« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006.10.31

3台目のモバイルシェーバー

3台目のモバイルシェーバー

初仕事(笑)


さて今日はヤマ
頑張らねば。

追記)
カミソリを用いないため携帯できるシェーバーは重宝する。
先般,2代目(台目?)が壊れてしまった。
ようやく入手できたのがこれ。
小さくて軽くて充電の出来るタイプというのは,ありそうなのだが結構良いものが見つからない。
今回は,初持参。
(松山市内のホテルにて)


日曜日及び月曜日各朝3時からまとめの準備
そして今日がその当日。
今日のところは順調に終了。
準備の甲斐あり。
大荷物もって帰阪。
さすがに疲れた
北新地にでも飲みに行ってくるか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.29

写真の整理

マイフォトを個々何回かに分けて整理
この国(修正・・・・・かつてのものをやめて新たにアップ)
London Wine追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.28

若江岩田

若江岩田

いつ以来だろうか。
駅には、高校時代に練習場確保のため何時か降り立った覚えが(笑)

写真は駅前の商店街。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.27

プッチーニ作曲:歌劇「トゥーランドット」byウクライナ国立キエフ歌劇場オペラ

歌劇『トゥーランドット』(Turandot)
ジャコモ・プッチーニ作曲
(Giacomo Antonio Domenico Michele Secondo Maria Puccini)
フランコ・アルファーノ(Franco Alfano)補作
全3幕(原語上演・日本語字幕付)

キエフ・オペラ~ウクライナ国立キエフ歌劇場~タラス・シェフチェンコ記念
[管弦楽]ウクライナ国立キエフ歌劇場管弦楽団
[指 揮]ヴォロジミール・コジュハル
[演 出]マリオ・コラッディ
[合 唱]ウクライナ国立キエフ歌劇場合唱団
[バレエ]ウクライナ国立キエフ歌劇場バレエ

フェスティバルホール
開演:午後6時半
第1幕約35分(休憩20分)第2幕約45分(休憩30分)第3幕約40分
終演:午後9時半頃

[配役]
トゥーランドット:リジヤ・ザビリャスタ
カラフ:オレクサンドル・フレツ
皇帝アルトウム:ステパン・フィツィチ
ティムール:ボフダン・タラス
リュー:リリア・フレヴツォヴァ
ピン:ペトロ・プリイマク
パン:パヴロ・プリイマク
ポン:ドミトロ・ポポウ

今日は母と一緒だった。
まあ,喜んでくれたようでよかった。

プッチーニのオペラは初体験。かつてハープ奏者の吉野直子さんがハープの使い方の旨い作曲家の1人としてプッチーニを挙げていた記憶がある。そのように言われるだけあって,オーケストレーションの妙は逸品。
ただ,ヨーロッパ人が作り出すアジアの音楽だけに,なにかしら違和感を感じないではなかったが,色々な素材を用いて新たな音楽を創造しようとする意欲は並々ならぬものを感じ取ることができた。このような姿勢がプッチーニを成功へともたらした要因なのだろう。
プッチーニは,この作品の第3幕における召使リューが自刃の場面までを書き上げて亡くなったそうである(1924年)。このリューが主人を思って自刃する場面。泣かせる場面。この部分がプッチーニの手によって書き上げられていたことは不幸中の幸いなのかも知れない。

今宵もウクライナの分厚い音を存分に楽しむことができた(欲を言えばテノールにはもうちょい頑張って欲しかった,前日が秀逸だっただけにどうしても比較の対象となってしまって気の毒ではあるが)。
ウクライナの音楽家。あまりイメージになかったのだが,パンフレットによれば,リヒテル,ギレリス,ホロヴィッツ,オイストラフ,コーガン,スターンといった面々はウクライナ人だそうな。私にとってはソ連の音楽家というイメージなのだがソ連における偉大な音楽家の主な方々がウクライナ人だったということは驚きだった。輩出されたこれらの人の名をみればウクライナ人のレベルの高さが自ずと判る。

91159

ラ・トラビアータ(椿姫)(オペラの勧め)
ヴェルディー作曲:歌劇「アイーダ」ウクライナ国立キエフ歌劇場オペラ(タラス・シェフチェンコ記念)

Dvc60288

Dvc60289

Dvc60290

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MPEG2形式の動画ファイルの再生

この度,仕事の関係で,MPEG2形式の動画ファイルの入ったDVDを渡された。
MPEG2(Moving Picture Experts Group phase 2)形式の動画は,WindowsにMPEG2デコーダソフトが標準搭載されていないことから,WindowsMediaPlayer等で見ることが不可とのこと。
WindowsMediaPlayer等で見ようと思えばフリーソフトである「GPL MPEG-1/2 Decoder」を用いればよいようだ。
やってみたが,インストールはとても簡単。
ダウンロードサイトから「MpegDecoder012.msi」というファイルをダウンロードし,そして実行するのみ。
本当に簡単だった。
WindowsMediaPlayerでみれるようになりました。
なお,ソフトのインストール等は自己責任でどうぞ

