« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006.12.31

今年もお世話になりました

今年も色々な方々のお世話になりました。
一人の力で何事も出来るものではありません。
多くの方々の力があってこそ。
また,私も他の方の力になることができれば,それはうれしい限り。
微力ながらも頑張りたいと思います。

来年もよろしくお願いいたします。

101974

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末登場の新顔

PIXUS-MP810
    Img_0116
         旧M-P370
              Img_0119
自宅でもプリンターやコピー機として利用する機会がそれなりにあり・・・・印刷等が出来なくなってしまうと困る
ということで急遽

ワンタッチベルト(3M社製)
説明書きに「パソコンや家電製品のコードをすっきりとまとめる!」
とある。
今や仕事場にも家にもなにがしかの電化製品が溢れ多く,それだけにコードも多い。
コードの整理は避けられない。
と思って,ホームセンターにて目についたものを購入。
その実,マジックテープでしかないのだが,結構便利。
Img_0131

昨晩は,年賀状に取り組んでてんやわんや。
住所はラベルを用いているが,それでも住所の変更のチェック等に時間を要する。
また,それぞれに添え書き等を行うと,それなりの量があるので大変
結局,朝の6時まで・・・・・

101912

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自宅での今年最後の晩餐

寒くなったここ数日
となれば・・・これ!
  Img_0103
       Img_0106

101908

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.30

年の瀬

28日~29日未明は仕事場の忘年会
29日には仕事場の掃除
  机の上が見えるのは年に何回?(笑)
    Img_0097
今日は,自宅にて身の回りの整理
年賀状は今宵になりそうか・・・・・・(苦笑)
それでも,とりあえずやるべきことをちょこちょこと。
年は越せそうかな。
明日の夜は実家
ということでこの家で過ごす今年の夜は今宵が最後

101833

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.29

待ち人多し

待ち人多し

御用納めの多いこの夜
うちの仕事場の忘年会も今宵(但し、明日は掃除あり)。
飲んで帰りのこの時間帯。
タクシーの待ち人が溢れている。
待ち合い場だけでなく道にも。
バブルの頃を思わせる光景。
懐かしや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.28

第9(だいく)

この曲をライブで最後に聴いたのは,朝比奈隆氏がまだ存命中の頃のこと。
それ以来の,久々のライブ第九。
そんなこともあって,今回はじっくり聴く機会となった。

ベートーベンの晩年の作品はとても複雑な曲が多い。
弦楽四重奏曲やピアノソナタなどがその代表的な例だが,特に弦楽四重奏曲なんて聴いていてもあまり楽しくもない。
当時,ベートーベンは,一つの世界を極めようとしていたのだとうと思うが,凡人の私には,極まりの世界を理解することなど不可能だと思うしかない。
それはともかく,当時は,難解な小規模作品ばかりしか生み出されなかったことから,もう交響曲等がかけなくなったのではないかと噂されたという話を聞いたことがある。
そんな中で発表された大作が第9(作品125)であり,ミサ・ソレムニス(荘厳ミサ曲・作品123)である。いずれも,クラシック音楽の世界を代表する名作に数えられる。
モーストリークラシック(2007年2月号)に指揮者の大友直人氏が,第9は「最初は調性もメロディーもわからない。カオスみたいな世界です。」と指摘しているのを目にした。
確かにそうだと思う。
ベートーベンは,旋律とは思えないモチーフを元にして曲想を展開していくのがもともと得意であるが(ピアノソナタ「熱情」,交響曲「英雄」「運命」等)第9に至ってはかなり徹底されている。ぽわーんとした感じで曲は始まり,なんやらよくわからない間に曲が進んでいく。
そういう意味でも,この曲は,他の交響曲等と比してもきわめて特異な曲に属すると言える。
何かの始まりを示しているのだろうとは思う。演奏を聴きながら,何の始まりなのだろうか?宇宙だろうかとも思いを巡らせてみる。色々考えるのだが,一楽章の終わりにさしかかると更に考えを深めざるを得ない。
そう,第1楽章は,突如として始まる葬送行進曲で幕を閉じるのだ。
何の終焉を意味しているのだろうか・・・・・
となれば,第2楽章は「再生」を暗示しているのだろうか?
第3楽章の長大な平穏は何の意味があるのだろうか?
色々と考えを巡らせている間に第4楽章へとたどり着く。
そして,今までの楽章は全て第4楽章の冒頭で否定されてしまう。
何を否定しようとしているのだろうか?
その後に登場するのが,あの有名な「喜びの歌」といわれるテーマ。
そのテーマがチェロとコントラバスのユニゾンで奏でられる。音域も狭く極めて単純な旋律。
この当時,上記の通り,ベートーベンは極めて複雑で難解な曲を多数生み出していたのだが,そのような時期に,それまでにないような合唱を伴った大規模なオーケストラを擁する曲において,複雑さの対極にあるユニゾンによる簡単なメロディーを呈示しているのである。
考えて考え抜かれた結果なのだろう。
あとは,歓喜へと突き進むことになる。
器楽だけでなく人声をも伴って。
「合唱付き」と呼ばれるこの曲をラジオで最初に聴いたときは,とても悩んだ。
それは,いつまで経ってもコーレスが出てこないからだった。当時は,合唱のないバージョンがあるのだろうかとも真剣に考えた。
第9は,全4楽章で演奏時間を約1時間10分程度要する大曲だが,第3楽章が終わる45分頃が経過してもコーラスは全く登場しない。その後に第4楽章が始まってもコーラスはなかなか現れてこない。こんな有様だから,コーラスのないバージョンがあると初心者なら思いこんでしまっても已むを得ないでしょう(笑)
人声を伴って盛り上がり圧倒的なジャンジャカの末に曲は終わりを迎える。
ただ,昔から気になっている点がある。なぜ,最後は器楽だけで終わるのだろうか?終わりまでコーラスがあってもいいのじゃないのだろうか?と
今回も,再度色々な疑問が湧いた。
色々な疑問に対する答えは,きっと私には見つけることが出来ないのだろうと思うが,それだけ,色々思いそしてワクワクしながら聞き続けることが出来るのだろう。
それが狙い?
だとすれば,まんまとはめられたことになる(笑)
但し,それは幸福なことなのだけれども(笑)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

