« 半端やおまへん | トップページ | 無事に伊丹 »

2007.07.13

凄まじい(暴風雨・台風4号)

             凄まじい
暴風雨圏に入って16時間以上
雨風益々無茶苦茶
ホントに目茶苦茶

凄まじき自然の力。

追記)
天に雨と風がどれほど隠されているというのか。

それなりに
そうそう体験できない世界を楽しんでもいるのだが

もう,風と雨はもういい・・・・(苦笑)
しかし,暴風圏を抜けるのは明日午前3時頃の見込みとのこと。

明日の飛行機
さすがに,こちらの方は大丈夫のようだが
大阪がどうなのだろうか?


追記)7月15日

このような機会は,なかなか無いことなので,台風体感のため屋外に!

              Img_3176

                 Img_3177

          Img_3178    

最難関が,屋外に出るための階段。
まともに立っていることもできません。
                 Img_3174
写真の左側にある海から凄まじい風が吹き付けてきています。
建物の隙間であるため,平地に比して風の勢いが増している。
まんべんなく吹いているのではなく,強弱入り混ざっているだけに余計に対応が困難。
突如としてとんでもなく強い風が吹き付けてくる。
瞬間最大風速というものはこのようなものなのかと。

930ヘクトパスカル,風速40~50メートルを超える台風は凄まじい。
雨が痛い!

このようなことは
実際に体験してみるまで,わからんですね。
(体験はしたくなかったのだが・・・・・)

             Dvc00058_1

                    Img_3188


行くところもないので,こんなのを作っていました。
          Img_3184
同じような状況の方多数のため,盛況でしたね(笑)

            Img_3189
私にはかつて体験したことがないような強い風と持続する大雨でしたが,沖縄の方にとっては,台風は避けて通ることのできないもの。事前の対策や,見極めはすばらしいものでした。
ホテル内のレストラン等の屋内の施設はほぼ正常営業
大風・大雨の中でも,巡行バス等も運行されている。
(乗り込むまでが大変なのだが・・・・)
沖縄でも物的にはかなりの被害があったようですが(木々が一番悲惨),人的被害は,台風の規模を考えると最小限に留められていたのでは。
大阪で風速50メートルを超える風が吹けば,看板は空を舞い等々・・・・このような飛散物による被害が甚大になるのでしょう。
自然災害に対しては,予測と適切な対応が必要であり且つかなりの有効性があることを改めて感じる機会でもあり。

|

« 半端やおまへん | トップページ | 無事に伊丹 »

あちらこちらへ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凄まじい(暴風雨・台風4号):

« 半端やおまへん | トップページ | 無事に伊丹 »