« 改正建築基準法の影響 | トップページ | 将棋 »

2007.12.22

家庭での音楽談議?(笑)

昨日,放送されていたM-sutationの録画を見ながら,B・zの曲は同じように聞こえるのだが,良く歌詞を間違えないものだとか,平井堅の曲は,マッキーに近いねえ・・・とかいいつサビの部分では「どんなときも,どんなときも・・・」なんて茶化しながらの夜。

その後,私は,MostlyClassicに付属のDVDを久しぶりにかけてみて,藤原浜雄氏のヴァイオリンの演奏を凄いねえと思って聴いていたところ(子どもたちはクラシックに興味なし・・・笑),最後の曲がサラサーテ編曲のカルメン幻想曲だった。
この曲は,子どもたちが次の発表会でピアノ連弾をしようかとする曲なので,上の子が飛びついてきた。いつもは興味を持たないのだろうが自分たちが弾く曲だとなると,さすがに関心を持つようだ(笑)。
もっとも,子どもたちがやるのはとっても簡単盤。今宵,初めて,二人で練習をしているのを聴いたが,まだ冒頭部分のみでそれもカルメンというより,アラビアの蛇遣いの踊り?的なもの・・・・・・この先,大丈夫か??なと思っていたところ(苦笑)。まだまだ不安・心配だが,それでも,子どもたちが初めて連弾をしているのを聴いて,かなり嬉しく感じたのも事実。ケンカもせずにねえ・・・・と・・・・(笑)。

サラサーテのカルメン幻想曲の次ぎに,カルメンつながりで,Youtubeから,私のお気に入りのHorowitzのカルメン幻想曲へと移り。その中で,ホワイトハウスコンサート(リサイタル)が開かれた時代の政治的背景などを話し,そのあとChopin作品やらLiszt作品に流れて,音楽史上いちばんのスーパースター(もてた?)はLisztだったと言われているとか,更にYoutubeを彷徨うと,Lisztを弾くユンディ・リ(李雲迪)の演奏を目の当たりにして中国の凄さを話したり,白黒時代のVan Cliburnの演奏にたどり着いて,冷戦時代における第1回チャイコフスキー国際コンクールにおいてアメリカ人が優勝したことの位置づけ等を話したりと。
そんな意味で,いろいろと話題のネタのあった一夜でした。
それが,将来に向けてどのような影響があるのかは不明ですがね(笑)。Youtubeは,かつて存在した時代を,今の人をして共通の話題に乗せるという言う意味で凄い役割を果たしていると思う。
そんな一夜。
熱燗をいただきながら
家で温泉豆腐の鍋をつつき。
そして,ワインをいただいてお気楽気分での音楽。
そんな夜でした・・・・(笑)

|

« 改正建築基準法の影響 | トップページ | 将棋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家庭での音楽談議?(笑):

« 改正建築基準法の影響 | トップページ | 将棋 »