« 皆既月食の夜 | トップページ | 民法及び商法における「不可抗力」 »

2007.08.29

確定日付

民法施行法

第4条 証書は確定日附あるに非されは第三者に対し其作成の日に付き完全なる証拠力を有せす
第5条
一項  証書は左の場合に限り確定日附あるものとす
1 「公正証書なるとき」は「其日附」を以て確定日附とす
2 「登記所又は公証人役場に於て私署証書に日附ある印章を押捺したるとき」は「其印章の日附」を以て確定日附とす
3 「私署証書の署名者中に死亡したる者あるとき」は「其死亡の日」より確定日附あるものとす
4 「確定日附ある証書中に私署証書を引用したるとき」は「其証書の日附」を以て引用したる私署証書の確定日附とす
5 「官庁(日本郵政公社を含む)又は公署に於て私署証書に或事項を記入し之に日附を記載したるとき」は「其日附」を以て其証書の確定日附とす
二項及び三項(省略)
       
    平井利明のメモ    

|

« 皆既月食の夜 | トップページ | 民法及び商法における「不可抗力」 »

法律関連」カテゴリの記事