91132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外食・爽快

外食・爽快

いつもはコンビニでパンなど買って持ち帰りにて昼食。
今日は久々に昼食の外食?
そして散歩
涼しく、爽快。
いい瞬間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴェルディー作曲:歌劇「アイーダ」ウクライナ国立キエフ歌劇場オペラ(タラス・シェフチェンコ記念)

ヴェルディー(ベルディー)作曲:歌劇「アイーダ」ウクライナ国立キエフ歌劇場オペラ(タラス・シェフチェンコ記念)
全4幕 ※原語上演・日本語字幕付
フェスティバルホール
午後6時30分開演,第1幕約40分(休憩20分),第2幕約40分(休憩20分),第3幕(約35分)・第4幕(第40分),終演は10時頃だった。

出演
アイーダ:テチヤナ・アニシモヴァ
ラダメス:ヴォロディーミル・クジメンコ
アムネリス:アッラ・ポズニャーク
アモナスロ:イヴァン・ポノマレンコ
ランフィス:セルフィ・マヘラ
エジプト国王:セルヒィ・コヴニル
使者:オレクサンドル・ジャチェンコ
巫女:リリア・フレヴツォヴァ
指揮:ヴォロジミール・ゴジュハル 
管弦楽:ウクライナ国立キエフ歌劇場管弦楽団 
合唱:ウクライナ国立キエフ歌劇場合唱団 
バレエ:ウクライナ国立キエフ歌劇場バレエ団

アイーダはこれで2回目となる。
最初に聴いたのが,実はそれが初オペラであり,それもニューヨークのメトロポリタン歌劇場だった。
ニューヨークマラソンを走りに行った際に,現地にいらっしゃる知人に無理にチケットをとって頂いて観に行ったもの(実は何時間も並んだそうな・・・・そんなことを知っていれば頼まなかった・・・・)。
しかし,席は2階であまり舞台が見えず(メトロポリタンは巨大な舞台だった記憶がある),言葉もわからない(字幕はあったが「英語」・・・・いずれにせよわからんかった・・・・苦笑)という有様。
シーンで覚えているのは,凱旋の場面にて生きた象や馬が登場してきたことや,なんと寂しい終わり方ということと,アイーダの体格がものすごく,悪いけど・・・全てを捨てて愛に走る男の存在が想像できないというもの程度。
アリアも,「清きアイーダ」というのが耳に馴染みやすいなと感じた程度だったか。

昨夜は,かなり細かく堪能することが出来た。
全体として骨太の力強い構成。
ニューヨークでは良い曲だとは全く思わなかったが,この度の公演でそのイメージは払拭。
ヴェルディーの代表作の1つとして掲げられるだけあって,その構成及び細部は唸らせるものである。
また,メロディーラインもさすが!

91051


テノール。よかった。
男(男性)に興味はないが(笑)
昨夜は男声にまいった。

サイトによれば

<キエフ・オペラ>は、ボリショイ、キーロフと並ぶ旧ソ連邦の三大国立歌劇場のひとつとされ、130年以上にわたる伝統と格式を誇る歌劇場として、これまで数々の歴史的な公演を行なってきた。一般的には、“ロシア歌劇場”と言われるほど、ロシア作品を主に上演してきた印象があるが、実は同歌劇場は、ロシア語に翻訳されたヨーロッパ作品、とりわけ人気の高いヴェルディ作品などをこれまでも上演し続けている。レパートリーの3分の2が、ヴェルディやプッチーニを中心としたイタリア歌劇。今回の初来日公演でも、自信の演目2つを引っさげての堂々の来日公演となる。しかも、今回の初来日公演は、総勢210人による引っ越し公演。セット、美術、ソリスト、オーケストラ……迫力の舞台がそのままに展開される<キエフ・オペラ>。想像を超える圧倒的な力量と底知れぬ実力に期待が募るばかりだ。


ラ・トラビアータ(椿姫)(オペラの勧め)
プッチーニ作曲:歌劇「トゥーランドット」byウクライナ国立キエフ歌劇場オペラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

左腕を上げて!↑

左腕を上げて!↑

じゃなくて

二つのクレーン(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.25

日本シリーズの行方(複雑な思い)

