちらで奇麗にされている。
   しかし,相変わらず町に人は少ない。・・・・

 それはともかく
  Dvc60035
   こちらの蕎麦はうまい。
   


| | コメント (0) | トラックバック (0)

くうちょうふちょう

寝室の空調が効かない。
もう10年ほど使用しているので限界?
こんな夜は久々の雨。
窓を開けることはかなわず、厳しい。
ただ、朝早くに起きるには好都合だった。

雨上がりの朝。開けた窓からの風。

最高。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.28

入れ替えの準備

明日は仕事場のPCの入れ替え。
とのことでPCのデータのバックアップ。
しかし時間がかかる。今日中には終わらず。
明日も続き。
なを、暫くはチューニングに苦労の日々が続く。
憂鬱。


追記)
8月30日
第1段階目は,比較的速やかに移行が出来た。
個々問題は残されているが,まあまあかね・・・。
さて,後日の第2段階が大変。
うまくいくやろか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

架道橋下にて(探索中)

 Dvc60027

     Dvc60029
会議の合間の
街・探索

Dvc60024

   Dvc60021
      淀川
      風に吹かれて川辺で沢山のヨシがカサカサと会話。
      その声は耳に心地よし。
Dvc60013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

客人有り

昨日は3時頃から客人
将来はカナダに移住されるであろう方等
(時期は未定だそうな)
来客前に仕事を終わらせ
そそくさと整理。
このようなときでないと片付かない(笑)。

いただいたワインをご機嫌で飲んで
気が付けば畳の上。
(但し,客人を見送った記憶はあり・・・)

・・・・・

38136

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.27

大阪市立大学の図書館の一般利用ができない?

図書館の一般利用,卒業生利用について

【図書市民利用制度について】
 学術情報総合センターでは,大学の教育・研究のために収集した資料を,広く市民の方に利用していただけるよう「図書市民利用制度」を設けています。市民の方の生涯学習を支援するために設けられた制度です。
 登録されますと,学術情報総合センター(杉本キャンパス)および,学術情報総合センター医学分館,看護学科図書室(阿倍野キャンパス)を利用することができます。(中略)

【利用できる方】
 20歳以上で,大阪市内に在住もしくは在勤の方。ただし,大学受験生を除きます。
 また,他の大学等の学生ならびに教職員の方は,当制度の趣旨をふまえ,登録をご遠慮いただいています。大学等に所属されている方は,所属大学等の図書館より,図書館間利用制度を通じてご利用ください。

因みに
他大学所属の教職員・大学院生・学部学生の方
 所属している大学の図書館を通じて事前に申込を行って下さい。 閲覧希望日・閲覧資料名を図書館からFAXでお知らせいただきますと,利用の可否を図書館宛に回答いたします。当センターより利用可能との回答がありましたら,所属大学図書館発行の紹介状等を持ってお越し下さい。個人からの利用申込は受け付けておりません。また,事前連絡なしの来館利用は,原則として行っておりません。閲覧・複写受付時間は,平日9:00~16:30となっています。
←手続が面倒だし,すぐに利用できないなんて・・・・


???
「他の大学等の学生ならびに教職員の方は,当制度の趣旨をふまえ,登録をご遠慮いただいています。大学等に所属されている方は,所属大学等の図書館より,図書館間利用制度を通じてご利用ください。」とあるが,「市民の生涯学習」という制度趣旨を考えれば,制度趣旨から利用を制限されることになるとの結論は説得的ではないと言わざるを得ない。
 大阪市民かつ大阪市内勤務者等として色々な税金等を大阪市に対してかなり払わされているのに・・・・・・
 ぶつぶつ・・・・・

38096

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドキュメンタリー三昧

HD付DVDを買ってからドキュメンタリーを撮り貯めている。

傾向として
重いものが多い。

化学物質過敏症
文化大革命
8月という時節柄戦争に絡むものも多い。
満蒙開拓団,硫黄島,日中戦争,蒋介石,空襲等
生き残った方々が語る真実の戦争の体験談は,皆が少なくとも一度は接する必要あり。
人の狂気を知っておくことは,それを避けようとする努力につながる。


他にも

自然
化学
バトン
音楽
高校野球の決勝関連
吹奏楽(←こんな番組あるのですね)
等々


映像というものの力を感じる

見終えていないものが結構残っている。
昨夜も
気が付けば
4時をまわっている。
寝る時間が減っていかん。

38090

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.26

残暑(大津と京都にて)

