« 金融経済教育の一層の充実に向けて(全国銀行協会) | トップページ | 新司法試験における短答式試験の出題方針について(法務省) »

2008.03.06

平成20年01月17日東京地方裁判所判決(特許権関連)

平成19(ワ)17559特許権侵害差止等請求事件
平成20年01月17日東京地方裁判所判決
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=07&hanreiNo=35614&hanreiKbn=06

事案の概要(判決文より)
生海苔の異物分離除去装置の異物分離機構の特許権を有する原告が,被告に対し,被告の製造販売する異物除去洗浄機が原告の特許発明の技術的範囲に属すると主張して,特許権に基づく同異物除去洗浄機の製造販売等行為の差止め及び廃棄と,特許権ないし独占的通常実施権の侵害に基づく損害賠償として900万円及びこれに対する遅延損害金(不法行為の後の日である平成19年7月19日から支払済みまで民法所定の年5分の割合によるもの)の支払いを求めた事案

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080122102417.pdf

平井利明のメモ

|

« 金融経済教育の一層の充実に向けて(全国銀行協会) | トップページ | 新司法試験における短答式試験の出題方針について(法務省) »

裁判例」カテゴリの記事