散髪

昨日は
まる4ヶ月ぶりとなる散髪。
年を越すためには,ある程度身なりを整える必要がある?(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.26

大阪に帰って来ました。

大阪に帰って来ました。

これから先は電車なし。
まあ覚悟の上(笑)
楽しいひと時でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.25

町はクリスマス

Img_0026

このビルは毎年気合いが入っている。
一瞥だけ(笑)
今日はこれから京都にて飲み会


Img_0027

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年は大阪フィルハーモニー交響楽団が60周年を迎えるそうだ

1947年 (昭和22年)発足の大阪フィルハーモニー交響楽団(旧名:関西交響楽団)は,来年(2007年)に60周年を迎えるとのこと。
その60周年には次のような企画が予定されているようだ。

【大植英次のベートーヴェン・チクルス】
07.6.5(火)19:00 ザ・シンフォニーホール
交響曲 第1番 ハ長調 op.21
交響曲 第2番 ニ長調 op.36
交響曲 第3番 変ホ長調 op.55「英雄」

07.8.31(金)19:00 ザ・シンフォニーホール
交響曲 第4番 変ロ長調 op.60
交響曲 第5番 ハ短調 op.67「運命」
交響曲 第6番 op.68「田園」

07.11.29(木)19:00 ザ・シンフォニーホール
交響曲 第7番 イ長調 op.92
交響曲 第8番 ヘ長調 op.93

07.12.29(土)19:00 フェスティバルホール
07.12.30(日)19:00 フェスティバルホール
交響曲 第9番 ニ短調 op.125「合唱付き」

【野外コンサートと大阪クラシック】
07.4月 大阪城 西の丸庭園 (予定)
07.9月 御堂筋周辺のビル・店舗 約50会場 (予定)

【いずみホール特別演奏会】
07.6.29(金)19:00 いずみホール
指揮/沼尻竜典 
曲目:
ニールセン/小組曲
R. シュトラウス/メタモルフォーゼン
チャイコフスキー/弦楽セレナード

08.3.27(木)19:00 いずみホール
指揮/広上淳一 
曲目:
ハイドン/交響曲 第60番「うっかり者」
ショスタコーヴィチ/バレエ組曲 より
ストラヴィンスキー/組曲「プルネチラ」

【関西の作曲家によるコンサート】
07.7.12(木)19:00 ザ・シンフォニーホール
指揮/山下一史 ソプラノ/高木ひとみ 
曲目:
大栗 裕(1918-1937)/管弦楽のための「雲水讃」,ヴァイオリン協奏曲,
松下眞一(1922-1990)/管弦楽のための「星たちの息吹き」
貴志康一(1909-1937)/歌曲「赤いかんざし」「かごかき」,管弦楽のための「日本組曲」

【大阪フィル&アロージャズ スペシャル コラボレーション】
07.12.19(水)19:00 ザ・シンフォニーホール
指揮/現田茂夫 
曲目:
チャイコフスキー/幻想序曲「ロメオとジュリエット」(大阪フィル)
スタンダード名曲/キャラバン,枯葉,ビギン ザ ビギン,昔は良かったね (アロージャズ)
ムソルグスキー(田中克彦 編)/組曲「展覧会の絵」(大阪フィル・アロージャズ)

【たまにはお昼にクラシック】
07.6.21(木)14:00 大阪市中央公会堂
指揮/円光寺雅彦 ヴァイオリン/神崎悠美 
曲目:
メンデルスゾーン/序曲「フィンガルの洞窟」op.26
ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64
交響曲 第4番 イ長調 op.90「イタリア」

07.9.26(水)14:00 大阪市中央公会堂
指揮/船橋洋介
曲目:
チャイコフスキー/弦楽セレナード ハ長調 op.48
バレエ「くるみ割り人形」組曲 op.71a

07.11.8(木)14:00 大阪市中央公会堂
指揮/現田茂夫 トランペット/秋月孝之 
曲目:ハイドン/トランペット協奏曲 変ホ長調 Hob.VIId-3
交響曲 第101番 ニ長調「時計」

【大阪フィル・ポップス コンサート in 京都】
07.6.24(日)15:00 京都コンサートホール 大ホール
指揮・ピアノ・司会/宮川彬良 
曲目:宮川彬良/ザ・シンフォニック・パラダイス,ベートーヴェン/エリーゼのために,ドビュッシー/亜麻色の髪の乙女,アイルランド古謡/ダニーボーイ,モノ/愛の賛歌,ルグラン/シュルブールの雨傘,ほか

101039

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪フィルハーモニー交響楽団2007/2008定期演奏会

大阪フィルハーモニー交響楽団2007/2008定期演奏会
音楽監督 大植英次
会場ザ・シンフォニーホール
19:00開演(4月21日(土)のみ17:00開演)

第407回 4月20日(金)・21日(土) 大植 英次
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 作品10
ショスタコーヴィチ/交響曲 第5番 ニ短調 作品47
独奏:オレグ・マイセンベルク(Pf)

第408回 5月30日(水)・31日(木) 井上 道義
伊福部 昭/日本狂詩曲
リスト/ハンガリー狂詩曲 第2番
エネスコ/ルーマニア狂詩曲 第1番 イ長調
ディーリアス/ブリッグの定期市~イギリス狂詩曲
ラヴェル/スペイン狂詩曲

第409回 6月14日(木)・15日(金) 大植 英次
フォーレ/レクイエム 作品48
ブラームス/交響曲 第4番 ホ短調 作品98
独唱:中嶋 彰子(S) 三原 剛(B)
合唱:大阪フィルハーモニー合唱団

第410回 7月5日(木)・6日(金) 下野 竜也
ブラームス/ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調 作品15
ブルックナー(スクロヴァチェフスキー編)/弦楽五重奏 ヘ長調 より “アダージョ”
シューマン/交響曲 第4番 ニ短調 作品120
独奏:伊藤 恵(Pf)

第411回 9月13日(木)・14日(金) ラモン・ガンバ
アダムズ/歌劇「中国のニクソン」より “主席は踊る”
コープランド/クラリネット協奏曲
ブリテン/組曲「ソワレ・ミュージカル」 作品9
レスピーギ/交響詩「ローマの祭」
独奏:マーティン・フロスト(Cl)

