« ピアノの日 | トップページ | 報告書「電子記録債権の活用・環境整備に向けて」(全国銀行協会) »

2008.03.21

平成20年01月24日大阪地方裁判所判決(不正競争関係)

平成18(ワ)11437不正競争行為差止等請求事件
平成20年01月24日大阪地方裁判所判決
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=07&hanreiNo=35630&hanreiKbn=06

事案の概要(判決文)
デンマーク王国法人である後記ヒュンメル社の製品(スポーツシューズ等)を日本国内において独占的に輸入販売・製造販売する権利を有する原告が,短靴(スニーカー・カジュアルシューズ)を輸入・販売する被告に対し,ヒュンメル社の短靴の図柄模様は,同社の出所を表示する商品等表示として周知性を有するところ,被告の短靴(後記イ号ないしニ号物件)の図柄模様はヒュンメル社の短靴の図柄模様と類似し,ヒュンメル社の商品と混同のおそれがある(不正競争防止法2条1項1号)として,①上記1号及び同法3条1項に基づき被告の各短靴の輸入・販売等の差止め,②上記1号及び同法3条2項に基づき被告の各短靴の廃棄,③同法4条に基づき被告の短靴の販売によって原告が被った1881万円の損害賠償及びこれに対する平成18年11月15日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで年5分の割合による遅延損害金の支払を請求した事案

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080125161126.pdf

平井利明のメモ

|

« ピアノの日 | トップページ | 報告書「電子記録債権の活用・環境整備に向けて」(全国銀行協会) »

裁判例」カテゴリの記事