残暑

依然厳しい。
しかし一時期ほどではなくなったか。
@大津で一仕事
その後は京都で打ち合わせ。

追記)
大津では滞りなく終了
その後は大津市内をちょいと散策
  Dvc50380
  旧東海道・・・・歴史を感じます。
  大津市内,歴史を感じる建物を多く見かけます。
  東海道。沿い昔はかなりにぎわったのでしょう。
  しかし,今は寂しい。

京都で打合せを行い,その後会議へ。
福井,大阪,京都の人が集う。

京都・・・・・・今も昔も賑わっている。
  昼食を食べるのも列をなす。
    Dvc50379
       いつみても斬新。

京都の夏は例年であれば夕立の夏。
今年は異変。
殆ど雨が降らないそうだ。
街路の木々もかなり枯れてきてしまっているとのこと。
厳しい夏のあらわれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.23

冥王星格下げ?

 国際天文学連合は太陽系惑星の数を冥王星を除いて8個とする修正案をほぼまとめこれが総会で可決される可能性が高い,と報じられている。
 冥王星は,惑星とは別の「矮惑星」に分類される見通しとのこと。

 そうなれば,ホルスト作曲の組曲「惑星」(火星,金星,水星,木星,土星,天王星,海王星)の解説には,冥王星についての補説が付されていたのだが(作曲当時には冥王星は発見されていなかった・・・旨),今後はこのような補説が必要でなくなる。
 占星術上において冥王星人とされていた方々・・・・・どうなってしまうのでしょうね。

追記)
HOLST作曲 The Planets (includes Pluto by Colin Matthews)
ホルスト/組曲「惑星」(2000年のマシューズ作曲「冥王星」付き)
なんてあるのですね(情報源)。
この曲もお蔵入りになりそうですね・・・・

追記)8月24日
ついさきほど,冥王星の落選が決まったとのこと。
惑星は8つに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.21

4KMを楽しみましょう

4KMを楽しみましょう

御堂筋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和高田にて

大和高田にて

相変わらず暑い。
だが何となく秋への移り変わりも感じさせる風も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.20

紀ノ川にての打ち上げ花火

紀ノ川にて


新しく市となった紀の川市の市民祭り(かつては打田町に町民まつりだったそうな・・・)
イベントの最後,午後8時30分頃から3,000発の花火打上があるとのこと。
仕事を中断して,午後5時過頃家を出て現地へ向かう。
人出もそれほど多くはなし。
土手で寝そべって見ることが出来る。
土手に寝そべると,自然と,打ち上げられた花火が視野に。
打ち上げ現場の間近で,光と音の饗宴を堪能。
混み合った花火大会しか知らない私にとっては初体験。

Cimg6356山車

   Cimg6369

Cimg6372

Cimg6385

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.19

大阪市中央公会堂の地下にて

大阪市中央公会堂の地下にて

会議でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.18

演技賞・・・凄いですねえ。

「大阪春の演劇まつり」というのが第30回目を迎たとのこと。
主催
 ユースサービス大阪〔財団法人 大阪府青少年活動財団〕
 大阪自立演劇連絡会議
 日本アマチュア演劇連盟近畿支部
後援
 大阪府
のようですね。

ユースサービス大阪のサイトによれば
大阪春の演劇まつり・・・・アマチュア演劇連盟等協賛・・・府内の若手・アマチュア劇団による成果の発表と、劇団相互の交流を通じて、大阪の演劇文化の向上を図ります。
対象・人数 青少年~一般/8,000名
時期・回数 4月~7月(80公演)
場所等   プラネットステーション他小劇場
と説明されています。

このまつりへの参加作品に西部の酒場のママキャサリン役で出演していた三枝雄子さんが「演技賞」を受賞されたとのこと。
めでたい話ですね。
演技をされている方が「演技賞」というのはきっととても凄いことなのでしょう。
・・・・・って舞台を見に行けなかったので,どれほど凄かったのかは私には分からいのが残念なのですが(苦笑)