第412回 10月18日(木)・19日(金) オリヴァー・ナッセン
ナッセン/花火で華やかに 作品22
ブロッホ/ヘブライ狂詩曲「ソロモン」※
ナッセン/ヤンダー城への道 作品21a
ブリテン/鎮魂交響曲
独奏:アンシ・カルトゥネン(Vc)※

第413回 12月6日(木)・7日(金) 大植 英次
ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調 作品26
ラフマニノフ/交響曲 第2番 ホ短調 作品27
独奏:ルノー・カプソン (Vn)

第414回 1月23日(水)・24日(木) 尾高 忠明
シベリウス/ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
エルガー(ペインによる完成版)/交響曲 第3番
独奏:サラ・チャン(Vn)

第415回 2月14日(木)・15日(金) 大植 英次
ラヴェル/道化師の朝の歌
ガーシュウィン/ラプソディ・イン・ブルー
ベルリオーズ/幻想交響曲 作品14
独奏:小曽根 真(Pf)

第416回 3月13日(木)・14日(金) 高関 健
ショパン/ピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調 作品21
ブルックナー/交響曲 第5番 変ロ長調
独奏:ニコライ・ルガンスキー(Pf)

何とも意欲的な作品群というか,聴いたことのない曲がかなり入っている。また,聴いたことはあれどもそれほどメジャーじゃないよなあという曲目も多い。
それだけ気合いを入れているということなのだろう。
今から楽しみ。

101038

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.24

2006年クリスマスイブ

Cimg6909
チーズフォンデュでした。

Cimg6906
  うきうきパラシュート

       Img_0020

       Cimg6925

        自分へのプレゼント(笑) キヤノン(canon)製のIXY900IS
          Cimg6927

12月27日挿入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小野明子さん凄いねえ・・・

Mostoly Classicの2007年2月号の「Live!産直一本釣り」に取り上げられていた「小野明子」さん(雑誌についているDVDにその演奏が紹介されている)。http://www.aspen.jp/artist/jp/akiko_ono.html
平成18年10月22日東京文化会館小ホールで行われたリサイタルから
ベートーベン(Ludwig van Beethoven)作曲「ヴァイオリンソナタ第8番から第1楽章」
ビゼー作曲/イェーネ・フバイ(Jenő Hubay:1858 - 1937)編曲「カルメン幻想曲」
ジュール・エミール・フレデリック・マスネ(Jules Emile Frédéric)作曲「タイスの瞑想曲」
が収録されている。
フバイという方は初めてお目にかかった人であるが,曲が始まる前に多分ヴァイオリンのヴィルトーゾだろうと想像は出来たがその通りだった。フバイは,ハンガリー人であり,高名なヴァイオリニストであるシゲティの師匠筋にあたるそうな。見るからに聴くからに難曲。それをさほど難曲に見せずに弾いてしまう小野さんの力量に驚かざるをえない。何事もなかったかのように,そして多彩な表情をもってして沈着症にそれでいて情熱的に演奏を展開している。思わず拍手をしたくなる演奏。今後どのような活躍をされるのか楽しみ!!

なお,余談として,タイスの瞑想曲について
この曲は,アナトール・フランスの同名の小説に基づいて作曲された,1894年初演の歌劇「タイス」の第2幕の第1場の終わりに演奏される「間奏曲」とのことだ。
なにをいうに耽美であり妖しくもありまた清廉或いは静謐さを感じさせる。
このオペラを観たことはないのだが,そのあらすじを調べたところでは,頽廃と享楽の世界にある娼婦タイスを改宗させ救いに導く修道士アタナエルが,最終的にはタリスの魅惑を忘れられずに堕落の道を歩むというものらしい。
この間奏曲は,タイスがアタナエルの導きで信仰の道に入ろうとする心の浄化をあらわしているとのことだ。
そのような場面をあらわす曲としては,これ以外には無いだろうと思わせるほどの名曲。
そんな曲だけにとても表現の難しい曲だと思う。
多分最高の表現場面は,心の葛藤を示す賑々しい場面を通り過ぎて,最初の旋律が再び現れる場所だろう。
ここをどのように感じて又感じさせるのか・・・
きっと奏者の人となり或いは人生観が反映される場面なのだろうと思う。

100891

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.23

明日に備えて

久しぶりに
やはり明日に備えて買うべきものは買わねばと。
ある程度は考えていたが,それでもどうかと思う点があり,新たなイメージを得るために探索に。結局,あれやこれやと頭を悩ませながらなんとか決定。
他にも色々とあったことから今宵は外食。ワインをいただいて気分よし。
家に帰り着いてからは,気分良しついでにいつぞや以来にピアノに触れてみた。
まあ,子供達がかつて使っていた初心者向けのものをなぞりながら暫くうねうねと。
元々バイエルの初段階程度しかやっていないので,よくは弾けない。それでも音がそれなりに出るだけでもうれしい限り。音が好きであればこそ。
ディスニーものやクリスマスものをちょいと試しながら,明日に備える。
こんな日があってもいいよね・・・・(笑)

10087

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.22

煙だらけ?

煙だらけ?

2006 the Tonbori river Space Illusionだそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.21

明治天皇ナニガシの碑

明治天皇ナニガシの碑

二駅分の散歩


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お風呂屋さんちゅう感じですなあ

お風呂屋さんちゅう感じですなあ

焚きますかぁ。
今日のように冷える日はより一層魅惑的(笑)

@葛城にて


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.20

神戸にて

神戸にて

三都物語完結


約2時間の面談

その後の
神戸での癒しは

夜の港!

