« 法制審議会国際扶養条約部会第11回会議(平成20年1月15日開催)資料より | トップページ | 平成20年02月26日最高裁判所第三小法廷判決(取締役解任請求事件) »

2008.02.26

平成20年02月22日東京地方裁判所判決(特許関連・訴え却下)

平成19(ワ)23460損害賠償請求事件
平成20年02月22日東京地方裁判所判決

【訴え却下】

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=07&hanreiNo=35797&hanreiKbn=06

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080225103607.pdf

<判決文より>
事案の概要
「本件は,被告が,原告作成に係る放電プラズマ焼結機の部品図から,原告代表者名である「A」の署名(以下「原告の署名」という。)部分を切除し,これを原告が作成した放電プラズマ焼結機の設計図に貼り付けた行為が私文書偽造に当たり,不法行為が成立すると主張して,原告が,被告に対し,不法行為に基づく損害賠償請求として,10万円及びこれに対する遅延損害金を支払うよう請求する事案」

「原告が提起した本件訴えは,上記1で認定した前訴における損害賠償請求と同一の不法行為に基づく損害賠償請求の残部を請求するものであり,前訴で認められなかった請求及び主張を蒸し返すものにほかならず,前訴の確定判決によって紛争が解決されたとの被告の合理的期待に反し,被告に更なる応訴の負担を強いるものということができる。そうすると,原告の被告に対する本件訴えは,信義則に照らして許されないものと解するのが相当である。」

平井利明のメモ

|

« 法制審議会国際扶養条約部会第11回会議(平成20年1月15日開催)資料より | トップページ | 平成20年02月26日最高裁判所第三小法廷判決(取締役解任請求事件) »

裁判例」カテゴリの記事