なお,三枝さんにとっては,以下のような公演があるそうです。

グルメ探偵『赤星好太郎事件ファイル』
会場:一心寺シアター「倶楽」
チケット:前売り3,200円 当日3,700円
日時:
 8月23日(水)18:30~
 8月24日(木)18:30~
 8月25日(金)18:30~
 8月26日(土)13:00~18:00~
 8月27日(日)12:00~17:00~
とのこと。
三枝さんは『ロアジス』のオーナー真行寺雪子役で出演されるとのこと。


37522

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「一太郎」の脆弱性を悪用したウイルス

未だにと言ってはおかしいがワープロソフトは「一太郎」を利用している。
「MS-WORD」よりは,文章作成という一点に限ると,一太郎の方がはるかに使い勝手の良いことが一番の理由。
しかし,世間では「ワード」が隆盛を極めている。
やむを得ず,一太郎で作成したものを,ワードに変換させて配布させているのが実情なのだが,あまり上手に返還できないことも少なくなく,その点は頭の痛いところ。
なお,ワードも添削機能や文書校正機能は,一太郎より遙かに優れている。そのため利用する機会が増えてきてはいるのだが・・・・なかなか慣れないし,また,出来上がった文章は見た目綺麗にならないし,不満は解消しない。

それはともかく
ジャストシステム社のホームページでは次のように報じられている

一太郎シリーズに未知の脆弱性を悪用し不正なプログラムを埋め込むウィルスの存在を確認しました。 悪意の第三者により不正に改ざんされた一太郎文書を読み込むことで、任意のコードを実行され、PCが不正に操作される危険性があります。なお、セキュリティソフトメーカーによる危険度判定では、各社とも、低レベルと報告されています。
本日 (8月18日) 中に、一太郎2005、一太郎2006用のアップデートモジュールを、弊社ホームページにて公開いたします。その他の対象となる一太郎シリーズのモジュールにつきましては、準備ができ次第、速やかに公開していきます。
とのこと

午後6時15分現在,いまだアップには至っていないようである。
なお,時間厳守のためとして,中途半端なままでモジュールがアップされることは避けて頂きたい。

37490


追記)
ジャストシステム社によってモジュールが公開されています。
「一太郎9-2006 セキュリティ更新モジュール」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Live OneCare PC セーフティ(MS社による無償スキャンサービス)

MS(マイクロソフト)社は,オンラインにてパソコンのウイルス駆除等を行う「Windows Live OneCare PC セーフティ」の無償提供を開始したとのこと。
このサービスには
「プロテクトスキャン」
→ウイルスの検知と除去
「クリーンアップスキャン」
→ハード ディスク上の不要なファイルの削除
「チューンアップスキャン」
→PC のパフォーマンスの向上
の3種類が含まれている。

なお,今使っているPCで利用しようとしても,先ほどの記事にも述べたように,IEの不具合のため・・うまくいかない・・・・・
・・・・残念

37485

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネットエクスプローラーの不調(Internet Explorer の突然の終了)

最近,仕事場のPC(OS:wiodows2000)のインターネットエクプローラーが不調。
すぐに終了してしまう。
不具合レポートをMS社に報告すると,回答は次の通り。
・・・・・・・・・・・・・・・・
解決策はありません
エラー レポートを送信していただき、ありがとうございます。
問題の説明
コンピュータで不明なエラーが発生し、Internet Explorer が正しく動作しません。
・・・・・・・・・・・・・・・・

更に調べてみると,次の様な情報が見つかった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【不具合情報】
更新プログラム 918899 をインストールすると Internet Explorer 6 Service Pack 1 が予期せず終了する

【現象】
Microsoft Windows XP Service Pack 1 (SP1) または Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 (SP4) を実行しているコンピュータで Microsoft Internet Explorer 6 Service Pack 1 (SP1) を実行しており、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の文書番号 918899 の資料に記載されている Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラムをインストールした場合、HTTP 1.1 プロトコルおよび圧縮を使用している Web サイトを表示すると、Internet Explorer が予期せず終了します。

【回避策】
この問題を回避するには、次の手順を実行します。
1. Internet Explorer 6 を起動します。
2. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックし、[詳細設定] タブをクリックします。
3. [設定] ボックスで、[HTTP 1.1 設定] の [HTTP 1.1 を使用する] チェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とのことです。
また、MS社では、新しいバージョンの更新プログラム「KB918899」を開発しており、ダウンロードセンターおよび Windows Update経由で8月23日に提供する予定にしているようです(Security Next)。

37482


追記)上記方法試してみましたが,全く効果がありませんね。
更新プログラムを待つしかないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.17

阪神vs横浜

阪神vs横浜

今のところ1対0

追記)
最終的には
1対7
気概等ほぼ感じられない試合。
凡ミスは多いは
8安打で1点・・・・・
今年の阪神は既に終わっている?