追記)21日午前2時23分
ほんにシビアなものでしたが
思っていた結果が導き出せましたので安堵・・・・・
ホッと胸をなで下ろすには,
夜の港・・・・・よろしおますなあ
今宵は寒くもなく
一人ぶらぶらするにもヨシ(笑)


     Cimg6896

              Cimg6898

                 Cimg6901
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪の次は京都にて

大阪の次は京都にて

これから打ち合わせ

さて京都の次は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.19

バタバタで、魚も温泉もなく

バタバタで、魚も温泉もなく

せっかくの松山
道後温泉に入り魚食べて帰りたいものだが
仕事終わりが遅くまた最終便は早く
希望はかなわず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.18

葛城にて

葛城にて


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.17

さりげなく

さりげなく

誰も気付かないかもしれない飾りかも


京都でのひとまとまりの
仕事を終えたのちの打ち上げがえり


今宵は冷える
しかし飲みがえりにはとても心地よし

追記)
Dvc70121
              光も冷たい風に流されて  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

漫画上手になるんやろか

漫画上手になるんやろか

マンガ学部卒より漫画学部卒のほうがええなあと感じる私はかなり旧世代?(笑)
ただ今から入学するならばマンガ学部かなとも思う。
戦略的ネーミング?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節感もなく

季節感もとりたててなく
時間の感覚も麻痺し
曜日もどこへやら
仕事もそこそこに?うだうだとしている間に、ふと見れば電車内の吊り広告には初詣が云々。
やはりそんな時期なのか。無為にすごしていても時は流れている
チョイトは今年のまとめを考えねば。
と思いつつ
呆けていて月曜日のための資料の持ち帰りを忘れ。
京都での仕事の前に、大阪の仕事場に寄って明日のための資料を確保が必要・・・
さて最寄駅だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.16

ショートプログラム(フィギュアスケート・グランプリ・ファイナル)

 フィギュアスケート・グランプリ・ファイナル
 今年のナンバーワンを決める試合
 浅田真央さん
 その優雅で麗美なスケート
 演技が終わった瞬間には,声も出ない。
 一呼吸をおいた後,凄いとただただ思うのみ。
 実力通り滑れば,きっとナンバーワンであることは間違いない存在なのでしょう。
 でも,今回,それ以上に素晴らしいと感じるのは
 安藤美姫さん(ミキティ)。
 何しろトリノオリンピックのあの状態を考えれば
 今の状態は想像を絶すると言わざるを得ない。
 日本国民の期待を一心に受けて参加したオリンピックにて結果を出せなかったことを考えると,精神的には極めて厳しいダメージを受けていたであろうと思える。多分,私ならば,二度と立ち直れないような挫折感,不信感,厭世観を味わって,かなりの期間,自暴自棄になるだけではないかと思ってしまう。
 ミキティーはそうならないどころか,わずか半年ほどで世界の頂点を目指すことが出来るまで復活を遂げているのである。その復活に至った一番の大きな原動力は,きっと彼女自身なのだろう。
 人はこれほど自分を見事に立て直すことが出来る,という事実を見せられると・・・あっぱれに感じざるを得ない。
 この大会を迎えるまでに,相当の決意とそれこそ人には想像も出来ないような努力があったであろう。18歳の子がそのようなことをやり遂げて来たことは,ただただ頭の下がることであり称賛に値する。
 決意と努力をもって正しい道を進めば,短い時間でも道は開ける。そんなことを教えてくれているようである。

 次はフリーの演技。サンクトペテルブルグの銀盤の上にて,自らを表現しようとする浅田さん,安藤さん,村主章枝さんたちが最高の演技をされることを期待するばかりです。

フリーのスケジュールは現地時間で次のようですね。
Saturday, December 16th, 2006
14.00 h~
Dance - Free Dance
Men - Free Skating
Pairs - Free Skating
Ladies - Free Skating

今の時期の日本との時差は
-6時間
のようですね。

99850


追記)12月17日午前6時39分
男子の髙橋君2位,織田君3位
凄い成績だったようですね。
それに反し女子は
浅田さん2位,村主さん4位,安藤さん5位
と最後に苦難が待っていたのですね・・・・・
でも,
まだ次があります。
これをバネに,次の優雅な姿期を待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーツアルトの全作品の楽譜をオンラインで公開

Internationale Stiftung Mozarteum(ISM:国際モーツァルト財団)は,ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart, 1756 - 1791)の全作品のデジタル化した楽譜を,「NMA Online」(注:平成20年3月22日:次の挿入部分を読まれたし)で無料公開したとのこと(12月12日)。  
凄い!!!

2008年3月22日挿入・・・・・・・・・・・・・・・・
トップサイトへの接続が必要に変更されて、上記リンクはつながらなくなっているようです。
よって、次の記事を参考とされたし
2008年3月22日 (土)
モーツアルトの全作品の楽譜(NMA オンライン 新モーツァルト全集:デジタル版:日本語サイト)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

探せばジュピター等もありました。
ただ,ドイツ語だらけ・・・・
使い方が今ひとつよくわからない
やけに解説部分が長い・・・・
肝心の楽譜をみつけるにはかなり苦労します。

追記)
直リンク
ドイツ語がわからずとも(12月18日補足:右上の「english」をクリックすれば英語で表示されます・・・なお英語画面への直リンク
楽譜にたどり着く一番手っ取り早い方法は
「検索」を用いること
ケッヘル番号(KV番号)を入力して「go」を押すことがいいでしょうね。
例えば,「KV」の横の空欄に「488」と打ち込んで少し下の右端にある「go」を押せば,ピアノ協奏曲23番イ長調Kv488の楽譜が現れます。
お気に入りの作品のケッヘル番号は
モーツアルトの楽曲一覧(Wikipedia)をご参照下さい.
ジャンル別とケッヘル番号順の2種類で書かれてありますのでとても便利です。
なお,めぼしい作品はたいてい載っているようですが,全ての作品が網羅されているわけではないようです。

他によい方法があれば,ご教示下され(コメントに残していただければありがたや)

オペラの勧め

99645

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.15

goo RSSリーダー ver3.0登場

goo RSSリーダー
アプリ版のバージョンアップ(ver2.5 →ver3.0)とのこと

ダウンロードサイト

気になブログ等を登録しておけば,登録されているブログが更新されるたびに更新内容が自動的にチェックできるようになります。便利ですね。

変更点
1)動作速度の向上
2)Windows Vista(ビスタ)に対応
3)ウェブ版・ケータイ版との記事共有(同期)機能
4)RSSに対応していないサイトの登録も可能に
5)初期登録されているgooのRSSサイトを一部リニューアル
6)その他

関連記事
2006年11月 4日 (土)RSSリーダーとfeedの確認及び登録方法
2006年12月 2日 (土)「アプラグβ」と「「ニフティクリップβ」(ソーシャルブックマーク)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Skype 3.0 for Windowsがリリースされたとのこと

