« 第1回及び第2回医療機関の未収金問題に関する検討会資料(厚生労働省) | トップページ | 平成19(ワ)8141著作権侵害差止請求事件(著作権の存続期間関連) »

2007.09.20

平成19年09月14日東京地方裁判所判決(著作権の存続期間関連)

平成19年09月14日東京地方裁判所判決

事案の概要(判決文より)
映画の著作物の著作権者であると主張する原告が,その映画を複製したDVD商品を輸入,販売する被告の行為が原告の著作権(複製権,著作権法113条1項1号)を侵害するとして,著作権法112条に基づき,当該商品の増製,輸入及び頒布の差止め並びに在庫品の廃棄を求めたのに対し,被告が,映画についての著作権は存続期間の満了により消滅したと主張して争った事案

対象作品
1.題名:「静かなる決闘」
2.題名:「羅生門」

判決文

     平井利明のメモ

主文
1 被告は,別紙被告商品目録記載1及び2の商品を増製し,輸入し,又は頒布してはならない。
2 被告は,別紙被告商品目録記載1及び2の商品を廃棄せよ。
3 訴訟費用は被告の負担とする。
4 この判決の第1項は,仮に執行することができる。

|

« 第1回及び第2回医療機関の未収金問題に関する検討会資料(厚生労働省) | トップページ | 平成19(ワ)8141著作権侵害差止請求事件(著作権の存続期間関連) »

裁判例」カテゴリの記事