« 最高裁判所平成18年09月04日判決(認知請求事件) | トップページ | 鹿苑寺(金閣寺)へ »

2006.09.05

検索サイトは複数利用する必要がある?

検索サイトは複数利用する必要がある?

先日,同姓同名(漢字も同一)が多い或る人名(誰であるかは想像にお任せ・・・笑)をキーワードとしていくつかの検索サイトで検索した。
そして,目的の人物に関するサイトが何番目に表示されるのかをチェックした。
結果は,検索サイトによってまちまち。
また,ヒットしても,同一のサイトがヒットするとは限らない。
異なるサイトがかかってくることも少なくない。
このような結果を考えると,検索の際にはやはり複数のものを用いなければならない場合があることを実感する。

【ウェブ検索】
google(2番目)
yahoo(25番目)
MSN(3番目)
Ask(11番目)
infoseek(11番目)
goo(1番目)
nifty(1番目)
BIGLIBE(1番目)
hatena(1番目)
ceek(7番目)
ixquick(1番目)

【ブログ検索】
Technorati(1番目)
Ask(1番目・というよりヒット1件のみ)
goo(ヒットせず)
livedoor(ヒットせず)
楽天(1番)
Namaan(3番目)
bulkfeeds(ヒットせず)
Blogger(3番目)

38814

|

« 最高裁判所平成18年09月04日判決(認知請求事件) | トップページ | 鹿苑寺(金閣寺)へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検索サイトは複数利用する必要がある?:

« 最高裁判所平成18年09月04日判決(認知請求事件) | トップページ | 鹿苑寺(金閣寺)へ »