プロ野球日本シリーズ第3戦
地元で北海道日本ハムファイターズが勝利して2勝1敗になったようですね。
どちらかというと今まで野球は不毛に近かったであろう今や北海道のチームが,地元の方々と一体になって勝利に向かっていくという姿勢には共感すべき点がおおいこと。
日本ハムは(意外なことに)大阪市に本社のある会社であること。
同社には元ゼミ生が就職していること。
を考えると,日本ハムを応援したい気持ちが強いというのが正直なところ。
しかし,今年の中日ドラゴンズは,徹底的に練習を積んで勝ち上がってきたチームとのこと。
それは,落合監督のいう「練習は裏切らない。」という信念に基づくものとのことだ。
「練習は裏切らない。」
こんな言葉を聞いてしまうと・・・・
中日が,こんな言葉のもとで,一番練習したチームであったとするならば,勝ち残って欲しい,負けて欲しくはないという気持ちが生じてしまう。
努力が報われるものであって欲しい。
よって,中日を応援したくなる気持ちも強くなる。
複雑な心境

90849

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.24

水商売

「なにわ商人1500年の知恵」藤本義一著・講談社α文庫・1994年8月
に載っている水商売に関する3つの見解
「水は高きより低きに流れる。つまり,お客様から店に金が流れてくるという意見。だからサービス第1に専念せよ。」
「水は方円の器に従う。つまり,水というものは,どのような形の器にも入るのだから,水商売の人は,いつでも客に逆らわずに笑顔で接すべきである。」
「ズバリ,水のようなものでも売れるから。」
いずれにせよ,客と接する際の心構えではあろう。
参考にしたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく色付きはじめ

ようやく色付きはじめ

空には飛行船

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.23

今年のもの

      Cimg6675

  Cimg6671こちらの角度からは温度

      Cimg6672こちらの角度からは時刻

      Cimg6673こちらの角度はストップウオッチ

          Cimg6674こちらの角度はアラーム

カード会社が,毎年1度,趣向を凝らしたものを贈ってきてくれる。

90747

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.22

ラ・トラビアータ(椿姫)(オペラの勧め)

私がオペラ(歌劇)にまともに興味を抱くようになったのは,一冊の本との出会いによる。
それは,
中丸三千繪著「マリア・カラス・コンクール スカラ座への道」(講談社・1995/10)
中丸さんは,1990年「マリア・カラス国際声楽コンクール」の優勝者。当該コンクールでのイタリア人以外の初めて優勝者とのことである。
それまでにもマリア=カラスという名こそは知っていたしその筋で最高の人と称されているということも知識としては知っていた。しかし,それまでオペラにも声楽にも殆ど興味の無かった私には,興味本位で手にした一冊でしかなかった。
しかし,面白く,興味深いものだった。
オペラというもののクラシック音楽の世界における位置づけ,声楽の奥深さを初めて,書物というものを通じてではあるが,ある程度理解できるようになった。
そして,人の生き方としてとてもとても参考になる本であった。
音楽家が書いた本で,これほどアグレッシブで且つワクワクさせてくれるものは,
小澤征爾著
「ボクの音楽武者修行」(新潮社文庫)
以来のものだった。
この2冊は,クラシック音楽に興味の無い方にも勧める書物である。
やってやれんことはないだろうという精神がものすごく素晴らしい。

その後,イズミホールで中丸さんのリサイタルを聴いたこと。
これが声楽に目(ではなく耳を)向ける決定的な出来事となった。
生のものに触れること
やはり最高!!

なのですが,ともかく一応のきっかけとなるものを。
YOU TUBEのものであり紹介するに気は引けるのだが,他にとっかかりとなるものを見つけることもなかなか難しいので敢えてご紹介(2006年10月20日 (金)「You Tube」投稿動画の大量削除)。
ベルディー作曲の歌劇「ラ・トラヴィアータ」(椿姫)より
こんな声を生で聴かされたら・・・・
と思わずにはいられません。
ストーリー等は「椿姫 (オペラ) - Wikipedia」をどうぞ。
とても切ない物語です。
ストーリーを想いながらお聴きいただければ雰囲気も伝わるでしょう。
ヴィオレッタ・バレリー役Angela Gheorghiu(アンジェラ・ゲオルギュー)
第1幕の乾杯の歌(けっこう有名でしょう)
   なお,下記のAnna Netrebko版は現代的で且つ刺激的!(笑)
'Croce e delizia al cor'
Sempre Libera
Parigi, o cara

なお,歌姫が異なれば雰囲気も異なる。
1幕のラストについて
Beverly Sills(ビヴァリー・シルズ)
Mariella Devia(マリエッラ・デヴィーア)
Mary Dunleavy
Elizabeth Futral(エリザベス・フートラル)
もちろん演出が異なれば更に
現代的演出による乾杯の歌(かなり刺激的!!)
Anna Netrebko(アンナ・ネトレプコ.)
なお,3幕で歌われるAddio del passato
(さらば過ぎ去りし日よ)

とは,いいつつそれほど私も生の演奏を聴いているわけではない。
コンサートもそうだが,あまり接すると良いものに接してしまうと,いいものに対する感性が薄れてくることもありボチボチにしている(ということにしておきましょう・・・笑)
ボチボチ行きましょう。

