« 平成18年11月27日最高裁判所第二小法廷判決(学納金返還請求事件) | トップページ | 平成18年11月27日最高裁判所第二小法廷判決(不当利得返還請求事件) »

2007.03.08

平成18年11月27日 最高裁判所第二小法廷判決(学納金返還請求事件)

事件番号 平成16(受)2117
事件名 学納金返還請求事件
裁判年月日 平成18年11月27日
法廷名 最高裁判所第二小法廷

原審裁判所名 大阪高等裁判所
原審事件番号 平成15(ネ)3707
原審裁判年月日 平成16年09月10日

裁判要旨
1 大学の入学試験の合格者と当該大学との間の在学契約における納付済みの授業料等を返還しない旨の特約の公序良俗違反該当性
2 私立医科大学の平成13年度の入学試験に合格し,同大学との間で納付済みの授業料等を返還しない旨の特約の付された在学契約を締結した者が,同契約を解除した場合において,同特約は公序良俗に反しないなどとして,授業料等の返還請求が棄却された事例

最高裁web

|

« 平成18年11月27日最高裁判所第二小法廷判決(学納金返還請求事件) | トップページ | 平成18年11月27日最高裁判所第二小法廷判決(不当利得返還請求事件) »

裁判例」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。