見てはいなかったが,この日の昼間に甲子園球場で行われた高校野球は,いずれもすさまじい執念の試合だったそうな(駒沢大苫小牧vs東洋大姫路,智弁和歌山vs帝京)。
今の阪神,甲子園に鋭気を置き忘れてきた?
それが高校野球の熱戦に反映されたのだからやむを得ないのだとでも考えましょうか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

送り火

昨夜は,久々に京都の送り火を見に。
大文字
妙法
舟形
左大文字
がみえました。
(鳥居は見えず)

また,楽しいひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.16

虎の刺繍のおっさん

つれの女性をたたせて一人座り。
私からすればアホかいな!
感覚的には古いかもしれないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.15

エコドライブ

 昨日テレビを見ていると,エコドライブに触れられていた。
 昨今のガソリンの高騰化において, 現状,リッター6キロ程度という現状はかなりつらい。
 それだけでなく,このままでは地球環境にも悪いと思い,影響を受けやすい性格もあって,昨日は,墓参りに際して早速チャレンジ。
 その一つの方法は,要するに,運転時,アクセルやブレーキをあまり踏まずに,一定程度の速度を維持することのようだ。
 加速を要する追い越しなどはもってのほか。
 車のモニターの燃費表示にして,表示される燃費とにらめっこの運転。
 きをつけて走っていると,かなり効果はあるようだ(特に高速道路)。
 但し,あまり運転の妙味はないばかりか気を遣うし,どうしてもいつもより遅めのスピードになってしまうので目的地到着には時間がかかる。
 物事をトータルに考えると難しい選択だが(笑),少し気にかけるだけでもそれなりの効果はあり,長い目で見れば大きな差となることは間違いない。
 多くの方が,ちょいとその気になれば,環境への影響もかなり違うのだろう。
 ということで,少しでもよいから心がけていきたいし,多くの方にも,少しの気遣いを期待したいものです。

 37271

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.13

ベランダでの食事

今日はベランダで焼き肉
Cimg6328
ベランダはかなり狭いが
まあ二人なら十分。

Cimg6330
熱い・・・・対策に雪だるまも

Cimg6333_1
焼き肉のはずなのだが,ほとんど野菜ばかり(笑)

Cimg6336
第2弾は・・・・焼酎
ロウソクの明かりもよろしおます。

37196

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.12

嫁さんとデート中

嫁さんとデート中

32番街にて

追記)
今宵は,東京から子どもたちのいとこが来るとのことで,子どもたちは実家へ。
・・・・・・・・・・・
今日は,仕事場のPCが不調との連絡を受けたことから街中に出ていたこと
そして,子供たちがいなくなってしまったこともあり
外に食事へ。
梅田にて馴染みのイタメシ屋

    Dvc50347
 ・・・・・・・しましながら,高度の名技術をもって,欧州の巻き返しがあるのだろう。
大まかな死期を完成。

しかし・・・・色々な諸条件があったろうとおもうが
あまりおいしくなかった。
色々考えたが,
店のスタッフの接客の有様が,いまいち・・・・・・
そういうことを考えると・・・・その店も衰退なのかも・・・・・
もしそうなら 悲しい限り。

その後は,どういうわけかカラオケ
そして家路に。
町には若者が溢れていた。
実家に帰って,墓参りというイベントは,
あまりはやらないのかも。

Dvc50349

といいつつ,早々にカラオケ行って
更に,ワインを飲みに32番街に押しかけ。

無事????に帰宅。

自宅にて,一人ワイン&投稿・・・・・・・

Dvc50350


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.07

大植英次プロデュース・大阪クラシック ~御堂筋にあふれる音楽~2006.9.3sun-2006.9.9sat

大植英次プロデュース
大阪クラシック ~御堂筋にあふれる音楽~2006.9.3sun-2006.9.9sat

7日間に18ヶ所にて50公演とのこと・・・・・・素晴らしいねえ!