自分の記事からひろってみたのを末尾に。

90595

追記)
関連するものを次々と聴いていくときりがないですね。
今日は,色々と聴いてそれで終わってしまうのかも(笑)

続きを読む "ラ・トラビアータ(椿姫)(オペラの勧め)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.21

本日も晴天なり

本日も晴天なり

少しは影ってほしいのだが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンニバル

心理サスペンスの映画の登場人物ではない(笑)
ローマによって滅ぼされた現在のチュニジアあたりを中心としたカルタゴという国の名将
この名前を初めて知ったのは,小学生の頃にナポレオンの伝記を読んだ際,ナポレオンに先だって(象を伴って)アルプス越えを行ってイタリアに攻め入った人物としてだった。
そのときに抱いたイメージは,半裸の男達が頭にターバンを巻いて象に乗ってアルプスから駆け下りていくという単なる無謀者でしかない全くのバーバリアンそのもの。大昔には,とんでもないヤツらがいたもんだという程度のものでしかなかった。
その後,世界史にてカンネーの戦いやザマの戦いというものと同時に記憶の対象となった程度。但し,単なるバーバリアンではなく相当な実力者であったというイメージには至っていた。
このほど塩野七生著になる「ローマ人の物語」(文庫版・新潮文庫)にチャレンジしているのだが,その3巻から5巻は「ハンニバル戦記」(上・中・下)となる。
この合計3巻においては,ローマとカルタゴの間で争われた3回の戦争(ポエニ戦争:第1次紀元前264~241年,第2次紀元前218~201年,第3次紀元前149~146年)が主に取り上げられている。
ハンニバルが活躍したのは第2次ポエニ戦争。
ハンニバルは,情報収集力に長けたとんでもない知将であり且つ強靱な精神力の持ち主だったようだ。当初抱いていた単なるバーバリアンとはほど遠い存在。そのような人物であったからこそローマをあと一息というところまで追いつめることが出来たのだろう。
しかし,それでもローマは耐えてそして打ち勝ち覇者となった。その柔軟さと懐の深さががローマのローマたる由縁だったようだが,そのような性質がスピキオ等の名将を産み,そしてその後のローマの繁栄にもつながったようだ。
スペインからフランスを通ってアルプスを越えてイタリアに攻め入り,あと一息まで迫っていたハンニバル。しかしながら,圧倒的勝利にもかかわらずローマ同盟国のローマからの離反を導くことが出来なかった。それだけローマは,周辺諸国から信頼されていた国であったということのようだ。ハンニバルは,次第に追いつめられて,最後には祖国で敗北にいたる。祖国を降伏に導いたあと,最後の最後には亡命先で自殺という最期を遂げることとなる。
古代の国々の有様をふり返って,今の国際問題を見ると,異なっている部分だけでなく似通っている部分も多く見ることが出来る。
人はいつまで経っても人でしかないようだ。

90433

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.18

伊予から帰還

伊予から帰還

重かった。
全部で25キロほど?


追記)
今朝は,3時間ほど寝て引き続き朝5時起きにて打合せのための資料作成。
一応のものを作成してメールで送付後,空港バスにて伊丹空港へ
は,良いのだが,12時15分発の飛行機に乗るために,11時20分発の空港バスに乗り込む。
阪神高速に入ると渋滞。殆ど動かない・・・・
通常25分程度のところ35~40分程度要するとのこと。
ヤバイ・・・・
一度,飛行機に乗り遅れた経験があり,そのときのことを思い出す。
気が気でなくてバス内で寝ている場合ではなかった(苦笑)。
一時期は,覚悟もせざるを得なかったが,しばらくすると渋滞は解消。
なんとか,時間に間に合い・・・
・・・・・安堵

伊予も暑かった。

大荷物
キャリアーの中はパソコン類等以外は殆ど紙類
紙というのはとてもとても重い。
打合せに行くのも楽ではない・・・・

それでも何とか今日の役目を終えて
帰阪。
重たいものを持って帰るのは嫌なので
仕事場に置いて帰ります(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.17

京 陽気

京 陽気

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.15

いい天気の京都なのに

いい天気の京都なのに

屋内で仕事とは

残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.14

御堂筋での実験

御堂筋での実験

自転車は側道へ
歩道は安全に


有り難いことです
このような試み、歩行者としても自転車乗りとしても拡大していただきたいものです。


ただ、駐車違反がさらになくならないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校時代の友達との飲み会

昨夜は
高校時代にクラブ活動としてブラスバンドをやっていた仲間との久々の飲み会。
とてもとても楽しうございました(感涙・・・・・笑)。

今でも新たな楽器にチャレンジをしている人々の話
120歳まで生きるという人々の話
思い出話だけでなく未来への話

自分が思ってもいなかった話を
よく知っている人達から聞くと
意外であり,何にも増して刺激的

尽きません。

89722

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.13

東京高等裁判所平成18年09月29日決定(平成18(ラ)27市町村長の処分に対する不服申立却下審判に対する抗告事件)

