« 下町のナポレオン+カシス | トップページ | Chopin Scherzo No1 op20 »

2007.12.17

平成19年12月13日最高裁判所第三小法廷決定(勾留関連)

平成19(し)369 勾留の裁判に対する異議申立て棄却決定に対する特別抗告事件
平成19年12月13日最高裁判所第三小法廷決定
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=35498&hanreiKbn=01

原審
東京高等裁判所平成19年09月28日決定   
平成19(け)24 

裁判要旨
第1審裁判所が犯罪の証明がないとして無罪判決を言い渡した場合に,控訴裁判所が被告人を勾留するについては,刑訴法60条1項にいう「被告人が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由」の有無の判断は,無罪判決の存在を十分に踏まえて慎重になされなければならず,嫌疑の程度としては,第1審段階におけるものよりも強いものが要求される。

決定文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20071214150505.pdf

平井利明のメモ

|

« 下町のナポレオン+カシス | トップページ | Chopin Scherzo No1 op20 »

裁判例」カテゴリの記事