次のような大植氏のメッセージが添えられています。

「大阪クラシック」を機に、大阪が、世界に誇る「音楽の都」へと、さらに一歩近づくことを願いつつ、少しでも多くの皆様にクラシック音楽に触れて頂ける機会となることを祈っております。
「大阪クラシック」を通し、感動の一週間を創り上げたいと思っておりますので、皆様もぜひ我々音楽家と共に、お楽しみ下さい。

大阪市の案内(ゆとりとみどり振興局)
スケジュール

いいですねえ!
9月の頭は,スケジュールがちょいときついところは難点なのだが
出来る限り楽しみたいものです。
大阪近辺の皆様,せっかくの機会ですから参加しましょう(笑)!!

36794

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が国の司法権の独立の確立

我が国の司法権の独立の確立

大津事件(ロシア皇太子を巡査が切りつけた事件)はこのあたりで発生したらしい。
それを示す碑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大津の登録文化財

大津の登録文化財

旧家

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.06

DVDレコーダー

家人が,久しぶりにレンタルショップに行くと,ビデオテープは殆どなくDVDが一般的になってしまっているとのこと。また,知り合いのところでは殆どDVDレコーダーが家にあり,未だにビデオテープだけという家庭は少なくなりつつあるとのこと。
そんな折,大型家電ショップでパナソニックの製品の売り出しをしていた。
こんなことが重なって,とうとうDVDレコーダーの購入を決意。
家に持ち帰って,早速セッティング。
添付のB-CASカードを挿入すると,デジタル放送を見ることも可能。
今まで,デジタル放送は我が家にはまだまだ先のことと思っていたのだが,いきなり身近なものになってしまった。画質はたしかに良い(といっても,我が家のテレビは,アナログものなのだが・・・・・)
機能等が多くて使いこなすには到底至っていない。
しかし,少しは時代に追いつけるかもしれない(笑)

36686

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木管楽器の協奏曲

 先日PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)オーケストラのコンサートにて,モーツアルト作曲のファゴット協奏曲K.191(186e)の演奏があった。

 ファゴット協奏曲の生演奏は初めての経験
 この作品はモーツアルトが18歳の時のものであるが,メロディーは美しいし,ソリストに要求されるテクニックもそれなりに感じられるものでもあり,ファゴット協奏曲としてはそなりのレベルのものであるように感じられる。
 なお,(バロック及び及びそれ以前のものを除き)ファゴット協奏曲はこの作品以外を耳にしたことすらない。ファゴット協奏曲というジャンルで言うならば,18歳のモーツアルトが作った曲を超えるものが今に至るまで存在しないのである。
 そればかりか,管楽器を独奏者とする協奏曲は,モーツアルトの作品以外にどれだけあるのだろうか?ヴァイオリンやピアノ等をメインとする協奏曲は,作られる作品数も群を抜いて多く,また,モールアルトを凌駕するといえるものが幾つもある。しかし,管楽器については,プレーヤーが自ら作曲する或いは特別に嘱託をするもの(その殆どは現代になって作曲されたものであり且つ殆どその楽器に関する人にしか知られていない作品群)以外殆ど存在すらしていないように思う。
 モーツアルトは,管楽器についてもいくつかの協奏曲を残しているのだが,そのモーツアルトの作品を超えるものは無い,なんて思いながら演奏を聴いていた。

オーボエ協奏曲
 モーツアルトの協奏曲が最高。他に,リヒャルト=シュトラウスのオーボエ協奏曲(これは,2006年4月20日大フィル+ルルーで聴く機会があった)が次点というとことか。

クラリネット協奏曲
 モーツアルトのその短い生涯の晩年(1791年)に書かれた,彼の最後の協奏曲(クラリネット協奏曲イ長調K.622)であり最高の作品である。全ての協奏曲だけでなく全ての楽曲をトータルで考えてもこの曲を超えるものは無いのかもしれないと思わせるような奥の深い曲である(2002年9月22日記事

フルート協奏曲
 実は,フルート協奏曲には,これといったものがあまり見あたらない。その中では比較的モーツアルトのものが聞きやすいか(聞きやすいという意味では,モーツアルトがフルートとハープのために作曲した協奏曲の方が優れているように思う)。あと,ハチャトリアン(その実はバイオリン協奏曲)やイベールのもの程度か・・・・

