« 奈良にて | トップページ | 平成18年11月27日 最高裁判所第二小法廷判決(学納金返還請求事件) »

2007.03.08

平成18年11月27日最高裁判所第二小法廷判決(学納金返還請求事件)

事件番号 平成17(受)1437
事件名 学納金返還請求事件
裁判年月日 平成18年11月27日
法廷名 最高裁判所第二小法廷

原審裁判所名 大阪高等裁判所
原審事件番号 平成16(ネ)1083
原審裁判年月日 平成17年04月22日

裁判要旨
1 入学手続要項等に入学式を無断欠席した場合には入学を辞退したものとみなす等の記載がある大学の入学試験の合格者が当該大学との間で在学契約を締結した場合における入学式の無断欠席と在学契約の解除
2 入学手続要項等に入学式を無断欠席した場合には入学を辞退したものとみなす等の記載がある大学の入学試験の合格者と当該大学との間の在学契約における納付済みの授業料等を返還しない旨の特約に対する消費者契約法9条1号の適用の効果

最高裁サイト

|

« 奈良にて | トップページ | 平成18年11月27日 最高裁判所第二小法廷判決(学納金返還請求事件) »

裁判例」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。