Skype(スカイプ) 3.0 for Windows
が正式にリリースされたとのこと
ダウンロードサイト

99567

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニフティーの利用開始から10年

こんな内容のメールが今日届けられた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
______________                                          _______________
\      ┌──┴────────────────────┴──┐      /
  \    │        @niftyを10年間ご利用いただきまして         │    /
  /    │              誠にありがとうございます。            │    \
/      │      これからもどうぞよろしくお願いいたします。    │      \
 ̄ ̄ ̄ ̄└──────────────────────────┘ ̄ ̄ ̄ ̄
                                              From  @nifty スタッフ一同

  拝啓  時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

  弊社サービスを長年にわたりご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
2006年12月15日は、・・・・様が@niftyにご入会されてから、ちょうど
10周年となります。

・・・・様、皆様のご支援をいただき、多くの方にお使いいただけるプロバイ
ダーにまで成長することができました。心よりお礼を申し上げます。

弊社は、今後も皆様にご満足いただけるよう努力してまいります、引き続き
ご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
                                                                         敬具

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この10年,劇的に環境がかわりましたね。
パソコンを購入した後も,しばらくはインターネットには手を出さなかった。
怪しいサイトがたくさんあってパソコンに害悪を与える,ということを聞いて臆病になっていたからだが意を決してやり始めるとなんとも面白い世界が広がっていた。
しかし,当初,光通信やADSLのような高速通信どころかISDNすらない時代だった。電話回線の通信速度は極めて遅く,一つのページを見ることには多くの時間を要した。
画像のあるページを見ることは相当大変だった。
そのようなこともあって接続時間がかなり長くなってしまうが,定額サービスは無く,月の電話代が2万円程度になることもあった。

そんなこんながあっての10年。
更に10年たったとき
どのような世界が広がっているのか。

99555

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この時間のこのあたり

この時間のこのあたり

ふう


追記)[12月15日午後6時頃]

全く記憶にない投稿(苦笑)
のんでも
のまれるなかれ

・・・・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.14

ノクターン集(巨匠の演奏)

なんとも言えない演奏である。右手の旋律の歌い方。左手による心の表現。ピアノってなんて凄い楽器なんだと思わされる。そして,この奏者,何者やねん!と感じざるを得ない。
アルトゥール・ルービンシュタイン(Artur Rubinstein)
ポーランド出身のピアニスト
1887年1月28日 - 1982年12月20日
彼が,70歳代に弾いたと思われる,ショパン作曲のノクターン集やワルツ集をときどき聴く。
本当に,何とも言えない演奏。
繰り出される曲の流れが,聴く者に有無をいわさない。
聴けば聴くほど恐ろしさすら感じさせる演奏。
その恐ろしさは,ある面,枯れたものの良さなのだろうと思う。
それだけに,はまりたくないという思いがある。
もっと,活気のあるやつ,ばーんと一発行こうぜ!なんておもうのだが,その魅力にとりつかれるとなかなか逃げおうせることは難しいのかもしれない。
彼の演奏を,最初に耳にしたのは,ベートーベンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」だろう(指揮はバレンボイム)。まだ,私が中学生だったか高校生だった頃の出会い。
そのころは,私は,夜な夜な,ラジオの前にかぶりついて,番組で流されるクラシック音楽を一生懸命カセットテープで録音していた。
その中の1曲だった。
朗々とした演奏だった。今でも記憶している。
なお,彼が88歳のときの演奏だったとのこと。

朝比奈隆の指揮する演奏にも同じような印象があった。
何事にも動ぜず,劇的な中にも朗々と流れていく音楽。
何にも枉げられることのない音楽。
このような音楽は,余分なものをそぎ落とされた尽くした人しか,導くことがきっと無理なのだろう。
そう思わせるに至るには何年の鍛錬を必要とするのだろうか。
彼の演奏で,もう1つだけライブ演奏を聴けるとすればどの曲?と聞かれれば・・・
難しい選択だろうが,多分私は,チャイコフスキーの第5番のシンフォニーを選択するだろう。正直,彼の演奏を聴くまでは,この曲はあまり好きな曲ではなかった。
でも,それは,この曲が悪いからではなく,それまで聞いたいくつかの演奏が曲の魅力を引きだすことが出来なかったからに過ぎない。
彼の演奏を聴いたときはまさに衝撃的だった。たった1つのモチーフを結末に向けて,堂々と且つ朗々とそしてまがうことなくして進めていく有様,それも謳歌しながら。そんな音楽に接すると,感動以外をもって表現し得ない。

円熟の演奏で忘れられないものがもう一つある。
確か,車を運転しているときにラジオで流れてきたもので,ライブ演奏の録音だったように記憶している。曲の途中から聴いたので,演奏者が誰かは当初わからなかった。
曲は,ベートーベンのピアノソナタ「ワルトシュタイン」。
なんてみずみずしい演奏なんだ。なんて壮大に歌うんだ。
それまでワルトシュタインという曲,それほど好みの曲ではなかったが,一気に好きになってしまった。
この演奏家はきっと将来無茶苦茶大物になるだろうなんて,勝手に思いこんでしまった。
ピアニストの名はクラウディオ=アラウ。そのとき彼は80歳を超えていた。

芸術家という存在の凄さを感じざるを得なかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の漢字「命」

 今年の世相を漢字1文字で表すと「命」だそうな。
 命の重み,そして命への理解が問われるこの時代。
 このままでいいのだろうかと思う人も少なくないのだろう。
 その思いの集積の結果が「命」という今年の言葉なのだろう。

 例年このようなイベント(?)があることは,新聞等に載っているのをみて,こんなのがどこかで行われているのか,という程度のものであった。
 昨日の火曜日(もう一昨日か),京都市内をタクシーに乗って移動していると,運転手が,「もうすぐですねえ,昨年は『愛』でしたが,今年は何だと思います?」と尋ねてくる。
 思わず「?」
 タクシーに乗車していたのは午後3時頃だったのだが,運転手曰く「たしか,発表は3時頃だったと思うのですが,ラジオつけてみますね・・・ニュースでやっているかな・・・・」とのこと・・
 益々「??」
 どうも,この「今年の漢字」のことを話していたようだ。
 この度,新聞を読み返せば,清水寺でのイベントであると書いてある(主催は別のようだが)。
 さすがに京都人は,清水寺で行われるイベントだけに関心があったようだ。
 その土地,土地に住んでいる方々の関心事が違うことは当然だろうが,改めて,京都では異邦人である自分を感じる機会だった。