ついでに
ホルン協奏曲
 親しみやすいという意味ではやはりモーツアルトの作品群(モーツアルトはホルン協奏曲を4曲残している)。もともとナチュラルホルンを対象として作られた作品であり,現代のホルンの楽器の水準から言うと,ちょいと違うでしょといった感のする曲だが,それでもホルン協奏曲といえば,他に,リヒャルト=シュトラウスが浮かぶ程度(2曲あるが,いずれも聴いているだけで難曲であることがわかる)。

 モーツアルトという作曲家はやはりただものではないと思いながら聴いていた一夜。

36652

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「私的ブランド論」(ルイ・ヴィトンと出会って)秦郷次郎著

「私的ブランド論」(ルイ・ヴィトンと出会って)秦郷次郎著・日経ビジネス人文庫・2006年5月

 本書は2003年12月に日本経済新聞社より刊行した同名書に加筆・修正したものとあり,帯には「ルイ・ヴィトンジャパンの創業社長が語るリアル・ブランドストーリー」と書かれてある。
 ブランド戦略の一つのありかた。興味深く読むことが出来た。ものの一つの売り出し方。
 特に,前半部分をよんでいる時には,ブランドものにほぼ縁のない私でさえ,思わずルイヴィトンのグッズが欲しくなってしまった(笑)。但し,後半部分になるにつれて,やはり要らないかという気持ちに戻ってしまったのだが。
 身の回りにあるルイ・ヴィトンのグッズといえば,職場の女性が結婚する際にくれた名刺入れ,そして嫁さんが結婚前からもっているバッグ。いずれもモノグラム。
 しっかりした出来であり丈夫で使いやすいことは確か。長い目で見れば良い商品であることは間違いない。職人芸とデザイン性を両立させたもの。こんなグッズは,好きですね。
 ただ,どうみても,これ見よがしにヴィトンで着飾っているとしか思えない人達が少なくないことを思うと,やはりもつには気が進まない。持っても小物止まり。
 
36630
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『組織行動の「まずい!!」学」(どうして失敗が繰り返されるのか』樋口晴彦著

『組織行動の「まずい!!」学」(どうして失敗が繰り返されるのか』樋口晴彦著・祥伝社新書・2006年7月

「規則やマニュアルを無用に増加させるとかえって現場の規範意識を後退させる危険性があることに注意が必要である。」と書かれ,更に「リスク管理の関係者の間では『ISOを取得した企業でおかしな事故がよく起こる」と密かにささやかれている。」との指摘がなされている。
 作らなければならないだけのために作られるマニュアル等が多く,そのようなマニュアル等は,微に入り細を穿つようものが多い。それは色々場面を想定しかつその際に実用的なわかりやすいものであれば問題はないが,単に,いざというときの責任逃れのためのものとしか考えられないようなものも存在する。そんなマニュアル等が意味もなく行動を縛ることになる例は,実際に少なくはない。
 私も,作られたマニュアル等を目にする機会がある。そのときにはこのように聞くことが多い。「この内容を知っている人がどれだけいるの?」,「そしてこの内容は実現が可能なの?」と。
 また同書では,集団においてはひかる意見があっても意思決定が非合理な方向に歪められてしまう現象があり「グループシンク」と呼ばれていることが指摘されている。このような問題を防ぐには「けなし役」を必ず参加させることが適当であることは参考になった。
 なお,この本にはいくつかの具体的な例が挙げられている。しかし,壁があるようだ。「私は,本書の執筆のため様々な事例を調査するたびに,意味のある情報がごくわずかしか公開されてない現状を痛感した」。正しくそのとおりであると思われる。

36625

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.05

やはりゴルフは我慢ですか

全英女子オープンゴルフ
観ているだけでも難しいコース。
その中で,横峯さくら,宮里藍良く耐えていますね。
ゴルフはやはり我慢が基本?
しかし,180cmを超えるミシェル=ウィーと体格派のローラ=デービスと一緒にラウンドする横峯さくら・・・
飛距離も負けていないし,プレー全般的としてもひけをとっていない。
凄い。
でも,解説者が述べていたところによれば,全米女子ツアーでは韓国の女性が30人以上登録していて,殆ど毎週優勝に絡んでくるとのこと・・・・・
上には上がある。
二人には,それを超えていただきたいものですね。
超えるためには,我慢の先のチャンスをものにする力が更に必要なはず。
あと2日
爆発を期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.04

