« スラブ舞曲集の終曲(第16番) | トップページ | 平成19年12月18日最高裁判所第三小法廷判決(減額での年末調整に関して) »

2007.12.19

平成19年12月18日最高裁判所第三小法廷判決(昭和28年に公表された映画の著作権は存続するか?)

平成19(受)1105著作権侵害差止等請求事件
平成19年12月18日最高裁判所第三小法廷判決
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=35509&hanreiKbn=01

原審
知的財産高等裁判所平成18(ネ)10078
平成19年03月29日判決

裁判要旨
「シェーン」を含め,昭和28年に公表された映画は,平成16年1月1日から施行された著作権法の一部を改正する法律(平成15年法律第85号)による保護期間の延長措置の対象とならず,その著作権は平成15年12月31日の終了をもって存続期間が満了した

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20071218155544.pdf

平井利明のメモ

|

« スラブ舞曲集の終曲(第16番) | トップページ | 平成19年12月18日最高裁判所第三小法廷判決(減額での年末調整に関して) »

裁判例」カテゴリの記事