事件番号 平成18(ラ)27
事件名 市町村長の処分に対する不服申立却下審判に対する抗告
裁判年月日 平成18年09月29日
裁判所名・部 東京高等裁判所 第17民事部
結果 その他

原審裁判所名 東京家庭裁判所
原審事件番号 平成17(家)844
原審結果 却下

判示事項の要旨
抗告人ら夫妻が子らの法律上の親であることを認めるネバダ州の裁判所の命令が確定している場合において,同命令が抗告人らと子らには血縁関係があること等を参酌してなされたものであることや,子の福祉等を考慮し,同確定裁判を承認しても公序良俗に反しない。

平成18年(ラ)第27号市町村長の処分に対する不服申立却下審判に対する抗告事件(原審・東京家庭裁判所平成17年(家)第844号)

主文
1 原審判を取り消す。
2 品川区長は,抗告人らが平成16年1月22日付けでしたC及びD(いずれも平成15年11月28日生)についての出生届を受理せよ。

続きを読む "東京高等裁判所平成18年09月29日決定(平成18(ラ)27市町村長の処分に対する不服申立却下審判に対する抗告事件)"

| | コメント (0)

2006.10.12

エントにてCD

エントにてCD

打ち合わせまで時間があり
ハービス・エントにて
ここはクラシックが充実しお気に入り
久々に立ち寄り
ハイドンとモーツァルトの弦楽四重奏全集
これだけで22+8の30枚
あと何枚か
どうするやら(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薄暮

薄暮

大津駅にて


未だに昼間は暑いが
こんな風景をみると
冬に向かいつつある
季節のうつろいを思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「明治・大正・昭和前期 雑誌記事索引データベース」(皓星社)

「明治・大正・昭和前期 雑誌記事索引データベース」(皓星社)(テスト版?)

明治・大正・昭和前期に刊行された雑誌にて掲載された記事が検索できます。現在376243件の記事が登録されています。

とのこと。

皓星社データベース

検索をかけてみると,役に立ちそうなものが引っかかってきます。
但し,正直あまり実態がよくわかりません。
今後どのようになっていくのか?

89401

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネット情報選択的蓄積事業(WARP)(国立国会図書館)

インターネット情報選択的蓄積事業(WARP)

インターネット上のウェブサイトや電子雑誌を収集し文化資産として保存するプロジェクトです。
とのこと。

インターネットで公開されている次のような機関が保有する情報が蓄積されている
コレクション種別
 国の機関・都道府県・合併前の市町村・法人・機構・大学・イベント・ 電子雑誌・その他
NDL資源タイプ
 電子雑誌・サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子図書館(国立国会図書館)

貴重書画像データベース

国立国会図書館が所蔵する重要文化財、彩色資料等の画像データ(872タイトル、約41,000コマ)を検索、閲覧することができます。
とのことです。

近代デジタルライブラリー
当館所蔵の明治期刊行図書を収録した画像データベースです。平成18年4月現在、約127,000冊を収録しています。収録されている資料は、児童図書と欧文図書を除いたもののうち、著作権保護期間が満了したもの、著作権者の許諾を得たもの及び文化庁長官の裁定を受けたものです。
とのこと
明治時代の本を参考に見ることがたまにある。しかし,このような本を探すことは至難の業でありまた見つけ出してもそれを手にとることは容易なことではない。それを思うと,明治期の多くの書物をインターネット上で閲覧できるということはとても有り難いことです。


過去の関連記事
2005年8月28日 (日) 明治時代の法律書(国立国会図書館)動産売買の先取特権
2005年8月25日 (木) 凄すぎる!国立国会図書館のウェブサイト
2005年3月23日 (水) 公文書のネット上での閲覧(国立国会図書館)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不運なときもある

不運のとき
危ういとき
そんなときがどうしてもやってくる。

そのようなものを感じ取ったとき
場合によって
逃げる(それもいち早く)
放置
受け入れる
闘う

の対応があろう。

中でも一番ダメージの少ないものを
選択できたのだろうか。

89327

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.11

平群の里(生駒の麓)にて

平群の里(生駒の麓)にて

これから
打ち合わせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三条大橋より

三条大橋より

今日は京都も雨

鴨川、力みなぎるとき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぎおんで

ぎおんで

どことまるか

追記)
京都での会合の後,同期3名の仲間で祇園界隈に繰り出して密談?
話せば色々積もることもある。
大阪に帰れる時間も過た。
仕方なく,携帯のサイトで宿泊先を検索。
深夜になれば結構安い値段で泊まることも可能。
本当に大丈夫?とは思わないではないが・・・・・
今宵は,祇園界隈は泊まるところが無く,四条御池近くボチボチと歩く。
京都は,歩いても結構しれている。