記事「拡張子sitファイルを解凍するためのフリーソフト」の修正

「拡張子sitファイルを解凍するためのフリーソフト」(Aladdin Expander for Windows)のダウンロードサイトに関する記事を 05/03/01に投稿したのだが,投稿後そのダウンロードサイトが変更になっている。
ということで現状に即するように,記事の内容に2度目の追記を加えた。

36539


| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの歯科

3か月ぶりにほどか
状態のチェックに寄せてもらう
大きな問題はないようで次は半年後。
少し安堵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.03

進む道

人生良いときばかりではなく、困難なときにもある。
そんなときどうするかは生き様にもかかわる。
そんな折りにある方への助言は簡単ではない。特に、知っている人への助言は、思いいれがある分、こちらも客観性や冷静さを欠いてしまうこともありうる。
こちらも悩ましい。
それはともかく。次の道はしっかり歩いてほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地名の世界地図@21世紀研究会編

「地名の世界地図」21世紀研究会編・文藝新書・平成12年

世界の地名についての由来がわかりやすく説明されている。
アジア
インドシナ
ユーラシア
等々
そうだったのかと「目から鱗がおちる」ものが多くためになった。

 しかし,普段耳慣れている国名等が英語表記されたものが多いことに気づかされる。
 例えば,国際舞台で我が国のことを「ジャパン」と表現されることがある。しかし,「ジャパン」という表記は我が国の誰かが用いた表現方法ではなく,国外のものが勝手につけた名前に過ぎない。こんなものを喜んで用いているなんて,なんて馬鹿げたこと・・・・・とかねてから思っていた。
 アルファベットを用いた表記は已むを得ないとしても,出来るうる限り,現地が用いている表現に近い表記をすべきだと改めて思わされた・・・・・・(そうなると,この国どこやねんという国が増えて,私自身も困るのだろうが・・・笑)

 かつて,どうしてもウイーンという町を観たくてオーストリアに赴いた。そのときは,関西からウイーンへの直行便が無く,ヒースロー(ロンドン)経由だった。ヒースローからウイーンに向かう際,係官から「どこに行くのか?」との質問があった(それぐらいの英語はなんとか理解できた・・・・・・汗)。当然のごとく「ウイーン」といった。しかし,通じない。
ヴイーン・・・・等々述べたがわかってもらえない。
暫くして,係官曰く,
「ヴィエナ?」・・・・
思わず,イエス・イエスと応じた。

(笑)

地名ぐらい,世界共通であって欲しい。

36387

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.02

アクセス解析のリニューアル(ココログ)

ココログのアクセス解析が新しくなったとのこと。
ということなので一応チェックしてみた。

サイト全体(合算)のアクセス解析
(注:サイト・・・・資料館や写真等も含んでいる)

累計アクセス数:99381
1日当たりの平均:176.21
(因みに,記事数がやけに多いので(笑),検索サイトにて結構引っかかるようだ)


アクセス地域(訪問者がアクセスしている都道府県)
解析対象期間:2006年5月1日(月) ~ 2006年8月1日(火)
集計対象アクセス数:2,690

東京からのアクセスが一番多いらしい。ちょっと意外。
なお,北海道の3位というのは更に意外。

1 東京 811 30.1%
2 大阪 519 19.3%
3 北海道 117 4.3%
4 神奈川 111 4.1%
5 兵庫 110 4.1%
6 京都 100 3.7%
7 埼玉 97 3.6%
8 愛知 78 2.9%
9 福岡 69 2.6%
10 千葉 54 2.0%
11 茨城 53 2.0%
12 静岡 47 1.7%
13 宮城 36 1.3%
14 岐阜 30 1.1%
15 鹿児島 28 1.0%
16 三重 27 1.0%
16 広島 27 1.0%
18 栃木 25 0.9%
19 新潟 21 0.8%
20 奈良 20 0.7%

36379

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松山

松山

暑し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.01

盛況でよかった

盛況でよかった

しかし予測は難しい。
また直感は侮れず


追記)
人数を予測することが与えられた役目の一つ
何しろ,材料が少ないため困難。
昨年は120でかなり良い線だった。
今年は当初220を予測した。
しかし,色々な情報が入るにつれて不安になり,色々な人の意見を容れて170程度に搾った。
・・・・・・・・
結果は
当初の予想通りにしておけば良かった(笑)
ということでした
・・・・チャンチャン。

来年,どうなるやら。
また,大いに悩むことになるのだろう・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »