« 宴と華 | トップページ | 緑の回廊 »

2007.05.20

カーナビ(カーナビゲーション)

新しい機器ともなると
使い勝手が異なるので苦労する。
カーナビ(カーナビゲーション:Satellite navigation systemというらしい)もその一つ。

10年前に買った車にはメーカーオプションのカーナビをつけていた。
当時,まだそれほど普及しているものではなかったが,新しい技術好きとしてチャレンジしたかった。
使った当初,衝撃的だった。
自車の位置が正確に表示される(笑)。
このことだけも驚き。
更に,ラジオ等が使えなくなるトンネルの中でも位置が正確に表示される(今でもその理屈がよくわからない)。
目的地を設定すれば,そこまでの道を自動的に教えてくれる。
途中で道を違えても,自動的に再検索をしてくれる。
それまでは,地図を頼りに自動車を走らせていた。
土地勘のない初めての場所に行くときには大変だった。
特に,ゴルフ場等の目印もあるような無いような場所に行くことは,ときによっては至難の業だった。
道に迷ってしまうと,地図はあれど,現在位置がわからないのだからどうしようもない(笑)
カーナビを導入してからはそのようなことは殆どなくなった。
そればかりか,それまで利用していた道より更に効率的な道を提示してくれたり,前日に設定しておいて到着予想時間を予めチェックしておけば家を出るだいたいの時間を前日に考えておくことが出来る等車を利用する際には無くてはならないものとの感を強く抱く。

そんなことで,今回の車にもカーナビをつけてある。

以前のものとはメーカー等が異なるし,情報量等も異なる。
操作方法も大きく異なっており,無理にでも使ってみないと慣れないので,分かり切った場所に行くのにも目的地を設定する等にて使っている。
最近のものは,VICS(道路交通情報通信システム,Vehicle Information and Communication System)
による,ほぼリアルタイムの渋滞情報,所要時間,事故・故障車・工事情報,速度規制・車線規制情報等がカーナビの画面に表示される等凄いね。

目的地等の設定で一番簡便なのは
「電話番号」ということがわかった。
仕事場の番号を入力すると勤務先名が表示される。
それは,まあわかる。
自宅等の番号を入力すると(氏名こそ表示されないものの)場所が正確に表示される。
以前使用していた車についていたものはCDタイプで情報量がそれほど多くなく,ピンポイントで表示されるのは,メジャーな地ばかりで,マイナー情報である自宅の番号ではアバウトな地域が表示されるだけ。あとは細かな手作業での修正が必要だった。
そのことを思うと凄い進歩。
しかし,凄いと思う反面
ある意味,恐ろしさも感じる。
車に乗って
相手先の電話番号を入れて
車を走らせれば
目的地に導いてくれる。
カーナビは手段。
よって,
その人がその目的地に
何のために行くのか・・・・・
その点は全く考慮されない。

Img_2750

131333

|

« 宴と華 | トップページ | 緑の回廊 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219649/50015934

この記事へのトラックバック一覧です: カーナビ(カーナビゲーション):

« 宴と華 | トップページ | 緑の回廊 »