« 京のお宿 | トップページ | 渉成園(枳殻邸)へ »

2007.07.21

京都室町の割烹「野あそび」にて

元々呉服屋だったという築100年の町家に手を加えて生まれ店とのこと。
店に入ったのはまだ明るい頃だったこともあり,
あいていた1階のカウンター席へ案内される。

この店について,私には何の予備知識も無く(笑),
嫁さんがガイドブックで探し出した店。
(次第にいっぱいになったので,予約を入れておいた方がよいのでしょう)

       Img_3278
      (写真は,帰りがけのもの)

今回いただいたのは5250円のおまかせのコース料理。
先付,八寸,造り,煮物,焼き物,揚げ物,ご飯に漬け物,みそ汁,デザート
他に7000円台と3000円台の同様のコースがあった(品数は同じだが食材等が異なるとのこと)。

ひたすら
  美味しかった。

Img_3255 Img_3256

Img_3258 Img_3260

  食器類が気になった・・・・特に,棚の上のものが(笑)
    Img_3273

ということで
 Img_3274 Img_3263

 Img_3264 Img_3265

        Img_3268

ご飯は土鍋で炊く
  Img_3269

これはコースのものではないが・・・
(鮎のフナ寿司風?)・・・・・・酒飲みには絶品!
    Img_3271

                 Img_3275

大将も気さくな方。
他のお客さんとも話が弾み,
面白い夜だった。

            Img_3277

これを書くにあたって,いくつかの記事を検索した。
「京都の老舗で20年間腕を磨いて,料理は酒に合うことが前提」という記事(ガイドブック)や
「ウチの料理は基本にのっとった日本料理。創作系ではありません。素材を選び、きちんと調理をし、そして季節感を盛りつける、そんな料理なんです」と書かれてあった
正しく,その通りとの感じを受ける店。

             Img_3279

値段も含めて,全体的に良き一夜でした。

前日,梅田にあるハービスエント内で和食をいただいた。
店の雰囲気が今風で,値段はやけに高い(時価という表示も多々見られた・・・・そんなもの頼まないけどね・・・笑)。
それはそれでよい。
見合えば。
しかし,何しろ美味しくなかった。
腕に未熟な者達がやっているようだった。
そのような日の次の日だった。

その道で場数を踏んだ方々のものは違う。
とあらためて思うと共に
日本食は,凄いねとも再認識した夜でもありました。

「野あそび」
京都市中京区室町通御池上ル六軒目西側
(京都府京都市中京区室町通り御池上ル御池之町309)
TEL:075(257)5800
営業時間:
12時~14時30分(ラストオーダー13時30分)
17時30分~23時(ラストオーダー21時30分).
休:日曜(祝日は不定休)

注)営業時間と休日を訂正
なお,情報源によって異なるもので・・・休日については怪しい
ただ,昼時間にやっていることは,間違いない。
大将が
「昼は,主婦でいっぱい」
とおっしゃっていましたので(笑)

140850

|

« 京のお宿 | トップページ | 渉成園(枳殻邸)へ »

あちらこちらへ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都室町の割烹「野あそび」にて:

« 京のお宿 | トップページ | 渉成園(枳殻邸)へ »