しかし,驚くほど安い。

なお,個人的には楽天のサイトを利用。
楽天も,TBS問題で苦境が伝えられるが,今後はどうなのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.09

明日もいい天気でありますように。

             Cimg6589

             Cimg6590

                Cimg6594

              Cimg6597

             Cimg6601

世界平和のために,どこからも受け入れられない保身を目的とするバカな凶器の開発を断念するか,速やかに且つ平穏に政権を自壊させなさい。
それが自国民をも含めた世界中の人の願いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールド・トレード・センター

ワールド・トレード・センター

今日は観てきた。
この空を平和の中で感じることができることはとても幸せなこと。


追記)
こんな日に

「中国の国営新華社通信は9日、朝鮮中央通信の報道を引用しながら、北朝鮮が核実験実施を発表したと至急電で報じた。」
とのことだ。
馬鹿な国が近くにあると全くもって迷惑。

追記2)
2001年9月11日の同時多発テロにより倒壊したワールド・トレード・センター。この倒壊の悲劇から奇跡的に生還した二人の男を巡る実話を基にした映画。

オリバー・ストーンOLIVER・STONE(監督)
ニコラス・ケイジ(港湾局警察官ジョン・マクローリン)
マイケル・ペーニャ(港湾局警察官ウィル・ヒメノ)
マギー・ギレンホール(ウィルの妻アリソン・ヒメノ)
マリア・ベロ(ジョンの妻ドナ・マクローリン)
クレイグ・アームストロングによる音楽も淡々とそして凛々しくある印象的なものだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.08

法隆寺

法隆寺

古色


凄い
さすが世界最古の木造建造物

圧巻


追記)
小学校の頃,ここに来る遠足の予定があったのだが,風邪か何かで行けず。
今日は,生まれて初めての法隆寺。
実は,映画(「ワールド・トレード・センター」)を観に行く予定だったが満席でダメだった。予約は入れていたのだが,その時間に遅れてしまった・・・
先日,「ダヴィンチコード」も満席で観ることができなかったことに続く不覚。

ということで急遽予定を変更して,奈良に行くことに。
Cimg6526 
   五重塔(飛鳥時代)

        Cimg6528 
       南大門(室町時代)

行楽シーズンの晴天。
相当の人混みを覚悟したが,それほどでもなかった。
境内の結構広い。

Cimg6524 

          Cimg6527 
      中門及び回廊(飛鳥時代)

予想以上に歴史を感じる建物。

     Cimg6543 
  金堂(飛鳥時代)と五重塔

            Cimg6539

飛鳥時代の建物。レベルが違う。

Cimg6566

           Cimg6580 
    夢殿(奈良時代)

鎌倉や室町時代の遺物も多くあったものの,その時代のものが新しく感じてしまう。
歴史の重み,悠久の時間。

観に来て良かった。


法隆寺website
地図(JR大和路線[関西線]法隆寺駅より徒歩で約20分)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西弁・大阪弁?なまってる?(標準語とちゃうの?)

mixiのあるトピで「標準語と思っていた関西弁」が取り上げられていた。
そのなかからいくつかを取り上げて,思いつく用例をあげてみた。

「さら」
(「これ古いんか?」,「そんなことあらへん,これ今日買ってきたさらやで。」
「しんどい」
(昨日飲み過ぎで,今日はしんどいねん)
「ほる」,「ほっといて」
(「今日は回収の日やから,そのゴミほっといて。」)
「やから」
(「そんなやからゆうたらあかんで。」)
「行きし(な)」,「帰りし(な)」
(この郵便,行きし(な)に出しとくわ。)
「ぬくい」
(今日から電気毛布? そりゃぬくいからええなあ」)
「いける」
(「今日初めてこの料理つくってみてん?どう,いける?」)
「なおす」
(「出したら,元の所になおしときや」)
「自分」
(「これ代わりにやってくれへん?」,「自分なぁ,そんなんことぐらい自分でしぃやぁ。」)
「あて」
(「今日の酒のあてはスルメかいな」)
「こしょばい」
(「ここ,むっさこしょばい,なんとかしてーなぁ」)
「つぶれてる」
(「この炊飯器つぶれてるわ,全くうごかへんもん。」)
「ちゃう」
「それブルドッグとちゃうやろ,チャウチャウちゃうか?。」,「そおかぁ?,それ,チャウチャウちゃうん(と)ちゃう?」
「いんじゃん」
(「いんじゃんで,ほ・い」)
「そやから」
(「きのうあれから店行ったんやけど閉まってたわ。」,「そやからゆうたやろ,休みのはずやって。」)
「いがむ」
(その鏡いがんでるからまっすぐなおしといて)。
「べった」
(「このまえの成績,べったやったわ」)
「カッター」
(「いつもはラフなかっこやけど,今日は客が来るから,会社へカッター着ていくで」)
「さし」
(「ここにこの家具入るかなあ。」,「そやなー,さし貸して,はかってみるわ。」
「いごく」
(「そこ,いごいたらあかんで。」)
「いらう」
(「それ,いらったらあかんてゆうたやろ。」)

その他・・・・・

関西弁や大阪弁,
そのように言われてもあまり気になりません。
しかし,
関西なまりとか大阪なまり
等「なまってる」
といわれると無性に腹が立つ。
関西の方が,東京よりも,文化的には先に発達した地である自負・誇り故でしょうか(笑)

~弁というのは,その地方で用いられているというだけの感じを受けます。
なまっているというのは,「標準」というものがあってそこからの変種あるいは亜種であるような感じを受けます(本来,標準語が優れているあるいはその言葉を話すべきであるという考えが根本にあるように感じます)。
この感覚的な違いが許されない元になるのでしょうね。

関西以外の方,
上記の文章の意味が全ておわかりになりましたでしょうかねえ(笑)

88634

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.07

京都で勉強?

京都で勉強?

久しぶりに
勉強の為?
京都へ
問題は何を勉強するかということ(笑)
その実、日用品の買い出しにとどまるか?


写真は大阪のチン電より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲

たまに
まじまじみると
多様な表情

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.06

美しい月

美しい月

気も透き通るほど


写真写りがイマイチなのが残念


追記)
都会?では,ビルと名月の饗宴。
自宅では,ビールがお供。

しかし,本当は,土手で寝ころんで,
台風の風に吹かれて走る雲と
月から跳び出たウサギの追いかけっこを
見て楽しみたかった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貧しいことは恥ではない。だが貧しさから脱出しようと努めないことは,恥とされる。

 「われわれは,美を愛する。だが節度をもって。われわれは,智を尊ぶ。しかし,溺れることなしに。われわれは,富を追求する。だがこれも,可能性を保持するためであって,愚かにも自慢するためではない。アテネでは,貧しいことは恥ではない。だが貧しさから脱出しようと努めないことは,恥とされる。」
これは,古代ギリシャの最盛期を導いた大政治家ペリクレスの言葉を同時代の歴史家ツキディデスが記したものとされる(塩野七生著,「ローマ人の物語2」文庫版,「ローマ人への20の質問」)。

 昨今,我が国において貧富の格差が拡大しているばかりか固定化しつつあることが指摘されている。また,学力等の差も指摘されている。学力の差は,経済的格差を更に拡大させ且つ固定化させる大きな要因となる。このことは歴史をふり返れば容易に想像がつく。学問がなければ,経済的劣悪な状態からの脱出に努めることも困難であれば,恥と思うことも少なくさせると思える。
 国(藩)が貧しい折り,貧しさから脱却するがために,残された財産を教育に投じた例は,小泉前首相が取り上げた「米百俵」という史実でも示されている。教育は,貧しさからの脱出のための根幹をなすものということである。
 教育の機会を高めること。緊急の課題。

99104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とても印象的なピアノの音の場面

ショパン作曲ピアノコンチェルト1番
第2楽章
ピアノがうたいだす部分。


ピアノ以外の音色は考えられない場面
心は穏やかではなく
強く惹きつける瞬間。

私のお気に入りは,
ブーニンがショパンコンクールの本戦で弾いたもの。
当時の映像も忘れることが出来ない。

88086

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真家上田義彦

一瞬を捕らえるプロ
心を打つ映像
作り物でない表情
人間の心と心の対峙の中
見いだされるようだ。

自分を信じ
真剣に全力を尽くす。


NHKの「プロフェッショナル」にてこの人物を知った。
この人物の表情が半端でない。凄い。
(録画しておいて良かった)。

87994

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.05

ドコモケータイdatalink

「ドコモケータイdatalink」

「ドコモケータイdatalink」は、携帯電話をもっと使いこなしたいあなたのためのソフトウェアです。 ダウンロードして、すぐにご利用いただけます。ぜひお試しください
とのこと。 携帯電話各メーカよりご提供しているデータリンクソフトでは基本的に同じメーカの携帯電話でのみ利用可能だが,このソフトだとメーカに関わらずご利用できるとのこと。 メーカーを変更することを気にしなくて良いという点は便利そうだ。 なお,FOMA900i以降の機種に対応しているとのことであり,movaは非対応とのこと。 よって,未だにmovaを用いている私には関係がありません(苦笑)。

87866

| | コメント (0) | トラックバック (0)

助かった?(笑)(東京マラソン2007抽選結果・・落選)

本日次のようなメールが来た。

◇ 東京マラソン2007 抽選結果(落選)のお知らせ ◇

このたびは東京マラソン2007にご応募いただき誠にありがとうございました。
お陰様をもちまして定員を大幅に上回る申込があり厳正なる抽選を行いましたところ、誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。
今後、参加料の未入金が多かった場合には、追加当選者を出すことがございます。
11月中旬頃に再度『東京マラソン2007追加当選のお知らせ』にて通知させていただく予定です。
つきましては、下記に記載される『追加当選のスケジュールについて』をご一読ください。なお、追加当選の状況に関する問い合わせには対応できません。
また、追加当選に該当しなかった方には再度の通知はお出ししませんので、何卒ご了承ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
正直なところ7月終わり頃から全く練習をしていないので,当選したらどうしようかと思い悩んでいた。
そんなところ,晴れて?落選の通知が(笑)

まあ,今の私なら頑張って練習しても,ハーフが限界でしょう。
ということで,来年に向けてぼちぼちがんばりますわ・・・・・

87836

追記)
7万7521人の申し込みがあって2万5873人が当選したそうな。
しかし,走ろうと考えている人は多いんですね。

追記2)
関連の記事を読ませて頂いた方にTBを送っております。
当選した方々へ
 頑張って下さい!すくなくともゴールにたどり着くことをお祈りしております。
落選した方々へ
 追加期待或いは来年度以降に会場でお会いしましょう!!

追記3)
落ちたということは,時間の経過と共にのしかかってきますね。
せっかく応募したのだからという気も次第に。
まあ,だめもとでチョイと練習を始めて
追加に期待しましょう。
目標がある方が頑張れますしね(笑)
前向きに,積極的にと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.04

平成18年度(2006年度度)新司法試験の合格者名簿

今年度(2006年度・平成18年度)の新司法試験の合格者の氏名を公表している新聞社(西日本新聞)があるのですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.02

共同募金

エスカレーターを上がって,地下道からの出口をでたところで複数の女子学生が声を張り上げている。

そんな時期なんだ。
かつて,カブスカウトの一員として募金活動に携わった経験があるので,まあ大丈夫そうと思える募金には,少しばかりでも応じることにしたいと思っている。

共同募金記念バッジ
    Cimg6508
近畿各府県共同募金会とある。

なお,その出処等がはっきりしない募金等については,未だに応じることはない。

(募金に関する過去のポスト)
2004年5月25日 (火)募金活動
2005年6月 1日 (水)募金を装った詐欺?←これは相当悪質な輩による犯行だったことが明らかになっています。勿論,募金活動に実際にあたっていた人も被害者であり,黒幕が背後にいました。

因みに,ネットで検索したところ次の通りである。

大阪府の場合の助成の分類・助成額・割合
(大阪府共同募金会)
A 高齢者     21.8%
  (186,743,294) 
B 障がい児者  10.3%    
  (87,912,564) 
C 子ども・家族  11.2%
  (95,815,849) 
D 低所得者    1.5%
  (12,559,508)  
E 住民全般    44.2%
 ( 378,503,905) 
F その他      8.8%  
 (75,782,419) 
G 災害等準備金 2.2%
 (19,000,000)  
合計 856,317,539 

大阪では
社会福祉法人大阪府共同募金会が実施しているとのこと。

因みに,全国の共同募金の目標額があるようで
平成18年度22,409,138,690円(対前年度比 -2.4%)
とのこと。
224億円とは凄い規模ですね。
因みに,運動経費等(広報費・赤い羽根費・研修費等・事務費[事務所費・人件費]・次年度運動準備金等)として29.7億円を見込んでいるとのこと。
ちょいと,経費としてかけすぎのように感じますが,これぐらいは已むを得ないのでしょうかねえ?
ある程度は仕方がないでしょうか,1円でも多く助成に使っていただきたいものですね。

87532

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.01

手強い

さすがに次のやつは大変だ。
3頁半に対して約20頁の分量
11頁に対するとすれば,最終的に何頁になるのやら。
昼過ぎに着手して,食事とチョイとの休憩を除いて今まで取り組めどもこの有様。
いつ終われるのやら・・・
まだ他にも控えているのに(苦笑)

しかし,ちかれた・・・・
日曜日だし,今日は引き揚げましょう・・・・
とはいっても,自宅にて別の作業(講義のネタの手直し)が待ち受けている。

10月早々たいへんじゃあ(笑・・・・・・わろてなしゃあない)
まあ,こんな時がいつもというわけではないので,今を何とか乗り切れば・・・

87449

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月のスタートは雨

10月のスタートは雨

あとは良くなるばかり(笑)
@御堂筋の歩道にて

追記)
    Dvc60222土佐堀川

  Dvc60224堂島川

 なおこのあたりは,中之島新線の工事が行われている。
     Heimenzu_old2
   
また10月1日から9日までは
大阪水都ロマン「中之島で船遊び&小粋な水上レストラン」というイベントが行われているようだ。
  Dvc60223

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »