« とても印象的なピアノの音の場面 | トップページ | 美しい月 »

2006.10.06

貧しいことは恥ではない。だが貧しさから脱出しようと努めないことは,恥とされる。

 「われわれは,美を愛する。だが節度をもって。われわれは,智を尊ぶ。しかし,溺れることなしに。われわれは,富を追求する。だがこれも,可能性を保持するためであって,愚かにも自慢するためではない。アテネでは,貧しいことは恥ではない。だが貧しさから脱出しようと努めないことは,恥とされる。」
これは,古代ギリシャの最盛期を導いた大政治家ペリクレスの言葉を同時代の歴史家ツキディデスが記したものとされる(塩野七生著,「ローマ人の物語2」文庫版,「ローマ人への20の質問」)。

 昨今,我が国において貧富の格差が拡大しているばかりか固定化しつつあることが指摘されている。また,学力等の差も指摘されている。学力の差は,経済的格差を更に拡大させ且つ固定化させる大きな要因となる。このことは歴史をふり返れば容易に想像がつく。学問がなければ,経済的劣悪な状態からの脱出に努めることも困難であれば,恥と思うことも少なくさせると思える。
 国(藩)が貧しい折り,貧しさから脱却するがために,残された財産を教育に投じた例は,小泉前首相が取り上げた「米百俵」という史実でも示されている。教育は,貧しさからの脱出のための根幹をなすものということである。
 教育の機会を高めること。緊急の課題。

99104

|

« とても印象的なピアノの音の場面 | トップページ | 美しい月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貧しいことは恥ではない。だが貧しさから脱出しようと努めないことは,恥とされる。:

« とても印象的なピアノの音の場面 | トップページ | 美しい月 »