« 一日の締めは | トップページ | 法人顧客に係る銀証間の情報共有のあり方に関する研究会報告書(全国銀行協会) »

2008.04.15

平成20年04月15日最高裁判所第三小法廷判決(人権擁護委員会の活動に関して)

平成18(受)263損害賠償請求事件
平成20年04月15日最高裁判所第三小法廷判決

【破棄自判】

原審
広島高等裁判所平成17年10月26日判決   
平成15(ネ)149

裁判要旨
弁護士会の設置する人権擁護委員会が受刑者から人権救済の申立てを受け,同委員会所属の弁護士が調査の一環として他の受刑者との接見を申し入れた場合において,これを許さなかった刑務所長の措置に国家賠償法1条1項にいう違法がないとされた事例
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=36288&hanreiKbn=01

判決文(裁判所サイト)
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080415142414.pdf

平井利明のメモ

|

« 一日の締めは | トップページ | 法人顧客に係る銀証間の情報共有のあり方に関する研究会報告書(全国銀行協会) »

裁判例」カテゴリの記事