99334

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.13

月刊「ソトコト」にご登場の澤村翔子さん

 ロハスという言葉
 最近,よく目にしたり耳に聞いたりする。
 しかし,あまり深くは考えてこなかった。

 ロハス = LOHAS 「Lifestyles Of Health And Sustainability」とのこと。
goo辞書で調べるとsustainableは,「維持[継続]できる; (環境を破壊しないで資源開発が)継続できる」とある。
 月刊「ソトコト」は,「ロハスピープルのための快適生活マガジン」,「日本におけるスローフード、スローライフの先駆けとなった雑誌」ととそのウェブサイトにおいて紹介されている。

 雑誌の内容は,私の実際の生活とは,ほぼかけ離れたものであるが,それだけに興味深いものでもあった。スローフードなど,昼食時間などわずか数分の私からはほど遠いものかも知れない(笑)。本の中で取り上げられていた,ポピュリッチなる族?なんて,・・・・・(笑)
 ただ,ほど遠いものだからこそ強いあこがれの対象となるのかもしれない。 

 ちょいとスジは離れるが,消化に関して書かれたコラムがあった。消化とは,食べ物を吸収し易くする機械的作用より,もとの生物がもっていた情報を解体しそして自分の体内で自らに適合した形で情報を構成するための生物学的な意義のあることが指摘され,その上で,「コラーゲンを食べ物として沢山食べれば,肌の張りを取り戻すことができるか?」ということが説明されていた(「コラーゲンなんていらない」by福岡伸一氏)。
 なるほど,目からウロコ。
 
 このような雑誌に触れることになったのは,2007年1月号に登場されておられるマイミクの澤村翔子さん(メッゾプラノ)のお奨めがあったからである。オペラの「ズボン役」つまり少年役をされているとは初耳だったが(なお,ズボン役という言葉を初めて知った・・),澤村さんがmixiで残されている文章は,どちらかというと男前さを感じさせるものが多いので(熊本ご出身の故?),やはりそうなのかとも妙に納得でもある(笑)
 雑誌では,そんな彼女がレディーとして登場した,ある私邸での催しが取り上げられていた(LOHASクラシック音楽サロン)。
 ドイツのリート(歌曲)を歌ったようだ。オーディエンスとして参加された方々は,窓から目に飛び込む緑に酔い,歌に酔い,ワインに酔い,そして,いい女に酔ったようである。
 うらやましい限り。
 豊かな心を持った人々の前で歌うことができるというのは,きっと,歌い手にとっても至福の時なのだろう。

99299

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の眺め

            Cimg6712
                福井駅

       Cimg6722
                大阪駅前第4ビル付近

                  Cimg6725
                 ディアモールの上
                          Cimg6732
                   北新地


 
99293

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.12

いっちにぃ~おいっちにぃの前田祐希さんのめでたい日

仕事上
数字としての日を書くことはあれど
なぜか日にち感というものはまるで無い。

家に戻ってきて
新聞の大きな日付が目に入った。
12月12日
いちにい,いちにい。
そういえば前田祐希さんの誕生日ではないか
本人嬉しいか,うれしくないのかはよくわからんが
そんなことは二の次(笑)
ということで,とりあえずこの場を利用して
「おめでとうございます。」
ということです^^
これからも,良い歌を沢山,
多くの方々に聴かせてくださいませ。

99200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はチョイト冷える京都

             今日はチョイト冷える京都

でも時期を考えるとまだまだ暖かいか

追記)

    Cimg6842
    雲がかかると雰囲気ありますなあ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく

昨夜は11時前まで打合せ
その後,今日のためのネタ造り
打合せ後のビールが効いて?
ちょいと仮眠。
さすがに無理かと思いきや
何とか復活
そして,先ほどようやく完成。
まにあった。
あとは,課題の作成が残っているが,
ちょいと寝てからサイド
といっても,あと何分寝れるのやら?
って。。。。こんなの書いている間に寝なさいって?(笑)
って,その前にもっと早くにやっておくべきでした。

99090

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.11

要素○×△

要素は概ね○×△に分類される。

結果から遡れば何事も分類は簡単だ。
○と見えたものが,実は,あとで見ると×だったということもありえる。
このようなときには,結果から遡って色々という者が多いことには閉口させられることも多い。

ここではそのようなことはさておく。
これから物事を見極めていくとき
どの要素が○なのか△なのか×なのかの判定は重要であり且つ難しい。
一見○と見える中に×が含まれていることはある。ひどいときには致命的な×であることもあろう。
一見,×や△と考えている中にも,実は○であるというものはあろうし,全面的にとはいえずとも一部○を見いだすことが出来ることもある。
何度も考えが変わることもある。
苦慮させられる。
そのような色々に見える要素を一つ一つ吟味し,また組み合わせて吟味して,より正確な判断を目指す。
そして,○と判断したものを,こんどはどのように組み合わせればより多くのことを雄弁に物語るのかを考える。
考えは巡る。
状況が重苦しく×が多く見えるときには考えあぐねる。
しかし,その中からでも光明が現れることもある。
どのように照らせば更に光るのか。
ただし,ガセの場合もある。
何度も何度も考える必要がある。
そして最後は。
思い切ること或いは決断。

98976

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.10

質問を受けること

質問を受けること
回答するとなればやはりきっちりとまとめ上げることが必要となる。
つまり,自らの勉強の機会となる
己の無知を認識する場面。
この変動の激しい時代
以前にはわかっていたこと,通用したことでも
次々と役に立たなくなっていってしまう。
ゼロから始める必要はないが
補充すべきことは少なくはない・・・

ふう・・・・・

さて,あとは帰ってからやることにします。。。

98943

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.09

気の向くまま

「気の赴くままに行きたいところに行き,そこに飽きればまた次の地へという生活」
そんな生活への憧れはある
ヨーロッパにおけるロマ(北インド系の方々?)の生活はそのようなもののようだ。
なお,ジプシーという呼び名に慣れ親しんでいるが,蔑称の意味合いをもつためあまり用いられなくなったということを前に聞いたことがある。
今宵のNHKの高校地理でロマが取り上げられていた
定住地をもたない移動民の生活
移動性が故に教育を受ける機会は極めて限定され
そのこと及びその生活様式ゆえ職業選択の自由も殆どないようだ
定住を是とする国や民からは疎んじられ
幾たびもの迫害を受ける
近年のものとしてはナチスによる虐殺が有名だがそれだけには限られないようだ。

