« ようやく色付きはじめ | トップページ | 日本シリーズの行方(複雑な思い) »

2006.10.24

水商売

「なにわ商人1500年の知恵」藤本義一著・講談社α文庫・1994年8月
に載っている水商売に関する3つの見解
「水は高きより低きに流れる。つまり,お客様から店に金が流れてくるという意見。だからサービス第1に専念せよ。」
「水は方円の器に従う。つまり,水というものは,どのような形の器にも入るのだから,水商売の人は,いつでも客に逆らわずに笑顔で接すべきである。」
「ズバリ,水のようなものでも売れるから。」
いずれにせよ,客と接する際の心構えではあろう。
参考にしたいものである。

|

« ようやく色付きはじめ | トップページ | 日本シリーズの行方(複雑な思い) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水商売:

« ようやく色付きはじめ | トップページ | 日本シリーズの行方(複雑な思い) »