« 携帯のセキュリティ。改善・不便 | トップページ | 一連の会議が終わった。 »

2007.06.28

東京地裁は買収防衛策を認めた(SPJSFの仮処分命令申立却下:SPJSFvsブルドッグソース)

東京地方裁判所は,スティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンド(オフショア)、エル・ピー(SPJSF)がブルドッグソース株式会社に対して申し立てていた新株予約権発行差止めの仮処分命令の申立てを却下した。
ブルドッグソース社のIR
「新株予約権発行差止めの仮処分命令の申立て却下に関するお知らせ」
http://www.bulldog.co.jp/company/pdf/070628_IR1.pdf

これに対して,SPJSFは東京高等裁判所に対して即時抗告。
SPJSFのIR
http://www.spjsf.jp/pdf/070628-bulldog_j.pdf

なお,ブルドッグソース株式会社の言い分が最終的に通ったとしても,ブルドッグソースは,現在10.52%の保有率というSPJSFに対して付与する新株予約権を単価396円にて現金で買い取らなければならないとのこと(約23億円?)。
ブルドッグ社の営業利益は約8億6000万円(第82期損益計算書:平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)しかないことを考えると,いずれにせよ痛い出来事。

平井利明のメモ

|

« 携帯のセキュリティ。改善・不便 | トップページ | 一連の会議が終わった。 »

法律関連」カテゴリの記事