« 黄 | トップページ | 京都は豪雨 »

2007.05.17

自動車事故の場合の刑事責任の上限が重くなった(刑法改正案成立)

現在の刑法第211条(業務上過失致死傷等)は次のように定めている。

1項 業務上必要な注意を怠り,よって人を死傷させた者は,5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万 円以下の罰金に処する。重大な過失により人を死傷させた者も,同様とする。
2項 自動車を運転して前項前段の罪を犯した者は、傷害が軽いときは,情状により,その刑を免除することができる。

このうち2項が,次のように変更される内容の法律案が本日成立したとのこと。

新2項
 自動車の運転上必要な注意を怠り,よって人を死傷させた者は,7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する。ただし,その傷害が軽いときは,情状により,その刑を免除することができる。

つまり,刑の上限が 5年 → 7年 と重くなった。なお,下限には変更がない(因みに,罰金の下限は1万円)。

法律案要綱
http://www.moj.go.jp/HOUAN/ZIDOUSHIYA/refer01.pdf
法律案
http://www.moj.go.jp/HOUAN/ZIDOUSHIYA/refer02.pdf
理由
http://www.moj.go.jp/HOUAN/ZIDOUSHIYA/refer03.pdf
新旧対照条文
http://www.moj.go.jp/HOUAN/ZIDOUSHIYA/refer04.pdf

平井利明のメモ

|

« 黄 | トップページ | 京都は豪雨 »

法律関連」カテゴリの記事