« ファイルサーバーの導入 | トップページ | 携帯電話の絵文字 »

2006.09.15

「ローマ人への20の質問」塩野七生著

「ローマ人への20の質問」塩野七生著・文芸新書・平成12年1月

ヨーロッパ文明の基礎となるギリシアとローマの文化の基本的な違い等が判りやすく説かれ,それが現代を理解する指標ともなっている。
極めて興味深き本。
ギリシアの文明やローマの文明。ちょいとかじったようで全く判っていない。
しかし,現代ある制度や文化の基礎等は,これら時代に由来するものが少なくない。
よって,是が非でも理解をしておかなければならない時代といえる。

中から1つ
ローマ人(庶民)の春と秋の1日
未だ星の瞬く5時頃に起床。日の出と共に仕事を開始(元老院関係者等はクライアントとの対応もこの時間からだそうで,その後に公務を8~9時頃から開始)。正午か1時頃に仕事を終了。軽い昼食後,午後2時頃から公衆浴場。その後,自由に時間を過ごして,日没と共に就寝。

なんと合理的な生活パターン。
そんな生活を送りたい・・・・・・

39668

|

« ファイルサーバーの導入 | トップページ | 携帯電話の絵文字 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ローマ人への20の質問」塩野七生著:

« ファイルサーバーの導入 | トップページ | 携帯電話の絵文字 »