« 芽が出たききょう | トップページ | ひょろっとしていても上に伸びてゆく »

2007.06.19

飛行機内での迷惑行為

 飛行機内で酔って騒いだ男性が書類送検されたとの報道がなされている。
 こんな場合の迷惑行為を処罰する法律が最近できたのか?
 調べてみると,問題となる法律は「酒に酔つて公衆に迷惑をかける行為の防止等に関する法律」というもので既に昭和36年にできている。
 同法第2条によると「すべて国民は、飲酒を強要する等の悪習を排除し、飲酒についての節度を保つように努めなければならない。」とのこと。
 ・・・・・国民の一人として節度を保たなければ・・・・(苦笑)
 また,同法第4条1項は「酩酊者が、公共の場所又は乗物において、公衆に迷惑をかけるような著しく粗野又は乱暴な言動をしたときは、拘留又は科料に処する。」と定めている。
 
平井利明のメモ

|

« 芽が出たききょう | トップページ | ひょろっとしていても上に伸びてゆく »

法律関連」カテゴリの記事