« 「大規模小売業者による納入業者との取引における特定の不公正な取引方法」の運用基準 (公正取引委員会) | トップページ | 不健康の次の夜 »

2007.10.02

小児救急電話相談事業(#8000)について(厚生労働省)

小児救急電話相談事業(#8000)について

 

小さいお子さんをお持ちの保護者の方が休日・夜間の急な子供の病気にどう対処したらよいのか、病院の診療を受けたほうがよいのかなど迷ったときに、小児科医師・看護師へ電話による相談ができるものです。この事業は全国同一短縮番号(#8000)をプッシュすることにより、お住まいの都道府県の相談窓口に自動転送され、小児科医師・看護師から患者の症状に応じた適切な対処の仕方や受診する病院等のアドバイスが受けられます。

とのこと
夜間や休日は小児をやっているところが殆ど無くて大変でした。
こんなシステムがあると助かります。

  平井利明のメモ


|

« 「大規模小売業者による納入業者との取引における特定の不公正な取引方法」の運用基準 (公正取引委員会) | トップページ | 不健康の次の夜 »

医事関連」カテゴリの記事