« 大阪弁護士会次期会長 | トップページ | 日本弁護士連合会次期会長 »

2008.02.08

平成20年01月17日知的財産高等裁判所判決(不正競争関係)

平成19(ネ)10063等不正競争行為差止等請求控訴事件
平成20年01月17日知的財産高等裁判所判決
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=07&hanreiNo=35607&hanreiKbn=06

事案の概要(判決文より)
控訴人が,被控訴人に対し,被控訴人が製造,販売等する被告商品AないしDが不正競争防止法2条1項3号にいう商品の形態を模倣するものであるとして,同法3条1項に基づく上記商品の製造等の差止め及び同法4条に基づく損害賠償等を請求したところ,原判決が,被告商品A及びCについて,製造等の差止め及び損害賠償の請求(予備的主張の損害の全額)を認容し,被告商品B及びDについて,控訴人の請求を棄却するなどしたため,被告商品B及びDに係る部分について,控訴人が控訴するとともに,被告商品A及びCに係る部分について,被控訴人が附帯控訴し,原判決のそれぞれの上記敗訴部分の判断を争っている事案

判決文(裁判所サイト)      
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080118115946.pdf

平井利明のメモ

|

« 大阪弁護士会次期会長 | トップページ | 日本弁護士連合会次期会長 »

裁判例」カテゴリの記事