« 奈良公園が住家 | トップページ | 会議また会議 »

2007.03.09

席を譲ること

乗ってこられた方の様子
こちらの状況
によっては,席を譲ることは当然考える。
杖をついてよたよた歩いている方が乗ってくれば
内心,こちらに来るのかいなあ・・・・
とは思いつつ(心貧しい・・・)
こちらの方に寄ってくれば
ほとんど選択の余地はない。
より近くの本を読んでいる若者(男性)。
そこで席を譲れば
格好いいのに!
まわりの皆からは敬意をもってみられるのに
なんて思ってしまうが
現実は,読書継続のみ
文庫本のようだったが,どんな高尚な内容のものかはわかりませんが,残念ながらきっと生き方には役に立たないで毒書に過ぎなかったのでしょう。
代わりに席を譲らないとね
(もう一人若い女性も席を譲っておられた)
私の場合,別に格好良いからやるのではない。
やはり,できれば坐っていたいしね(笑)
でも,そうせざるを得ないからに過ぎない。
何でそうなのかと言われると
心苦しさと
いつかどこかで受けた教育のおかげなのだろう。

116285

|

« 奈良公園が住家 | トップページ | 会議また会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 席を譲ること:

« 奈良公園が住家 | トップページ | 会議また会議 »