« 京都室町の割烹「野あそび」にて | トップページ | 真っ白 »

2007.07.22

渉成園(枳殻邸)へ

渉成園は,真宗大谷派の本山(真宗本廟)の飛地境内地。
周囲に枳殻(からたち)が植えてあったことから枳殻邸(きこくてい)ともよばれている。

金曜日午前中のオフに,観ることに。

この場所の存在を言葉の上で知ったのはかなり以前のこと。
今はどうなのか知らないが,かつて東本願寺(真宗大谷派)には法主側と内局側に分かれた内紛があり,そのような折りに,法主(開祖親鸞の子孫)だったかその家族がこの土地を担保かなにかにいれていたことが判明して大騒動になった,というものであった(勿論,リアルタイムで聴いていたものではない)。

このような問題は国会でも取り上げられていたようだ。
第087回国会衆議院法務委員会第20号(昭和54年7月11日)
第091回国会 衆議院予算委員会第一分科会第4号(昭和55年3月7日)

そもそも,東本願寺が生まれたのは江戸時代に入ってからのことであり,浄土真宗側の見解はよくわからないが,東本願寺の創設に大きく関わった江戸幕府側には,当時,絶大なる力を有していた本願寺の勢力を分割(あるいは分裂)させて力を削ごうという政治的な意図があったことは明白と思う。

そのようないきさつのある東本願寺における,「お東さんの内紛」というものは,どういうものだったのだろうかとも考えながら。
それでも
このような人のドロドロした思惑をよそに,
庭園は,美の存在として凛としている。

Dvc00122 Dvc00123

Dvc00124 Dvc00130

Dvc00132 Dvc00133

  Dvc00134  Dvc00139

   敷地内の家屋には「大谷」との表札が。
   現在の住人は,どのような方なのだろうか。

       渉成園(しょうせいえん)

なお,時節柄,蚊が多いのでご用心(笑)! 

    イノダコーヒー本店にてお茶して・・・  
      Dvc00143

 その後オオサカへ,
 昼からは仕事・・・・・・・。

140953

|

« 京都室町の割烹「野あそび」にて | トップページ | 真っ白 »

あちらこちらへ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渉成園(枳殻邸)へ:

« 京都室町の割烹「野あそび」にて | トップページ | 真っ白 »