やはり教育は大事だと思う。

98806

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.07

雨中の中央郵便局

雨中の中央郵便局

早めに着かなければならない郵便物は
早めに出しましょう。
遅ればせながら
ここに持ち込めば
チョイトは早く着くかとの期待にて・・・

      Cimg6828


| | コメント (0) | トラックバック (0)

イルミネーション(ディアモールにて)

Cimg6824

             Cimg6825


12月8日挿入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログのメンテナンス終了

12月5日午前10時から行われていたメンテナンス
12月7日午後3時には予定どおり終了しましたね。
長いメンテ
その間,新規投稿は当然としてコメント等もダメでしたね。
何事もなく復帰して
何より。

なお,本日が上場(東証2部)のニフティーの初値は20万6000円とで公募・売り出し価格(21万円)を下回ったそうな。
始値206,000
高値223,000
安値201,000
のようですね(現時点のyahoofinanceによる)

98528

追記)
終値203,000のようですね。
このメンテの完了が,材料として評価されるのか否か。
どうなんでしょうね。

追記2)
チェックしたけど
どこが変更になったのかさっぱりわからなかった。
はてな?
と思っていたところ
メンテナンスに失敗したようですね。
残念・・・・・
アナウンスの抜粋
「昨夜の負荷テストにて、負荷が高まりレスポンスが悪化するという現象が発生いたしました。当初は改善できる項目であると判断し、修正/検証作業を行いましたが、本日になっても原因の特定ができず、問題の解決には更に長時間を要すことが予想されたため、一旦メンテナンス前の状態に戻させていただき、12月7日(木)15時にサービスを再開いたします。
(中略)
尚、データの消失など、お客様のココログへの影響はございませんので、ご安心ください。
今回のメンテナンスで予定されていた改善項目につきましては、今回の問題点について対策を講じた上で、改めてスケジュール等をご報告させていただきます。」
とのこと。
・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨 奈良にて

Cimg6819


       Cimg6815(JR奈良の旧駅舎)


12月8日挿入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.06

birthday

Cimg6814


12月8日挿入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.05

花見小路にて

Dvc70107

   会合あり

          Cimg6786

    Cimg6789


12月8日挿入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.04

     Cimg6775

98177

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツリー登場

Cimg6762

                 Cimg6779


98145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月のブログシール追加(Daily Moon Phases)

前から欲しかった月の満ち欠けのブログシールをようやく入手。
何しろ,登録先のサイトが英語表記のため内容を理解するのが難しく(涙),この度は,googleの右クリックによる翻訳機能にかなり助けられました。← 便利な時代になりましたね(googleツールバーに附属する機能だと思います)。

Daily Moon Phases Free Modules

今宵は,満ちたる寒月の夜。
(寒月夜)


98131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「新聞つんどく」(フリーソフトの紹介)

「新聞つんどく」(フリーソフト)
Produced by Marble-Cafe とあります。

「五大新聞(読売、朝日、毎日、日経、産経)の記事を収集し、データベースを構築します。
キーワード検索、関連記事表示などが可能です。情報の蓄積、分析に御活用ください。」
との説明されている。
ダウンロードして利用してみたところ,各紙における関連する記事をざっと鳥瞰できる等結構おもしろい
(例えば,海外にお住まいの方などが,日本の情報を入手するにも役立つのでは??)

なお,紹介文 by MOONGIFT

(ソフトのご利用は自己責任にて)


98107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「aguse(ベータ版)」(サイト情報の調査)

「aguse(ベータ版)」

株式会社ブイモールが運営しているサイト。
このサイトに記されたおしらせによれば
「このサイトは、調べたいサイトのURLを入力するだけで関連する情報を表示できるサービスを提供しています。例えばSPAMメールに付いてくるURLの先がどうなっているのか調べたり、自分が興味あるサイトをどこの誰が運営しているのかなどの情報を見ることが出来ます。機能は毎日増強中ですので、ご要望をお寄せいただけましたら、追加機能として検討させて頂きますので、どんどんお寄せください。 」
とのこと
なお,ドメイン・管理者情報や企業等が提供するフィッシングサイトブラックリストとも照合できるようだ。特に後者の機能は役に立つときがあるかもしれない(そんな怪しげなサイトは,そもそも見ないとは思うのだが・・・・笑)。


98101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログのバージョンアップ(予定)

12月5日(火)10:00 ~ 12月7日(木)15:00予定

機能の主な変更点。

●トラックバック/コメント管理機能強化
 「コメント&トラックバック」ページの新設
 スパムフィルター機能を任意に設定
 迷惑コメント・トラックバック対策の強化
 「ニフティに通知して削除」ボタンの新設
●「記事の作成」「記事一覧」に新機能追加
 「トップに表示」機能の追加
 画像挿入時にオプションのカスタム設定として
  「画像を本文の横幅に合わせて表示する」が選択可能へ
 記事の複数操作
 記事一覧の表示を改善
 「新規記事の作成」リンクを追加
 写真のリサイズ
●@nifty Books ISBN Lookup機能の提供終了
●それ以外
 「このカテゴリーだけ表示」機能追加
 ゲストユーザーの辞退機能追加
 カテゴリーのフォルダ名
 RSSフィードの設定方式変更
 コメント表示件数
 表示範囲の設定
 Skypeのオンラインステータス
 Atomテンプレートのバージョン
 m4v形式のポッドキャストについて
 パスワード保護済みフォトアルバム(個別)
  のサイドバー表示
 ブログトップページの表示件数上限
 マイフォト
  フォトアルバムAtomフィード機能を追加
  「ブログにアップロードした画像」の表示
写真のリサイズ
 マイリスト
  「更新日を表示」のチェックが非表示へ
  (人)の設定「更新日を表示」を非表示へ
 アカウント情報
 RSSのファイル名(.xml、.rdf)
 モブログ
  投稿サイズ
  ブログ名が見つからない場合の投稿
  件名未入力時のタイトル
  投稿成功時の送信メール本文
 
[なお,とても残念な内容]
Q.携帯からの閲覧対応は行われますか?
A.将来的に対応を予定しておりますが、今回は実施いたしません。対応時期が決まりましたらご連絡させていただきます。

@nifty,一時期は画面が表示されない等悲惨な状況でしたが,システム更新後は改善が劇的になされていて,特に最近は調子よく表示されていて問題がないですね。


ところで,その@niftyも今年の12月7日には東京証券取引所にて上場予定。
その前の一踏ん張りですね。
価値を上げておいてください!

売り出し状況(11月28日)
発行価格・売出価格
  1株につき 金 210,000円
オーバーアロットメントによる売出しの売出株式数
  10,400株
増加する資本金及び資本準備金に関する事項
   増加する資本金   2,746,779,000円
   増加する資本準備金 2,746,779,000円

業績見通し
【連結】(単位:百万円)
売上高      84,397    868,701
経常利益      2,162     1,629
当期純利益    1,182      748
左が平成19年3月期(計画),右が平成18年3月期(実績)

ユーザーとしては,今回の上場によって財務体質をより一層強固なものにしていただき,更に,より良いサービスの提供を願いたいものです(費用も下げていただきたいものですね・・・・)。

なお,従業員による販売キャンペーンに関連して商品券が横領されたとの事件があったあった旨開示されています(開示日11月17日)。被害総額は20百万円から最大50百万円程度とのこと。
こんな無駄なことで大事なお金が失われないように,管理体制を強化していただきたいものです。

資料)
niftyの不具合に関連する記事を書き出してみた。
思いの外たくさんありましたね。
そのときのことを色々と思い出しました。
不具合があると,やはり腹立たしくなります。
多くの場合,バージョンアップ等何らかのアクションのあとに発生していたことがわかります。
今度のバージョンアップで不具合が起こらないことを祈りたいですね。

2005年1月18日削除しても容量回復せず   
2005年1月19日携帯からの閲覧
2005年3月 1日アクセス解析に障害ありとのこと
2005年4月 7日リニューアルされたココログ
2005年4月 9日いつまで経っても重すぎ・・・
2005年4月10日11時31分表示の状況・・相変わらず
2005年4月10日20時03分表示が一時期比べれば多少ましになったか・・・
2005年4月11日スクロール時の表示がスムーズになってきた!
2005年4月17日画面スクロール時の不具合解消される。
2005年4月24日投稿時間が適切に表示されていない
2005年9月21日重すぎて話にならない・・・・
2005年11月24日有料版より高機能なココログ「フリー版」(ココログフリー)が開始されたとのこと・・・
2005年11月27日なんとか解決して欲しいですね。
2005年11月28日今日はこれで投稿がはねれた「問題が発生しました」
2006年3月 9日大津はひんやりと
2006年3月18日携帯電話から写真が投稿できない
2006年3月24日京都でコンパ
2006年3月27日要らぬ時間を
2006年4月 1日最近不具合の多すぎるココログ
2006年4月 4日朝の徘徊
2006年4月11日@niftyのメール受信が不調?
2006年5月14日あいかわらず不良な@nifty
2006年5月16日とりあえず・・・・・・・
2006年5月16日新顔
2006年5月19日 (金)送信メールエラー
2006年6月 3日【特設】ココログレスポンス問題お知らせブログ(@nifty)
2006年7月 9日追記もままならずのニフティ


色々ありましたが,現在はかなり満足しています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.03

冬の夕べ

西日が横からあたる
ブラインドで遮られた部屋
   Cimg6749
まぶしい光で
照らされるのは
わずかな時間

風が強く,
気温も上がらない
冬の1日
そんなとき
暖かさをもたらす陽も
逃げ足は速い
  Cimg6754


97886

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.02

「アプラグβ」と「「ニフティクリップβ」(ソーシャルブックマーク)

@niftyラボには
いくつかのベータ版のサービスが用意されている。
その中で次の2つのものにチャレンジしてみた。

「ニフティクリップβ」(ソーシャルブックマーク)
サイトによれば
 「気になる情報のリンク集を作ろう!情報収集・整理の効率化をイチから考えたら、こんなソーシャルブックマークサービスが出来あがりました。ぜひお試しあれ!」
と説明されている。

「アプラグβ」
サイトによれば
 「あなたのブログやホームページに便利なアプリケーションが貼り付けられます。着せ替え感覚で簡単に設定できて、あっという間にリッチなサイトへ早変わり!」
と説明されている。

いずれも実際に試してみてさっと納得できるようなものではなかった。
しかし,とりあえず使ってみることとした。
使っている間に,工夫が出来るかもしれない。
出来なければ,そのときにやめることにしよう。
いつものように軽いノリで,新しいものにチャレンジ!(笑)

追記)
結構やってみると
イロイロできそうだ・・・・・・

追記2)
結構面白いかもね。
先日書いたように,RSSリーダーを最近利用している(2006年11月 4日 (土)RSSリーダーとfeedの確認及び登録方法)。
趣味や仕事関係に関係しそうな多くのブログを登録し
(登録数は既に300を超えている)
その情報を通じて
色々な勉強をさせていただいている。
mixiでも色々勉強になったが,その比ではない。

「RSSリーダー」や「はてなアンテナ2004年9月12日 (日)はてなアンテナ<2006年9月15日 (金)はてなアンテナによる更新チェック)等から取得した情報と
「ニフティクリップ」と「アプラグ」とを組み合わせることにより
(ちょいと手間はかかるが)
色々な情報への窓口をこのブログに設けることが出来そうだ。

いずれも無料で利用が可能(登録が必要なものはある)。
皆さんにもお薦めする方法!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.01

12月の彩り

Dvc60318Namba Parks

         Dvc60370Abeno Kintetsu

     Cimg6718 Osaka Station

         Dvc60380 Hankyu International
 
           Dvc60319 Namba Parks
 
    Dvc60383  

Cimg6737_2 Osaka City Hall 

                        Dvc70006 Rocket Hiroba

          Cimg6738

     Dvc70062 Kyoto Station

       Cimg6731 Kita Shinchi
      
                                      Cimg6704 ???
       
               Dvc70088 in Fukui

Cimg6744 Cimg6743 Cimg6745 Shinsaibashi Daimaru

            Dvc60369 Abeno Kintetsu

               Cimg6742


97585

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月の空

12月の空

一年早いねえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »