« 平成19(ネ)10022損害賠償等請求控訴事件 | トップページ | 平成16(ワ)11546損害賠償等請求事件(差止認容) »

2007.08.30

平成19(ワ)7324損害賠償請求事件(「愛の流刑地」に関するもの)

平成19(ワ)7324損害賠償請求事件
平成19年07月25日東京地方裁判所判決

判決文


   平井利明のメモ

主文
1 原告の請求を棄却する。
2 訴訟費用は原告の負担とする。

事案の概要(判決文による)
本件は,小説を執筆し,その原稿を新聞社に送付した原告が,上記送付後に同新聞社発行の新聞に連載された小説の表現の多くが,原告の上記小説の表現と同一であり,上記新聞に連載された小説を執筆したことは,原告の上記小説の該当部分についての著作権(複製権)の侵害に当たるとして,上記連載小説の執筆者である被告に対して,民法709条に基づき,著作権侵害の不法行為による2000万円の損害賠償を請求している事案である。


「著作権法による保護の対象となる著作物は,思想又は感情を創作的に表現したものであることが必要である(著作権法2条1項1号)ところ,「創作的に表現したもの」というためには,作成者の何らかの個性が発揮されていれば足り,厳密な意味で,独創性が発揮されたものであることまでは必要ないが,言語からなる作品においては,表現が平凡かつありふれたものである場合や,文章が短いため,その表現方法に大きな制約があり,他の表現が想定できない場合には,作成者の個性が現れておらず,「創作的に表現したもの」ということはできないと解すべきである。」
とされている。

|

« 平成19(ネ)10022損害賠償等請求控訴事件 | トップページ | 平成16(ワ)11546損害賠償等請求事件(差止認容) »

裁判例」カテゴリの記事